ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『トンマッコルへようこそ』

2006-07-22 23:46:55 | 新作映画
※傑作『まぼろしの市街戦』オリジナルポスター。
最初はこの映画に似ていると聞いていましたが……。


----トンマッコルって韓国の地名なの?
あまり聞いたことないけど……。
「うん。これは架空の村で、
韓国語で“子どものように純粋な村”という意味。
舞台は朝鮮戦争が行われていた1950年代。
険しい山の奥深く、
神秘的な森のはずれにあるその村は、
完全に時間が止まっていて、
村人たちは菜食のみで自給自足で暮らしている。
そんなトンマッコルに予期せぬ6人の客がやってくる。
最初に空から降ってきたのは、
連合軍のアメリカ人パイロット、スミス。
次に韓国軍の兵士だと名乗る2人。
この国で戦争が起こっていると知らされ、驚く村人一同。
そして村の少女ヨイルが、
韓国軍と敵対する人民軍の3人を村へ連れてくる。
映画は、彼らがこののどかな村で、
最初はにらみ合いながらも、
次第に打ち解けて、
最後は力を合わせて村を外敵から守ろうとするまでを
寓話的に描いていく」

----お話だけ聞くと、
良心的な映画って感じだね。
「うん。この映画、映像も美しくユーモアもあり、
風刺もよく効いているんだけど、
すべて予想がついてしまうところが問題。
村人たちは<だれもがいい人>に形式・統一化されているだけに、
あまりにも展開に驚きが少ない。
村の中には、現実社会のような争いはもちろん、
嫉妬や差別を含む人的葛藤が全くない。
ドラマとしてのうねりも生まれようがないんだ」

----でも、そこに6人がうねりを作るわけでしょ?
「うん。それはそうなんだけど、
それも6人の中だけでのお話。
しかも彼らも村の中と同じ穏やかな人間になっていく」

----ニャるほど。彼らによって村人の誰かが外界を知り、
共同体の危機が訪れると言うわけではないんだ。
それで2時間強はキツいなあ。
「でも、それは普通の映画の観方であって、
この映画は意外と退屈すると言うことはない。
2005年、韓国では6人に一人が観たと言われ、
その年の第一位のヒットを記録している」

----この映画のどこにみんなは惹かれたんだろう?
「人民軍の将校を演じるチョン・ジェヨン(『シルミド/SHILMIDO』)、
敵対する韓国軍の将校役のシン・ハギュン(『JSA』)。
実力派である出演者の力に負うところが大きいだろうね。
キャラクターの性格づけがよくなされた脚本と相まって、
彼らが互いに敵対関係を解いていくさまが
ふたりの名演によってさらに説得力を持ってくる。
それと知的障害を抱える心のピュアな役で
『オールド・ボーイ』のカン・ヘジョンが出演。
彼女は青龍賞と大韓民国映画大賞の助演女優賞に輝いている。
もっともこの役は
比較的やりやすかったのではという気がしないでもないけどね」

---そう言えば、日本から久石譲が参加しているね。
「うん。いつもはファイナルカットしか観ない彼が、
今回に限っては自分でそれを破ったと言うから、
作品への思い入れの強さが窺える」

----でも、本当に映像は美しそうだ。
「ネタバレになるから詳しくは言えないけど、
クライマックスの戦闘シーンは大迫力。
村を徹底して美しく描いた後だけに、
その悲惨さがよりくっきりと浮かび上がってくる。
いろいろ辛口に喋ったけど、
そこでは『みんな生き延びてほしい』とマジに祈ったもの。
あっ、それとポップコーンの雨。
これは素晴らしかったな」

----ん?ニャんのこと?

            (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これが噂の桃源郷なのかニャ?」なにこれ?


※のどかな村だ度
人気blogランキングもよろしく


☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (23)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
« 『トリノ、24時からの恋人たち』 | トップ | 『ハチミツとクローバー』 »
最新の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワタシ的には大当たり(笑)! (ゆっこ)
2006-08-20 16:08:08
えいさん、こんにちは!

