ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『パフューム ある人殺しの物語』

2006-12-19 00:22:18 | 新作映画
(原題:Das Parfum : Die Geschiche eines)

※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。



----この映画、スゴい評判だよね。
確か「衝撃のラスト!」とか言われているんでしょ?
「うん。そこまで言われると、
どんな映画だろうって…。
今日は期待に胸ふくらませて行ったんだけど…」

----ん?行ったんだけど…?
「確かに、変わった映画ではあるけれど、
やはりあまり期待しすぎると、
映画はよくないね。
思ったより分かりやすい。
もっと翻弄されるのかと…」

----う~ん。はっきりしないニャあ?
どんなお話ニャの?
「複雑に見えて説明しやすいお話。
時は18世紀のパリ。
悪臭漂うこの街で産み落とされたグルヌイユは
死んだ魚と一緒に川に流されそうになるところを
間一髪拾われて、
育児所に預けられ、そこで育てられる。
グルヌイユは、友だちができないばかりか、
赤ん坊の時には子供たちに殺されそうになる。
ところが、そんな彼にはある才能があった。
それは何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける超人的嗅覚。
数年後、青年となった彼は、
初めて出会った香りに激しく鼓動する。
それは赤毛の少女の匂い。
怯えた少女の悲鳴を塞ごうとして
誤って彼女を死に至らしめてしまったグルヌイユは
香水調合師として働きながら、
少女の香りを再現することに自分の生きる道を見いだす」

----オモシロそうじゃニャい。
でも、香りや匂いを表現するのは難しそう。
「いや。これは素晴らしかったね。
監督は『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ。
グルヌイユが嗅ぎわける香りを、
カメラの繊細な動きによって見事に表現。
実際、スクリーンから匂いが漂ってきそうだった」

----じゃあ、問題ないじゃニャい。
「いや、ところが、
この後、物語が
彼の犯す連続殺人へと進むにつれて、
<香り>よりも<犯罪手口>を描くことに映画の比重が移っていく。
そうなると、これまで観てきた映画と、
さして変わらなくなってしまう。
ここでもあくまで<香り>の描写をキープしてくれれば、
この映画は素晴らしい傑作になったと思うんだけどね。
主人公グルヌイユは香りを捉えるべく、
特殊な技術を持つ職人たちの街グラースへ。
そこで脂に香りを移す冷浸法を習得する中で、
彼は、あの赤毛の少女の<香り>と再会する。
その香りの持ち主ローラを演じるレイチェル・ハード=ウッドが
あまりにも美しすぎるのも難。
匂い以前に、<視覚>で彼女がその運命の女性と観客に納得させてしまう」

----確かに美しい女性だね。
お父さん役はアラン・リックマン?
なんだか『アマデウス』のF・マーリー・エイブラハムに似てこない?
「(笑)映画も少し『アマデウス』に似た構造を持っているしね。
ただ、この映画でサリエリに当たる男を演じるのはダスティン・ホフマン。
彼は、グルヌイユに天才的才能を見いだす
落ち目の香水調合師バルディーニという設定だ」

----主人公はだれが演じているの?
「ベン・ウィショー。
若い頃のスティーブ・マックィーンのようでもあり、
また、テレンス・スタンプをも彷彿させる」

----そのふたり、全然違うよ(笑)。
※ネタバレ注意報発令※
さて、いよいよそこに言及するとしよう。
主人公は、クライマックスで、ある奇跡を起こす。
その姿は、あたかも別の時代に現れたキリストのよう。
これってパゾリーニの『テオレマ』(主演:テレンス・スタンプ)を想起させる。
しかもそこで繰り広げられる
集団による愛の交換はアントニオーニの『砂丘』、
さらに、その向こうにはケン・ラッセルさえもほの見える。
この映画、ぼくは決して新しいとは思わない。
それどころか、映画の表現領域を広げていた
60~70年代の映画作家たちの記憶が凝縮されていて、
懐かしくもあり微笑ましくもあった。
ただ、最近はこのような映画が作られなくなっていた。
おそらく若いファンには熱狂を持って迎えられる、
そういう気がするね」

----う~ん。確かにネタバレ注意報だ(汗)。


                                (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「でもこの映画、フォーンは話題になると思うニャ」身を乗り出す

