ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『TAJOMARU【タジョウマル】』

2009-08-14 23:05:33 | 新作映画
----これって『羅生門』と同じく
『藪の中』がモチーフになっているんだって?
「うん。『羅生門』では三船敏郎が演じた多襄丸を主人公にした完全オリジナルストーリー。
『傷だらけの天使』『異人たちとの夏』市川森一
脚本に参加して作られたというのも話題になっている。
でもオリジナルと言っても、
もともとの話にあったエッセンスは生かされていて、
“真実はひとつ。
でも、人によって観た角度が違うことで、その証言が異なってくる”という形を取っている」

----いわゆる“ポイント・オブ・ビュー”だね。
それはそうと、この映画、キャッチコピーすごいよね。
「日本人よ、
生き方に迷ったらこの男に会いに来い!」

“この男”というのが小栗旬演じる多襄丸ってことでいいの?
「まあ、そうだね。
実は多襄丸というのは天下の大盗賊。
でも、ひとりではなくて、
この多襄丸を殺した者が、
彼の持つ劔とともに、その名前も受け継ぐことになっている。
この映画でも、最初は松方弘樹が演じていて、
えっ?って感じ」

----ふうん。で、どんなお話ニャの?
チラシなどのシノプシスを読んでもよくわからニャいんだけど…。
「そうだね。
チラシにはこう書いてある。
『時は乱世。何不自由ない家柄に生まれながら、
大盗賊「多襄丸」を名乗ることになった男。
血肉を分けた兄、弟のようにかわいがってきた家臣、そして心の底から愛した女……。
誰よりも信じていた者たちのまさかの裏切りによって一変した人生。
しかし、何もかも失くした絶望の淵にあってなお、
思いもよらぬところに見つけた友情の絆。
信頼と不信がすっかり逆転したかに見えたそのとき、再び、そのすべてが揺らぎ始める。
多襄丸に起こった出来事のひとつひとつに裏があり、
裏から見れば同じひとつの出来事がまったく違って見えてくる……。
どんでん返しに次ぐどんでん返し。ひっくり返る信頼と裏切り。
見えない真実に翻弄される多襄丸が、最後にたどり着く場所とは?』」

----ほんと、ちんぷんかんぷん。
それだけ聞くと脳内SFチックにも見えるし…。
一回ごとに時空が変わるような形で同じ物語が繰り返されるのかなと…。
「でも、実際はそういうものじゃなかった。
次期管領職を約束された名門・畠山家の長男・信綱(池内博之)。
次男・直光(小栗旬)も兄がその職を継ぐものと思っていた。
ところが八代将軍・足利義政(萩原健一)から、
先ごろの流行り病で亡くなった大納言の娘・阿古姫(柴本幸)を妻に娶り、
その財産を受け継いだほうを管領職に就ける、という突然のお達しが下る。
義政の狙いは、大納言が遺した金塊を手に入れること。
しかし兄弟の幼馴染である阿古姫は、今は直光の許嫁になっていた。
もしかして、弟が金塊も管領職も手に入れるのでは?
疑心暗鬼に陥った信綱のその心の隙に、
幼い頃、屋敷に盗みに入って捕らえられ、直光に助けられて以来、
畠山家の家臣として兄弟同然に育ってきた桜丸(田中圭)が付けいる」

----ニャんだ。意外とシンプルなお話じゃニャい。
「そうでしょ。
『SF/サムライ・フィクション』中野裕之監督作品とは思えないほどの素直なお話。
映像も比較的オーソドックスだしね。
ただ、駆け落ち同然に逃げた直光と阿古姫を
大盗賊・多襄丸(松方弘樹)が襲ったあたりから話がややこしくなる。
阿古は、自分がこうなったのは直光のせいだと言い、
多襄丸に直光を殺してくれと頼むんだ」