こちらの記事にもTBさせていただきました。

偶然、他のブロガーさんから試写券を譲っていただき見たのですが、

映画の内容も出演者情報もまったく予備知識がなかったせいか、私は大満足した作品です(笑)。

登場人物が善人ばかりとか、話の展開がありきたりとかは、確かに、えいさんがご指摘の通りだと思います。

でも私、ああいうほのぼのヒューマン・ドラマに弱いので、どっぷりハマってしまったかも

役者は全員達者でしたねぇ。それもまた感心した要素です。



前日の試写で見た映画が、大スターを揃えて大金投じたものの、思いっきり「駄作」だっただけに、

素朴で真摯な造りのこの映画によけい好感をもったのかもしれません。

■ゆっこさん (えい)
2006-08-20 20:51:52
こんばんは。



その前日の映画って何なのでしょうか?

先ほどお伺いしたのですが、

そういう「大作」が見当たらず、

いまもって謎です。
あはは・・・(汗) (ゆっこ)
2006-08-20 23:02:31
スイマセン。思わせぶりな書き方しちゃって

大作って言っても、「中華圏」ではって

但し書きを付けるべきでした

「ウィンター・ソング」という香港のミュージカル映画なんですが

一般の方はほとんどご存知ないですよねぇ。

ま、大した作品じゃないので、正直オススメはいたしません
■ゆっこさん (えい)
2006-08-20 23:43:19
なるほど。



『ウインターソング』のことでしたか。

ふ~む。金城武とジャッキー・チュン。

確かに大物スターではありますね。

監督がピーター・チャン。

『金枝玉葉』シリーズでは話題を集めていましたが、

久しぶりにその名を聞いた気がします。
TBさせていただきます (masashi)
2006-09-12 16:27:30
はじめましてmasashiといいます

「トンマッコルへようこそ」みました。

とても心に沁みるいい映画でした。

TBさせていただきます。
■masashiさん (えい)
2006-09-12 22:18:32
こんばんは。



はじめまして。

あのポップコーンができるところが好きです。

あと、ラスト。

みんなが力を合わせて村を守るところは

やはりグッときました。
ポップコーンが見たくて。 (Ageha)
2006-09-27 16:01:22
予告編で見たあのシーンが忘れられなくて

試写会応募したら行けたよラッキーでした。(笑)



久石さんが音楽をつけると

ジブリ実写版みたいな雰囲気でしたが。



映画を見てるときはそこに映し出される映像に

笑ったり泣いたりしてたんですが

あとでいろいろ考えこんでしまいました。

ヤフーで辛口レビューがイッパイ載ってて

びっくりしたし。



余談ですが

金城武が久々スクリーンで見れると思ってたのに

イマイチなんですか・・・。
■Agehaさん (えい)
2006-09-28 00:11:03
こんばんは。



辛口比評が多いのですか?

ぼくもこの映画はそれほどではないのですが、

『グエムル~』までも叩かれているとか。

少々複雑。



あっ、金城武の新作は観ていません。

誤解与えてしまったかも……。





Unknown (あっしゅ)
2006-10-29 14:42:40
こんにちわ。あっしゅです。

観ましたよぉ~。



戦争と平和の両面で考えさせられる映画でしたねぇ。それでいてジブリっぽくて楽しませてもらいました。

”800万人が笑って、泣いた”という意味がわかったような気がします。

ユニークで賞 (ノラネコ)
2006-10-29 23:25:26
ああ、言われてみればアイディアは似てるかも。>「まぼろしの市街戦」

しかし、非常にユニークな映画でした。

よくここまで寓話的な物を、現実の戦争とリンクさせて作ったなあと思いましたが、原作が舞台劇だと聞いて納得。

ちょっとやりすぎの所もありましたが、ビジュアルイメージの豊かさには感動しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