※ある意味、刺激強い度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はドイツ・オフィシャルの壁紙です。
コメント (31)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
« 『華麗なる恋の舞台で』 | トップ | 『約束の旅路』 »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい映画 (charlotte)
2006-12-19 22:55:34
こんばんは。
すごい映画でしたけど、原作はもっと凄かったです。
映画を見た後に原作を読んだのですが、視覚的なものに翻弄されないのでとても引き込まれました。確かに後半は臭覚というより視覚的なものに移行してるんでしょうね。
ラストもそうですが、全篇にわたり寓話的に目線を合わせていけば楽しめるかもと思いました。
■charlotteさん (えい)
2006-12-20 00:00:21
こんばんは。

ぞうか、やはり原作はベストセラーなんですね。

先ほどcharlotteさんのところにお邪魔しましたが、
この映画を、寓話、ファンタジーと思って観れば、
もっとノレたのかも知れません。

どうも、ぼくは
前評判の中に「衝撃」という言葉が入っていると、
過度に期待をしてしまい、
結果、
それほどでもないことでガッカリしてしまうという
傾向があるみたいです。

逆に、観る前には
「自分には合わないだろうな」と思って臨む映画、
たとえば『母たちの村』や『約束の旅路』など
一見、正攻法で描いた社会的良心作と思える映画の方が、
その実、個性的話法を持っていて惹かれてしまう……。
そういうことが自分には多いように思います。

Unknown (やまたく)
2006-12-29 12:03:46
愛すべき偏屈おやじの
愛すべきロードムービーでした。
しかしあのポンコツで300km/hとは…。
マシンのすべてを知り尽くした人だったんでしょうね。

よいお年をお迎えください★
Unknown (昼顔)
2006-12-30 18:33:19
ご無沙汰してしまいました。最近自分のブログも更新滞りがちです・・。描写が香りから犯罪へと移って言うのはストーリー上仕方ないかなと思いましたけど・・原作は非常に読んでみたいですね。そういえば『テオレマ』と比較した意見をどこかで聞きました。『砂丘』だけ観ていないので分からないのですが、私がこの映画をとても好きだと思ったのはケン・ラッセル風だったからなのかも(^_^)v
昼顔さん (えい)
2007-01-02 09:18:10
あけましておめでとうございます。

お返事、年を越してしまいました。 m(_ _)m

この映画、ケン・ラッセルが作りたかったのでは?
なんて少し考えてしまいました。

今年もよろしくお願いします。
鼻がムズムズしました。 (april_foop)
2007-02-10 11:59:35
連投すみません。
まんまと「新感覚」と感じてしまいましたが、過去の作品への潜在的オマージュ(?)も含まれていたんですね。
予想しなかったクライマックスにかなり驚きましたが、終わり方が上手かったので最後にはしっくり受け止められました。
■april_foopさん (えい)
2007-02-10 14:09:11
こんにちは。

ぼくはこの映画はけっこうハッタリと思って観ていました。
あの<嗅覚>を映像化した前半は、
それこそ「新感覚」と、うなっていたのですが、
それも<崩壊>の当たりまで……。

途中からだんだんと
話がどこかで観たものにすりかわってくる。
そしてあの突然の<ラスト>でしょう。
かつてパゾリーニやアントニオーニらが
自らが内包するテーマを打ち出すべく
タブーに挑戦して映像化した表現を
あんなに軽く出してしまっていいのか?
と、少し斜に構えて観てしまいました。
香り (movie)
2007-02-10 19:18:07
映画の肝である「最高の香り」を感じさせようとしてもやっぱり無理でしょう…チョコレート工場みたく想像がつくものならいいけど…
「ラン・ローラ・ラン」は良かったけど、これは際物でした。良かったのは美術セット、衣装、俳優だけど肝心のストーリーが…
■movieさん (えい)
2007-02-11 11:40:31
こんにちは。
コメントありがとうございます。

