ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『クレイジー・ハート』

2010-04-17 21:44:52 | 新作映画
(原題:CRAZY HEART)

----これってジェフ・ブリッジスが、
アカデミー主演男優賞に輝いた作品だよね。
「そう。主題歌賞も受賞、
しかしそれにしても『ラスト・ショー』のあの少年が57歳の男を演じるんだから、
自分も歳をとったというか、
なんとも感慨深いものが…」

----50代の男が主人公か…。
アメリカの観客に希望を与えたと聞くけど、
この映画、いったいどんなお話ニャの?
ミッキー・ローク主演の『レスラー』と、似たような設定。
かつて一世を風靡した伝説のカントリー・シンガー、
バッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)は、
孤独なドサ回りの歌手にまで落ちぶれていた。
そんなバッドとは対照的に、
彼の弟子でもあったトミー・スウィートは、
今やトップ・シンガーとして人気を博している。
これは、そのバッドの再生の物語」

----あらら。それで終わり?
他にも何かあるでしょ?
第一、そのトミー、
だれがそれを演じているの?
「これが驚き。
アメリカではそれこそサプライズにしたかったようで、
ビリングにも彼の名前は載っていない。
日本ではプレスには、小さく名前は記されているけどビジュアルはなし。
でも、トレーラーを観ると、
それが誰かは分かるんだけどね」

----回りくどいニャあ。
プレスにあるなら、喋ってもOKじゃニャいの。
「はいはい。答はコリン・ファレル
この映画がオモシロいのは、
そのコリン演じるトミーが、
いまなおバッドを尊敬していて、
彼と共演したがっている。
しかも新曲まで彼に頼むんだ。
昔の恩を決して忘れない。
弱肉強食、下剋上が当たり前のようになってしまった昨今の風潮の中、
この関係性がとても心地よかったね」

----でも、それってバッドにとっては複雑。
「そうなんだよね。
共演とは言ってもトミーの前座なわけだから。
それでもマネージャーのジャック(ポール・ハーマン)に説得され、
バッドはしぶしぶ出演に応じる。
さて、そんな彼が新しい恋に出会う。
地方紙の音楽記者ジーン・クラドック(マギー・ギレンホール)。
彼女はシングルマザーで、
この男(バッド)に惹かれてはダメという内心の声と葛藤しながら、
結局は、深い仲に陥ってしまう
一方、バッドは彼女やその息子との出会いの中、
4歳の時から会っていない28歳になる息子のことを思い出し、
彼に電話をする」

----ニャるほど。
バッドは父親らしいことをしてこなかった…。
これは確かに『レスラー』ミュージシャン版だ。
ということは、彼の体もボロボロ?
「そのとおり。
アルコール依存症のため、
このままでは、バッドの命もそう長くない。
さて、物語を語るのはここまでにしておこう。
実はこの映画、
ここまで『レスラー』とそっくりな展開でありながら、
その後の人生の選択が、あの作品とは大きく異なってくる。
どこがどう違うかまで話しちゃうと、
それこそルール違反になるから止めちゃうけど、
この映画は、『レスラー』とはある意味、対極。
男の生き方にもいろいろあることを教えてくれる。
世が世なら、
この2本を名画座なんかで組むとオモシロいんだけどね」

----ニャるほど。
そのほかの見どころは?
『すべての美しい馬』バリー・マコーウィッツが捉えたアメリカの原風景、
主題歌賞受賞の『The Weary Kind』を作った
ライアン・ビンガム、T=ボーン・バーネットの出演シーンなど、
いくつもあるけど、
ぼくは、コリン・ファレルとジェフ・ブリッジスが
一緒に歌うシーンが好きだね」

----そういえば、Mさんからメール来てたでしょ。
「ラストについて話したいことあり…」って。
「そうそう。それを話さなくっちゃ。
実はこの映画のラスト、
ぼくは、ただ『切ないな。でもこれが人生』と思って観ていたんだけど、
彼の解釈によると、これはハッピーエンド。
そのヒントは指輪と、やはりジェフ・ブリッジスが出演している
『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』
でもそれらについては、まだ明かす時期じゃない。
早くだれかにこの映画を観てもらい、そこについて語りあいたい。
いまは、そんな気持ちでいっぱいだよ」



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「う~ん。気になるニャ」小首ニャ


※ほんとはすぐにでも話したい度


コトリ・ロゴ母の日の予約受付中。お花屋さんのほうもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 『冷たい雨に撃て、約束の銃... | トップ | 『川の底からこんにちは』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは★ (dai)
2010-06-13 19:10:05
私もこの作品のラストは深読み過ぎるかと思いましたが、鑑賞後に別の意見が浮かびました。ただ『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』までは思いませんでしたが。
■daiさん (えい)
2010-06-13 22:43:21
こんにちは。
daiさんも同様のことを考えられたんですね。
ということは、彼の言っていることは
あながち、深読みとも言えないかも…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