53 トラックバック

『トンマッコルへようこそ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某フリーペーパーサイトで当選した 女性限定の日活モニター試写会で 韓国映画『トンマッコルへよ
『トンマッコルへようこそ』 (моя комната ~まやこむなた~)
む・・これはなかなか・・。いわゆる”韓流”のイメージをちょっと覆すような作品。ハリウッド的エンタテインメントにちょっと近いかも。韓国では国民の6人に1人が見る大ヒットを記録し、2005年韓国で最も愛された映画として数々の映画賞を受賞した。本作が長編映 ...
「トンマッコルへようこそ」試写会 (ミチミチ)
「トンマッコルへようこそ」 監督 パク・クァンヒョン CAST シン・ハギュン、チョン・ジェヨン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン・・・ 音楽 久石譲story 朝鮮戦争真っ只中。連合軍のスミスは墜落してしまう。 一方で、韓国軍の兵士だと名乗る2人と、敵 ...
トンマッコルへようこそ(ウェルカム・トゥー・トンマッコル) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ウェルカム・トゥー・トンマッコル 웰컴 투 동막골の、日本公開タイトルが決まりました。「トンマッコルへようこそ」だそうです。サイトもアップされました(私はフラッシュの
「トンマッコルへようこそ」 (やまたくの音吐朗々Diary)
2005年に韓国映画界に旋風を巻き起こしたパク・クァンヒョン監督の「トンマッコルへようこそ 」の試写。 幸せな映画を観た。 宮崎駿の映画を観たあとような温かい感動と、三谷幸喜の映画を観たあとのような爽快感。 この映画の音楽を『もののけ姫』や『 ...
トンマッコルへようこそ (まったりインドア系)
  先日、映画『ハチクロ』で初対面したみほさんから試写券をお譲りいただき、韓国ドラマ好きの母と二人で鑑賞した。韓国映画にしては珍しく、会場は老若男女のバラエティに富んだ客層で超満員! みほさんから「イケメンの出演者は一人もいないけど実力者ば ...
トンマッコルへようこそ (陽のあたる場所。)
2005年度韓国映画界で、数々のハリウッド大作を抜いて興行収入NO,1なった「トンマッコルへようこそ」いよいよ10月28日(土)から日本公開です。国民の6人に1人が見る大ヒットを記録し、2005年韓国で最も愛された映画としてインターネットで観客が投票する ...
『トンマッコルへようこそ』試写会 (彩@ネコ好きのひとりごと)
韓国映画デス。 邦画以外は久しぶりの鑑賞ー。 洋画では・・・・『ブラックダリア』http://pee0305.blog54.fc2.com/blog-entry-34.htmlで 字幕&登場人物の複雑さにぐったりしたので、邦画以外に対して軽く拒否反応を 起こ
『トンマッコルへようこそ』試写会 (彩@ネコ好きのひとりごと)
韓国映画デス。 邦画以外は久しぶりの鑑賞ー。 洋画では・・・・『ブラックダリア』http://pee0305.blog54.fc2.com/blog-entry-34.htmlで 字幕&登場人物の複雑さにぐったりしたので、邦画以外に対して軽く拒否反応を 起こ
映画:トンマッコルへようこそ 試写会 (駒吉の日記)
トンマッコルへようこそ 試写会@ヤクルトホール 「楽しいリズムに甘いメロディー」 GTFで予告編をみて、絶対観たいと思った作品のひとつ。駒吉の中では韓国映画No1です!(そんなにたくさん観てはないですが・笑) 仙人達が住むようなファンタジーの村 ...
イノセントワールド~「トンマッコルへようこそ」~ (ペパーミントの魔術師)
26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村。 1950年代の朝鮮戦争を舞台に 迷い込んだ兵士たちが人種・国籍に関係なく 笑顔で一つ ...
映画:トンマッコルへようこそ 試写会 (駒吉の日記)
トンマッコルへようこそ 試写会@ヤクルトホール 「楽しいリズムに甘いメロディー」 GTFで予告編をみて、絶対観たいと思った作品のひとつ。駒吉の中では韓国映画No1です!(そんなにたくさん観てはないですが・笑) 仙人達が住むようなファンタジーの村 ...
感想/トンマッコルへようこそ(試写) (APRIL FOOLS)