なるほど、チョコレートのようなものだと
だれもが想像つきますが、
香水となると、
その区別がつきにくい。

ただ、主人公が空気の中を漂う香りに
誘われている感じは、
観ていて
こちらも不思議な陶酔感が……。
それだけに後半の
急激なタッチの変化は惜しい気がしました。

あっ、美術セットはお見事。
臭気たちこめる市場など、
他ではなかなか味わえない感触でした。
こんばんは☆ (きらら)
2007-02-19 23:37:23
ちょっとリアルに受け止めちゃっていたので
あのラストに拍子抜けしちゃいました☆
時間がたって、ファンタジー?って考えると納得もできるのだけど、、、
でもとっても見ごたえのある作品でした。

ちなみに試写会場は当日ゲストの陣内智則作?の香りでいっぱいだったんですよー。
余計な演出でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

64 トラックバック

パフューム (シャーロットの涙)
東京国際シネシティフェスティバルにて… パフューム公式サイト ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ) レイチェル・ハード=ウッド(ローラ) アラン・リックマン(リシ) ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ) ストーリー 18世紀 ...
『パフューム ある人殺しの物語』 (моя комната ~まやこむなた~)
試写会場、激混み。アカデミー賞最有力、世界的ベストセラーの映画化、スピルバーグやスコセッシが映画化権を奪い合ったとの触れ込みがやはり強力だったのだろうか。確かに、こんな映画は観たことがなかった。観た後はしばらく他の映画は観たくないほど衝撃的。既 ...
香水とサスペンス「パフューム」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
まったく展開の読めない物語にビックリの「パフューム - ある人殺しの物語 - 」。原作は1985年に刊行され、45カ国語に翻訳され1500万部以上の売り上げを記録した「香水 ある人殺しの物語」。当然、
パフューム ある人殺しの物語 /Perfume The Story of a Murderer (我想一個人映画美的女人blog)
わたしの嗅覚、犬並み! ナンテいつも豪語してたけど犬の嗅覚は人間の1億倍!なんだってー。 さすがにそれはありえない、、、、猫は人間の10倍らしいから猫並みにしておこ☆ でも鼻が良くてもいいことなんてほとんどない{/kaminari/}(笑) 自分のつけた香水が、ほん...
映画:パフューム ある人殺しの物語 プレミア試写会 (駒吉の日記)
パフューム ある人殺しの物語 オーケストラ生演奏付プレミア試写会(NHKホール) 「香水と音楽は似ている」 ■東京フィルの生演奏とイベント(?) 司会は坂上ミキさん、映画の映像をバックに東京フィルの生演奏(3曲)ありました。スローで不安感を煽るような切...
映画~パフューム ある人殺しの物語 (きららのきらきら生活)
 「パフューム」公式サイト東京フィルハーモニーの生演奏つき試写会でした♪普段クラシックコンサートに縁のない私にとってはすごい恵まれた機会☆うっとり~。演奏にあわせてバッグに映像が流れる、、、という演出はとっても良かったです!そしてゲストはなぜか昨日結婚...
パフューム -ある人殺しの物語- (シュフのきまぐれシネマ)
パフューム ある人殺しの物語?? 2/16 @よみうりホール(試写会) 監督/共同脚本/音楽:トム・ティクヴァ  原作:パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」(文春文庫刊) 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウッド、アラン・リックマン 
「パフューム ある人殺しの物語」試写会 (akiのときどきつけるblog)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 サイモン・ラトル, サイモン・ラトル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, ラトヴィア州立合唱団, クリスティアン・ヤルヴィ, チェン・レイス, メラニー・ミトラノ, トム・ティクヴァ, ジョニー・クリメック, ラインホルド・ハイル
「パフューム~ある殺しの物語」みた。 (たいむのひとりごと)
音や味以上に言葉での表現が難しい匂い(香り)。類いまれなる嗅覚の持ち主は、天使か悪魔か・・・。なんとも言いがたい”残り香”はあるものの、すぐに消え去った。何も残らないというか・・・それがそのままそんな作品だったように思う。(何が言いたいん
『パフューム ある人殺しの物語』 (Sweet* Days)
CAST:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 他 STORY:18世紀フランス。魚市場で産み落とされ孤児になったジャン=バティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)は幼い頃から鋭い嗅覚を持っていた。ある日ジャン=バティストは、美しい女...
