ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『2009年特別企画:無人島に15日。フォーンと行くならこの15本』

2009-12-29 20:16:12 | 映画
----2009年も、あと3日。
恒例の『無人島に行くなら~』
確か、昨年はお休みだったけど、
あらら、今回も少し違う感じだニャあ。
えっ、今回は『速報 シネマグランプリ』だって?
それってニャによ?
「うん。
これは、元『シティロード』の副編集長 “れがある”さんが主宰されているメルマガ。
その月に観たベストを、映画評論家や映画ライターの人たちが紹介しているんだ」

----それって少し前まであった『MovieWalker試写室ランキング』に似ているよね。
「おおっ。いいところに気づいたね。
あれは同じく“れがある”さんが始められた
『試写室だより 封切りはこれからだ!』を角川が引き継いだものなんだ。
その『MovieWalker試写室ランキング』も残念ながら終了。
でも、形を変えてでも続けていきたいという“れがある”さんの意志が
この『速報 シネマグランプリ』へと受け継がれたわけだ。
実はここに毎月、ぼくも執筆しているんだけど、
今回、“れがある”さんのご厚意で、
自分の分を、この『ラムの大通り』で再録、
ご紹介の運びとなったわけ」

----そうか。毎月のベストだったら、
この年間ベストに近くはなるよね。
「うん。
でも恒例の無人島企画、これも嬉しいことに評判いいし、
ふたつを織り交ぜながら、やってみようかと…。
かなり無茶な企画ではあるけどね」

----ふうむ。うまくいくのかニャあ

「さあ。どうだろう?
いきなり、変な出だしから始まっちゃうし…。


●1日目●『スラムドッグ$ミリオネア』

まずは大言壮語。「今年はこの一本があれば、とりあえず生きていける」―――。
かねてより、映画は夢を見せてくれるものであってほしいと願っている自分にとって、
これは最高のプレゼント。
あまりにも苛酷な主人公の人生に、
いったいどんなエンディングを迎えるのかとハラハラしたが、
脚本が『フル・モンティ』(1997)のサイモン・ボーフォイだけあって、
ここしかない最高の落としどころを見せてくれる。
そしてもう一つ。「それはネタバレじゃないか」とそしられようとも、
どうしてもダニー・ボイルに聞きたいことが…。
「監督、あれは『ジョアンナ』(1968)へのオマージュですよね?」


●2日目●『レイチェルの結婚』

姉の結婚祝いの席であるにも関わらず、
過去の過ちを詫びることで頭がいっぱいのキム。
他の人のスピーチには一切耳を傾けることなく、
少しでも早くマイクを手にしたくてうずうず落ち着かないその姿に、
観ているこちらもハラハラ。
『妹の恋人』(1993)を始めとする従来の心を病んだヒロインとは違い、
ジェニー・ルメットが描くこのキムは一種のモンスター。
「この子は、自分の病気が世界の中心だと思っているのよ!」とは姉レイチェル。
ここまで言われてしまうヒロインって? 
アン・ハサウェイ、よくぞこんな役を引き受けたものだ。


●3日目●『グラン・トリノ』

まるでジョン・ウェインのように差別で凝り固まった偏屈オヤジが、
西部劇のヒーローよろしく不正に立ち向かっていく。
そしてその先に待ち受けるのは……。
そう、これはマカロニウエスタン以降のイーストウッド、その映画人生の総決算。
だからって、間違ってもこれが彼の『ラスト・シューティスト』にはなりませんように。


●4日目●『鴨川ホルモー』

古(いにしえ)の京都は吉田神社で『レナウン娘』を裸踊り。
それだけでもこの映画は一見の価値あり。
しかしそれにしても栗山千明がまたまたスゴい。
マッシュルームカットに黒縁メガネ、顔がほとんど拝めない“凡ちゃん”ルック。
あれで『ゲロンチョリ』をやれるのは、
根っからの役者バカの彼女くらいのもの……。
あれっ、ここって作品を選ぶところだった(汗)。


●5日目●『チョコレート・ファイター』

製氷工場の中、怪鳥音をあげ悪者一味と徒手空拳で戦う---。
なるほど、これはブルース・リー『ドラゴン危機一発』へのオマージュか。
そういえば、あの映画はタイにロケを敢行していたっけ。
おやおや、こんどは生傷必至のハイジャンプ、ハイキック。
そうか、これがトニー・ジャーの師匠パンナー・リットグライ直伝リアル・アクション、リアル・ペインってヤツだ。
あれあれ、お次は『キル・ビル』青葉屋か?
でも、ユマ・サーマンなんて目じゃない。なにせこちらは二刀流。
え~い、仕上げは悪者まとめて屋上から。
ジャッキー・チェン垂直落下で決まりだ。
ふむ。これだったら大丈夫。もう、この映画はハリウッド(CG)リメイクの恐れなし。
そんなことしたらアクションの神様たちが怒りますって…。


