ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』

2007-05-27 02:33:33 | 映画
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド 

(原題:Pirates of the Caribbean : At World's End)

---ここしばらく、キャストの来日で
日本中が大騒ぎだったけど
どうだった?肝心の中身の方は?
「前作『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』
バスター・キートンかジャッキー・チェンかって感じの
スラップスティックなところがあったじゃない。
今回は、どうするのかなって
それが気になっていたんだけど、
よく言えばアラビアンナイト、
航海もののルーツとも言えるシンドバッドを思い出したね」

----あ~。確かにそういうところあったニャあ。
満天の星空とか、けっこうロマンチックだったよね。
噂のキース・リチャーズはギターをつま弾くし…。
「うん。あと、
デイヴィ・ジョーンズが務めを果たさなかったことに起因する
流れゆく死人たちとか、巨大化した女神カリプソとかも、
これまでとは違うノリだ。
もっとも、最大の違いはタイトルにもなっている
ワールド・エンドだけどね」

----あれはシュールだったよね。
船を動かす蟹なんて、よく考えたよね。
でも、やはり息を飲んだのはクライマックス。
荒れ狂う海の中、
ジャックはマストの上でジョーンズと剣を交えるし、
ロープにつかまり、デッドマンズ・チェストを奪い合う。
「あれはよかったね。
その中で、ウィルとエリザベスが
永遠の愛を誓い合う。
あれっ、それじゃジャックは……?
と思ったら、とんでもないドラマが待ち構えている。
アクションの中で物語が動く-----。
これぞぼくの求めるアクションだね」

----なのに、興奮がいまいち感じられないニャあ。
「うん。
そうなんだよ。
これは土曜日に観たんだけど、
通路を挟んで斜め前にマナーの悪い人がいて、
携帯のメールチェックを何度も繰り返すんだ(怒)。
おかげで大切なところで光が目に入って…。
船が“ワールド・エンド”に突入する瞬間や
ウィルの運命が大きく動くとき、
またウィルがある大切な決断をするときなどなど……。
もう、ほんとうに頭にきた。
よほど注意しようかと思ったけど、
後味悪くなるしね(涙)」

----あっ。あのカップルね。
彼ら、このシリーズ初めて観たんだよ。
ラストにまた後日譚があること知らずに帰ってたもの。
ほらほら。あまり気にしないで。
ジャックみたいに
すべてにおおらかにいったら…。
「でもね。
映画は一期一会。
二度観るときには、
最初の驚きは経験ずみ。
いわゆる“ネタバレあり”で観るわけだからね。
しかし、ジョニー・デップの演技は素晴らしいね。
ジャックときたら、
まるでニューシネマの頃のヒッピー。
いや、もっと本質的なところで彼らよりも自由。
ほんと、彼のように生きられたらいいよね」


     (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これは4部もありそうだニャ」ぱっちり


※お願いだから上映中の携帯は止めてほしい度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャルの壁紙です。

コメント (22)   この記事についてブログを書く
« 『100万ドルのホームランボー... | トップ | 『夕凪の街 桜の国』 »
最新の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
テーマパーク的映画。 (TATSUYA)
2007-05-27 02:54:17
えいさん、達也です。

いやぁ~ハチャメチャにロジック破綻していましたが、
何だか結構楽しめました。
映画と言うより、正にテーマパーク。
ミッキーに人が入ってるって、誰も怒りませんものね。
それも、プロフェッショナルに徹した、
世界観、ファンタジーへの作りこみの徹底による
モノではないでしょうか・・・。
バルボッサが美味しいトコさらって行きましたが、
あの役、ジャックでも良かったのかも。
あっ、でも違う意味でキャラ命の世界が破綻するか。