パフューム ~ある人殺しの物語~ (そーれりぽーと)
タイトルと予告編から、上品で美しい映像と殺人鬼の対比が面白そうと期待して『パフューム ~ある人殺しの物語~』を観てきました。 ★★★ 私達には嗅げない(見えない)匂いの世界が彼の周りには存在している。 描けないはずの“香り”が映像を通して描かれているとこ...
パフューム ある人殺しの物語 (悠雅的生活)
18世紀のパリ。ひとりの男がみつけた、究極の香り・・・
『パフューム~ある人殺しの物語~』 (試写会帰りに)
前日の夜から映画を観る直前まで原作小説『香水―ある人殺しの物語』 を読んでいたので、映画『パフューム~ある人殺しの物語~』で使われるナレーションは勿論、セリフはほとんど原作文章のままというのがよくわかりました。 ただ映画を観る前には、グルヌイユがある香り...
パフューム ある殺人の物語 (★しゃべりば ★)
 公式サイト    天才調香師グルヌイユ。   彼が恋焦がれ人生を賭けて創ろうとした香水とは・・ 愕然とする劣悪なパリの情景。これでもかっとたたきつける衝撃の映像は香りのしない劇場内にその悪臭を漂わせることに成功している。こうしてみると私達は結構 目...
パフューム ある人殺しの物語 (エリ好み★)
いくら試写だからって、これほど人が並ぶもの?といぶかりましたが、すごい内容でした~。
パフューム ある人殺しの物語 (It's a Wonderful Life)
犬の嗅覚はやっぱりスゴイよ・・・。あれ? そんなテーマの話じゃなかったでしたっけ?失礼しました。 数か月前からかなりオシャレ映画イメージのポスターを 見かけてましたが、実際観てみると・・なるほど映像も重厚で ダスティン・ホフマンも出ているし、 音楽...
香水~ある殺人者の物語 - ヨーロッパの古典を見る (Lost in Australia)
シェアブログ1571に投稿 世間では歴史モノ というと 暗い画面が 多く 観ていて 気が滅入る!という意見もありますが そういう方はこの映画を観ない方がいいでしょう。 しかし 絵画のような画像に目はすっか
「パフューム ある人殺しの物語」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「パフュームある人殺しの物語」 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド、アンドレス・エレーラ、サイモン・チャンドラー 1738年7月17日、パリのセーヌ河沿岸に並ぶ魚市場...
映画「パフューム ある人殺しの物語」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年17本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督作品。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る。映...
750人の全裸男女が絡み合う、パフュームのテレビCM (ネット社会、その光と闇を追うー)
750人もの全裸男女が一斉に睦み合うテレビCMが話題を集めて
パフューム ある人殺しの物語 (Lovely Cinema)
2006/ドイツ、フランス・スペイン合作 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)    レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)    アラン・リックマン(リシ)    ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ...
「パフューム ある人殺しの物語」 (しんのすけの イッツマイライフ)
  とんでもない目にあいながら 試写会で観てまいりました。   「パフューム ある人殺しの物語」     すごい映画でした。   映像美とかいう表現がありますが、 そんな言葉を超えています。   素晴らしいとかではなく、 本当にすごい映画でした。  ...
パフューム ある人殺しの物語 (Imagination From The Other Side)
ある香りにとりつかれた一人の青年の驚くべき半生は描いた、パトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー「香水 ある人殺しの物語」を映画化した作品。 主演は「レイヤー・ケーキ」「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」のベン・ウィショー。 共演に....
パフューム ある人殺しの物語 (Diarydiary!)
《パフューム ある人殺しの物語》 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画
「パフューム」 (映画好き集れ!!)