●6日目
『チェイサー』(ナ・ホンジン監督版)

この映画を観ることは悪路で自転車を漕ぐことに似ている。
右のハンドルは元刑事ジュンホが犯人の尻尾をつかむこと。
左のハンドルはジュンホがヒロインを救出すること。
ナ・ホンジン監督がしつらえた勾配やぬかるみの中、
右が前に出たり、左が前に出たり…。
観ているぼくらは、少しでも早くその先を知ろうと、
悪路にハンドルを取られながらも心のペダルを踏み続ける。
いつしかその心臓は、自分の求める答がどこにあるかも分からぬまま、
ただ走り続けずにはいられないジュンホのそれと同調。早鐘を打ち始める。
それにしても韓国映画はどうしてこんなにもクライム・サスペンスがうまいのだろう。
『殺人の追憶』『オールド・ボーイ』、そしてこの『チェイサー』。
次々と現れる異能に嫉妬心さえ抱いてしまうほどだ。


●7日目●妻の貌

広島在住・82歳の川本昭人。
彼こそはアレクサンドル・アストリュックが提唱した
「カメラ=万年筆」を体現した数少ない映像作家とは言えまいか。
1958年の長男誕生を機に8ミリカメラの撮影を始めて半世紀。
彼はカメラを日常の一環として家族の肖像を撮り貯める。
その気の遠くなるほど莫大なショットの中から選りすぐって編集されたのが、
本作品『妻の貌』だ。
1997年、42歳の長男から歯の治療を受ける「妻の貌」に、
長男の中学合格発表を喜ぶ30年前の「妻の貌」をカットインする。
そんな<奇跡>を現出させうるのも、
川本監督が半世紀カメラを回し続けたゆえだ。
広島での被爆者である妻を撮りつつも、
そのテーマの重さに引きずられることなく、
いかにもアマチュアっぽい自らのナレーションや、
ユーモラスなしぐさのアメショーを前面に配置することで、
映画は独自の空気を醸しだす。
川本監督の妻は言う。
「あなたは私を素材にして…仕事の肥やしにしているだけ…」。
もしかしたら、きわめて自然に思えた彼女の立ち居振る舞いの中に多少は演技もあったのだろうか。
そして、猫の中でもとりわけひょうきんなアメショーを飼ったのも、
生活よりも映画製作上の理由からだったとしたら…。
観終わって、そんな不埒なことまでが心に浮かび、軽いめまいを覚えた。


●8日目●『私は猫ストーカー』

35年以上にもなるキャリアの中、
『砂の影』で初めて8ミリ撮影を体験した、たむらまさき。
その飽くことなきチャレンジ精神は、
俊英・鈴木卓爾と組むことで地上10センチの高さという新たなキャメラ・アイを獲得する――。
と、こう書けば「なんだ猫の目線か?」と言われておしまいになりそうなところだが、いやいやこれはその逆。
「猫を“観る”目線」。本作『私は猫ストーカー』の中、
ヒロインのハルは“猫に取り入るテクニック”の一つとして
“自分の目線は猫の目よりできるだけ低くすること”を実践。
同じく鈴木卓爾も原作に書かれたそのポジションを遵守する。
結果、たむらまさきは(外)猫の警戒を解き、
その息づかいさえ聞こえくるしなやかな映像を手中にできた。
そう、これは言わば羽仁進『教室の子供たち』の外猫バージョン。
小津安二郎、そして加藤泰。
もとよりローアングルは日本映画のお家芸であるが、
これが長編デビューとなる鈴木卓爾にもそのDNAが流れていると言ったら、
少々褒めすぎであろうか?


●9日目●『3時10分、決断のとき』

誇れるものが何もなかった男の真意が、恐れるものなど何もない男の心を動かす。
「分かった」。その瞬間、映画は密室での緊迫した心理劇から解き放たれ、
銃弾が飛び交う中での脱出劇へと様相を一変する。
この転調の醍醐味こそ映画の魅力だ。
このときとばかりに流れ出すマルコ・ベルトラミの主旋律。
それは、死と隣り合わせの激しいアクションの中、
ほんの数分前までは敵であったふたりを、あたかも長年の恋人であるかのように甘美に映し出す。
聞けば、これはエルマー・デイヴィス監督の『決断の3時10分』のリメイク。
そしてそれはジェームズ・マンゴールド監督が
10代の頃から強く抱き続けていた想いだったとか。
彼を酔わせた一本の西部劇は、長年の熟成ののち、
貴腐ワインのごとき逸品として今またこのぼくを酔わせる。


