ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『地上5センチの恋心』

2008-01-26 13:01:04 | 新作映画
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。


(原題:Odette Toulemonde)

-----ちょっと変わったタイトルの映画だニャあ。
これもフランスの映画だよね。
どういう意味ニャの?
「まあ、映画を観てみると分かるけどね。
カトリーヌ・フロ演じるヒロインのオデット-----
(と言っても、2人の子持ちの主婦なんだけどね)、
普段はデパートの売り子として働き、
夜も生活のために
家でお裁縫仕事をしている彼女の唯一の楽しみは
お気に入り作家のバルタザール(アルベール・デュポンテル)のロマンス小説を読むこと。
ところが、ひょんなことから
このバルタザールが彼女の家で
しばらくの間、同居することになる。
さあて、この恋のゆくえは…というお話」

-----へぇ~っ。その人、
人気作家なんでしょ。
ニャんでそういうことになったの?
「彼の小説がテレビで
めちゃくちゃけなされるんだ。
そのけなした相手というのが同業の小説家で評論家。
しかも、バルタザールの妻の不倫相手だったんだね。
聞けば、もうすでにパリ中の噂になっているとか…。
傷心のあまり自殺まで企てたバルタザール。
そのポッケから出てきたのが、オデットからのファンレターだったわけだ。
心から自分を愛してくれる人を探し求めるバルタザールは、
手紙を片手に彼女の家へ…」

-----ふうん。でも、それじゃこのエンディングは見えているね。
オデットの恋は成就するニャ。
だって彼が、そんな嫌な妻のところに戻るわけないもの。
「さあ、それはどうかな。
このオデットというのが、とても心が広い。
たとえば、彼女の息子は同性愛者だけど、それを受け入れているし、
がさつな娘が不潔っぽい大男を2年間も家に連れ込んでいるのにも
口うるさく言わない。
でも自分にはストイックなんだね」

-----へぇ~っ。そんな人っているんだ。
「そこがこのヒロインの、そして映画の大きな魅力。
オデットは、嬉しいことがあると、
まるで『メリー・ポピンズ』、
いや、高畑勲『おもひでぽろぽろ』のタエ子のように、
空を駆け上っていく」

-----あっ、だから『地上5センチ~』。
「うん。ほんとうはもっと高く上がるけどね(笑)。
で、何かと言えばジョセフィン・ベイカーを歌う。
しかもちょっと口ずさむというのじゃなくね。
羽飾りや化粧品まで踊ったりして、
ここの演出は
ちょっとしたセミ・ファンタジー・ミュージカル。
観ているこちらまで幸せな気分になってくる」

-----じゃあ、
どちらかと言うと感覚的な映画ニャんだ。
「いや、ボクがこの映画を高く買うのは、
その感覚的な部分ももちろんだけど、
裏付けがしっかりしているから。
バルタザールに言いよられたオデットは
ピシッと彼を拒否する。
自分の置かれた立場をちゃんと見つめているんだね」

-----恋と愛は違うというわけ?ちょっと古くない?
「いや。それがいいんだ。
憧れと現実の生活は違う。
その客観的な視線を持った現実的な主婦が、
どうやって恋の奇跡を起こすか、それがファンタジックな映像の中に
納得のいくロジックによって展開していく。
だから緊張を孕むし、スリリングなんだね。
映画って、もともと人をワッと驚かせるところから始まり、
徐々にいろんな楽しみを教えてくれたわけじゃない。
この映画の中でもオデットが
“難解な小説より、
バルタザールの書くような
普通の女性たちの心を掴む小説の方がいい”というようなことを
語るシーンがある。
この映画のように、ヒロインだけでなく
観る者をも楽しませてくれる映画は大いに歓迎したいね」

----監督はだれニャの?
「劇作家で小説家のエマニュエル・シュミット。
『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』の脚本も手がけたみたい。
この『地上5センチの恋心』は彼自身の経験が基になっているらしい。
実は彼にも、ちょっと、自分のファンを見下した時期があったのだとか。
オデットの暮らしぶりなどの描き方にも
それらが反映。
ユーモアのスパイスとしていかされていたな」


        (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「嬉し恥ずかしだニャあ」もう寝る

※ちょっとCM。ドラマ仕立てです。(画像をクリックしたらスタート!)
「寒い家」


※これは3月のオススメだ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (6)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 『アドリブ・ナイト』 | トップ | 『接吻』 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良作でしたね (april_foop)
2008-02-08 01:14:06
もっとファンタジックなのを想像していただけに、
地に足のついたオデットがとても素敵でした。

いかにもシネスイッチでかかりそうな作品ですよね。
■ april_foopさん (えい)
2008-02-08 23:07:17
こんばんは。

ぼくは逆で、このタイトルは比喩的位にしか思っていなかったので、
実際に空へ上がっていったときは、
思わずにやりとしてしまいました。

確かに、シネスイッチ銀座はあってますね。
心躍る (未来)
2008-04-19 01:21:09
現実を見据えて寛大なハートを持つチャーミングな女性オデット、
観ているこちらまで軽やかな気持ちになれます。
地上5センチとはいえ、しっかり地に足の着いた
オシャレなラブコメディですよね。
■未来さん (えい)
2008-04-19 18:57:50
このヒロイン、
人には寛大で自分には厳しい。
魅力的な女性でした。
ファンタジーもあればミュージカルもある。
ほんとオシャレですよね。
こんばんは (はらやん)
2008-11-30 17:46:04
えいさん、こんばんは!