2007年春ビューティーを手に入れる「パフューム」 ストーリー悪臭が立ちこめる18世紀パリ―。孤児のグルネイユは、産まれながらに体臭がなく、代わりにずば抜けた臭覚を持っていた。闇夜でさえ鼻を頼りに自在に歩ける彼は、やがて天才香水調合師となり、その名声はパリ...
パフューム-ある人殺しの物語☆独り言 (黒猫のうたた寝)
体調的にやばまだった土曜日よりも、多少元気になった今朝夕方になれば、もうちょっと大丈夫だろうと・・・本日のチョイスは『パフューム-ある人殺しの物語』それは、あるひとりの天才調香師の一生を語った物語究極の香りを求め続け、必要だから・・・と殺人を続けついに...
Perfume: The story of a murderer(2006,Germany/France/Spain) (The Final Frontier)
天才と奇人は紙一重。 パフューム 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユ(Ben Whishaw)と名付けられて育児所に引き取られる。グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだったが...
『パフューム』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『パフューム』鑑賞レビュー! それは、昨日まで人だったもの。 -ある人殺しの物語- スピルバーグ スコセッシが奪い合った 禁断のベストセラー、ついに完全映画化! 原作は、45ヶ国語に翻訳され全世界で 1500万部以上の売り上げを記録 世界...
パフューム ある人殺しの物語 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
スクリーンに香りを映した映画。天才調香師が生み出したのは、許されざる“天国の香り”_ 舞台は18世紀パリ。一人の天才が誕生する。名をジャン=パティスト・グルヌイユ。彼に神が唯一与えたのは、あらゆるものを嗅ぎ分ける驚異的な嗅覚だった。ある時偶然出会った...
『 パフューム ~ある人殺しの物語~ 』 (My Style)
『 パフューム ~ある人殺しの物語~ 』をみた。 原作は、パトリック・ジュースキントの「香水 ある人殺しの物語」。 残念ながら原作は未読だけれど、予告編でみた知識のみで映画に臨む。 ものすごくリアルに美しい映像だった。詳しく知らないけれど{/ase/}、その当時...
「パフューム ある人殺しの物語」 Perfume: The Story of a Murder (俺の明日はどっちだ)
「香り」というよりまさに悪臭に満ちた18世紀のパリの中でもひと際汚臭漂う魚市場の屋台で産み落とされた主人公。 映画“ STONED ”でキース・リチャーズに扮していたベン・ウィショー演じるこの生まれながらに驚異的嗅覚を持ち、一切の体臭を持たない男、そんな彼とかか...
パフューム ある人殺しの物語 (八ちゃんの日常空間)
Das Parfum - Die Geschichte eines Mörders(PERFUME: THE STORY OF A MURDERER) [TOHOシネマズ錦糸町/SC1/レイトショー] 公式サイト 『その香りに、世界はひれ伏す。』 平日というのに、レイトショーとは言え、結構人入っていました。やっぱ話題作なんですよ...
パフューム ある人殺しの物語 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
映画を観る前に原作を読んでみた。良い意味でも悪い意味でも匂い立つ小説、世界45ヶ国で1500万部を売り上げた驚異のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』は、どう映像化されるのか―【story】18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の子どもが産み捨てられる。名を...
パフューム (PLANET OF THE BLUE)
鼻よすぎ。 監督:脚本:音楽  トム・ティクヴァ 出演  ベン・ウィショー  アラン・リックマン  ダスティン・ホフマン 他 見る前は不安でした。ただのキワモノじゃないかって。 上手く作られてて、面白かったですね。 「ハンニバル ライジング...
映画「パフューム ある人殺しの物語」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Perfume -The story of a murderer-  ※いわゆるひとつのネタバレ 赤毛の女性は芳醇にして妖艶、天国へといざなう至高の香りを放つ・・?「ラン・ローラ・ラン」は好きな映画だが、これは感動も共感も教訓も得られなかった 冒頭いきなり衝撃的なシーン...
パフューム ある人殺しの物語 (Alice in Wonderland)
今年20本目の映画は『パフューム』です。2時間以上ある作品ですが飽きずに観れました。 私は自他共に認める匂いフェチです。特にいい匂いよりかは少し異臭の方が好きだったりするんです。(変態だなんて思わないで!)特に愛犬の肉球の匂いはくせになる匂いで暇さえあ...
パフューム ある人殺しの物語 (自分を信じて生き抜くだけ)
