ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『オペラ座の怪人』

2004-11-18 23:56:20 | 新作映画
--------『オペラ座の怪人』って劇団四季がやってたヤツ?
「そう。でも、もともとはガストン・ルルーが1911年に発表した小説。
戦前からすでになんども映画化されているんだ。
ところが今回の作品は『キャッツ』などで知られる
アンドリュー・ロイド=ウェバーのヒット・ミュージカルの映画化。
この作品を永遠に残したかったから......というのがその理由らしい」

---------ということは、セリフは歌になってるのかにゃ?
「うん。9割近かったかな」
---------で、感想は?
「これまでぼくが観たのはブライアン・デ・パルマのロック・オペラ・ヴァージョン
『ファントム・オブ・パラダイス』だけ。
あれは、ひとりの作曲家が、悪魔に心を売り渡した音楽プロデューサーにだまされ、
自作の曲を盗まれたばかりか、その歌を歌う女性までも横取りされてしまう。
おまけに顔をプレス機でつぶされ、声まで失ってしまったことから、
彼はマスクの怪人となってプロデューサーに復讐をするというお話なんだ。
さて本家はどんな話?.....と思ったら、
やはりひとりの女性クリスティーヌをめぐる三角関係という設定になっていた。
この怪人はオペラ座に住み着き、孤児の女性クリスティーヌに主役となる機会を与える。
彼女は怪人を亡き父親が授けてくれた<音楽の天使>と思いこむ。
ところが、そこに幼なじみの男ラウルが現れ、二人は永遠の愛を誓う関係となったことから、
怪人は嫉妬に怒り狂うという話さ」

---------映画ならではのおもしろさはあるのかにゃ。
「うん、舞台を観てないから想像でしかないけど.....
冒頭はモノクロ映像で廃墟となった1919年のオペラ座を映し出し、
やがてそれに色が付いて、オペラ座華やかなりし1870年代へと移っていく。
もう、これだけでゾクゾク」

--------なるほど映画ならではの快感だにゃ。
「そして圧巻は怪人が隠れ住む地下のイメージ。
下水道をゴンドラのような船で怪人とクリスティーヌが進むと、
洞窟の奥に彼の不気味ながらも幻想的な住処が現れる。
スワロフスキーの大シャンデリアもスゴイけど、
この地下の住処がもっとも印象に残ったね」


(byえいwithフォーン)

※絢爛豪華度


人気blogランキングへ

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (8)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 『きみに読む物語』 | トップ | 『火火』(byえいwithフォーン) »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オペラ座の怪人 (ガナ子)
2004-11-19 03:45:07
映画では1度も見たことないけど、元になったミュージカルなら、本場のイギリスの劇場で見たことありますよ。えっへん☆(^o^)v

映画とはまた違った視覚効果…というか、3Dじゃない、本物の立体的な視覚効果を楽しめました。

具体的に言ってしまいたいところだけど、その仕掛けに「驚く」のがイイので、黙っておきますね♪♪

音楽も素晴らしくって、2cmほどもある厚さの本1冊と、2枚組みのCDを買っちゃいました。

私の「大!」お勧めです。

オペラ座の怪人? (えい)
2004-11-20 01:32:23
ガナ子さん。おひさしぶりです。

本場のミュージカルを観られたんですね。

いいなあ。

CDもお持ちとか。

ほんと、あの音楽には惹かれますよね。
TB有難うございます (Jigen)
2005-01-26 14:46:12
大分以前にかかれたようでしたが、TBさせて頂きました。TBありがとうございます。

自分達は結構気に入りましたが、批評家受けは一般に悪いようですねえ。。

今後とも宜しくお願いします。
Jigenさんこんにちは (えい)
2005-01-27 11:41:37
gooブログがバックアップ作業に入り、

アクセスできなかったため

ご挨拶が遅れました。

わたしもこの映画は気にいってます。

これからもよろしくお願いします。
Unknown (kao)
2005-09-09 19:17:51
初めまして。

TBありがとうございました!

私も最初のシーンが好きなのでTBさせて頂きました(^_^)

では、また遊びに来ますのでよろしくお願いします☆

こんばんは。 (えい)
2005-09-10 20:18:42
kaoさん。



コメント&TBありがとうございました。

この映画って、出だしでまずゾクゾクきますよね。

「映画的じゃない」という言葉も聞きますが、

それでも楽しませていただきました。



こちらこそよろしくお願いします。
古い記事にすみません (ノルウェーまだ~む)
2009-08-08 23:36:32
えいさん、こんばんわ☆
今度舞台を観ようと思って、この映画をレンタルしました。
まるで舞台を観ているような、豪華絢爛なステージと素晴らしい歌でしたが、映画なら映画らしくやってもよかったのに~とちょっと思ってしまいました。
シャンデリアと共に、美しく劇場が蘇っていくシーンは素晴らしかったです。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2009-08-10 14:21:41
こんにちは。