3時間、疲れるほど楽しめましたが、
達也も隣のメールコギャルには苦しめられましたよ。
前作を観ずに鑑賞してしまったので、 (bakabros)
2007-05-27 08:07:18
わかりづらくてちょっとついていけませんでした。
『1』を観た時の印象では、もっと万人向きの軽く見られる映画だったように思っていたのですが、『2』と『3』は繋がっていたんですね。そんな事も知らないで観てしまった自分が悪いのですが……。
もう一度初めから見返してみたいと思います。
えいさん☆ (mig)
2007-05-27 10:30:41
おはようございます☆

上映中に携帯!最悪ですね~。
わたしなら注意しちゃうかも(こういうのも怖いんですけどね。。。)

しゃべってる人とか、たまにいるのも気になりますねー。
そんなマナーは当たり前のことなので
ちゃんと守って欲しいですね。

ところで今回、キースの登場とチョウユンファが楽しみでしたが
あっさりだったのでそこが残念でした、
ジョニー=ジャックはあいかわらずいいですね
■TATSUYAさん (えい)
2007-05-27 11:03:42
こんにちは。

この映画、『2』までは
『スター・ウォーズ』をなぞるように見せながら、
とんでもない方向へ広がっていきましたね。
まあ、これはこれでありではないでしょうか。
ぼくはけっこう楽しめました。

あのメール・カップルさえいなければ…。
■bakabrosさん (えい)
2007-05-27 11:26:34
こんにちは。

実はぼくは『1』にはノレなかった方なんです。
というのも、ジャックのキャラに
それほどの思い入れが持てなくて…。
ところが『2』で、あの突き抜けたバカっぷり。
これでヒーロー?とあっという間に
評価は逆転。
今回は『2』ほどではありませんでしたが、
それでもけっこう楽しませてもらいました。
■migさん (えい)
2007-05-27 11:31:25
おはようございます。

試写でも、ときどきこういう人見かけますよね。
ヒドいときはメールを打ち始める人も…。
何度か注意したことあるのですが、
後味悪くて……。
隣の人だったりしたら
ずっと気になってしまうし。

このごろは版権保護のための
ガードマン付きの試写って多くなりましたが、
映画館でもメールの光を見たら、
係の人が注意してくれないかなと、
マジに考えてしまいました。
マナー (きらら)
2007-05-27 15:26:04
こんにちは☆
私が観たときは隣の人が上映前に持ち込みのサンドイッチとお惣菜(!)を食べてて、
匂いもしたので、すごくイヤでした!
しかもその人はエンドロールになるとケータイチェックしてたのです。。。
メジャー作品で劇場も満員だとこういうことって多くていやです。。。

ジョニー・ジャックすごく良かったです♪
来日したときの彼とスクリーンでの彼が同一人物とは思えない~。
こんばんは (ノラネコ)
2007-05-28 01:50:01
前作観てないと訳がわからないでしょうね。
まあ観ててもよくわからない話でしたけど(笑
この作品、私はロジックで評価するのをあきらめました。
理屈で考えるとダメダメな分析しか出てこないのに、最高に幸福な三時間を過ごしてしまったのですから。
前作でも思いましたが、なんとも不思議な映画です。
■きららさん (えい)
2007-05-28 09:26:22
こんにちは。

サンドイッチはともかくお惣菜はスゴいですね。
まるでピクニック(笑)。
ある種、ポップコーン・ムービーとも言えるので、
仕方ないところもあるのでしょうが、
その匂いはたまりませんよね。

メジャー作品の土日は要警戒。
先行オールナイトとかだと、
ファンばかりでそう言うこともないのかも……
なんて、ちらっと考えました。
■ノラネコさん (えい)
2007-05-28 09:38:28
こんにちは。

ノラネコさんのレビュー、
こういうエンタメ王道作品でも
舌鋒鋭いと言うか
的を射た表現ばかりなので
ほんとうに感服してしまいます。

物語の多少の破綻があっても
それを許させてしまうこの映画は、
ハリウッドらしくなく、
でもハリウッドっぽい。
やはり映画好きにはたまらない作品でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事