----ひぇ~っ。怖い。
「映画は、最初、この
“悪女と男のひたむきな愛”の路線で作られる予定だったけど、
それだけだとメジャーでは通用しないと変更になったらしいよ。
ま、それはともかく、この映画の見どころは
一にも二にも、小栗旬の演技。
いやあ、これは見直したね。
完全に役に入り込んでいる。
後でプレスで知ったけど、
事実、彼の役への入れ込み方はそうとうなもの。
クライマックスのワンシーン、
その場面を演じていた記憶が小栗旬にはまったくないらしい。
なにせ、『よーい、スタート!』って言われた次の瞬間、
気づいたらお風呂に入っていた。
と、こう言うんだから。
また、左右時間差で出る涙にも驚き。
これまで、彼は映画で泣くシーンでは目薬を使っていたのだとか。
それがこの話に関しては
『監督、何回でも撮ってくれ! 何回でも自然に泣けるから』。
1日20回以上、リハーサルから自分が映ってないところまで全部泣いてて、
多いときは1日に50回は泣いていたらしい」

----分かった。分かった(笑)。
今日はよく喋るニャあ。
それでこの映画の言いたいことはニャんニャの?
「それはね。
桜丸の生き方と直光(多襄丸)を対比させるとよく分かる。
桜丸は、自分を拾ってここまで育ててくれた周りへの感謝も、
長い友情も振り切って、
義正の寵愛を利用し、その気持ちを読むことでうまく立ち回る……
このことによって自分を生き長らえさせるばかりか、
権力までをも手中にしようとするわけだ。
これって、現代の拝金主義、金の集まるところについていこうとする生き方。
それをこの映画は一刀のもとに斬り捨てる。
だから快感なんだ。
ただ、桜丸はもとも芋を泥棒しようとした少年。
そういう人間は、一生その性根が治らないという決めつけはどうかと思うけどね」



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「いやあ、ほんとよく喋った。やべきょうすけはどこ行ったのニャ」もう寝る


久しぶりの萩原健一。『影武者』での演技を思い出した度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (6)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 『しんぼる』 | トップ | 『カムイ外伝』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ! (maru♪)
2009-09-12 02:30:49
レビューを書いているうちにどんどん辛口になってしまいましたが、おもしろかったです(笑)

チラシの宣伝効果はむしろ逆効果な気がしますが・・・
あまり芥川龍之介と男の中の男的な部分を強調しすぎな気がしました。

あえての作り物感も嫌いではなかったです。
ただ、ちょっと人間ドラマは大熱演のわりに、とってつけたような感じがしてしまいましたが・・・

たちまわりの迫力がすごかったです!
■maru♪さん (えい)
2009-09-12 23:01:59
この映画、辛口と立場を決めて書けば、
それはそれで書けそうな気もします。
でも、観る前に思っていたよりは遥かによかったです。
中野裕之監督作品の中でも一番好きかな。
へぇ~ (miyu)
2009-09-14 22:08:30
なるほど、最初はそのままストレートに
悪女とひたむきな男って感じだったんですね。
そこにひねりを加えたからこそ、
面白く仕上がってましたよね。うん。
想像以上に面白くって、楽しめました♪
弱っ。 (Ageha)
2009-09-14 22:42:09
…って思ったのは
ワタシだけ?
あれ、本当にハッピーエンドかな?
松方TAJOMARUを尻にしいて生きたほうが
人生楽しかったかもよ?
すいません話それました。(笑)

ショーケンにしても
松方弘樹にしても
ちょっと出演のわりに
すごい存在感でした。

映画なのに舞台チック。ちょっと不思議な作品でした。
■miyuさん (えい)
2009-09-15 22:34:58
こんばんは。

この映画、ぼくも楽しめた方です。
前もって期待しなかったのがよかったのでしょうか?