この映画を観たときのことはよく覚えいています。
終わった後、お隣に座ってられた
大ベテランの方と
「よくできた映画ですよね」と
互いにうなずき合ったものでした。

たしかに、映画独自のアプローチも欲しいですが、
「よくできている」、
それだけで嬉しかったのでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

10月27日(水) 『オペラ座の怪人』 (映画の胃袋 Живот киноего)
★★★★ 言わずと知れた名作の映画版。音楽はアンドリュー・ロイド=ウェーバーである。舞台となるオペラ座で上演される演目はオペラ、でもこの物語自体はミュージカル、という点で混乱するのだけれど、それを言っちゃ厳しいか…もともとそういうものなんだし。その引っかか
映画 オペラ座の怪人 (エンタメ!ブレイク?)
そつなく映画化された世紀のミュージカルは、 悲しくも美しい“究極の愛”をパワフ
映画17 オペラ座の怪人 (A-) 前編 (Earthly pleasures:映画・スポーツ雑記 from USA)
(今回は両者ともに思い入れがあるため、前編後編に分けて2人のレビューをお送りします)満足。舞台もあちこちで見て、ほとんど全曲口ずさめるほど愛着のある作品だけに、期待半分、心配半分で行きましたが、期待以上の作品でした。
映画17 オペラ座の怪人 (A-) 後編 (Earthly pleasures:映画・スポーツ雑記 from USA)
(後編です)やっと観に行ってきました。自分はこのミュージカルには思い入れが強いんです。英米日でこれまで、通算5回劇場に足を運んでいます。CDも3種類あって聴き込んでいて、殆どの歌詞は覚えてたりする。そんな自分ですが、かなり満足できましたよ!痺れる箇所が何度か
オペラ座の怪人 ★★★★☆ (◆覇王の書斎◆)
画館でミュージカルを観るチャンスがやってきた、と言うしかないですね。この映画は。なんってったって、その生みの親、ロイド=ウェバーが作らせたんだから。映画だと思っちゃダメです。多分。コレはミュージカルに免疫がある人か、興味のある人には非常にポイント高い映...
オペラ座の怪人(映画) (It\'s a Wonderful Life)
初日に観てきました。僕の鑑賞前の期待度については1月25日のブログ参照↓ http://yaplog.jp/kazupon/archive/75 素晴らしい!! まず、アンドリュー・ロイド・ウエーバー版のミュージカルが好きな人なら 、かなり満足の行く出来栄えではないでしょうか。 ...
オペラ座の怪人 (Teralinの覚え書き)
絢爛豪華、壮大なスケール、ダイナミックな音楽、凄く感動しました。おすぎさんがいっていた通り、「満足、満足、大満足!」の映画です。 詳しいストーリーは公式ページをお読みいただくとして、近頃ないほどの興奮を味わいました。今でも頭の中を音楽が駆け巡っています
試写会で見た「オペラ座の怪人」 ( FOR BRILLIANT FUTURE)
今日は公開前だが、試写会に偶然行ける事になり、見てきました。多分、私の事だから、また、きちんと公開されたら見に行く様な気がします。じゃ無くて 絶対、行くなあと思います。(笑) この映画は前宣伝でも言われている通り、アンドリュー・ロイド・ウェバーの作曲・脚
オペラ座の怪人 (ネタバレ映画館)
 カルロッタ、あなたのせいで評価が下がってしまいました。口パクなのはいいけど、ちゃんと音楽に合わせてくださいな・・・ズレてます・・・ 『ムーランルージュ』のユアン・マクレガー、『シカゴ』のリチャード・ギア、『エビータ』のアントニオ・バンデラスよりは上手か
オペラ座の怪人 (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
音の洪水と,ゴージャスな美術にうっとり!
映画鑑賞「オペラ座の怪人」★★★★☆ (夕刊マダムの悠々優待生活♪読者さん300人突破!ありがとうございます!)
本日はレディースディーなので、「オペラ座の怪人」 を観て来ました。 9時半からの回でしたが、ほぼ全員女性でした。 【あらすじ】 オペラ座に住む怪人(ファントム)は、クリスティーヌをプリマドンナにするべく、様々な仕掛けをする。ファントムはその姿を暴こうと
★★★★★「オペラ座の怪人」ジェラルド・バトラー、エミー・ロ... (こぶたのベイブウ映画日記)
もし私が怪人だったら、淋しくて、やりきれない。この世界に、自分の理解者が、誰ひとりいないのだ。クリスティーヌへの愛が屈折したものだとしても、彼の心の傷みを思うと、仕方のないことだと思う。もう中盤から涙ボロボロ、最初から最後まで、心に響く名場面の連続で、...
「オペラ座の怪人」 (ミチミチ)
「オペラ座の怪人」 原作 ガストン・ルルー 作曲 アンドリュー・ロイド=ウェバー 監督 ジョエル・シュマッカー CAST ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム 見てきました!「オペラ座の怪人」 初六本木ヒルズです。やっぱり音が重要ですよね。 劇団四季のミ
オペラ座の怪人 (impression)