話題の韓国映画『トンマッコルへようこそ』10月28日公開。朝鮮戦争のさなか、"子供のように純粋な"という意をもつ村「トンマッコル」にバラバラと迷い込んだ6人の兵士。連合軍米人、韓国軍(南)と人民軍(北)の兵士、と敵対関係にある彼らだったけど、文明や争 ...
トンマッコルへようこそ (三度の飯より映画好き)
“子どものように純粋な村”、トンマッコル。朝鮮戦争の真っ只中、この争いを知らない平和な村に3組の相容れない兵士たちがひょんなことから転がり込むことに。最初はいがみ合っていた兵士たちだったが、穏やかな村民たちのおかげでいつしか憎みあうことが馬鹿らし ...
映画~トンマッコルへようこそ (きららのきらきら生活)
 「トンマッコルへようこそ」公式サイト期待の韓国映画その1、やっと試写会当たった♪うれしぃぃ☆ 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村、トンマッコルが山奥にあった。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、 ...
「トンマッコルへようこそ」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  試写会で見てきました。   「トンマッコルへようこそ」     タイトルだけ見たら、 “なんのこっちゃ?”って感じなんですが、   ファンタジー? コメディ? 戦争映画?   いえいえ、 紛れもなく典型的な韓国映画です。    
トンマッコルへようこそ (まぁず、なにやってんだか)
「トンマッコルへようこそ」は「笑えて泣ける」らしいので、公開されたら観に行こうと思っていました。運良く試写会が当たり、行ってきました。ふれ込みどうり、笑えて泣けて、あたたかい気持ちになれる素敵な映画でした。 観る前は、この映画はイケメンは出る ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (いもロックフェスティバル)
映画『トンマッコルへようこそ』の試写会に行った。
トンマッコルへようこそ (エリ好み★)
いつも思うんです。会ったことがない人を友達と思うのは難しいかもしれない、でも会ったことない人を自分の敵と思い込むことも、もっとあり得ないフィクションじゃないか、って。
『 トンマッコルへようこそ 』 (My Style)
『 トンマッコルへようこそ 』を観た。 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。 その名はトンマッコル。 そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、 それに敵対する人民軍の3人がやって ...
トンマッコルへようこそ (そーれりぽーと)
東京国際映画祭の影響か、今週封切作品は大粒揃い。ロードショー当日は何を観ようか考えていたら、全くノーマークだった『トンマッコルへようこそ』をおすぎがテレビコマーシャルで大絶賛していたので、昨晩のうちにレイトショーに予約しておいて、さっき観てきま ...
トンマッコルへようこそ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  笑顔が一番 つよいのです。           評価:★8点(満点10点) 2005年 132min 監督:パク・クァンヒョン 主演:シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘギョン 【あらすじ】1950年代の韓国 ...
トンマッコルへようこそ・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スタジオジブリ的アニメ風実写映画。 人里はなれた山中に、誰も知らない理想郷があるという物語や伝説は多い。 古くは陶淵明の「桃花源記」の中の桃源郷、近代ではヒルトンの「失われた地平線」のシャングリラなどがその代表だ
「トンマッコルへようこそ」へ、ようこそ (映画雑記・COLOR of CINEMA)
久石譲の音楽、いいなぁ~、ということで「トンマッコルへようこそ」へ、ようこそ。物語・朝鮮戦争のさなか「子供のように純粋な村」トンマッコルに6人(3つの軍)の敵対する兵士が迷い込む。彼らは最初こそ諍いが
トンマッコルへようこそ (ネタバレ映画館)
でかいイノシシにはスローモーションがよく似合う。