●10日目●『女の子ものがたり』

『祭りの準備』の楯男(江藤純)は
利広(原田芳雄)の「バンザイ!バンザイ!」の歓声に送られ、
閉塞感漂う海辺の町を旅立っていった。
だが、菜都美(大後寿々花)の離郷を後押ししたのは…。
そう、これは昭和のある時期を山と海に囲まれた田舎町で過ごした女の子たちの物語。
『問題のない私たち』で女子高生たちとそのイジメの構造を、
『子猫の涙』では昭和そのものを描くことに成功した森岡利行監督の筆致が、
格好の題材を得て冴えわたる。
清潔な白服お嬢さま軍団の誘いをはねのけ、
傷だらけ泥だらけのカラフルな青春を選びとる菜都美。
だが彼女もその仲間たちも、
いつかはみんながバラバラになることを知っている。
思えば、あの『がんばっていきまっしょい』の女の子たちにもその自覚はあった。
それにしても、いったい“女々しい”などという言葉は、
どこのだれが作りだしたのだろうか? 
女の子たちの『帰らざる日々』は切なくも強い。


●11日目●『パイレーツ・ロック』

フィリップ・シーモア・ホフマンVS.リス・エヴァンス。
米英“2大怪優”が空高く繰り広げる“マスト上の決闘”。
いずれがジャン・マリア・ヴォロンテで、いずれがリー・ヴァン・クリーフか? 
ガンマン対決ならぬパイレーツ対決を盛り上げる
エンニオ・モリコーネ(『夕陽のガンマン』)が時代の記憶を呼び覚ます。
映画の舞台は1966年。リチャード・レスターが2本のビートルズ映画に続いて
『ナック』でカンヌのパルム・ドールを受賞した直後。
一方、本作のリチャード、リチャード・カーティスはブリティッシュ・ロックを中心に50曲以上ものヒット曲を散りばめつつも、
ビートルズは一曲も使用していない。
権利の問題という大人の事情があったのか? 
いやいやこちらも一種の米英対決。
英連邦王国ニュージーランド生まれ、オックスフォードで学生生活を送ったカーティスのささやかな意地。
アメリカからイギリスに渡り60年代のスウィンギング・ロンドンを活写したレスターへの、これはアンサー・ムービーと見たい。


●12日目●『アバンチュールはパリで』

ここまで同性に嫌われるヒロインというのは、これまであまり観た記憶がない。
ふたりの女から「彼女はどケチ」と陰口を叩かれ、
ついには正面切って激怒させてしまうユジュン(パク・ウネ)。
だが、金なんてどうせ自分が出すものと思っている男ソンナム(キム・ヨンホ)にとっては、
そんなことはどうでもいいのだ。
それよりとにかく早くベッドへ。
目的を遂げるためにはなりふりかまわぬ哀れで悲しい男…。
がさつで図々しく、みっともないことこの上ない。
なのに、いや、だからこそこの映画はオモシロい。理性では抗えない女の魔力――。
これほど映画館の暗闇にふさわしいものはない。
ソンナム目線に徹した日記体の語り口も心地よく、
がっしりとした体躯ながらどこか頼りないキム・ヨンホに、
ヌーヴェル・ヴァーグの細身で華奢な男たちの姿を重ねてしまった。


●13日目●『エスター』

「この娘、どこかが変だ。」――巧い。直球勝負のキャッチコピー。
そう、この映画のキーワードはまさしく「変」。
この娘、どうしてこんなにピアノが上手いんだ? 
それにしてもこの娘、いくらなんでも医学の知識がありすぎはしないか? 
しかし、この娘のゾッとする色気はなんだ? 
エスターなる娘がスクリーンに初めて姿を見せたときから、
どんどん膨らんでいく胸の中の「変」なしこり。
それがほぐれたときの気持ちよさときたら…。
惜しむらくは、延々と続くハリウッド定番デス・バトル。
くどい。くどすぎる。ああ、これさえなければ。


●14日目●『イングロリアス・バスターズ』

『アラモ』と『荒野の一ドル銀貨』。
それぞれのサントラを一本の映画に投げ込むなんてマネは、
おそらくこのタランティーノにしかできない芸当だろう。
無茶と言えば無茶な話なのだが、
米伊問わず60年代の西部劇に血沸き肉踊らせた身としては、
それがまた琴線に触れるのだからしょうがない。
いや、西部劇ばかりではない。
同時期に同じくスクリーンを賑わせた(特殊部隊)戦争アクションをも取り混ぜながら、
最後はフィルムから俳優、映画館まで「映画」のありとあらゆる構成要素を使って、
ナチ幹部の殲滅という壮大なイリュージョンを繰り広げる。
うん。ほら話は大きければ大きいほどいい。