それっていいのかなあ(笑)。
■Agehaさん (えい)
2009-09-15 22:36:39
こんばんは。

ショーケンは、本格的な復帰としては
これが第一作目ということになるのでしょうか…。
『影武者』の頃と、演技の方向性は変わっていない気もしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

26 トラックバック

松方弘樹、山城さん「本音は優しい人だった」 (芸能ニュースの時間)
松方弘樹、山城さん「本音は優しい人だった」 山城新伍さんの訃報を受け、東映時代からの盟友、梅宮辰夫(71)、松方弘樹(67)をは...
『TAJOMARU』 (・*・ etoile ・*・)
'09.09.04 『TAJOMARU』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。わりと重めな作品が続いていたので、たまにはいいかもと応募、当選した。そして、たまには目の保養もしたかったので、イケメン枠ということで(笑) *ややネタバレ。ちょ...
◇『TAJOMARU』◇ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、中野裕之監督、小栗旬主演。
『TAJOMARU』 (だらだら無気力ブログ)
  芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊の多襄丸を主人公にしたオリジナル ストーリーの時代劇。 武家の名門の次男坊として生まれた主人公が兄や家臣に裏切られながらも 愛した女性のために生きる様を描く。室町後期。三管領家の一つ畠山家には信綱・直光の兄...
劇場鑑賞「TAJOMARU」 (日々“是”精進! ver.livedoor)
ここは「TAJOMARU」レビューのミラーです。TB&コメントは、http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/200909120001/にお願いします。出来ない場合はミラーの方へ。室町末期。名門・畠山家の次男・直光には将来を誓い合った幼なじみ阿古姫がいた。ところが、阿古姫の...
「TAJOMARU」 苦悶の先に見たものは (はらやんの映画徒然草)
この秋は時代劇作品が多いですね! 先週から「BALLAD 名もなき恋のうた」、今
TAJOMARU (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『絶対、女を捨てない。 己を曲げない。 そして、どこまでも自由。』  コチラの「TAJOMARU」は、世界のクロサワこと黒澤明監督の「羅生門」の原作でもある芥川龍之介の「藪の中」、何度となく映像化されてきたこの名作小説を、その「羅生門」では世界のミフネこと...
『TAJOMARU』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:中野裕之原作:芥川龍之介出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、近藤正臣、萩原健一試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイトはこちら。<Story>文武に長け、兄を敬い、将来を約束された畠山家の次男・直光(小栗...
藪の中~『TAJOMARU』 (真紅のthinkingdays)
 室町時代、京の都。代々管領職にある畠山家の次男・直光(小栗旬)は、盗賊 の子を家臣とし、桜丸(田中圭)と名付ける。兄・信綱(池内...
TAJOMARU (悠雅的生活)
謀略。地獄からの生還。自由。
TAJOMARU (★YUKAの気ままな有閑日記★)
注目度の高い日本の若手俳優さんの主演映画が続々と公開されますね~『キサラギ』の小栗旬さんは『TAJOMARU』、『DEAH NOTE』の松山ケンイチさんは『カムイ外伝』、同じくデスノートの藤原竜也さんは『カイジ』、、、、、ふむふむ、、、全部観て、誰の映画が一番好みか、...
【TAJOMARU】「愛」と「義」の中世童話 (映画@見取り八段)
TAJOMARU 監督: 中野裕之    出演: 小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、萩原健一、松方弘樹 公開: 2009年9月 原...
TAJOMARU (Diarydiary!)
《TAJOMARU》 2009年 日本映画 芥川 龍之介「藪の中」をオリジナルに
サムライ姿でクローズゼロ(違)~TAJOMARU~ (ペパーミントの魔術師)