「トンマッコルへようこそ」(韓国 2005年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
のんびりと自給自足の生活を営んでいるトンマッコルという村に 予期せぬ6人の客がやって来た。 「トンマッコルへようこそ」
戦争の愚かさを描いた秀作映画。『トンマッコルへようこそ』 (水曜日のシネマ日記)
1950年代の朝鮮戦争中、韓国側にある「トンマッコル」という山中の小さな村を舞台に描かれた物語です。
トンマッコルへようこそ 06年211本目 (猫姫じゃ)
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高が ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終 ...
真・映画日記『トリスタンとイゾルデ』 (CHEAP THRILL)
10月30日(月) やはり、土日で遊びまくると、 月曜がつらい。 日記を更新している最中に何度も睡魔に襲われ、 土曜の最後のパートだけを書いたところでタイムアップだった。 仕方なく日曜分の日記は夕方以降に。 ごく普通の月曜日。 そこそこの忙しさ ...
真・映画日記『トンマッコルへようこそ』 (CHEAP THRILL)
10月31日(火) 朝、通勤~スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 午後6時20分に終業。 神谷町駅から六本木へ。 3の出口から出てシ ...
『トンマッコルへようこそ』と教育基本法 (再出発日記)
墜落した米軍飛行士、はぐれものの北と南の兵士、彼らは導かれるように地獄絵の朝鮮戦争の世界から、戦争が始まったことも知らない山奥のトンマッコルへやってくる。宇宙を思わせる星々が彼らを迎え、久石譲の音楽が流れる。‥‥‥この時点でこの作品は宮崎アニメ ...
トンマッコルへようこそ (Alice in Wonderland)
久々の大ヒット韓国映画です。久石譲さんの音楽がこの笑いと涙の共存する不思議で幻想的な世界にぴったりとはまっていてまったりとした時間を過ごすことが出来ました。 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトン ...
「トンマッコルへようこそ」 (the borderland )
子供のような純粋な村という意味のトンマッコル。 前半の微笑ましい村の様子や、敵同士の交流が人間の良さを写し出してる分、後半の村を守るための作戦がより切なくなります。 イノシシとの格闘は、思いっきり「スウィングガールズ」でした(^^; 【ネタバ ...
映画鑑賞記「トンマッコルへようこそ」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.11.5 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  同じ民族が北と南に分かれて激しい戦闘を行った朝鮮戦争。 無邪気で争うことを知らない平和で静かな小さな村にも忍び寄る戦争の影。 心のふるさと”トンマッコル”で癒された兵士たちは、奇跡を ...
トンマッコルへようこそ♪観て良かった! (銅版画制作の日々)
心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当にいい映画でした。トンマッコルとは→“子供の ...
トンマッコルへようこそ (映画通の部屋)
「トンマッコルへようこそ」 WELCOME TO DONGMAKGOL/製作:2
『トンマッコルにようこそ』着眼が良いだけに惜しい。 (ブツクサ徒然ぐさ)
 映画に関しては『オススメ座シネマブログ』ってのを書いてるわけですが、あっちは
トンマッコルへようこそ (knockin' on heaven's door)
Welcome to Dongmakgol 「子供のように純粋な村」トンマッコルに迷い込んだ敵同士の兵士たち。のんびり、ほっこりの桃源郷に迷い込んだ彼らの運命は如何に? リアル戦争映画風の出だしから一転、ユーモア溢れるファンタジーへと昇華する。ずっとトンマッコル ...
「トンマッコルへようそこ」に政治の原点を見た (映画と出会う・世界が変わる)
オリジナルは舞台劇とのことであるが、映画を見ると宮崎アニメにインスパイアされような内容だ。また、「七人の侍」も連想させる。表面的にはのどかなファンタジーであるが、実はそのイメージを覆すような凄惨なシーンがある。「となりのトトロ」に「ワイルドバン ...