*ネタバレ注意(一応)  (然しながらにあの予告を創った人間のセンスを疑う)      映像美を増幅させる音楽に酔う。  予告で使われているあの曲にさえも引き込まれてしまう。  匂いと臭いの違いを本当に実感させられた。    孤独で哀れな男の、究極の純...
パフューム/ある人殺しの物語(*_*;その香りに、世界はひれ伏す。 (銅版画制作の日々)
世界がひれ伏す香りとは?MOVX京都にて鑑賞、18世紀のフランスが舞台。類稀なる才能を持つひとりの孤児がいた。彼の名はジャン=パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー)、何キロ先の匂いを嗅ぎ分けるという驚異の嗅覚彼の出生も凄いものがある。パリの魚市場で産み落...
パフューム (パフィンの生態)
トム・ティクヴァ監督・脚本、2006年ドイツ、 緩急つけた切れのいい映像、空間の使い分け、グロテスクな物語を 美しいと感じさせる色彩感覚、音楽によって香りを感じさせる手腕☆ ラストまで全く飽きさせず、数日たっても幾つものシーンが蘇る凄い映画!! 男は天才...
毒のあるおとぎ話『パヒューム・ある人殺しの物語』(2007年8本目) (ON THE ROAD)
     いい香りと官能的な匂いは根本的に違うんだろうな~ 原作は世界的なベストセラーのようだけどを読んでいないので、 これは映画からのみ受けた感想。 まず、オレはこの映画を観た人の映画の感想よりも、 「この映画を観た人が想像した【究極の香水】の香りはど...
トム・ティクヴァ「パフューム ある人殺しの物語」 (Mani_Mani)
パフューム 2006ドイツ/フランス/スペイン 監督:トム・ティクヴァ 原作:パトリック・ジュースキント 脚本:トム・ティクヴァ、アンドリュー・バーキン、ベルント・アイヒンガー ナレーション:ジョン・ハート 出演:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グル...
真・映画日記『パフューム』 (CHEAP THRILL)
3月6日(火) またしても、朝、日記の更新ができなかった。 ちょっとした手違いで書いていた文を消してしまった。 精神的にダーメジをくう。 仕事はこの日もスムーズに。 寒さがやわらいできた分、いくらかやりやすい。 午後6時前に終業。 神谷町駅から...
パフューム -ある人殺しの物語- (映画のメモ帳+α)
パフューム -ある人殺しの物語- (2006 ドイツ・フランス・スペイン) 原題   PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 監督   トム・ティクヴァ 原作   パトリック・ジュースキント 脚色   トム・ティクヴァ アンドリュー・バーキン       ベルン...
パフューム ある人殺しの物語 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 ドイツ&フランス&スペイン  サスペンス&ドラマ&歴史劇  監督:トム・ティクヴァ  出演:ベン・ウィショー     ダスティン・ホフマン      アラン・リックマン      レイチェル・ハード=ウッド 18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一...
★「パフューム ある人殺しの物語」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。 こちらは、久しぶりの「109シネマズ川崎」での鑑賞。 年末のポイント倍増期間に、結構見たから、今回は無料鑑賞。 (駐車券のサービスは受けられないから、結局出費は一緒なんだけど)。
パフュームを観ました。 (My Favorite Things)
最初の数分は映像が気持ち悪くて、最後まで見られるかな?なんて思いつつ次第に、ストーリーにのめりこんでいきました…。 サブタイトルに「ある人殺しの物語」とありますが、ラブストーリーのように思えます。究極の愛情表現?というとサイコチックに思われるかもしれま...
パフューム ある人殺しの物語 (C'est Joli)
パフューム ある人殺しの物語'06:ドイツ/フランス/スペイン ◆監督:トム・ティクヴァ「ラン・ローラ・ラン」◆出演:ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラー 、...
匂いフェチでストーカーな人殺し【パフューム】 (犬も歩けばBohにあたる!)
実は私、アラン・リックマンの大ファンです。 近年、アランの映画といえば良くも悪く
パフューム ある殺し屋の物語 (MY BEST HIT TODAY↑)
Das Parfum : Die Geschiche einesトム・ティクヴァ(2006)におい、香りご執心ぼくはにおいが大好きだ。初めて食べるものは例外なくにおいをかいでしまう悪い癖がある。口に含んで、鼻腔から出す。これだけで味覚は確実に鋭敏となり、しないことの倍はたのしめるわけだ。...
『パフューム』 (Days of Books, Films)
最初の10分でこれはすごいぞと思い、でも続く30分でどうにも乗れず、最後に至っ