●15日目●『きみに微笑む雨』

アメリカ留学中に知り合った中国人女性メイ(カオ・ユアンユアン)と
10年ぶりの再会を果たした韓国人男性ドンハ(チョン・ウソン)。
英語で交わされる言葉のキャッチボール。
相手の微妙な表情の変化に、思いの丈を読みとろうと、ただでさえ大きいふたりの眼はさらに大きく見開かれる。
心をたぐり寄せようと焦るふたりの距離はなかなか縮まらず、高まる感情に、そぼ降る雨はいまにも蒸気を立てそうだ。
これだけでもう十分。美男美女による“愛の始まりと行方”をたっぷり堪能、のはずだった。だが……。
メイがドンハに見せる、ぎこちない笑み。そのワケを、ホ・ジノは一瞬の自転車のカットバックで見せきる。
なるほど、だから四川か…。その瞬間、10月のグランプリはこの映画に微笑んだ。」



----あらら。『鴨川ホルモー』だって(笑)。
ちょっと、これでいいの?

「確かに(笑)。
ということであわてて補足。
ここに入りきれなかった作品のお気に入りは、
『チェンジリング』
『フロスト×ニクソン』
『愛を読むひと』
『子供の情景』
『ザ・バンク 堕ちた巨像』
『九月に降る風』
『コネクテッド』
『あの日、欲望の大地で』
『スペル』

日本映画では
『20世紀少年<第2章>最後の希望』
『フィッシュストーリー』
『不灯港』
『色即ぜねれいしょん』

あたりかなあ。あとでこっそり付け加えるかも」


---分かった分かった、もういいよ(笑)

フォーンの一言「しかし、この15本って、ほんとにフォーンにもオモシロいのかニャあ」
身を乗り出す

※2009年の五つ星だ度
blogram投票ボタン
ranking.gif人気blogランキングもよろしく

コメント (54)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
« 『アバター』 | トップ | 『インビクタス 負けざる者... »
最新の画像もっと見る

54 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なな)
2009-12-29 20:35:47
きゃー
「チェイサー」と「3時10分」が入ってる~
「チョコレートファイター」も!
「イングロリアス・バスターズ」と「コネクテッド」は
劇場で見逃したのでDVDを楽しみにしている作品です。
「グラン・トリノ」「チェンジリング」もよかったですね。
イーストウッド御大の才能をまざまざと見せつけられた年でもありました。

えいさん,今年1年お世話になりました!
来年もよろしくお願いいたします!
それでは,よいお年を。フォーンちゃんも。
こんばんは (ノラネコ)
2009-12-29 21:16:12
昔から不況のときは映画が良いといわれますが、今年はなかなか良い作品が揃いましたね。
結構見逃した作品も多いので、ソフト化も楽しみです。
来年もまたよろしくお願いします。
良いお年を。
祝!復活 (たいむ)
2009-12-30 11:03:22
えいさんの無人島企画を楽しみにしていましたw

まさか「鴨川ホルモー」が来るとは!
この作品は原作が凄く面白かったので、映画はみなかったのだけど、「栗山千明萌え~」なのですね(笑)
「女の子ものがたり」も意外な気がしましたけど、私も好きです。

「3時10分・・・」と「グラントリノ」は私も繰り返し見直したいです。
何故かセンターに立てない主役のベイルは今後も応援です!(笑)

また来年、先行するえいさんの記事を楽しみにしていますねw
Unknown (にゃんこ)
2009-12-30 11:16:25
企画復活うれしいです(笑)
今年もえいさんのご紹介でいろいろな作品鑑賞できました。
来年も面白かったおススメ作品のご紹介チェックさせていただきます。
猫のうたた寝ベスト10は来年発表になりそうです。(苦笑)
祝★復活! (mig)
2009-12-30 11:47:20
えいさん今年もお世話になりました!

わたしももう書いたのであとでupしますが
けっこうかぶってて嬉しい♪
イングロやスペルも!
チョコレートファイター観たんですよこの間。
面白かったです、すごい本気のアクションでしたね。
それでは、よいお年を、、、、!!