こちらの作品の監督さんは小説家なんですね。
幸せなことがあったときのウキウキする気持ちがあの、オデットが宙に浮く描き方によくでてました。
いい小説や映画に出会ったときって没入してしまってあんな気持ちになるときありますよね。
ささいなものかもしれないですが、そういう幸せを大事にしたいです。
■はらやんさん (えい)
2008-12-02 01:00:06
こんばんは。

ぼくが大学の頃、
『殺し屋判事/ロイ・ビーン』を
名画座で観た友人が、
その後、「ぼ~っとして街を歩いていた」と
言っていました。
ふだん、そういうことを言う男でなかったので
余計に記憶に鮮明でした。

その後、『ロイ・ビーン』を観て
その気持ちがとてもよく分かりました。
そういう映画に、
一年に一本でもいいから出会いたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

感想/地上5センチの恋心(試写) (EDITOREAL)
なんだ、地に足ついてんじゃーん。『地上5センチの恋心』3月1日公開。ゲイの息子と、ダメ彼を実家に住まわせる不機嫌娘を抱える未亡人オデット。健気に慎ましく日々を暮らす中の楽しみは、お気に入り作家パルゾンの小説たち。彼のサイン会に足を運んだオデットは緊張のあ...
地上5センチの恋心 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『足もとにある幸せ』  コチラの「地上5センチの恋心」は、本国フランスで100万人を動員し、日本でも3/1に公開となった大人のラブコメなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  10年前に夫に先立たれた平凡な主婦オデット・トゥールモンド(カトリーヌ・フロ)は、...
「地上5センチの恋心」 足もとにある幸せ (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 10年前に夫を亡くし、女手ひとつで息子と娘を育てあげ 昼は百貨店の化粧品コーナーで 夜は羽飾り作りの内職で一家を支えるオデット。 憧れの作家バルタザール・バルザンの本を読んでいると 上のポスターのように幸せになれる可愛らしい女性です...
地上5センチの恋心 (そーれりぽーと)
先日観たフランスのラブコメが面白かったので、勢いで『地上5センチの恋心』を観てきました。 ★★★★★ 面白い! でも、乙女チックな演出が嫌いな方には向かないかなw 憧れの小説家が、どういうわけか心を病んで家に転がり込んできた…。 彼のサイン会に行っても、...
地上5センチの恋心 (シネマ大好き)
百貨店の化粧品売り場で働くオデット・トゥールモンド(カトリーヌ・フロ)。夫には死に別れ、美容師の息子ルディはホモでしょっちゅう相手を変えるし、娘のスー・エレンは無職で、プータローと家に同居。見た目は苦労の多そうな生活だが、彼女はバルタザール・バルザン...
地上5センチの恋心 (future world)
50過ぎの主婦が主人公の、浮き浮きほんわかラブコメディ。 「アメリ」がお気に入りなら十分楽しめるかも。 女は~40も50も‘夢見る気持ち’はいつまでも変わらないのです。 あるときは優しく、そして熱い感動を心に響かせてくれる小説や音楽という作品、 それを生...
地上5センチの恋心 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
仏で大ヒットを記録したあふれる色彩とファンタジックな世界で繰り広げられる大人のためのラブ・コメディ 突然、憧れの作家と共同生活を送ることになった未亡人の姿を、ポップかつファンシーなタッチでつづる。 物語: オデット・トゥールモンド(カトリーヌ・フロ)は...
【2008-171】地上5センチの恋心 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 欲張らなくても喜びを見つけられる主婦オデット 全てを手にしても喜びを感じられない人気作家 ふたりを結びつけたのは、一通のファンレターだった 足もとにある幸せ
「地上5センチの恋心」 分相応の幸せ (はらやんの映画徒然草)
フランス映画の邦題というのはいいのが多かったりします。 「あるいは裏切りという名
「地上5センチの恋心」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
早くに夫を亡くしたオデット(カトリーヌ・フロ)は、昼はデパートの化粧品売り場で働き、夜は 羽根飾りの内職をして2人の子どもを育てている。つつましい生活ながらも、持ち前の明るさで 楽しい毎日を送っている。そんな彼女の一番のお気に入りは寝る前に読むロマンス小...
地上5センチの恋心 / 74点 / ODETTE TOULEMONDE (FUNNY GAMES?)
恋する乙女なおばちゃんのラブコメ部分はサイコーやけど、後半がぁ~・・・ 『 地上5センチの恋心 / ODETTE TOULEMONDE 』 2007年 フランス/ベルギー 100分 監督 : エリック・エマニュエル・シュミット 脚本 : エリック・エマニュエル・シュミット