ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『20世紀少年<第2章>最後の希望』

2008-12-27 14:10:41 | 新作映画
画像は映画のプレス。オモシロい作りなので携帯で撮影してご紹介。

-----あれっ、この映画、
最初は「大晦日」に喋ると言ってなかった?
「うん。最初はそのつもりだったんだけど、
これが予想以上にオモシロくって…。
第1章 『20世紀少年』にがっかりした分、
その罪滅ぼしの意味もあって
少しでも早く喋ろうと…」

----へぇ~っ。どう違うの?
「その前にちょっとインフォメーションを。
前作のタイトルは『20世紀少年<第1章>終わりの始まり』に変更。
さて、この映画、どこがそんなに変わっているかというと、
なんと<物語>まで変更してしまっていること。
それがどこかは、
これから観る人のために詳しくは言わないけども、
あのシーンがなかったり、このシーンがなかったり。
原作では“一応”のカッコ付きだったにせよ
明かされていた<ともだち>の正体についても
まったくと言っていいほど触れていない。」

----どうして、そんなことに?
前作は、あれほど原作に忠実だったのに。
確か、コマの構図だけでなく、
コマ運びまで漫画をマネしていた。
だからつまらなかったとまで言っていたよね。
「あらら、ヤバいヤバい。
企画・脚本の長崎尚志氏いわく、
2章では原作の10巻分くらいあることから、
漫画連載時に試行錯誤した構成の一パターンを、
映画版に展開したということらしい。
これが、見事に功を奏していて、
ぼくみたいな原作に熱を上げたものにとっては、
『もう観たよ』感はなくなり、
それでいてそのスピリッツが生かされているものだから、
漫画を読んだときの興奮が体中に甦ってきたわけだ。
長崎氏の言葉を借りれば、
『2章は原作以上にパラレルワールド』ということになる。
これは実に上手い脚色だと思う。
原作者による改変だから、
だれにも文句は付けられない」

----でも、ヨシツネとかがメインになるのは同じニャンでしょ?
「いや、以外なことにヨシツネ(香川照之)
原作より一歩後ろに下がった感がある。
軸となるのはやはりカンナ(平愛梨)
そしてオッチョ(豊川悦司)だね」

----ふうん。ヨシツネがカッコいいのに。
香川照之、かわいそうだ。
カンナ役の平愛梨も話題だよね。
原作にそっくりだって…」
「いや、そっくり度で言うなら
小泉響子の木南晴夏だろうね。
もう、細かい表情まで漫画からそのまま抜け出してきたみたい。
あとは石塚英彦のマルオ
そして古田新太の春波夫
このふたりのシーンは、もっと観ていたかった。
でもね、似ている似ていないの域を越えて
もっとも見応えあったのはユースケ・サンタマリアによるサダキヨ
“ともだち博物館”での彼の演技は、
今回、カンナが聞くケンヂ(唐沢康明)の歌、
そして教会のステンドグラスを突き破って現れるオッチョとともに、
この映画の“泣ける”ハイライト」

----えっ、泣けるの?
「うん。元々原作は毎回、
“感涙シーン”をそのラストに用意していたからね。
あとは、小日向文代のヤマネ、そして小池栄子の高須かな。
高須のイメージは原作とはまったく逆だけど、
その裏返った声が
ドリームナビゲーターの『サンキュー』『よろこんで』と相まって、
不気味さを増幅させていた」

----そうか、“ともだちランド”も出てくるんだね。
「そうだよ。
あの“ボーナスステージ”もね。
今回は、未来社会を『ブレードランナー』風に構成。
原作にはない、“レーザーあやとり”まで出てくる。
しかし堤幸彦って、
最初からこういう構成を考えていたのかな。
だとすれば、前作で
『なぜ、原作のコマ割りどおり?』の批判が渦巻いたとき、
思わずニヤリとしただろうね。
『5ヶ月後をお楽しみに…』って…」

----でも、それってよっぽどの自信がないとできないよね。
えいだったら、すぐキレたり言い訳したりしそうだ。
「あらら……」

           (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「カンナの出生の秘密も分かるんだよニャ」ぼくも観たい

※『スター・ウォーズ』で言えば『帝国の逆襲』にあたる度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメント、お正月のお花etc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


コメント (12)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
« 『大阪ハムレット』 | トップ | 『雷神-RAIZIN-』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみ (すがり)
2008-12-27 15:07:34
原作の重度のファンだった一人として
2章がものすごく楽しみになりました。
■すがりさん (えい)
2008-12-27 18:15:35
こんにちは。

