ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ヒューゴの不思議な発明』

2012-02-07 00:18:15 | 新作映画
(英題:Hugo)

----これ、マーティン・スコセッシ監督の新作だよね。
しかも3D。
よく「映画への愛」を描いているって、言われているけど、
それってどういうこと?
「ぼくも、どういうことかなと、
もしかしたら、原作に“映画愛”の要素を加えたのではないかと、
監督が、映画生誕10年を祝ったドキュメンタリー
『A Personal Journey with Martin Scorises Through American Movies』
『マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行』などを手掛けた
あのスコセッシだけにね…。
ところが、なんとこれって原作自体が
映画史上、もっとも重要な、
あるひとりの作家を取り扱ったものだったんだ
まさに彼のためにあるような原作」

----へぇ~っ。
てっきり、パリの時計台に住む少年の物語とばかり…。
「それには間違いないんだけどね。
主人公は、時計職人で、博物館の所蔵品の修繕もしていた父親(ジュード・ロウ)を亡くし、
冷酷な叔父に引き取られた少年ヒューゴ(エイサ・バターフィ-ルド)。
ある日、駅構内のオモチャ屋に忍び込み、
ネズミのオモチャを盗もうした彼は、
店主のジョルジュ(ベン・キングズレー)に捕まってしまう。
ポケットの中身全部を調べ上げられるヒューゴ。
彼は、その中でも最も大切にしていた
父の遺したノートを取り上げられてしまう。
そのノートには、
父が亡くなる直前まで心奪われていた“機械人形”の修理方法が描かれていた。
ジョルジュは、決してノートをあきらめないヒューゴに、
盗んだ分を働いたら返してやると譲歩する。
かくしてジョルジュの店に通うことになったヒューゴは、
そこでジョルジュの養子イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)と出会い、
心を開くようになっていく…」

----ふむ。その著名人はジョルジュという名なのだニャ。
ジョルジュ、ジョルジュ、ジョルジュ…。
誰だろう?
「う~ん。
これは映画史に興味を持っていないと出会わない名前かも。
その手の本には必ず出てくるんだけどね。
答は、特撮の父ジョルジュ・メリエス
ほんとうは、この答を明かすべきかどうか迷ったんだけど、
プレスの裏に、彼の代表作、
最初のSFとも言われる『月世界旅行』のワンシーンが載っているから、
まあ、いいのかな?って。
とは、言いつつも、
ぼくはこの映画がメリエスを扱っているとは知らなかっただけに
ほんとうに嬉しい驚きだったんだけど。
それこそ学生時代にアテネフランセで観て以来だもの」

----ニャるほど、メリエスだったらオモシロそうだ。
「でしょ。
さて、この映画、
父を失ってこっそり隠れ住んでいたヒューゴが希望を取り戻すまでを、
“映画”そしてジョルジュ・メリエスとの関わりの中で描いていく。
それだけに全篇が見逃せないシーンの連続。
おそらく、人によっていろんな楽しみ方ができると思うけど、
ぼくはこれをスコセッシの“3D支持宣言”と取ったね。
冒頭の、パリに降る雪、光にきらめく綿ぼこりなど、
この映画それ自体もスペクタクルではないディテールにおける3Dの魅力を謳っているけど、
いちばん注目してほしいのが
メリエスが特撮を駆使した『A Thousand and One Nights』を撮影シーンもろとも見せていること。
この『ヒューゴの不思議な発明』が3Dであるだけに、
撮影シーンの向こうに描かれた撮影中の『A Thousand and One Nights』も3Dとなる。
特殊効果の萌芽的な撮影がいかにしてなされていたかが、いまの最新の3Dで楽しめるわけだ。
実は、ジョルジュ・メリエスはマジシャン上がり。
リュミエール兄弟の『シネマトグラフ』を観て、
そこに新たな可能性を感じ取り、
映画にストーリー性を持たせたり、カット割りなどを使用。
もし、そんな彼が現代にまだ生きていたら…」

