ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『色即ぜねれいしょん』

2009-08-05 22:25:00 | 新作映画
----あれっ。この映画も観たのってずいぶん前だったよね。
確か、気に入っていたはずなのに、
お話するの、遅くニャい?
「うん。最初は
「シネマのすき間」で喋ろうかとも思ったんだけど、
ちょっと、下ネタが多いので自主規制」

----下ネタ?そこ外すして喋るわけにはいかニャいの?
「それは無理だね。
この映画のキモはそこにあるといってもいいくらいだもの。
原作はみうらじゅん、監督は田口トモロヲ
これは、あの快作『アイデン&ティティ』のゴールデンコンビ。
さてお話は、ざっとこういう感じ。
主人公の乾純(渡辺大知(黒猫チェルシー))は京都の仏教系男子校に通う高校一年生。
ボブ・ディランに憧れる彼は、ロックな生き方を目指している。
そんな彼が友だちから誘われる。
『フリーセックスの島行かへん?』。
かくして彼は仲間と3人で夜汽車とフェリーを乗り継いで隠岐島へ向かう」

----ニャるほど。ちょっと喋りにくいかも。
「でしょう?
この時代の高校生の頭の中って、アレしかないといっても過言じゃないものね。
ぼくらの頃にも、そんな噂に誘われて怪しげなセミナーに行った奴がいた。
それはオウムなどが出てくるより、はるか昔だけどね…」

----でも、そんな映画、どうやって
「シネマのすき間」の切り口を見つけようと思ったわけ?
「それは、ユースホステル。
これは懐かしかったなあ。
ぼくは行ったことなかったけど、
あのころ、旅と言えばそればかりを利用しているヤツいたからね」

----ユース?
「うん。これは本当に安い宿泊施設。
ただ、決まりが厳しくて男女別の相部屋が原則。
で、夜になるとミーティングと称されるものがあって、
みんなで歌ったり踊ったり語り合ったりする」

----あらあ、青春だニャ。
「その空気感が時代をよく出しているんだ。
ギターを抱えて歌うのは(峯田和伸(銀杏BOYS))。
その曲『旅に出てみよう』(※ここで聴けます)なんて、
吉田拓郎のファースト・アルバムだったかに、
歌い出しがまったく同じ歌詞の歌があった。
(※正しくは「街を出てみよう~」でした。
yama_eighさん、ご指摘ありがとうございました。
ほかにヒッピー役で岸田繁(くるり)も出ている。
このふたり、いまのミュージシャンなのに、
なぜか、“そういえばあの頃よくいたな、”って感じを見事に出している。
この映画は、それだけでもぼくにはフィット。
あと、オモシロかったのが主人公・乾純の両親。
これをリリー・フランキー&堀ちえみ
ふたりとも、やたらと物分かりがいいんだ。
だから、乾純は反抗する気も起きない。
歌を作れば『吉田拓郎みたいね』と言われる」

----ヒロインは?
「これはふたり。
ぼくのおススメは隠岐島で出会うオリーブを演じた臼田あさ美
プレスなんかには、いかにもいま風の美人で写っているけど、
スクリーンの中の彼女はいい。
僕もあの頃知り合っていたらコロっといっただろうね」

----あらあら。向こうが相手にしてくれないに決まってるのニャ(笑)。

         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「今もユースってあるのかニャ?」小首ニャ

その後にはペンションブームが起きた度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (8)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 『HACHI 約束の犬』(@「シ... | トップ | 『南の島のフリムン』 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (keyakiya)
2009-08-12 08:37:14
地元京都なんで、ちょっとはやく見る事ができました。
渡辺クン、ひょっとしたら、ほんまものんの未完の大器かも?

ユースホステル文化が懐かしく思いました。
■keyakiyaさん (えい)
2009-08-12 10:23:21
渡辺大知、不思議な存在感を発揮していましたね。
しかも、あの頃、いたような感じを醸し出している。
やはり、当時を知る人、そしてそこに思い入れがある人が監督をすると、
空気が違います。

ユースホステル、いまは変わっているんだろうなあ。
Unknown (yama_eigh)
2009-08-12 22:43:14
ども、TBさせてもらいました。んで、吉田拓郎『こうき心』ですね(残念ながら「旅に出てみよう」じゃなくて「街を出てみよう」ですけどw)。僕も何かに似てるなあという気がしたんです。長らく忘れていた歌が急に心の中に甦って、今脳内で延々鳴り続けています。
■yama_eighさん (えい)
2009-08-12 23:57:50
こんばんは。

そうでした。
どこか違うと思ったら、
「街を出てみよう。
いま住んでるその街が~」でした。

ありがとうございました。
すぐ修正します。
これからもよろしくお願いします。
さすが京都。 (Ageha)
2009-08-13 22:40:54
MOVIX京都で見て来たんですが、ほぼ満席。
ミニシアター向きかと思いきや地元のせいか結構入ってました。子供こそいないものの、年齢性別に偏りもなく。

法然サイコー(笑)

主人公の乾くん、
ライブであそこまではじけるとは思わなかったんで、ちょっと感動。
それまでのうたがDMCの根岸くんよりひどかったんでどうなるかと…(笑)
■Agehaさん (えい)
2009-08-14 09:43:32
>法然サイコー(笑)

まさしく。
あんな学校あるんですか!?
「ほーねん、ほーねん」。

京都のノリはいいなあ。
ことしは、『鴨川ホルモー』もありましたよね。
Unknown (maru♪)
2009-09-02 01:59:10
こんばんわ!
この映画好きでした。
せつなくて、かわいくて良かったです!