コメントありがとうございます。
ぼくも原作の大ファンでした。
ただ、あのラストは分かりにくかったのも事実。
今回、ラストは変えてあるとききます。
もしかしたら、
拍子抜けするのではという危惧がないでもないですが、
来年の8月が早くも待ち遠しいです。
原作 (mariyon)
2009-02-01 22:57:21
原作は途中までで読んでないんですが、
(映画になると聞いて途中でやめた)
2章を見たら、なんだか、えらく読みたくなりました。
1章はほとんど原作を知っていたので、エピソードがよくわかっていたので、原作忠実な作りが面白かったんです。
ただ、2章は途中まで原作読んでて、あとはぜんぜん知らないと言う中途半端さ加減がよくないのか、あっちもこっちも少しづつと言う気もしましたが・・・。
やっぱ、原作を読もうかなぁ??
■mariyonさん (えい)
2009-02-02 09:46:50
おはようございます。
映画は今回、原作から大幅に離れていきます。
というか、はしょっています。
でもおかげで分かりやすくなっている感じ。
いまから原作読まれると、
返ってこんがらがるかも…。
大好評ですね (ノルウェーまだ~む)
2009-02-03 11:22:34
えいさん、こんにちは☆
第2章、高評価ですね。
私は第1章で初めてこの作品に触れ、それから原作を一気に読破した口なので、結構1章もオモシロかったです。
小泉響子は、今回の主役と言ってもいいくらいでしたね。
サダキヨは、原作より不気味さと切なさがもうひとつ出し切れていないような感じがしました。
ごぶさたしています☆ (mana)
2009-02-04 03:18:42
つい先日レイトショーで、ワタシも見てきました、

そうそう、確かに、原作と違和感のないキャスティングが多いなかで、小池栄子は原作のイメージよりはちょっと若すぎというかある意味ハツラツとしすぎ?というか、、、
小泉響子は、ほんとに原作のイメージとばっちりで良かったです。

映画の出来としてはワタシも第一章より今回の第二章の方が、ストーリーも佳境に近づいてきた分、格段におもしろかったと思いマス。
映画で時間の制約があるから仕方ないけど、オッチョの、脱出までの過酷さにもあきらめないシーンとか脱出するシーン、フォーンが言ってたヨシツネの場面をもっと詳しく描いてほしかったなあというのは正直ありますが。。。二時間半があっという間で、短く感じられました。

20巻以上あるけど、もう一回原作を読み返したくなりました^^



■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2009-02-04 10:39:00
こんにちは。

はい。前作が全く物足りなかっただけに、
よけいにうれしかったです。
小泉今日子じゃなかった、小泉響子は
今回のサプライズ。

ユースケサンタマリアは、
最初キャスティングを聞いた時には
えっ?と思ったのですが、
なかなか頑張っていた気がしました。
■manaさん (えい)
2009-02-04 10:45:08
こんにちは。

そう、この映画はあっという間でした。
小池栄子は、原作とは全く違うアプローチながら、
異常性をうまく出していました。
映画には、これもありかな。

実は、オッチョは平田満がいいなと、
ひそかに思っていたのでした。
Unknown (にくきゅ~う★)
2009-02-06 01:06:46
こんばんは~♪

原作とだいぶ違うようですね?
原作にも興味がわきました。

サダキヨのあのシーンは確かに~(T_T)

出演者たちは原作に本当に似てましたね。
今回観終わって私は謎だらけで???ですが
最終章が楽しみです。

驚くような展開になると良いなぁ~。


■にくきゅ~う★さん (えい)
2009-02-07 11:47:38
こんばんは。
この『第2章』を観たことで
結末がまったく読めなくなりました。
それこそ、ともだちの正体も含めて
最後まで目が離せません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