この映画巷ではどんな事言われているか知らないが、最初と最後が良いの。途中は物語を知っているとの事もあるが、中弛み。。。シャンデリアはやっぱり凄い。 こんな豪華なの観た事ない!!余り観る経験もないが。。。どッかのホテルより綺麗程度の認知度。。。音楽は周知の
「オペラ座の怪人」 (the borderland)
ミュージカル「オペラ座の怪人」が、「キャッツ」や「エビータ」でも有名なアンドリュー・ロイド・ウェバー自身のプロデュースにより映画化。最初はミュージカル映画ということでパスの予定が、ブログ巡回してると評価高いので思い直して鑑賞してきました。 オペラ座のき
オペラ座の怪人 (社長の本音日記)
今朝、タイ出張から戻りました。バンコックからの帰国便は夜行なのですが、偏西風の関係で飛行時間が極端に短く、成田でも5時間半ぐらいしか飛んでいませんので、あまり眠れません。 それに加えて、たった2時間の時差も帰国する時には結構ききます。 結局、往路で見て
「オペラ座の怪人」 (WALK-ON)
気になってはいたのですが結局映画館では観ず・・・DVD買ったのでやっと観れました! 良いね~。 ミュージカル好きなのでこういった映画は好きです。シカゴもかなりお気に入りだし。 画面がモノクロからカラーになって、過去のオペラ座へとさかのぼっていくトコ
オペラ座の怪人-映画を見たで<今年163本目>- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ジョエル・シュマッカー 出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン 評価:95点(100点満点) 公式サイト かっこええ・・・。 これはたまりませんわ。 今頃見てなにをゆうとんじゃと突っ込まれそうだが、こ
【外国映画】オペラ座の怪人 ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン主演 (あるある人気アイテム紹介隊)
パリ、1870年代、オペラ座では“ファントム”(オペラ座の怪人)の仕業とされる謎の事
オペラ座の怪人 (I Love Movie!【ホームシアター映画日記】)
●れんたの満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7.5点 歌の素晴らしさとオペラの豪華絢爛さにすっかり引き込まれてしまいました。。 過去への回想へ入るシャンデリアのシーンは、タイタニックを思い出しますね~ 目を奪われてしまいます。 ヒロインを演じるエミー・
『オペラ座の怪人』 (CouchCinema*カウチシネマ / b)
映画館で観たかったのに、見逃してしまった作品。 最近では、あっという間にDVDになりますね。 アンドリュー・ロイド=ウェバーの同名ミュージカルの映画化。 1986年、ロンドン初演時、クリスティーヌに抜擢されたのが 先週ミュージック・ステーションに出演して ...
オペラ座の怪人 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
多くの方に愛されているこの映画、ず~~~っと観たかったのやっと観られて嬉しいなってことで、今年初の映画感想は、魅惑のミュージカル映画で~す^^・【story】19世紀のパリ、オペラ座に住む伝説の男ファントム(ジェラルド・バトラー)の仕業とされる怪事件が多発。...
オペラ座の怪人 (Addict allcinema 映画レビュー)
あなたの声で私の花が開きはじめる。  
「オペラ座の怪人」豪華絢爛~舞台そのまま (ノルウェー暮らし・イン・London)
8月末にロンドンのミュージカルを鑑賞する予定なので、予習もかねてDVD鑑賞。 重厚で、豪華絢爛、舞台をそのまま観ているようで、まさに圧巻! それにもまして、ファントム演じるジェラルド・バトラーの、なんとセクシーなこと!!
オペラ座の怪人 (mama)
THE PHANTOM OF THE OPERA 2004年:アメリカ 原作:ガストン・ルルー 監督:ジョエル・シューマカー 音楽:アンドリュー・ロイド・ウェッバー 出演:ジェラルド・バトラー 、エミー・ロッサム 、パトリック・ウィルソン 、ミランダ・リチャードソン 、ミニー・ドラ...
オペラ座の怪人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『世界で一番有名な、哀しくも美しい愛の物語』  コチラの「オペラ座の怪人」は、現代のモーツァルト、って言ってもキダタローじゃありませんヾ(・ε・。)ォィォィ アンドリュー・ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルを自ら製作総指揮・脚本・音楽を手掛け映画化し...
オペラ座の怪人 [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE PHANTOM OF THE OPERA公開:2005/01/29(リバイバル2007/10/13)製作国:アメリカ/イギリス上映時間:140分監督:ジョエル・シューマカー出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン、ミニー・ドライヴ...