----それは3Dに手を出すに違いないニャ。
「そういうこと。
ここにスコセッシがこの映画を撮ったわけ、
しかも3Dで…という理由が見えてくる。
そう言う意味でも興味深い作品だったね」


                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「アカデミー賞最多11部門ノミネートなのニャ」身を乗り出す

※映画ファンにはたまらない映画だ度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


コメント (16)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
« 『シャーロック・ホームズ シ... | トップ | 『恋人たちのパレード』 »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スコセッシ (ともや)
2012-02-07 00:31:01
こんばんは、えいさん♪
この間観た『マリリン 7日間の恋』もそうだったし、まだ未見だけど『アーティスト』といい、映画人が古き良き映画撮影を懐かしむ時期に来ているのかな…と感じました。
つまりは映画が新しい時代に突入しているってことなんでしょうねぇ。
でも撮影方法は変わっても、人々を楽しませたいという根底にあるものは色あせることが無い。
そんな映画愛を感じるいい作品でした♪
■ともやさん (えい)
2012-02-08 00:07:20
アメリカがフランス映画について語り、
フランスがアメリカ映画について語る。
本作と『アーティスト』は
互いにクロスしているところがいいですよね。
ぼくは、映画撮影のバックステージを描いた映画は大好き。
それだけで、本作は高得点です。
アカデミー賞 (まっつぁんこ)
2012-02-24 07:47:25
子供も観に来ていましたが退屈してました。(笑)
「アーティスト」も良い映画なのでしょうが、
いまさら無声白黒映画が3Dをさしおいて受賞したら考え込んでしまいそうです。
■まっつぁんこさん (えい)
2012-02-24 19:15:25
こんばんは。
いや、子どもだけじゃなく、
大人でも「あれ、なんだったの?」と言っている方が多いそうですよ。

う~ん。『アーティスト』と、
どちらが好きかと言うと、
これはこれで悩ましい問題ではありますが…。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-03-01 18:06:07
映画創生期の作品って、どれも不思議な魅力があって好きなんですけど、その不思議な魅力がこの映画を見て分かったような気がします。
やはり全てにおいて愛は偉大なり!
親子で楽しめる作品、と・・・ (悠雅)
2012-03-01 20:52:18
思ったんですが、そうではなさそうなんですね。
そうか、わたし自身が、いつかどこかでチラっと観た『月世界旅行』(の1シーン)を
「そうそう、これ観たことある~」と楽しんでしまったから、そうだと思い込んでしまいましたが・・・

それに加えて、アメリカ人が語るフランス映画を英国人で演じていることや、
個性的な登場人物や、可愛いお花屋さんや、女性たちの衣装や・・・と
観るところがたくさんあって、楽しかったです。
3D宣言なのですね・・・ (ノルウェーまだ~む)
2012-03-02 16:49:30
えいさん☆
これは困りました。
スコセッシが3D宣言をしたことによって、周囲が引きずられないことを祈るばかりです。
幸い「アーティスト」が作品賞を取った事で、反対派もしくは慎重派がまだ多いと受け止めていいのかも。
2Dで観て充分3Dを感じましたが、きっと3Dで観たらもっと凄いだろうな~と憧れつつも体質にどうも合わなかったみたいです。
■にゃむばななさん (えい)
2012-03-02 22:55:40
こんばんは。

ジョルジュ・メリエスの映画は、
それこそ20代の頃に観たきりなのですが、
『月世界旅行』は
「よく、そんな昔にこんなものが作れたな」と、
ビックリした記憶があります。
映画という新しい表現手段ーー。
それを使って、
「あれもやりたいこれもやりたい」という
意欲が漲っていたのでしょうね。
■悠雅さん (えい)
2012-03-02 22:58:34
ほんと、まさかこんな映画とは思いませんでした。
言われてみると、ジョルジュ・メリエス役はイギリスの俳優。
そういうところもオモシロいですね。
うちの「コトリ花店」は
パりスタイルの花屋を目指していることもあり、
あの花屋のシーンは、
それだけでも嬉しいプレゼントでした。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2012-03-02 23:00:24
こんばんは。
大丈夫だと思い安すよ。
ぼくも3Dは苦手な方。
この映画は逆に、
「3Dをやるなら、
ここまで徹底して、
意味を持って…」と言っている気がしました。
逆に、これ以後、
安易に3Dをやることは恥ずかしいという、
そんな風潮が出てくるのではないかと、
ぼくは期待しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