34 トラックバック

20世紀少年<第2章>最後の希望☆独り言 (黒猫のうたた寝)
TVも映画館でももうひとつの第1章だとかおさらい上映中だとか・・・煽りまくってくれてますが(笑)1月30日には確かDVDレンタルも開始になり準備は万全・・・ナノカシラ?『20世紀少年<第2章>最後の希望』初日鑑賞してきました。気がつくと某映画館のポイント溜まってい...
「20世紀少年 第2章 最後の希望」カンナが辿ったともだちの過去と目的を知った先にみた恐ろしい計画の続き (オールマイティにコメンテート)
「20世紀少年 第2章 最後の希望」は昨年8月に公開された「20世紀少年」の続編で、2000年12月31日に血の大晦日でともだちと戦った原っぱのメンバーがそれぞれ地下活動をしながらともだちへの反撃を伺っていた。行方不明になったケンジの姪のカンナを中心に2015年の人類滅...
劇場鑑賞「20世紀少年-第2章-最後の希望」 (日々“是”精進!)
映画「20世紀少年」第2章オフィシャル・ガイドブック「20世紀少年-第2章-最後の希望」を鑑賞してきました浦沢直樹の同名コミックを「トリック」の堤幸彦監督がオールスターキャストで映画化する全3部作の2作目。「第1章」から15年後、高校生に成長したケンヂの姪....
20世紀少年-第2章- 最後の希望 (LOVE Cinemas 調布)
昨年の夏に公開された『20世紀少年』の続編。今回の主人公はケンジの姪で前作では幼女だったカンナを平愛梨が演じる。もちろん豊川悦司や常盤貴子といったレギュラーメンバーも健在。前作は期待が大きかった分、あまりの出来の悪さにショックが大きかったので、今回は期...
[映画『20世紀少年 最後の希望 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆すいません、これ、私には駄目でした。  全然、何が何やら分かりませんでした。  なかなかの長尺の上映時間を全く飽きることなく見て、  主人公のカンナ(平愛梨)のグリグリに大きな瞳やシャープな輪郭の美しさ、  それと正反対の小泉響子(木南晴夏)の面長で...
20世紀少年-第2章-最後の希望(2009年製作) (勝手に映画評)
昨年夏に公開された映画『20世紀少年』の第二部。3部構成なので、残るは第三部。こちらは、今年の夏公開予定。ちなみに、映画公開のとき、第一部にはサブタイトルは無かったと思いますが、DVD化に際して『20世紀少年 第1章 終わりの始まり』と言うタイトルになったようで...
20世紀少年 第2章 最後の希望 (いい加減社長の映画日記)
朝、空席状況を見ようとすると、既に「座席少なし」のマーク。 あわててネットで予約。 こんなに人気があるとは^^; 「UCとしまえん」は、映画サービスデーで日曜日ということで、かなりの人出。 「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、大きめのスクリーンで、ほぼ満席。 ...
「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 「つなぎ」になるのは仕方がない、か・・・ (はらやんの映画徒然草)
原作をビジュアル的に完コピしきった第1章から半年経って、第2章が公開されました。
早く次が観たい!「20世紀少年第2章 最後の希望」 (茅kaya日記)
JUGEMテーマ:映画 公開日はちょっと無理でしたが、 映画の日の今日、観てきました。 いやぁ~~、ほぼ満席状態。 ドラマ効果絶大でしょうか? 公開前夜のドラマもしっかりチェック。 微妙に1章と、未公開部分をまぜて、 上手い作りでした。 若干ネタばれで...
映画「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに、映画「20世紀少年 -第2章- 最後の希望」を鑑賞。
20世紀少年 第2章 /最後の希望 (せるふぉん☆こだわりの日記)
本日より公開の「20世紀少年 第2章」見てきました~ 前作に続いてやはり子供が多
20世紀少年 第2章 最後の希望 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『さあ、みんな ”つづき”を 始めよう─』  コチラの「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」の1/31に公開となった続編なのですが、早速観て...
「20世紀少年ー第2章ー最後の希望」ともだちランドで見たもの・・・ (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
試写会絶ちをしはじめたら、途端に3日連続で試写会が当たった。 他の二枚はお友達に行ってもらうことにしたけど、これだけはどうか行かせて! だって、観なくちゃでしょ?? 20世紀少年第2章だもん。
20世紀少年 最後の希望 (to Heart)
さあ、みんな “つづき”を始めよう──。 製作年度 2008年 上映時間 139分 原作 浦沢直樹 監督 堤幸彦 出演 豊川悦司/常盤貴子/平愛梨/香川照之/ユースケ・サンタマリア/藤木直人/宇梶剛士/小日向文世/森山未來/木南晴夏/光石研/西村和彦/西村雅彦/甲本雅裕/石橋蓮司 /...
【20世紀少年 -第2章- 最後の希望】第1章と最終章の繋ぎ的な・・・ (映画@見取り八段)
20世紀少年 -第2章- 最後の希望 監督: 堤幸彦 出演:  平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、ユースケ・サンタマリア 公開: 2009年1月 ...
【20世紀少年 第2章】 (日々のつぶやき)
監督:堤幸彦 出演:平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、藤木直人、香川照之、ユースケ・サンタマリア、唐沢寿明、 「2000年の血の大晦日の実行犯とされたケンヂたちはバラバラになって姿を消し、それを食い止めたとしてともだちは世界の救世主と崇められていた。 2015年
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』2009・2・1に観ました (映画と秋葉原と日記)
