ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『エール!』

2015-08-08 13:35:36 | 新作映画



(原題:La famille Belier)

たとえば観てから何十年も後にある映画のタイトルを耳にして
「あっ、それぼくも観たよ。よかったなあ」と
記憶の底から手繰り寄せてくることがある。
そしてぼくの場合、いまそれが #1日1本オススメ映画 に。
昨日試写で観た『エール!』はまさにそういうタイプの映画だった。
10月31日公開。


----へぇ~っ。
昨日、観たばかりというのに
もうブログに…。
「うん。
このペースだと『ジュラシック・ワールド』
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』
喋らないままになりそう…。
でも、こういう
下手するとあまり話題にならない可能性もあって、
でもぼくとしては惹かれた映画くらいは
記録に残しておこうと…」

----それが
最初に呟いていた
記憶の底に眠っている映画…ってことだニャ。
「うん。
うまいこと要約してくれてありがとう(笑)。
この映画『エール!』は、その設定がまずうまい。
ヒロインの高校生ポーラ(ルアンダ・エメラ)は
父親、母親、それに弟と
彼女を除く全員が耳が聞こえない家庭に生まれ育っている。
そんな中、ポーラは手話で家族と会話し、
周りの人にその言葉を伝えている」

----ニャるほど。
「ポーラの性格はとても明るく、
家族もみんな前向き。
家は酪農を営み、
青空市場にそこでできたチーズを売りに行ったりもしている。
父親に至っては
障害をものともせず
村長選挙に打って出ようとしているんだ」

----へぇ~っ。
でも、いくら明るくても普通の高校生と同じ、
悩みくらいはあるんじゃニャいの?
男の子のこととか、進学とか…。
「そうなんだ。
ドラマはそこから動きだしていく。
前から気になっていた男の子がコーラスの授業を取ると知ったポーラは、
自分もも同じ授業を…。
そこで彼女の歌声を聴いた音楽教師はビックリ。
あまりの美声に、
パリの音楽学校のオーディションを受けることを進めるが…」

---う~ん。
普通のお話になってきたニャあ。
「いやいや、そんなことはないよ。
ここにはいくつもの仕掛けがある。
ひとつはポーラの才能の目覚めが“歌”だということ。
しかしその声は家族に伝わることはなく、
どれだけ彼女がうまいのかが
実感として分からない。
そしてもうひとつ。
娘がパリに行ってしまうということは、
外への媒介となる人を失うわけで、
ただでさえ、
親にとってはつらく寂しい子供の一人立ちが、
より現実的な問題として一家に降りかかってくる。
ポーラもそのことは十分に分かっている。
だからこそ悩むし、
音楽教師による個人レッスンも、こっそりと受けている。
だけど親はその“秘密”さえも
ボーフレンドができたんだろう?くらいにしか予想していない」

----ニャるほど。
「さて、
ぼくがうまいなあと感心したのは、
さっきのふたつの障壁。
ポーラの声の素晴らしさが家族には分からない
ポーラの旅立ちの思いが伝われない。
これをいずれも“歌”に乗せて乗り越えていること
もちろん、ストーリーの流れの中でね」

----う~ん。
でも、できすぎたお話だニャあ。
ちょっと現実離れしているような…。
「確かにそれはあるね。
でも、この映画のオープニングを観たら
なるほどと思うよ。
のどかな緑の村の中の酪農家を
俯瞰でとらえた映像。
ちょっとソフトフォーカス気味の映像は、
さあ、これからファンタジーが始まりますよ…
と言っているかのよう。
ヒロイン役のルアンダ・エメラもだけど、
父親役フランソワ・ダミアン、母親役カリン・ヴィアール
聴覚障害ではない。
その分、少しアクトオーバー気味。
でも、それがこの映画の楽しさという意味で
いい方にplusしているんだ。
そう、ちょっとミュージカルのような趣もあったね」



フォーンの一言「ミシェル・サドゥというシンガーソングライターの歌が使われているらしいのニャ」身を乗り出す

「オーディションで伴奏のピアニストが
彼の曲を弾けなかったことからも
その歌手のポジションが分かる度


コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。
こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)
index orange 猫ニュー