パフューム ある人殺しの物語・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
うーむ、微妙・・・・・ 「パフューム ある人殺しの物語」を簡潔に説明すれば、神の嗅覚を持つ、究極の臭いフェチの変態さんの一代記である。 世評通り、前半は圧倒的に面白いのだが、後半の展開が私にはどうにも違和感が拭え
パフューム -ある人殺しの物語- (日々徒然ゆ~だけ)
 物議を醸した大勢の男女の裸体まぐわいうふふふ…なシーンも,傍で言う程衝撃的ではなく。“稀代の変人の伝奇物”としてお話を存分に味わうのがよし。
パフューム ある人殺しの物語 (Perfume: The Story of a Murderer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トム・ティクヴァ 主演 ベン・ウィショー 2006年 ドイツ/フランス/スペイン映画 147分 サスペンス 採点★★★★ 嗅覚っていうのは視覚や聴覚よりも記憶に直結されているのか、旅先で撮った何十枚という写真を見るよりも、久々に開けた旅行バッグから香る僅かな残...
パフューム~ある人殺しの物語~ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Perfume-The Story of a Murderer”原作=パトリック・ジュースキント『香水』。監督・脚本・音楽=トム・ティクバ。撮影=フランク・グリーベ。人間離れした動物的嗅覚の持ち主が、その天性をいかして調合する究極の香水とは…。☆☆☆☆
「パフューム ある人殺しの物語」 生理的に受けつけなかった (はらやんの映画徒然草)
井上夢人さんの小説で「オルファクトグラム」という作品があります。 視覚の代わりに
#55.パフューム ある人殺しの物語 (レザボアCATs)
嗅覚の天才による殺人コレクション・・・。  
[ パフューム ある人殺しの物語 ]孤独は、禁断の香水で解消されるのか (アロハ坊主の日がな一日)
[ パフューム ある人殺しの物語 ]を吉祥寺で鑑賞。 トム・ティクヴァ監督の最新作。本作のような突き抜けた特異キャラを主人公に、エッジのきかせたエンターテイメント作品は、この監督のためにあるようなもの。とにかくふれ幅がすごい。それゆえ好みが分かれる。もち...
映画DVD「パヒューム(Perfume)」 (時評親爺)
さて今日のお題は映画DVDで「パフューム-ある人殺しの物語-」である。ん~、これ「PG-12」指定になっているようなのだが、ちと甘い?ような気がしないでもない(苦笑)。過激な性描写や惨殺シーンはないのだけれども、どちらかと言えば「R-15」あたりでも良...
パフューム ある人殺しの物語 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、昨日まで人だったもの。 究極の香りが誘う未曾有の衝撃に、世界はひれ伏す。』  コチラの「パフューム ある人殺しの物語」は、パトリック・ジュースキントの世界的ベストセラー小説の映画化で、3/3公開になったPG-12指定のサスペンス映画なんですが、早...
映画評「パフューム ある人殺しの物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2006年ドイツ=フランス=スペイン映画 監督トム・ティクヴァ ネタバレあり
パフューム ある人殺しの物語 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
匂いフェチにはたまらない???最高級の香水を作るのに普通ココまでするぅ?                 評価:★6点(満点10点) 2006年 147min 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー ダステ...
パフューム ある人殺しの物語 (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
     = 『パフューム ある人殺しの物語』  (2006) = 18世紀、パリ。 悪臭立ちこめる魚市場で、一人の赤ん坊が産み落とされる。 グルヌイユ(ベン・ウィショー)と名付けられ、育児所に引き取られた彼は、友だちもいない孤独な子どもであった。 何...
パフューム ~ある人殺しの物語~ ─ 人を変態性の強い行動への走らせる理由 ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ 人を変態性の強い行動への走らせる理由 ─ パフュームと言っても、3人組テクノアイドルユニットではありません。嗅覚が異常に発達した男が究極の香りを求めて殺人を繰り返す映画『 パフューム ~ある人殺しの物語~ 』(2006年/ドイツ)の紹介です。少し前の作品...
パフューム ある人殺しの物語 (mama)
PERFUME: THE STORY OF A MURDERER 2006年:ドイツ 原作:パトリック・ジュースキント「香水 ある人殺しの物語」 監督:トム・ティクヴァ 出演:ベン・ウィショー、レイチェル・ハード=ウ ...