映画「クレイジー・ハート」 (今日の素敵さがし)
 本年アカデミー賞で、ジェフ・ブリッジスの主演男優賞と、主題歌賞に輝いた作品である。アカデミー賞は時々、「えー!ウッソウ?」という場合もあるが、これは正当な評価だと思う。この映画の魅力は多々あるけれど、最も注目すべきが、その2点なのだから。
クレイジー・ハート (LOVE Cinemas 調布)
名優ジェフ・ブリッジスがようやくアカデミー賞主演男優賞を獲得し、歌曲賞とあわせて2冠を獲得した作品。共演のマギー・ギレンホールも助演女優賞にノミネートされた。かつての栄光も今はいずことドサ回り営業を続けるカントリー・シンガーが、一人の女性と子供との出会...
クレージー・ハート (Memoirs_of_dai)
ラストの感じ方 【Story】 カントリー・シンガー、バッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)は、かつて一世風靡したものの、今では落ちぶれ...
クレイジー・ハート(2009)CRAZY HEART (銅版画制作の日々)
 傷ついた者にしか、歌えない愛がある えぇ~コリン・ファレルの名前がクレジットに載っていない!!何故なの?ということで、そのわけを調べました。実はパンフレットにもコリンの写真はもちろん、出演者としても載っていないんですよ。その意図とは、、、、、。単に秘...
クレイジー・ハート (風に吹かれて)
アラカンオヤジも出直せる 公式サイト http://movies.foxjapan.com/crazyheart同名小説(トーマス・コップ著)の映画化アカデミー賞主演男優賞・主題歌賞受賞監督は、これが
クレイジー・ハート (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月17日(木) 19:30~ TOHOシネマズ川崎4 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:未確認 『クレイジー・ハート』公式サイト 一世を風靡したカントリー歌手。今は、アル中でドサ回りの人生だ。 立ち寄ったコンサート先で、シングル...
『クレイジー・ハート』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CRAZYHEART監督・脚本・製作:スコット・クーパー音楽:T・ボーン・バーネット出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュバル、コリン・ファレル鑑賞劇...
『クレイジー・ハート』 (Days of Books, Films )
テキサスやニューメキシコなど西部の町々をドサ回りするアル中のカントリ・シンガー、
『クレイジー・ハート』:こわれたハート、アメリカ映画らしさを満喫 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
ジェフ・ブリッジスがアカデミー主演男優賞を獲得した『クレイジー・ハート』。 「こわれたハート」という意味だ。
『クレイジー・ハート』の子守唄 (映画のブログ)
 なんともダサくて、だらしがない、ダメ親父である。  でっぷりと太い腹。  無精ひげ。  汗臭そうな、よれよれの服。  いつでも酒...
砕けた心に~『クレイジー・ハート』 (真紅のthinkingdays)
 CRAZY HEART  元カントリー界のスターで、今はドサ回りのミュージシャン、バッド・ブレイク (ジェフ・ブリッジス)、57歳。何年も新...
クレイジー・ハート (心のままに映画の風景)
57歳のカントリー・シンガーソングライターのバッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)は、かつて一世を風靡したものの、すっかり落ちぶれ、...
クレイジー・ハート★★★★+劇場84本目... (kaoritalyたる所以)
6/14に観たのはジェフ・ブリッジスがオスカーを獲った映画ということで、楽しみにしてました。渋いオヤジでアル中で、ちょっと情けなかったりするんだけど魅力的なんですねぇ~...
「クレイジー・ハート」(CRAZY HEART) (シネマ・ワンダーランド)
カントリー・シンガーの日常を題材にしたジェフ・ブリッジス主演の音楽ヒューマン・ドラマ「クレイジー・ハート」(2009年、米、111分、FOX映画配給)。この映画は、落ちぶれた57歳のカントリー・シンガーの悲哀と、人生の立て直しを描く。監督は本作が長編デ...
クレイジー・ハート (C'est joli~ここちいい毎日を~)
クレイジー・ハート'09:米◆原題:CRAZY HEART◆監督:ット・クーパー◆出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュバル、コリン・ファレル◆STORY◆かつて一世を風靡 ...
クレイジー・ハート (映画鑑賞★日記・・・)
【CRAZY HEART】 2010/06/12公開 アメリカ 111分監督:スコット・クーパー出演:ジェフ・ブリッジス、マギー・ギレンホール、ロバート・デュヴァル、ライアン・ビンガム、コリン・ファレル ...
クレイジー・ハート (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     『クレイジー・ハート』  (2009) シンガーソングライターとして一世を風靡したものの、57歳になってすっかり落ちぶれたバッド・ブレイク(ジェフ・ブリッジス)。 自分の弟子だったトミー(コリン・ファレル)がアメリカのトップ歌手として人気...
映画評「クレイジー・ハート」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督スコット・クーパー ネタバレあり