46 トラックバック

ヒューゴの不思議な発明 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:HUGO) 【2011年・アメリカ】完成披露試写で鑑賞(★★★★☆) 第37回LA映画批評家協会賞、美術賞受賞(ダンテ・フェレッティ)。 第69回ゴールデングローブ賞、監督賞受賞(マーティン・スコセッシ)。 第17回放送映画批評家協会賞、美術賞受賞(ダンテ・フェ...
Hugo /ヒューゴの不思議な発明  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 世界中でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説「ユゴーの不思議な発明」を マーティン・スコセッシ監督が描いたファンタジー 毎日NYあちこち歩いてます☆ こっちへ来て劇...
ヒューゴの不思議な発明 (あーうぃ だにぇっと)
ヒューゴの不思議な発明@TOHOシネマズ錦糸町
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒューゴの不思議な発明」観に行ってきました。ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とする、マーティン・スコセッシ監督の冒険ファンタジー作品...
映画:ヒューゴの不思議な発明 Hugo スコセッシの映画愛が炸裂! だが今年は... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上は....
ヒューゴの不思議な発明 (食はすべての源なり。)
ヒューゴの不思議な発明 ★★★★★(★満点) ライラの冒険や、ナルニア国物語のようなファンタジーを想像していったのですが、まったくもって予習不足で、泣かされました。。。 じ~んと来るセリフがいくつもありました。 初めて映画を観た時の感動がキーになってい...
劇場鑑賞「ヒューゴの不思議な発明」 (日々“是”精進! ver.A)
“映画ファン”、必見… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203010001/ ヒューゴの不思議な発明 公式ガイドブック ブライアン セルズニック 中島 早苗 アスペクト 2012-02-17 売り上げランキング ...
『ヒューゴの不思議な発明』 (こねたみっくす)
夢は映画の中で生まれる。そして夢は今も新たな夢を映画の中で生み続けている。 第84回アカデミー賞で撮影賞を始め技術系5部門を制覇したこの作品は、娯楽映画の父:ジョルジュ・ ...
ヒューゴの不思議な発明 (悠雅的生活)
機械人形。夢が現実に。Phantom of  Lyon Station。
"夢の発明" マーティン・スコセッシ監督『ヒューゴの不思議な発明』(Hugo) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。マーティン・スコセッシ監督、初の3D作品『ヒューゴの不思議な発明』原作はブライアン セルズニック。出演はエイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ
[映画『ヒューゴの不思議な発明』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり技巧を凝らした作品だった。  3D作品を撮るにあたって、スコセッシ監督が思い描いていたであろう場景が惜しみなく注ぎ込まれていたと思う(残念ながら、仕事の後、歯医者に行って、それから映画館に向かったので、時間的に2D作品しか上映していなかった^^...
ヒューゴの不思議な発明 (だらだら無気力ブログ!)
ヒューゴって発明してたっけ?
マーティン・スコセッシ監督 「ヒューゴの不思議な発明」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
残念ながらアカデミー作品賞は逃してしまいましたが、11部門でノミネートされた話題作「ヒューゴの不思議な発明」、今日3月1日、映画の日、公開ということで、早速観てきましたv(^m^)v 公式サイト⇒http://www.hugo-movie.jp/ 【あらすじ】 1930年代、...
「ヒューゴの不思議な発明」3Dの魔力再び (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アカデミー賞でも美術賞・撮影賞・視覚効果賞・録音賞・音響編集賞と5冠を取った「ヒューゴの不思議な発明」。 映像も美しく、子供にも大人にも夢を与えてくれる素晴らしい作品だ。 だけど・・・あれれ?どこかで体験したような?
ヒューゴの不思議な発明 (心のままに映画の風景)
1930年代のパリ。 駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、亡き父が残した機械人形の修理を心の拠所にしながら毎日を送っていた。 壊れたままの人形の秘密を探る過程で、...
ヒューゴの不思議な発明・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
さあ、一緒に夢を見ましょう。 これは、巨匠マーティン・スコセッシ監督が、21世紀のデジタルテクノロジーを駆使し、110年前に作られた最初の“物語映画”と、偉大なる“映画の父”との時空を超えたコラボレー...
