ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『デトロイト・メタル・シティ』

2008-07-26 22:21:13 | 新作映画
----松山ケンイチって、
いつの間にかカメレオン俳優と呼ばれるようになったね。
「うん。
ぼくが最初に彼を意識したのは『不良少年(ヤンキー)の夢』
まさか、あのツッパリが
『NANAーナナー』のシンと同じ役者とはとても思えなかったね」

----今度は、その彼が一人二役ってことだよね?
「いや、正確に言えば二役というのではない。
どちらも中身は同じ人物だからね。
ただ、本来は
ポップミュージシャンを目指す心優しい青年・根岸崇一なのに、
音楽事務所の社長(松雪泰子)の方針で
悪魔系デスメタルバンドのヨハネ・クラウザーII世を
“演じている”というお話だ。
まあ、原作がコミックだけに、
そのストーリーをどうのこうの言っても意味ないし、
これはそのマツケンのなり切りぶりと、
それっぽい音楽を楽しむことにつきるだろうね」

----そう言えば、大物ミュージシャンも出てるんでしょ?
「うん。大学時代の根岸の後輩に
佐治くん(高橋一生)というのがいるんだけど、
なんとポップスの方の音楽はカジヒデキが提供。
ところが、これが劇中では
周囲をシラケさせる痛い音楽ということに。
で、その撮影現場をカジヒデキが見ていたというから
これまたスゴい
あとヒップホップとのライブ対決(これは見モノ!)があるんだけど、
ここではKダブシャインが楽曲提供。
二人とも出演もしているらしいけど、
それがどこかは、ぼくには分からなかったね」

----いやいやフォーンが言いたいのはそれじゃニャくて…。
もっと大物がいるでしょ。
「あっ。ジーン・シモンズね。
そもそもこの原作のタイトルは
KISSの代表曲『デトロイト・ロック・シティ』からきているというから、
この出演は関係者は
彼の出演がほんと嬉しかったんじゃないかな」

----ふ~ん。他に見どころは??
「どこまでが原作でどこまでがオリジナルなのか分からないけど、
後輩の佐治くんにクラウザーとしてトイレで会った根岸崇一が
彼の歌にあわせて嬉しそうにリズムとるところかな」

----監督はだれニャの?
「李闘士男。
彼は『お父さんのバックドロップ』という、
なかなかユニークな映画を作っている。
あっ、映画より気になったのがクラウザーが歌う歌。
『SATSUGAI』というんだけど
その歌詞が『KOROSE!KOROSE!KOROSE!』。
これが映画が始まるまでずっと流れていて、
さすがにヤバいんじゃないかと…」




           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「いろんな映画があるニャあ」なにこれ?

※大倉孝ニに鈴木一真。脇役もオモシロい度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 『ハムナプトラ3 呪われた皇... | トップ | 『P.S.アイラヴユー』 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2008-08-24 22:13:01
相川さんやお母さんとの関係はかなり脚色されていますが、基本的に非常に原作に忠実な作りです。
あんまり期待してなかった事もあるかもしれませんが、予想外に楽しめました。
たまにはこういう何にも残らないけど、大いに笑える作品も良いですね。
ジーン・シモンズは懐かしかったですね。
■ノラネコさん (えい)
2008-08-24 22:25:18
こんばんは。
ジーン・シモンズも懐かしいですが、
いまオリンピックの閉会式で
あいもかわらずスゴいギターを披露してくれた
ジミー・ペイジも懐かしかったです。
「胸いっぱいの愛を」。
やはりいい曲ですね。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-09-10 21:16:08
松山君が主演ですし、友人やブログのかたの
お薦めもあって遅くなりましたが観に
行ってきました!
今年初めての1800円鑑賞でした(笑)

くだらないと言ってしまえばそれまでですが(笑)
でも、本当に笑いましたし楽しかった\(^O^)/
ジーシモンズの出演もびっくりでしたが嬉しかった
です♪

可笑しかったシーンはたくさんあるのですが
えいさんが言われているクラウザーさんと
佐治さんのトイレのシーンは今思いだしても
可笑しくてしかたがありません。
たまにはこういう映画もいいですよね(^_-)-☆
Unknown (あるきりおん)
2008-09-10 23:17:46
何週か遅れで見てきました。
トイレのシーンで何故か涙が出そうになりました。
とても悲しいシーンです。
とか思ってるの私だけでしょうか・・・
そのシーン、みんな笑ってたんですよ^^;
■ひろちゃんさん (えい)
2008-09-11 09:09:14
こんにちは。

これは、それまでしても観たくなるほどの
引力があった映画ということなんでしょうね。
どなたかが書かれていましたが
デスメタルファンというのではなく、
圧倒的に女性、もしくは女性グループが多く、
男性一人というのはいなかったそうです。

やはり松ケン人気でしょうね。
ぼくはトイレのシーン、
楽しそうなクラウザーさんがよかったです。


■あるきりおんさん (えい)
2008-09-11 09:12:32
こんにちは。

あるきりおんさんのレビュー拝見しました。
うなずきました。
なるほど、そういう見方もあるのかと……。
おそらくその差は、
ぼくがクラウザーさん(主人公)の
心に入り込めていなかったからだと思います。
あの「おぼっちゃん」的な喋りが
感情移入できなかった要因かも……。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事