ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『容疑者Xの献身』

2008-10-04 23:22:49 | 新作映画
「そうか。そりゃ、そうだよな」
----ニャに、ぶつぶつ言ってるの?
「いや、この『容疑者Xの献身』って、
東野圭吾の原作だったんだなって。
なるほど、どんでん返しがあるわけだ」

----あっ、観るまで『容疑者Xの献体』と間違えていたヤツね(笑)。
「そうそう。
主演の福山雅治がまたまた白衣だったからね。
ちょっと病院のイメージが重なっちゃって…。
でも、観てみたらなるほどこれは『献身』的な愛の物語」

----確かこれってテレビの『ガリレオ』の劇場版なんでしょ?
帝都大学物理学助教授の湯川学が、
その能力を駆使して
持ち込まれた事件を論理的に解決していくという…。
「そうだね。
しかもこれは“半『刑事コロンボ』”的な作りとなっている
シリーズすべてがそうなのかどうか分からないけど…」

----どういう意味?
「『刑事コロンボ』、
そのほとんどは
あらかじめ犯人を観る側に明らかにしておいて、
コロンボが推理を駆使してその犯人にたどり着くまでを
見せていくというスタイルを取っている。
この映画も、そのパターンを踏襲しながら、
実は最後にもう一ひねり加えてあるんだ。
だから、ほんとうの結末は観客は知らないという、
そういう作りになっている」

----ニャるほど。それがどんでん返しね。
「うん。
原作ものだから、
あまりストーリーをあれこれ言っても
映画を語ることにはならないのは
いつものとおり。
ただ、よくできているお話ではあったね」

----じゃあ、見どころは?
主演の福山雅治は確か久しぶりの映画出演だよね。
「彼の喋り口調とかは、
FMで彼がやっている番組とほとんど同じ。
でもまあ、これはこれでいいんじゃないかな。
ぼくは笠置衆を思い出したね。
自らの素材で勝負できる数少ない俳優だ。
問題なのは、柴咲コウ。
この人もいつも同じ演技なんだけど、
ハイテンションすぎる。
困ったことにぼくには
ワンパターンにしか見えないんだ(ファンの人、ゴメンナサイ)。
今回、思ったのは
俳優が地のままで勝負するときは
そのトーンが押さえてある方がうまくいくということだね。
肩に力が入った演技というのは、観ていて辛いものがある」

----X=石神役の堤真一は?
『クライマーズ・ハイ』に続いてまた山に登っているけど…。
「途中までは、
型通りの演技。
ちょっと類型的だなと思って観ていたけど、
クライマックスの“泣き”の演技でビックリ。
ストーリーのどんでん返しとも相まって、
もしかしたらこれは
“石神が石神を演じている”という
堤真一の計算だったのではないかとね。
あと、同じくビックリしたのが松雪泰子。
この人に、こんな疲れた生活臭のある役ができるとは…。
途中、彼女が松雪だということを忘れて観てしまっていたよ」

----見どころいっぱいということ?
「いやあ、それはどうかな。
こういう演技面でしか勝たれないのがこの映画の難点。
あまり映画である必然性は感じない。
楽しいことは楽しいんだけどね。
雪山のシーンも
『ミッドナイトイーグル』よりはリアリティがあった。
あっ、もちろんテーマはヘビーだよ」



           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ニャンでも映画グッズが欲しかったらしいニャ」小首ニャ

※それは「ガウス加速器」。ネオジウム磁石入りだ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (24)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
« 『ハロウィン』(ロブ・ゾン... | トップ | 『私がクマにキレた理由(わ... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (say*3)
2008-10-05 10:12:35
原作の発表当時、コアなミステリ読みの方々の間で「本格なのかどうか?」と論争になった作品です。
ネットで探せば出てくると思いますので、興味があればどうぞ。
■say*3さん (えい)
2008-10-05 11:22:40
おはようございます。

情報ありがとうございます。
そうなんですか、論争が起こった作品なんですね。
「本格」の使い方に興味があるので
少し調べてみます。


リアリティー (くまんちゅう)
2008-10-05 15:11:09
ミッドナイトイーグルよりは有りましたね、
同じ事書いてます
それよりも進んだ距離に唖然としてしまいました>雪山
あ、本編は原作に近い雰囲気で、良かったと思います。
堤さん (たいむ)
2008-10-05 16:08:51
えいさん、こんにちは。
>クライマックスの“泣き”の演技
本当に凄かったですね。どうとでも解釈できそうな崩れ方はあっぱれでした。