ヒューゴの不思議な発明 (3D吹替え) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(13) 冒頭からの奥行き感たっぷり映像に胃が浮いた(笑)
ヒューゴの不思議な発明 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Hugo監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウいったい、何を発明したの?
ヒューゴの不思議な発明 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【HUGO】 2012/03/01公開 アメリカ 126分監督:マーティン・スコセッシ出演:ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、レイ・ウィンストン、エミリー・モーティマー、ヘレン・マックロリー、クリストファー・リー、...
ヒューゴと不思議な発明 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画     死んだ父親が残した機械人形を修理することで大冒険が始まると思っていたら ちょっと違いました。邦題では、「不思議な発明」となっていますが ヒューゴやヒューゴの父親が発明し...
ヒューゴの不思議な発明/Hugo (LOVE Cinemas 調布)
巨匠マーティン・スコセッシが初めて3Dで送るヒューマンファンタジー。ブライアン・セルズニックの小説を原作に、父の形見の機械人形に隠された謎を探る少年の姿を描く。主演は『縞模様のパジャマの少年』のエイサ・バターフィールドと、『モールス』のクロエ・グレース...
「ヒューゴの不思議な発明」 映画讃歌 (はらやんの映画徒然草)
スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚
パパ・ジョルジュ。 【映画】ヒューゴの不思議な発明 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】ヒューゴの不思議な発明 監督にマーティン・スコセッシ。 撮影賞、美術賞、音響編集賞、録音賞、視覚効果賞 アカデミー賞で5冠を獲得。 【あらすじ】 1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一...
映画「ヒューゴの不思議な発明」 (FREE TIME)
注目の映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。
誤解を招きそうな映画。『ヒューゴの不思議な発明』 (水曜日のシネマ日記)
1930年代のパリを舞台に父親が残した機械人形に隠された秘密を探る少年の物語です。
ヒューゴの不思議な発明 (風に吹かれて)
映画の歴史を知りました見るなら3Dで公式サイト http://www.hugo-movie.jp原作: ユゴーの不思議な発明(ブライアン・セルズニック著/アスペクト文庫)監督: マーティン・スコセッシ
「ヒューゴの不思議な発明」ぶらぼ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ヒューゴの不思議な発明] ブログ村キーワード  巨匠 マーティン・スコセッシ監督が贈る、初の3D映画。「ヒューゴの不思議な発明」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。アカデミー賞では、チョット残念な結果に終わっちゃいました(それでも、“5冠”!)...
『ヒューゴの不思議な発明(2D字幕)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ヒューゴの不思議な発明」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 ジョン・ローガン□原作 ブライアン・セルズニック □キャスト エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロウ、     サシャ・バロン・...
ヒューゴの不思議な発明/HUGO (いい加減社長の映画日記)
ファンタジー・アドベンチャー? 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ひとりぼっちの少年ヒューゴは、時計のネジを巻きながらモンパルナス駅に隠れ住んでいた。 彼は駅の中の玩具店で玩具を盗もうとし、店主のジョルジュに見つかってしまう。 ジョルジュはヒューゴ....
ヒューゴの不思議な発明(3D)       評価★★★★★100点        (パピとママ映画のblog)
「シャッターアイランド」のマーティン・スコセッシ監督による3Dファンタジー。パリを舞台に、父を亡くした少年ヒューゴが、父の形見の機械人形に隠された秘密を巡って、美少女とともに冒険を繰り広げる。 出演は「シャッター・アイランド」のベン・キングズレー、「シャ....
「ヒューゴの不思議な発明」 HUGO (俺の明日はどっちだ)