■ななさん (えい)
2009-12-30 21:50:59
こんばんは。

コメントありがとうございます。
今回、ななさんと同じ作品が多かったですよね。
趣味が近い人と出逢うと嬉しくなります。
来年もよろしくお願いいたします。
■ノラネコさん (えい)
2009-12-30 21:52:50
不況のときに、いい映画ですか…。
それは、製作サイドにも問題意識が強くなるからでしょうか?
ちょっと複雑な気もします。
でも、観る立場からすれば、
いい映画が多いに越したことはありません。
来年もよろしくお願いいたします。
今年もお世話になりました (悠雅)
2009-12-30 22:04:27
大掃除は思いっきり手抜きして、映画のまとめだけはした、失格主婦なワタシ。
わたしのようなものでも、やっぱり年末にはこの記事を書いておかないと、
1年が終わる気がしないものですね。

また、来年もよろしくお願いします。
さすが・・ (しん)
2009-12-30 22:08:22
やはり沢山観ているだけに選ぶ作品も違いますね
自分は今年40本くらいしか観れなかったので面白みのないベストテンになってしまいました。

ところで、当ブログでは「映画ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン」という企画を立ち上げてみました。その記事へのリンクをこのコメントに付けております。
是非ともお越しいただき、この10年間のベスト映画をコメント欄に投稿していってください。
無名ブログの企画なのでどれだけエントリーが集まるか判りませんが、なにとぞ盛り上げをお願いいたします。もちろんご興味があればで結構でございます。
それでは、よいお年を
■たいむさん (えい)
2009-12-30 22:14:55
こんばんは。

「無人島企画」。
もう少し、意味のあるものにすべきだったと、反省しています。(汗)
『鴨川ホルモー』、入れるの迷ったんですが、
毎年、一本はこういう気楽なおバカ映画を入れているのでいいかと…。
数年前は、確か『ドッジボール』を入れてます。(笑)
日本映画って、なかなかこういう冒険をやらないので、
たまに出会うと嬉しくなり、つい過大評価してしまいます。