トンマッコルへようこそ (ゆず暦)
早々と前売りを買っていたのだけれど、近くの映画館で上映されてなく、やっと今日観に行くことができました。 解説: 架空のユートピア“トンマッコル”を舞台に、敵対する兵士たちが癒されていく姿をとらえた人間ドラマ。戦争に疲れ果てた男たちが、心優しい村人 ...
トンマッコルへようこそ (いろいろと)
韓国で800万人が笑って泣いた!!  2005年、観客に最も愛された映画 泣きは
優れた反戦映画とは? (映画と出会う・世界が変わる)
「トンマッコルへようこそ」を見て思い出したのはフィリップ・ド・ブロカの「まぼろしの市街戦」とブレーク・エドワーズの「地上最大の脱出作戦」いずれも、戦争というものに対する痛烈な皮肉を描いており、結果として見事な反戦映画となっている。日本でこのよう ...
トンマッコルへようこそ (It's a Wonderful Life)
もうすぐ上映終了の劇場も多いようですが、ギリギリセーフ。 こんないい映画を劇場で見逃す所でした。良かったです。 パク・クァンヒョン監督は、本作で長編デビューだそう。 CM畑出身らしい凝った映像ももちろん印象に残りますけど、 シリアスな中に ...
「トンマッコルへようこそ」を観る(ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 昨夜、盟友N氏と「トンマッコルへようこそ」を観てきた。つい劇場窓口で「ドンマッ
「トンマッコルへようこそ」 観客動員1位は信用できるか? (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
2005年の韓国観客動員№.1の映画(2位は『マラソン』で、『クムジャさん』は4位)である。 ただし、『グエムル-漢江の怪物-』(2006年1位)が、韓国内全スクリーン数の 3分の1にあたる640スクリーンで公開されたのに対し、キム・ギドク監督の新作『時間』が、わ ...
「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに (はらやんの映画徒然草)
久石譲さんの音楽がとても作品の雰囲気にあっていました。 音楽は全然詳しくないので
トンマッコルへようこそ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
やっと観れました。グエムルと同じくらいの時期から期待していた韓国映画(笑)『トンマッコルへようこそ』うちの地元ではたった5日間のレイトショー^^;山奥の自然に囲まれた小さな村 トンマッコル世俗と隔絶され、朝鮮戦争が起こってることも・・・知らない ...
トンマッコルへようこそ Welcome to Dongmakgol (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン ソ・ジェギョン、リュ・ドグァン、スティーブ・テシュラー出演 1950年11月 朝鮮戦争の最中 スミスが操縦するアメリカ軍戦闘機が 朝鮮半島の山中に墜落します 負傷したスミスは村で手当 ...
トンマッコルへようこそ (CinemA*s Cafe)
公式サイト 韓国での大ヒット。 何十万という人が泣いたというらしいこのお話。 思い切り戦争中になぜか戦争もよく知らない村が存在し、そこの村人達の温かさに触れた兵隊さんたちが敵味方なく、心を通い合わせそ
『トンマッコルへようこそ』 (はなことば)
2005年の作品。記事後半でねたばれもしますよ。 たまには映画でも、と思って、久々に映画DVD借りてきました。 内容は、朝鮮戦争の最中、トンマッコルという不思議な村にやってきた南の兵士・北の兵士・アメリカ人兵士。最初は一触即発だったけど、村の空気に包ま...
映画評「トンマッコルにようこそ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年韓国映画 監督パク・クァンヒョク ネタバレあり
トンマッコルへようこそ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『笑顔が一番つよいのです。』  コチラの「トンマッコルへようこそ」は、10/28公開になる韓国のハートウォーミングなコメディなんですが、久々にオンライン試写会が当たったので、観ちゃいましたぁ~♪  あたしはやっぱり日本人だから、たくさんの北野監督作品や...