コメント   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
« 『クーデター』 | トップ | 『名もなき塀の中の王』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

エール! ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
歌の才能を認められパリの音楽学校のオーディションを勧められた少女と、聴覚障害のある家族との絆を描いた感動作。最愛の家族を支える役目と自らの夢の間で揺れ動くヒロインを、新人ルアンヌ・エメラが好演し、セザール賞最優秀新人女優賞に輝いた。『プレイヤー』などの...
エール! (風に吹かれて)
青春の翼 公式サイト http://air-cinema.net 監督: エリック・ラルティゴ  「プレイヤー」 フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、両親も
エール! (心のままに映画の風景)
フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外全員が聴覚障害者。 ポーラが通訳をすることで、特段の不便も感じることなく、明るく楽しい家庭を築いていた。 そんな中、音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才...
エール! / La famille Bélier (勝手に映画評)
ネタバレあり。 フランス映画祭2015(日本)観客賞<最高賞>、2015年セザール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)、2015年リュミエール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)・最優秀主演女優賞(カリン・ビアール)をそれぞれ受賞。 父も母も弟も耳が聞こえない...
「エール!」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・フランス/Jerico, Mars Films配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム 原題:La famille Belier 監督:エリック・ラルティゴ原作:ビクトリア・ベドス脚
エール! (映画好きパパの鑑賞日記)
 フランスで大ヒットした音楽タップリのハートフルコメディ。非常に分かりやすい説明と、主演のルアンヌ・エメラの歌唱力で、難しいこと考えずにすむのが本国でヒットした理由なのでしょう。日本人にとっても分かりやすい作品でした。  作品情報 2014年フランス映画 ...
「エール!」☆察することの大切さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
実は予告編以上のお話は無い。 というよりも、予告編のほうが上手に言葉をつなげて、お話を分かりやすくしているくらいだ。 必要以上に盛った部分がないのに、なぜにこんなに泣けるのだろう?
『エール!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「エール!」□監督 エリック・ラルティゴ□脚本・原作 ビクトリア・ベドス□キャスト ルアンヌ・エメラ、カリン・ビアール、フランソワ・ダミアン、        エリック・エルモスニーノ、ロクサーヌ・デュラン■鑑賞日 11月3...
[映画『エール!』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・う~む、傑作!  10/31(土)公開『エール!』予告篇♪  私は、このような、小さな世界に、世界を包括出来るような多種多彩なテーマを持っている作品が大好きだし、優れていると思っている。 個性的すぎる家族があり、主人公ポーラ以外の家族が全員聴覚障害...
映画「エール!」 (FREE TIME)
映画「エール!」を鑑賞しました。
『エール!』 (sweetmagicのブログ)
あまり上映している映画館がなかったので錦糸町で見ました。 ストリーは・・・ フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、 全員が聴覚障害者。コーラス部に入ったポーラは音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に ...
歌が聴こえる/ベリエ家の人々~『エール!』 (真紅のthinkingdays)
 LA FAMILLE BELIER  フランスの小さな村で酪農を営むベリエ家は、娘のポーラ(ルアンヌ・エメラ) 以外、両親と弟は耳が聞こえない。家族に手話通訳をするポーラは、音楽教 師に歌の才能を見い出され、国営ラジオのオーディションを受けることに...
『エール!』 (sweetmagicのブログ)
あまり上映している映画館がなかったので錦糸町で見ました。 ストリーは・・・ フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、 全員が聴覚障害者。コーラス部に入ったポーラは音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に ...
エール! (C’est joli ここちいい毎日を♪)
エール! '14:フランス ◆原題:LA FAMILLE BELIER ◆監督:エリック・ラルティゴー ◆主演:ルアンヌ・エメラ、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ ◆STORY◆フランスの田舎町に住むベリエ一家は、仲睦まじく暮らしている。両...
映画評「エール!」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年フランス映画 監督エリック・ラルティゴー ネタバレあり
「エール!」 (或る日の出来事)
最後の歌に、盛り上がりを集めて持ってきたよね~!