負けたまんまで終われね~。 ・・・・じゃなかったっけ? 実はカラスたちのバトル映画は2作とも見ちゃいないんですが な~んかね~それっぽかったのな。(!) 戦国の世に 地位や名誉や金よりもオンナを取る男がいるとしたら 見てみたい。 そんな単純な理由だった。 ...
【TAJOMARU】 (日々のつぶやき)
監督:中野裕之 出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、萩原健一 「乱世の時代、代々官領職を継いできた畠山家の次男直光は兄の信綱が家を継ぐと小さい頃から理解していた。しかし将軍に大納言家の阿古姫と結婚する者が継
「TAJOMARU」 (NAOのピアノレッスン日記)
~その男、多襄丸。   絶対、女を捨てない。己を曲げない。そして、どこまでも自由~前情報をあまり見ず、ただ単に、小栗くん見たさとB’zの主題歌を目当てに見に行った次第。(相変わらず、ミーハーですなぁ。。。)2009年 日本  ワーナーブラザーズ配給 ...
TAJOMARU (to Heart)
上映時間 131分 脚本 市川森一/水島力也 監督 中野裕之 出演 小栗旬/柴本幸/田中圭/やべきょうすけ/池内博之/本田博太郎/松方弘樹/近藤正臣/萩原健一 芥川龍之介の『藪の中』に登場する盗賊“多襄丸”を主人公に、オリジナル・ストーリーで描く異色時代劇。 阿古姫(...
★★「TAJOMARU」観てきました★★ (♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪)
ブログネタ:ご趣味は? 参加中 本文はここから 趣味はと聞かれるとやっぱり「映画館で映画を観ること」ですかね。 「映画館」がポイント 自宅でDVDなどで観てると邪魔が入るしどっぷりその世界につかることが出来ないのでやっぱり邪魔の入らない専用の場所で...
TAJOMARU (タジョウマル) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
愛、裏切り、挫折・・・直光から強い男、多襄丸へ!__お坊ちゃま、直光が、どのように強い男になっていくのか、その変貌ぶりを追う! 物語:乱世の時代、室町末期。代々管領職を排出する名門・畠山家の次男・直光は、兄の信綱と共に、将軍より「阿古姫と結婚し大納...
★「TAJOMARU」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
一日3本目なので、だいぶ疲れてきたーー。 本作は芥川龍之介原作の「藪の中」に出てくる多襄丸という盗賊が主人公。 主演は小栗旬。
「TAJOMARU」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年・ワーナー/監督:中野 裕之) 芥川龍之介の小説「藪の中」を原案として、乱世の中、運命に翻弄される男女の姿を描いた時代劇。 観る前は不安だらけだった。まず題名がまたして
TAJOMARU (C'est joli~ここちいい毎日を~)
TAJOMARU’09:日本 ◆監督:中野裕之「RED SHADOW 赤影」「SF サムライ・フィクション」◆出演:小栗旬、柴本幸、田中圭、やべきょうすけ、池内博之、本田博太郎、松方弘樹、 近藤正臣、萩原健一 ◆STORY◆乱世の時代、室町末期。代々管領職を排出する名門・畠山家...
[映画][劇場公開]TAJOMARU 66点 (さとうれおはオレだけか)
カムイと比べるとドロドロしていて話もわかりやすいし全然退屈はしなかった。 ヒロインが全然知らない女優だったので山賊になった時に女が二人出てきますが区別がつかなかったですね。後半ドーンと現れますが顔も大して知らないしってことでわかりづらいです。 予告だと...
TAJOMARU (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[TAJOMARU] ブログ村キーワード 評価:6.5/10点満点 2009年84本目(79作品)です。 【あらすじ】 阿古姫(柴本幸)という幼なじみの婚約者がいて、将来も約束されている畠山家の次男・直光(小栗旬)。 家臣の桜丸(田中圭)の陰謀により、山中に逃げ込んだ二人は盗...
(映画)TAJOMARU (ゼロから)
阿古姫が前代多襄丸に告げた畠山直光の始末の話を聞いて阿古姫は、かなりの性悪かと思っていた。表\情も険しいものだったから、後に道兼が、その場面に居合わせていたことにより、阿古姫の本心が直光に伝わったシーンは、感動的でした。
映画評「TAJOMARU」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中野裕之 ネタバレあり