主人公たちがやたらに出ばらない作りが良かったです。
■くまんちゅうさん (えい)
2008-10-05 21:46:03
こんばんは。
あらら、もしかしてTBいただいているのかな?
反映されていないみたい。
『ミッドナイトイーグル』との関連、
ぜひ読みたいです。
■たいむさん (えい)
2008-10-05 21:49:19
こんばんは。

実をいうと、
あの号泣シーンまで、
堤真一の演技に対して
そんなにはノレなかったんです。
しかし、あそこで納得。
それまで彼は、人生を投げていたんですね。
で、あの瞬間、初めて本気になった。
だから、感情を抑えきれなかった。
とても計算された演技だと思いました。
TB出来ないんです (くまんちゅう)
2008-10-06 23:07:39
Gooさんに送るのは全部弾かれてしまいます
コメントのURLも不正とか言われちゃいます
まあ雪山はミッドナイト~よりはリアリティーありました、と書いてるだけですので
関連は余り言及してないです
Unknown (Ageha)
2008-10-07 04:28:25
堤さんの演技がすごかったなと。

パンフにあったんですが
髪の毛を薄くして、姿勢を悪くして
いつも下を向いていて
頭の回転は速いけど人と向き合うのが苦手だから
しゃべるのは遅くてボソボソ・・・。
湯川との”外見年齢差”を出す工夫があちこち。

ただ、雪山であんなにしゃきっと
さっさと登るんかいってちょっとツッコミ(爆)

実はやったことが無駄になった叫びではなくて
「人の心は数学的に証明できない、
天才な彼をもってしてもこの展開を予測できなかった。
はじめて愛を知った瞬間だったんじゃないか」って。

頭のいい孤独な人たちは逆に
凡人がフツーに感じることを
ここまでストイックに極端なことに走らんと
わからんのかなという・・それはそれでびっくり。
そしてあまりにも悲しい結末で絶句でした。
Unknown (あん)
2008-10-07 09:41:18
TVドラマはエンタメ色が強く、それはそれで楽しめるけど、映画のほうは東野圭吾作品のダークさと重さが、良く出ていた、と思います。
最後の号泣シーンは、本のほうが胸を衝かれました。
でも、堤真一は良かったですよ。

確かに、内海クン(柴咲コウ)のキンキン声は、聞いてて辛いです...。
■くまんちゅうさん (えい)
2008-10-08 00:00:02
こんばんは。

>Gooさんに送るのは全部弾かれてしまいます

そうだったんですか?
知りませんでした。

ときどき、こう言う現象が起こりますよね。
早く改善されますように…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