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ 2000年に起こった大爆発から15年立ち、その大爆発・テロは、ケンヂ(唐沢寿明)とその仲間達を犯人にしてともだちは、それを阻止した救世主として崇められていた。行方不明
★「20世紀少年<第2章> 最後の希望」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 はもちろん劇場で鑑賞・・・ こういう豪華キャスト系てんこ盛り作品は大好きだけど、 本格科学冒険映画・・・という見出しタイトルは意味不明だよねーーー。
【20世紀少年最後の希望】★豊川悦司 (猫とHidamariで)
さあ、みんな”つづき”を始めよう-。20世紀少年<第2章>最後の希望HP20世紀少年<第2章>最後の希望 シネマトゥデイスタッフ監督:堤幸彦原作・脚本監修:浦沢直樹キャスト豊川悦司(オッチョ)/ 常盤貴子(ユキジ)/ 平愛梨(カンナ)香川照之(ヨシツ...
「20世紀少年第二章」 (再出発日記)
もともと原作が荒唐無稽な作品。だから映画にするときには二つの方法しかない。ひとつの大嘘以外は徹底的にリアルに作る。あるいは、徹底的につくりもの然とした作品にして、作り物だからこそいえるメッセージ満載の作品にする。しかし、やっぱりというか、どっちつかずの...
「20世紀少年 第2章 最後の希望」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
************************************* 2000年12月31日、謎の巨大ロボットが世界各地に現れ、街を破壊し乍ら殺人ウイルスを撒き散らした。歴史上「“血の大晦日”」と呼ばれるこの人類滅亡計画は“悪魔のテロリスト”ケン...
面白くなってきた!『20世紀少年 最後の希望』 (水曜日のシネマ日記)
浦沢直樹の人気漫画を実写版映画化した作品。全三部作のうちの第二章です。
20世紀少年〈第2章〉最後の希望 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
今年に入ってやっと3本目の劇場鑑賞が出来ました~感激【story】“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた...
20世紀少年 第2章 最後の希望 (利用価値のない日々の雑学)
「20世紀少年 第1章」から僅か5ヶ月の続編の速さには驚いたが、今回の番宣は異常な程の力の入れようだったと思う。そして、第1章のレビューではこの3部構成の製作化に気合の入った試みだと高い評価を下したが、残念ながらこの2作目を観たところでは、試みは立派だったが...
20世紀少年 (平愛梨さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆平愛梨さん(のつもり) 平愛梨さんは、現在公開中の映画『20世紀少年<第2章>最後の希望』に遠藤カンナ 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
20世紀少年&lt;第2章&gt; 最後の希望 (だらだら無気力ブログ)
浦沢直樹の同名コミックを、総製作費60億円をかけた全3部作のうちの 第2作。前作の&#39;血のおおみそか&#39;から15年たった2015年を舞台に ケンヂの姪であるカンナを軸に、秘密基地のメンバーたちのそれぞれの 戦いを描く。2000年の&#39;血のおお...
【映画】20世紀少年 第2章 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ラストがみたいだけ。 ▼感想 指の上げ方を間違ってるエキストラ多すぎ。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ “血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間...
20世紀少年 <第2章> 最後の希望 (ダイターンクラッシュ!!)
2月11日(水) 18:00~ 109シネマズ川崎1 料金:0円(提携Edyカード会員ポイント使用) パンフレット:未確認 『20世紀少年 <第2章> 最後の希望』公式サイト 3部作の2作目。 単独の作品とするには、いまいち面白くない。 長回しが結構あり、冗長だし。 そも...
映画 「20世紀少年 第2章  最後の希望」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
第2章公開前日に第1章をテレビ放送したら劇場が混むでしょう┐('~`;)┌ 復習のつもりでちゃんと見ましたけどね、お陰で公開初日大入り満...
20世紀少年 第2章 最後の希望 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:堤幸彦 "血の大み
『20世紀少年 -第二章-最後の希望』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」に憤りを感じていた。そんなカンナは学校で問題児扱いされ...
No.019 「20世紀少年 最後の希望」 (2008年 139分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 堤幸彦 出演 豊川悦司    常盤貴子    平愛梨 今日2本目である次の作品も3部作の2作目にあたる「20世紀少年 最後の希望」 前作のおさらい上映会などがワンコインで開催されたりして、何かと話題のヒット作です。 金曜ロードショーで「もうひとつの20...
20世紀少年<第2章>最後の希望 (future world)
何だかよくわかりません・・・ 原作未読だと、こんなもんなんでしょうか。。。 数週間前にテレビで放送してた第1章は一応観たけど、 それだけじゃどうも理解出来てないようで・・・ 映画版とテレビ版は別のようだけど、不明瞭だった‘血の大みそか’や‘ともだち...
『20世紀少年~もう一つの第2章~』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされそれを阻止したともだちは救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)...