来年もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

56 トラックバック

2009年度マイベスト (虎猫の気まぐれシネマ日記)
今年は映画界にとって,もしかしたら大豊作かも?私は劇場での鑑賞作品が多い方ではないけど,それでも観た作品がどれも素晴らしくて,選ぶのに苦労しました。結局,ベストテンには,自分の好みに合う作品=繰り返し手元に置いて観たくなる作品を10個,選ばせていただき...
2009 unforgettable movies (ノラネコの呑んで観るシネマ)
日本も世界も、色々な意味で大きな変動期を迎えた2009年もそろそろ終わり。 昔から経済危機の時代には、映画が豊作になるといわれるが、その...
映画2009 総決算! (たいむのひとりごと)
2009年の映画鑑賞も一応終了。(時間があれば「のだめ」と「this is it」の再上映を観に行きたいが)鑑賞作品総数(DVD含):110本 (外画:64本 邦画:46本 内アニメ:15本)。昨年が
2009☆ベスト&ワースト映画 /2009 BEST&WORST MOVIE☆ (我想一個人映画美的女人blog)
今年で12年目となりました☆独断と好みによりmigが選ぶ、年末の映画ランキング{/hikari_pink/} 映画の出来の良さではなく、面白く感じたものを重視{/m_0136/}  対象となるのは 2009年に公開またはDVD化された作品。 劇場にて102本(試写含む、2回以上観た作品は1本と...
2009年鑑賞映画うたた寝大賞 (黒猫のうたた寝)
以下( )の数字はうたた寝指数です。 ■1月 地球が静止する日(60) PARIS 感染列島 ファニーゲームUSA(10) 永遠のこどもたち ヘルボーイ/ゴールデンアーミー 誰も守ってくれない 007/慰めの報酬(60) レボリューショナリー・ロード(20) ティンカー・ベル 20世紀少年第2章(...
悠雅的映画生活2009劇場公開編 (悠雅的生活)
2009年、劇場公開された映画の鑑賞作品から
2009年度 映画マイベストテン (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
外国映画ベストはグラン・トリノ、日本映画は市川準監督の遺作に
極私的 2009年 映画鑑賞 ベスト10! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
去年に続き、今年もやってみようかな~ということで、映画ベスト10です。 ただし、あくまでも私の鑑賞ベースなので、映画、DVDごっちゃという状況のため「極私的」とつけております。 新作、旧作そして未公開作が入り交じる、変なランキングですがお許しを。 まあブロ...
2009年洋画・邦画総合ベスト10 (シネマをぶった斬りっ!!)
今年観たベスト映画の選出は映画ブロガー様にとって年末の恒例記事みたいなところもあるせいか、一応映画ブログをやっている自分にしてもこ...
【映画ニュース】2009年に見てよかった映画ベスト5  (映画+小説+家族=MyLife)
2009年振り返りのとして、  『2009年に見てよかった映画ベスト5』 を邦画/洋画それぞれでまとめました。
2009年シネマ・ベスト10 (シネマ・ワンダーランド)
2009年に公開されたシネマ・ベスト10は次の通り。09年はクリント・イーストウッド監督作品が2作も入ったことや、無軌道な米警察権力、CIA(米中央情報局)の横暴、米移民問題、ニクソン元米大統領の権謀術策、インドのスラム街など、社会問題を背景にした...
2009総括マイベスト映画レビュー (オールマイティにコメンテート)
2009年もいよいよ10日あまりとなってしまいました。映画はまだまだ鑑賞予定があるので2009年度全ての作品ではありませんが、いち早く今年の総括に入りたいと思います。今年は4年連続60本まであと2本となりこれは確実にクリアできそうです。現在58作品を鑑...
2009年BEST&WORST MOVIE (Memoirs_of_dai)
2009年BEST&WORST MOVIE 毎年恒例(?)の独断と偏見による管理人の映画ランキング発表! Rankingはこちらから!
2009年 総まとめ (心のままに映画の風景)
1年が終ります 寒いだの、暑いだのと、あれやこれや言っている間に――やっぱり早い1年でした~ 今年もたくさんの映画が公開されました。 ...
★2009年映画総決算!?★ (CinemaCollection)
今年こそは早目の総決算をと思いながら、またまた暮れも押し迫った時期に大掃除もせずにこんなこと(こんなことって~笑)やっています!今年も年賀状を作成するのが遅れたのですが(毎年12月27日過ぎに完成(^_^;))今年、住所録を開くと・・・な、ない(^_^;)住所録が...
2009MYBESTMOVIETOP10 (日々“是”精進!)
ということで、恒例のMYBESTMOVIETOP10です。去年まではTOP5だったのですが、今年は10位まで。今年はいつになくたくさん鑑賞しましたのでとは言っても、まだまだ少ない方ですけど・・・(苦笑)今年鑑賞した作品は、計66本(内、試写会4本)。去年は50本台なので・...
2009年に劇場鑑賞した映画―★気ままにベスト10★ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
   Merry Christmasいよいよ暮も押し迫り、年末のベスト10を選ぶ時期がきましたそして今月の20日でブログが無事3周年を迎えました―3年もブログを続けるなんて自分でも信じられませんが、これも仲良くして下さった皆さま、拙い記事を読んで下さった皆さま、エールを...
2009年Nakajiの映画ランキング (C'est joli~ここちいい毎日を~)
今年も終わりですね。。。 今日はアバターをみてからこのランキングをかこうと思っていたのですが、なんと。。。69本だったので、思わず70本と思い、のだめを再度みてきました さてさて2009年はNakajiの映画館でみたのは、70本ですその中でのランキング...
2009年映画鑑賞記録 (FREE TIME)
2009年も映画を何作品か鑑賞しましたが、自分が鑑賞した映画を振り返ってみたいと思います。
ブログ納め2009 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今年も皆様のオカゲで、当ブログも無事に大晦日を迎えることができました。1年間本当にありがとうございました。と言うワケで、この記事をもちまして2009年のブログ納めとさせていただきます。映画ブロガーの皆様は年間TOP10を発表される方が多いと思うのですが、当ブロ...
2009 MY BEST 10 (Days of Books, Films )
今年もたいして映画を見られなかったけど、自分の楽しみと記憶のためにベスト10をリ
[輝け! ドキッ、幼女だらけの<ナカデミー賞☆2010'>発表!!] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆明けましておめでとう御座います^^  <ナカデミー作品大賞>・・・、悩みに悩みましたが、この2作品のダブル受賞です。  両者に共通するのは「希望」です。                   『チェンジリング』  この作品のパワーに比べると、『グラン・...
