ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ナイロビの蜂』

2006-03-05 23:25:51 | 新作映画
----タイトルだけ聞いたんじゃ
映画の中身が分かんないね?
「そうだよね。
レイフ・ファインズが出ていて
舞台がアフリカと言うことからか、
日本でのビジュアルは『イングリッシュ・ペイント』を
思わせる上がりになっている。
でもこの映画の原作は『寒い国から帰ってきたスパイ』などの
傑作サスペンスをいくつも手がけているジョン・ル・カレ。
この映画もサスペンスたっぷりの作品になっている」

----ふうん。でもチラシとか見ると
「世界が絶賛した愛の奇跡」となってる…。
「確かにそれも間違いではないんだけどね。
て言うか、その二面性にこそこの映画の魅力はあるんだ。
物語を要約するとこうなる。
外交官ジャスティンの妻テッサは、
アフリカでの救援活動に熱心なあまり何者かに命を狙われ、
志半ばで命を失ってしまう。
それまで妻の仕事の内容に深く踏み入らなかったジャスティンは、
妻の死に隠された陰謀、
すなわちアフリカで横行する薬物実験、
官僚と大手製薬会社の癒着へとたどり着き、
やがて彼に対する妻の大きな愛を知る…と、こういう話だ」

----ニャるほど、それはオモシロそうだ。
「映画はフラッシュバックで描かれるわけだけど、
アカデミー助演女優賞にノミネートされている
レイチェル・ワイズが文句なしにすばらしい。
美しさをかなぐり捨てるかのように、
社会問題に立ち向かっていく姿は、
まるで役に乗り移ったかのようだ。
そして『シティ・オブ・ゴッド』で認められた
フェルナンド・メイレレスの語り口。
CM、プロモーションビデオ出身の監督の作品と言うと、
映像に凝るあまり
ストーリー・テリングがおろそかになることが多いんだけど、
これだけアップが多く、しかも手持ちキャメラで不安定な映像なのに、
決して視神経が疲れることがない。
その先が見たいと言う観客の気持ちを巧みにリードしていく。
ここまで手に汗握る映画は
アクション以外では久しぶりだったね。
周囲も食い入るようにスクリーンを見つめていたよ」

----おおっ。久しぶりの絶賛だね?
「うん。
妻の死の陰に隠された謎を追うミステリー仕立ての物語を
サスペンスを軸に紡ぎながら
最後は愛の物語に昇華する。
とにかく『映画を観た~』という充実感が味わえることは間違いない」

----ふうむ。
でも、こういう陰謀って世界中で起こっているのかもね。
「そうなんだ。
この映画を観ると、
最近日本で起こったあの事件も
巷間言われているように
単純に自殺と片付けてしまうのは
早すぎるんじゃないかと言う気になってくるね」


          (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「この映画には驚いたニャ」身を乗り出す

※タイトルじゃスゴさが分からない度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※うわあ、レイチェル・ワイズやりましたね。

コメント (23)   この記事についてブログを書く
« 『南極物語』 | トップ | 『家の鍵』 »
最新の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
助演女優賞(*^^)//。:*:°'★,。:*:♪°'☆ぱちぱち (にゃんこ)
2006-03-06 21:46:52
yahooでレイチェル・ワイズが助演女優賞受賞という記事を見て

いいタイミングで、えいさんの記事拝見しました(笑)

興味津々で公式サイト観て、予告でも結構面白そうな予感(笑)

5月公開が楽しみですが・・・うちの地元、公開予定なくって

また越境しなきゃ(爆)
■にゃんこさん (えい)
2006-03-06 22:20:11
グッドタイミングでしたね。



実はオスカー発表の少し前に、

『シリアナ』のコメント欄で

オスカー予想をやってみたんです。



http://blog.goo.ne.jp/du-rhum/e/5d30b63d9ac87d0959caf89fb64ae3bf





けっこう当たってました。

なかでも、レイチェル・ワイズを含め、

ふたりの女優が当たったのは嬉しかったです。



話はそれましたが、この映画オモシロいですよ。

期待していいと思います。

これは、観たいです。 (あかん隊)
2006-03-07 10:11:34
レイチェル・ワイズは、好きな女優さんです。これは、是非観たい。最近は、映画も選んで観るようになりました。えいさんもおっしゃるようにCFなどから映画を撮影するようになる方は、「映像」に凝りますね。楽しみです。
■あかん隊さん (えい)
2006-03-07 23:26:16
こんばんは。



お久しぶりです。

この映画はおススメです。

いわゆる映像派のよく使うような

ファッショナブルな(はずの)映像でありながら、

それでいて物語をじっくり見せきる。

いやあ堪能させてもらいました。
この作品は、見事な仕上がりの映画でした (たろ)
2006-04-27 17:26:31
こんにちは。

弊ブログへのトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



この作品は、僕も恋愛面は大事だと思いつつ、そこだけを大きなセールス・ポイントとする事に疑問を感じますが、社会的のみならずラヴ・サスペンス的な味わいも感じられる、様々な要素を上手に取り入れた見応えのある優れた作品であったと思います。

そして、スリリングな物語展開に沿った撮影や編集、音楽が見事であり、もう一度劇場で鑑賞したい一本でした。



また遊びに来させて頂きます。

改めまして、今後共よろしくお願い致します。

ではまた。



■たろさん (えい)
2006-04-27 23:53:41
確かに。



社会性とラブ・サスペンスと言う娯楽性がよくかみ合っていたと思います。

この原作者ジョン・ル・カレと言うと

『寒い国から帰ってきたスパイ』のタイトルを思い出します。

『寒い国から~』実は観ていないんです。

観たいなあ。
実は結構前に観ていたのですが、 (bakabros)
2006-05-13 15:49:03
なかなか感想を書き出せずにいた作品でした。

色んな気持ちを感じたのに、言葉で表すのがとても難しくて、結局、言いたかった事は何一つ書けていない気がします。

でも言葉で表せないという感情そのものがこの映画の魅力で、だからこそ深くずっと胸に残るのかなとも思いました!
■bakabrosさん (えい)
2006-05-13 21:53:06
こんばんは。



>言葉で表せないという感情そのものがこの映画の魅力



ほんとうに、そのとおりだと思います。

強い問題意識を抱えながら

それを飽きさせることなく一気に見せきる映画としての力がある。

こういう作品は大好きです。
えいさん、こんばんわ。 (隣の評論家)
2006-05-14 23:30:52
サーバーが混みあっているのか、何なのか。TBがなかなかのりませんでした。ふぅ(汗)。

前評判通り、壮大なラブストーリーを堪能できました。今だからこそ、この作品の素晴らしさを理解できたのかもしれません。キャッキャッキャッ♪と、はしゃいでいた娘っ子時代(アタクシにもありましたのよ)だったら、???と思ってしまったかも。

>これだけアップが多く、しかも手持ちキャメラで不安定な映像なのに、決して視神経が疲れることがない。

もう、この辺は。さすが、えいさんですね☆ 美しい世界観に浸るオンリーで、余り気にも留めなかったアタクシでした。
■隣の評論家さん (えい)
2006-05-15 22:57:46
こんばんは。



gooって、ときどき重くなる時があるんです。

お手数おかけしました。



この映画、ラブストーリーと

社会派サスペンスが巧く絡み合い、

しかも映像はスリリングで息づいている。

堪能しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事