53 トラックバック

【映画評】容疑者Xの献身 (未完の映画評)
愛に彩られた天才vs天才の推理劇が醍醐味の直木賞受賞作の映画化。
「容疑者Xの献身」完全犯行トリックの末にみた湯川が導き出した底辺×高さ÷愛の答え (オールマイティにコメンテート)
「容疑者Xの献身」は東野圭吾の物理学者湯川シリーズ「容疑者Xの献身」を映画化し2007年10月からフジテレビ月9で放送された「ガリレオ」の劇場版で天才物理学者湯川学が天才数学者石神哲哉の仕組んだ完全犯罪に対して物理学で謎を解いていく作品である。「ガリレオ...
劇場鑑賞「容疑者Xの献身」 (日々“是”精進!)
「容疑者Xの献身」を鑑賞してきました変わり者の物理学者、湯川学が難事件を解決する東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズを、福山雅治主演でTVドラマ化した「ガリレオ」の劇場版。今回の原作は、小説シリーズ中、初長編にして、第134回直木賞に輝いた同名小説。TV...
「容疑者Xの献身」みた。 (たいむのひとりごと)
TVシリーズは先日の一挙再放送を見直したが、原作は未読まま。高視聴率のドラマが当たり前のように映画化されるこの頃だが、「ガリレオ-容疑者Xの献身」というタイトルで無かったことは正解だったように思う。福
容疑者Xの献身 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
東野圭吾さんのガリレオシリーズ『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』は読みました~で、、、≪第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞≫を受賞し、『~運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪~』というキャッチコピーの元、涙なくしては読めない―という超人気作...
容疑者Xの献身 (Diarydiary!)
《容疑者Xの献身》 2008年 日本映画 テレビドラマ《ガリレオ》の映画化、物理
容疑者Xの献身 (せるふぉん☆こだわりの日記)
10月4日公開初日「容疑者Xの献身」を見てきました。 一番大きいスクリーンでした
容疑者χの献身 (利用価値のない日々の雑学)
今年度の期待度ランキングには出なかったが、実は密かに今年一番期待していた作品かもしれない。そもそも昨年のテレビ放映中から映画化を前提としていたコンセプトに感銘していたので、気合いの入れ具合にこちらも久々に民放のドラマとしては全部見た。フジでは「踊る...
[映画] ガリレオ 容疑者Xの献身 感想 (THE有頂天ブログ)
映画 「容疑者Xの献身」 10月4日から公開になった映画版「ガリレオ」こと「容疑者Xの献身」を観てきました。 以下、ネタバレ無しの感想。 ■映画 「容疑者Xの献身」 あらすじ  惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に...
誰も幸せになれない結末。~「容疑者Xの献身」~ (ペパーミントの魔術師)
大概のひとはドラマ「ガリレオ」のスペシャル版 THE MOVIEのつもりで行ってる・・のかな? としたら、 あの葵の印籠みたいなシーン(爆)はないので あしからず。 ドラマの持っていた、軽さとか派手さよりも 原作に近いつくりになってたんじゃないですかね? 容疑者Xの...
容疑者Xの献身 (描きたいアレコレ・やや甘口)
物理学者が友を想う時、数学者は恋をする。 帝都大学理工学部物理学科の准教授、湯川学(福山雅治)が、今度の事件に興味を持ったのは、...
容疑者Xの献身 (俺の明日はどっちだ)
「切ない、実に切ない」東野圭吾の原作を元に無難にストーリーをなぞって描きあげた「普通な、実に普通な」謎解き恋愛ミステリー。 結論から言うと総じて決して悪い出来ではないと思うし、特に原作のイメージとは大いにかけ離れていながらも説得力ある演技で唸らせてくれ...
人の心は計算できない。『容疑者Xの献身』 (水曜日のシネマ日記)
第134回直木賞を受賞した東野圭吾の小説を映画化した作品です。
ガリレオが挑む、 “愛” の証明●容疑者 X の献身 (Prism Viewpoints)
その謎を、愛そう。 ――― (公式キャッチコピー) 『容疑者 X の献身』 容疑者 X の献身 公式HP 発見された男性の死体は顔がつぶ...
容疑者Xの献身☆独り言 (黒猫のうたた寝)
土曜の夜に帰宅すると『ガリレオΦ』放送中ついつい観入ってしまったおかげで、スルーしようか迷ってた『容疑者Xの献身』鑑賞決定♪あぁ、なんて単純に乗せられているのやら(笑)湯川の元に新たな事件について薫からまた助言が求められる。容疑者は、あるアパートに住む弁...
『容疑者Xの献身』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、ダンカン、長塚圭史、益岡徹、...
「容疑者Xの献身」 愛は割り切れない (はらやんの映画徒然草)
昨年テレビシリーズが放映された「ガリレオ」の劇場版です。 テレビシリーズは毎回欠
舞台挨拶へは行けなかったので、「ガリレオφ」を見てからのんびり観に行った『容疑者Xの献身』 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
10/4に公開された『容疑者Xの献身』だが、舞台挨拶へは行けなかったので、同じ日に放送された『ガリレオφ』を見てから、ゆっくり観に行った(爆)映画『容疑者Xの献身』公開記念10/4はガリレオの日!『ガリレオφ エピソードゼロ』サークルKサンクスで発売中のタイアッ...
容疑者Xの献身 (to Heart)
その謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは? 製作年度 2008年 映時間 128分 脚本 福田靖 監督 西谷弘 原作 東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊) 音楽 菅野祐悟/福山雅治 出演 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一/ダンカン/長塚圭史/益岡徹/...
★「容疑者Xの献身」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。 いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。 本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の映画化。 映画主演は確か初めての福山雅治と、ひらり...
「容疑者Xの献身」  感情にうごかされた二人の天才・・・・。 (追記)(再追記) (取手物語~取手より愛をこめて)
『化学で証明できないものは、理解できないくせに・・・。』
映画「容疑者Xの献身」 (FREE TIME)
話題の映画「容疑者Xの献身」を鑑賞しました。
【99.8Kg】 「容疑者Xの献身」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
こんばんわ♪ {%笑いwebry%}
天才数学者 vs 天才物理学者【容疑者Xの献身】 (犬も歩けばBohにあたる!)
テレビドラマも高視聴率を納めた『ガリレオ』の映画版。 原作は本作で直木賞受賞した
『容疑者Xの献身』劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
無料鑑賞券の期限切れ間近の主人が、「午後から有休とって見に行ってくる!!」 と、勢よく言ってたわりには。。。一人で行くんじゃないんだぁ~ 私にも声かけてくれので、お供しました.。゜+..。゜+.  .。゜+..。゜+(C)2008フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS2...
『容疑者Xの献身』 (『映画な日々』 cinema-days)
 TV連続ドラマ『ガリレオ』の好評を受け  東野圭吾の原作を映画化    個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)
「容疑者Xの献身」 福田靖は投げ出さない (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
堤真一≒宮迫博之(雨上がり決死隊)が成立すると仮定するなら、 また、おまえか!ダンカン!! 堤真一と松雪泰子が、弁当屋で目と目で通じ合うシーンに『幸せの黄色いハンカチ』スーパーのレジ係:倍賞智恵子と高倉健の雰囲気を感じ取ったから、その後の流れは、もちろん私...
★容疑者Xの献身(2008)★ (CinemaCollection)
その謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは?上映時間128分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/10/04ジャンルミステリー/ドラマ【解説】東野圭吾の『ガリレオ』シリーズ初の長編にして直木賞受賞の傑作感動ミステリー『容疑者Xの献身』を、大ヒッ....
『容疑者Xの献身』@日劇 (映画な日々。読書な日々。)
天才物理学者・湯川教授が生涯で唯一天才と認めた男・天才数学者の石神哲哉は、娘と二人で暮らす隣人・花岡靖子に淡い思いを抱いている。ある日、靖子の元夫・富樫が死体となって発見された。離婚後も何かと靖子たちに付きまとい、どこへ引っ越しても現れては暴力を振るっ...
【映画】容疑者Xの献身 (新!やさぐれ日記)
■動機 原作の補填と福山視点でのシナリオ再構成 ■感想 随分と原作を丁寧に扱った ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ 惨殺死体が発見され、草薙俊平(北村一輝)は後輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻(松雪泰子)の...
「容疑者Xの献身」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 男の絞殺死体が発見された。顔が潰され、指を焼かれたその男の身元は、富樫慎二(長塚圭史氏)と判明。捜査に乗り出した貝塚北警察署の刑事・内海薫(柴咲コウさん)は、富樫の別れた妻・花岡靖子(松雪泰子さ...
容疑者Xの献身 (明け方シネマ)
 東野圭吾さんの本は読んだことがなく--ただ「手紙」は映画を見てとてもいい作品だと思ったのと、やっぱり福山雅治(でもラジオの方が好きだけど)見たかったかな~。  それでもストーリーに引き込まれたのは、堤真一の登場シーンでした。ここだけでなく、中盤くらい...
役者ってすごい!「容疑者Xの献身」 (茅kaya日記)
JUGEMテーマ:映画 堤真一は役者です。 そして、ましゃはやっぱミュージシャン! ドラマくらい面白ければスクリーンで福山君も観れるし、 ま、いいかぁってノリでしたが、 いや、これはドラマの延長線とは違う ほんとうに映画らしい映画でした。 同じくましゃ...
容疑者Xの献身 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。 果たしてガリレオの前に立ちはだかる天才数学者・石神哲哉とは一体どんな人物なのか? 天才と天才の哀しき闘いが...
『容疑者Xの献身』 (めでぃあみっくす)
原作は未読、しかもTVドラマも全く見ていないのですが、結構評判がいいので興味は薄かったのですが見てみましたが、これは「実におもしろい」。映画化ありきのTVドラマの映画化といってもフジテレビなんでと思っていましたが、ガリレオという看板を外したために見事にタイ...
『容疑者Xの献身』@TOHOシネマズ錦糸町 (たーくん'sシネマカフェ)