2009年my映画ランキング (NiceOne!!)
早いもので今年も今日でおしまいです。観ましたねえ・・・・ 今年も。昨日までの、今年1年間の劇場公開映画観賞本数は209本。去年が148本でしたので、それと比較すると大幅増でした。本当に、「人として、それってどうよ!?」っていうのはいつも考えてはおります。 笑...
2009年度年間ベスト5 (ノルウェー暮らし・イン・London)
みなさん、明けましておめでとうございます! 私のようないい加減なブロガーのたわごとに、いつもお付き合いいただきまして、ありがとうございます。 新しくお知り合いになれたブロガーの皆さん、また、お目にかかることの出来た方たち~と、本当にいい人たちに巡り合え...
2009年ひらりんアカデミー賞 ノミネート編 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
明けおめでございます・・・ 今年の一発目も、恒例の「ひらりんアカデミー賞」のノミネートから。 2009年は合計220本鑑賞(うち100本が劇場鑑賞)。 その中から厳選した作品・俳優です。
座布団シネマ2009 お薦め映画発表です! (サーカスな日々)
さて、毎度のことですが、恒例の「お薦め映画」発表です。私の場合は、ほとんどが怠惰なDVDの寝転び鑑賞であり、新作ロードショーからは、半年から1年のタイムラグ、ミニ映画館上映ものでは、2,3年のタイムラグでようやくDVDで出されるものもありますので、ご容赦を。さき...
2009年を振り返って<映画> (はらやんの映画徒然草)
さてさて今年も一年の映画の総括の時期になってきました。 今年は例年に比べて良作が
2009年、私の好きなベスト10映画♪シネコン編 (銅版画制作の日々)
いよいよ2009年も残すところ後数時間です。 さて、今年映画館で鑑賞した作品はなんと、142作品でした。多分間違っていなければですが。。。。いやあそんなに観たとは驚きです! この中からマイベスト10を決めるのは、難しい~(>_<)甲乙つけがたいものが...
My Best Movie of 2009 (映画!That' s Entertainment)
"My Best Movie of 2009" 2009年、映画館とWOWOW&NHK-BSで観たおよそ180本の映画の中から私が極めて 個人的に選んだベスト10です。観に行ってない映画もたくさんあり、これは独断と偏見ですから 抗議は受け付けません(笑) "★映画館で観た新作 ?「グラン・...
2009年度・ベスト30 ワースト10発表 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
 あけまして おめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。   さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。 1位 
-2009年- 私の好きな作品 (to Heart)
今年もこの一年に観た作品を振り返り、 中でも私のハートに迫った感動の作品、こころをほぐして楽しませてくれた作品を挙げて 今年の最後の更新にしたと思います。 【劇場鑑賞 洋画】 今回も一応星をつけてありますが、どれも好きな作品、感動した作品です♪ 愛を読む...
いよいよ発表!2009年私の好きな映画ベスト20☆ミニシアター編 (銅版画制作の日々)
お待たせしました!(って誰も待っていないけど。。。。)それでは、ミニシアターで鑑賞した作品、ベスト20を発表します。今回ミニシアターでの鑑賞作品が結構多かったのもあり・・・・こちらは20作品紹介したいと思います。 それではいってみょう ?母なる証明 チ...
2009年の映画を振り返る (メルブロ)
 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。いつも訪問して下さっている方、昨年はありがとうございます。今年もよろしくお願いします。  それでは、毎年恒例今回で6回目を向かえるメルブロ映画ランキングの発表です。  過去のランキングはこちら。  2...
2009年、マイフェイバリットムービー (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
2009年は映画館・試写会での観賞が全部で91本。 12月の観賞本数失速も手伝って、今年も100本オーバーは達成できず。。。 2010年、今年こそは頑張りたいと思いますー。 ということで、2009年のお気に入り映画を振り返ってみようかなーと。 1.『キャラメル』 な...
*2009年ベスト映画《邦画編》* (Cartouche)
邦画編です。 こちらはメジャーとかマイナーとかの区別はなく           {{{《ベスト3》}}} [http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/58302091.html ☆ディア・ドクター] [http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/58586885.html ☆南極料理人] [http://bl...
*2009年ベスト映画《洋画編》* (Cartouche)
            {{{メジャー作品}}} [http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/57667648.html ☆グラン・トリノ] [http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/58901375.html ☆マイケル・ジャクソン THIS IS IT] [http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/57548150...
2009年のまとめ・日本インターネット映画大賞 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
2009年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2008年はココ 2007年はココ 2006年はココ 2005年はココ 2004年はココ   
2009年のまとめ・日本インターネット映画大賞 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
2009年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2008年はココ 2007年はココ 2006年はココ 2005年はココ 2004年はココ   
2009年 マイ・シネマ・ランキング! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 年末、仕事がやたらと忙しく、ブログも放置状態になってしまいました。で、気がつくと今年も残すところ数時間となってしまいました。これだけはやっとかないと、年を越せませんので、年末恒例の吾輩の映画ランキングを、書かせていただこうと思います。    今年は94...