MJの大ファンなのでえいさんの感想が好評でうれしいです♪
語りたい事がたくさんあって、レビューがいつにもまして長編になってしまいました・・・(笑)
■maru♪さん (えい)
2009-09-03 10:24:25
おはようございます。

この原作、監督コンビの作品はいいですよね。
田口トモロヲも、自分の想いがあふれ出ている気がしました。
こういうポジショニングをしっかり持ち続けてほしい…なんて、
えらそうなことを書いてしまいました。

maru♪さんのレビュー、いつも以上に読み応えがありました。
やはり自分が好きな作品だと、
読んでいても楽しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

色即ぜねれいしょん (Art- Mill)
http://shikisoku.jp/indexp.html 「色即ぜねれいしょん」を観る。 みうらじゅんの自伝的小説を田口トモロヲが映画化。田口トモロヲについては、最近ちょこちょこ映画で観るので、面白い雰
映画『色即ぜねれいしょん』 (trivialities)
【8月8日特記】 映画『色即ぜねれいしょん』を観てきた。 監督ではなく、今回は珍しく脚本家に惹かれて──。 向井康介:山下敦弘監督のファンにはお馴染みの脚本家である。僕がこれまでに観たのは『リアリズム
色即ぜねれいしょん (だらだら無気力ブログ)
イラストレーターや作家で活躍するみうらじゅんの自伝的青春小説を 『アイデン&ティティ』に続いて田口トモロヲが映画化。 70年代の京都を舞台に、ロックな生き様に憧れるも、優等生にもヤンキーにも なれない中途半端で平凡な毎日を過ごす文科系男子高校生が、煩悩に...
法然サイコー♪~「色即ぜねれいしょん」~ (ペパーミントの魔術師)
よそでは8月15日から公開のようですが 京都がメインのお話だからかコチラ関西のほうが 上映は早め? 今回MOVIX京都で見て来たんですが ジモトのせいか結構入ってましたね。 ジャパニーズ版グローイングアップってとこですか? 小学生以外の老若男女とくに偏りもない客層...
青春って奴は~『色即ぜねれいしょん』 (真紅のthinkingdays)
 京都の仏教系私立男子高に通う乾純(渡辺大知)は、やさしい両親に愛され、幸せ 過ぎることが悩み。夏休みが近づいたある日、純は友人に...
『色即ぜねれいしょん』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「色即ぜねれいしょん」□監督 田口トモロヲ □原作 みうらじゅん □脚本向井康介 □キャスト 渡辺大知、峯田和伸、岸田繁、堀ちえみ、リリー・フランキー、臼田あさ美、石橋杏奈、森岡龍、森田直幸、大杉漣、宮藤官九郎、木村祐一、塩見...
つぶやき (映画:『色即ぜねれいしょん』) (WAVES OF JOY!)
田口トモロヲ監督作品『色即ぜねれいしょん』を観てきた。 (オフィシャルサイトhttp://shikisoku.jp/indexp.html) 映画『色即ぜねれいしょん』予告編 田口さんにとって二度目の監督作品。 (初監督の『アイデン&ティティ』もロック好きにオススメです。  ...
『色即ぜねれいしょん』 (・*・ etoile ・*・)
'09.08.23 『色即ぜねれいしょん』@吉祥寺バウスシアター これは絶対見なくてはならない作品。なぜならMJことみうらじゅんの青春時代を描いた自伝的小説が原作の映画だから。私の誕生日プレゼントということで、baruから前売券+MJイラスト入りビーサンを頂いた。しか...
色即ぜねれいしょん (単館系)
白血病の女の子に歌を聞かせるところから話が始まるが 普通、白血病なら髪の毛が抜け落ちてしまうんじゃないの と思ったのだが・・・大丈夫...
色即ぜねれいしょん (シネマDVD・映画情報館)
イラストレーター、作家などマルチに活躍するみうらじゅんの自伝的青春小説を『アイデン&ティティ』の田口トモロヲが映画化。ロックな生き様にあこがれながらも、平凡で退屈な日々を過ごす文科系男子高校生のひと夏の成長物語を描く。主演は、2000人を超えるオーディシ...
映画評「色即ぜねれいしょん」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督田口トモロヲ ネタバレあり