昔々、映画の創世記にトリックを駆使した数多くの映画で観客を驚かせ、映画史を語る上で欠かせない人物となったジョルジュ・メリエスへの深いオマージュを込めた映画マニアによる映画ファンのための映画愛に満ち満ちた快作! これまで正直言って3G映画にはいささか懐....
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
3Dで観て欲しい映画。 何故なら”映画”の進化をはっきりと実感して欲しいから。 そして進化しながらも変わらぬものがそこにある事も。 白黒のちょっとした映像の見世物だった映画が、夢とメッセー...
「ヒューゴの不思議な発明」 (或る日の出来事)
ヒューゴ、発明なんてしてないじゃん、と思ったけど、原作は「ユゴーの不思議な発明」なのでした。
ヒューゴの不思議な発明 映画愛に溢れていて映像が素晴らしくて・・・でもしかし・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -0-】 3Dと吹き替えがとにかく嫌いなので2D字幕版にて金曜日に鑑賞。 あれだけアカデミー賞にノミネートされていたというのに、受賞したカテゴリーは録音賞・音響編集賞・視覚効果賞・美術賞・撮影賞の5つ、物語には関係が無くて技術的な部門ばっかだった。(作品...
映画「ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。キャパ221名に8名ほど。公開から一週間以内の割に少ないかも? 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100...
ヒューゴの不思議な発明 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】マーティン・スコセッシ 【出演】エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ/サシャ・バロン・コーエン/ベン・キングズレー/ジュード・ロウ 【公開日】2012年 3月1日 【製作...
ヒューゴの不思議な発明 (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  それ...
『ヒューゴの不思議な発明』 驚異の追体験 (Days of Books, Films )
Hugo(film review) 映画の冒頭、凱旋門を中央にしたパリの夜景が上
フィルムの音 (笑う学生の生活)
14日のことですが、映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。 3Dにて見ました。 1930年代 パリ 駅の時計台の隠れて住んでいる孤児のヒューゴ 少女イザベルとの出会い、父の残した機械人形が絡み合って・・・ これがスコセッシ作品と思える感じで 万人に見やす....
『ヒューゴの不思議な発明』 映画愛ではない、とスコセッシは云った (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
ヒューゴの不思議な発明(Hugo) (KATHURA WEST)
映像、音楽が美しい、とてもファンタスティック! 《映画への情熱》を感じさせてくれます。 今回のアカデミー賞5部門(撮影賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響編集賞、)に輝いた作品として納得。制作スタッフはいろいろご褒美をもらっていい、それに値する作品で...
「ヒューゴの不思議な発明」 (3D) (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・米/配給:パラマウント 原題:Hugo 監督:マーティン・スコセッシ 原作:ブライアン・セルズニック 脚本:ジョン・ローガン 撮影:ロバート・リチャードソン 音楽:ハワード・ショア 製作:
ヒューゴの不思議な発明(3D) (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ヒューゴの不思議な発見 '11:米 ◆原題:HUGO ◆監督:マーティン・スコセッシ「ディパーテッド」「シャッターアイランド」 ◆出演:エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、レイ・ウ...
ヒューゴの不思議な発明 (銀幕大帝α)
HUGO/11年/米/126分/アドベンチャー・ファンタジー/劇場公開(2012/03/01) -監督- マーティン・スコセッシ 『シャッター アイランド』 -製作- *マーティン・スコセッシ *ジョニー・デップ -原作- ブライアン・セルズニック『ユゴーの不思議な発明』 ...
ヒューゴの不思議な発明 (いやいやえん)
思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども~^;) 少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあっ
「ヒューゴの不思議な発明」(HUGO) (シネマ・ワンダーランド)
名作「タクシードライバー」や、「レイジング・ブル」「シャッターアイランド」などの作品で知られる米映画界の鬼才、マーティン・スコセッシ監督がメガホンを執った詩情あふれるヒューマン・ファンタジー「ヒューゴの不思議な発明」(2011年、米、126分、パラマウ...