2009年度勝手気ままにマイベストシネマ発表!! (ひるめし。)
もう2010年になっちゃったけど・・・ 去年の一年間映画館で観た映画のまとめです。 今年は94本(日本映画28本・海外映画66本)を鑑賞。 2006年は合計113本・・・ 2007年は合計159本・・・ 2008年は合計145本・・・ 去年より約50本も減った。 やっぱり生活環境が変わると鑑...
劇場映画れびゅー 2009年度総まとめ  (そーれりぽーと)
さてさて、今年も日本インターネット映画大賞から頂いたお誘いに乗っかり、フォーマットに沿って昨年度の映画をまとめてみます。 2009年に関西圏で封切られた作品の内、劇場で観た総数は2008年の102本から2007年度時以上に回復して126本。 これは俺の過去最多記録...
2009年外国映画ベスト10 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年から劇場公開の作品で、12月31日までに見たものから選択する。俺度が基準。今の気分で付けるので、上半期のベスト10と順位に変動が出ている。 10位 アバター   一応選出しておくか。昨年の劇場鑑賞のオオトリ。 Avatar Maquette: AMP Suit出版社/メーカー: ...
2009年日本映画ベスト10 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年から劇場公開の作品で、12月31日までに見たものから選択する。俺度が基準。今の気分で付けるので、上半期のベスト10と順位に変動が出ている。 10位 鴨川ホルモー   この世界観が好きだ。 鴨川ホルモー [DVD]出版社/メーカー: ポニーキャニオンメディア: DVD ...
ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテン (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ブロガーによる00年代(2000~2009)の映画ベストテンを募集しています。現在11のブロガーがエントリー中!! エントリーはこの記事から。映画ブロガーの皆様。お気軽にご参加いただければ幸いです。別にエントリーして何の得もありゃしませんが、10年間の映画を映画好きた...
~ 真紅的映画ベスト10+α 2009 ~ (真紅のthinkingdays)
 2009年、劇場鑑賞した映画は90本、うち邦画は22本。邦画をいっぱい観たな~、 という印象です。自宅でDVDを観ることはほとんどなかった(月1...
映画ベストランキング10~2009年 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
  新年明けましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になり有難うございました。 本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。 2009年度劇場で鑑賞した作品、159本の中でベスト10!を選考。 2008年よりも、48本少なかったけれど、実は暮れにか...
2009年ブロガーが選んだ映画ベスト10 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
皆様、あけましておめでとうございます。ブロガーのベスト10を調べるのも今回で6回目。 2008年 ブロガーが選んだ映画ベスト102007年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 2006年 ブロガーが選んだ映画ベスト10 2005年 ブロガーが選んだ映画ベスト...
2009年度ベストテン発表 (MOVIE KINGDOM ?)
新年明けましておめでとうございます 本年もどうぞよろしくお願いします。 昨年度は劇場鑑賞本数が132本とブログ開設してからは最高鑑賞本数となりました(歴代では2位) 昨年は3D映画が台頭してまいりまして何本かは3Dバージョンで鑑賞したりしましたが今年はますま...
第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(1) (或る日の出来事)
自分のホームページの名前をとった、年度ごとに独断と偏見で選ぶ映画賞。 …ところで「シネマ」っていう英語、日本語だと「しね」という響き...
第5回(2009年)シネマ停留所映画賞(2) (或る日の出来事)
さて、パート2はマトモな賞のみを発表!
2009年・映画館で観た映画・好きな順 (或る日の出来事)
2009年に私が映画館などの大きなスクリーンで観た、初見の映画の「好きな順番」を考えてみました。
2009年ミスターシネマ的満足度ランキング(洋画編) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[映画興行ランキング] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ さて、邦画編に続き、洋画編のランキングを発表します。 あくまでもミスターシネマ個人の好みで選んだランキングですので、ご了承ください。 なお、作品名をクリックすると、その作品の...
2009年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2009年ベストシネマ15(邦画編)  なんだかまとめるのが遅くなってしまって・・・。 昨年は年間87本(洋画39本、邦画48本)の映画を劇場で鑑賞しました~ 一昨年が101本でしたから、少し減ってしまいました 特に洋画は少ない本数に終わりました。 惹...
2009年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
2009年ベストシネマ15(洋画編)  邦画に比べ洋画を鑑賞する本数が落ちてしまいましたが、仕方がないでしょうかねぇ(笑) 観たいと惹き付けられる映画が僕的に少なかったことも事実です。 今年はどんな洋画が上映されるのか楽しみにしています~   ベスト1...
2009年ひらりんアカデミー賞 発表編 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年もひらりんアカデミー賞発表のときがやってきました。 今回は通例を破り、反転文字無しで発表します。 そして、前年度受賞者などの写真を拝借してプレゼンターに見立て、盛り上げちゃいます。
極私的 2010年(上期) 映画鑑賞 ベスト10! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
去年に続き今年の年末にやってみようかな~と思っていたら、上半期の充実が激しく、年間ではこぼれてしまう作品が多くなりそう(汗)ということで、上半期(1月~6月)映画ベスト10です。 ただし、あくまでも私の鑑賞ベースなので、映画、DVDごっちゃという状況のた...