初めは見るつもりではありませんでした。TVドラマからの映画化は期待してなかったので。しかしある映画好きの尊敬するブロガーさんのお薦めもあり観ることに。「探偵ガリレオ」シリーズ。「容疑者Xの献身」。(C)2008フジテレビジョン-あらすじ-惨殺死体が発見され、新人...
容疑者Xの献身 (福山雅治さん&堤真一さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆福山雅治さん(のつもり) ◆堤真一さん(のつもり) テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』に、福山雅治さんは湯川学 役で、堤真一さんは石神哲哉 役で出演しています。 先日、仕事の合間をぬって、ようやく映画館に観に行くことができました。 ●導入部...
「容疑者Xの献身」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・フジTV=東宝/監督:西谷 弘) 直木賞を獲得した、東野圭吾原作の同名ミステリーの映画化。 天才物理学者・湯川が、警察で解明出来ない不思議な難事件を、科学的に証明し、
容疑者Xの献身 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作者は東野圭吾さんで、この作品で第134回(2005年下半期)直木賞を受賞しているが、本作での受賞というよりは、それまでの実績が評価されての受賞だと思う。そもそも本作は、探偵ガリレオシリーズ第3弾ということで、シリーズものが嫌いな僕には興味の
映画 「容疑者Xの献身」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
今夜はテレビで「ガリレオΦ」が放映されているのですが、録画予約をして 先日原作文庫を読み終えたばかりなので公開初日に観て来ましたよ。 ...
容疑者Xの献身、興収30億円越え。洋画は苦戦。 (映画を楽しむ)
興行ランキング4週連続1位の福山雅治主演『容疑者Xの献身』が、興行収入30億円を突破することがわかった。9月以降の公開作品としては初めてで、今年に入ってからでは14本目。内訳は邦画は10本、洋画は5本となる。昨年は30億円を超えた作品は17本。邦画が8本、洋画が...
容疑者Xの献身(映画) (読書と時折の旅 (風と雲の郷本館))
 ちょっと前に、東野圭吾による原作の方の記事を書いたが、3日の月曜日に、今話題の映画「容疑者Xの献身」を子どもと見に行ってきた。月曜日はメンズデーで、男性は1000円で入れるとのことで、ちょっと得した気分である。言うまでもなく、湯川准教授が持ち前の頭脳で、一...
(映画)容疑者Xの献身 (ゼロから)
ガリレオФを見て面白かったので、映画も見てみました。「実に面白い。」この台詞そのままこの映画に当てはまります。
容疑者Xの献身 (Yuhiの読書日記+α)
第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞に輝いた東野圭吾の同名小説を映画化したもの。この作品に登場する物理学者湯川が謎を解く「探偵ガリレオ」「予知夢」も以前ドラマ化され、高視聴率を取っていましたね。 監督は西谷弘、キャストは福山雅治、柴咲コウ、堤真一、...
『容疑者Xの献身』 2008-No78 (映画館で観ましょ♪)
迷って選んで観た映画。 空いているかと思ったら、予想以上に人が居て驚きました! コロンボとか古畑とか、 犯人が判って始まる...
容疑者Xの献身 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観て来ました。 <池袋HUMAX シネマズ> 監督:西谷弘 原作:東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊) 脚本:福田靖 高校の数学教師・石神哲哉は、アパートの隣に住む花岡靖子の営む弁当屋に通うのを日課としていた。ある日、花岡家から聞こえた騒音を不審に思...
「容疑者Xの献身」 主役は堤真一 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
りょうたが観たがっていたのに、休みの日は野球があるのでなかなか行けなかった作品。 もうすぐ終わりそうなので、大慌てで行って来た。 新春第一弾の劇場映画はコレ「容疑者Xの献身」 いやー、さすが上手いよ、堤 真一。 さすが年間興行収入第4位なだけある!
「容疑者Xの献身」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
堤真一が良かったなぁ~・・。切ない・・。
◆映画・容疑者Xの献身 (映画大好き☆)
容疑者Xの献身監督:西谷弘出演者:福山雅治、 柴咲コウ、 松雪泰子、 堤真一収録時間:128分レンタル開始日:2009-03-18Story東野圭吾の直木賞受賞作を、福山雅治と柴咲コウ共演で映画化。貝塚北警察署の刑事・内海から殺人事件の相談を受けた湯川学は、かつての親友であ...
映画評「容疑者Xの献身」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・西谷弘 ネタバレあり
『容疑者Xの献身』 ('09初鑑賞110・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 8月15日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
『容疑者Xの献身』’08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ惨殺死体が発見され、内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事...
「容疑者Xの献身」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
数学者と物理学者。 同期の天才ふたりの頭脳合戦の果て。