ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『善き人のためのソナタ』

2006-12-02 11:50:29 | 新作映画
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。


(原題:Das Leben des Anderen)

----これって来年度のアカデミー賞の
ドイツ映画代表なんだよね?
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク?
まったく知らない監督だけど?
「うん。ぼくも知らなかった。まだ33歳の新人らしい。
でもドイツからは『ヒトラー~最期の12日間~』『戦場のアリア』と、
2年連続で骨太な映画がアメリカに乗り込んでいる。
だからこの映画もある程度のレベルは行くんじゃないかなとの予感はあったけど、
まさかここまでの興奮を与えてくれるとは
このキービジュアルからは想像もできなかった」

----確か、左下にヘッドホンをした男の人がいて、
右上にはピアノを前にして
恋人みたいなカップルがいる絵柄だよね?
これってニャんのこと?
「うん。じゃあ、まず物語を話すことにしよう。
舞台は1948年、東西冷戦下、東ドイツのベルリン。
ヘッドホンの男は国家保安省(シュタージ)に勤めるヴィ-スラー。
彼は、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが
反体制的であるという証拠を掴むように命じられる。
キービジュアルの上に配置されているのは
このドライマンとクリスタだ」

----なぜ彼らが目をつけられたの?
「どこの国でもそうだけど、
芸術家というのは当局の思惑を超えた活動をする。
自分の内面の声に耳を傾けるからだね。
同じように宗教家も神の声に耳を傾けるわけだけど、
彼らの場合は少し特殊な事情があった。
国家保安省のヘムプフ大臣がクリスタに対して
性的欲望を抱いてしまうんだ。
彼の意を受けた国家保安省の文化部長は
そこでふたりの監視をヴィースラーに命じる。
わずか20分足らずでドライマンの家に盗聴装置を
仕掛ける国家保安省のメンバーたち。
かくして彼らの生活はすべてヴィースラーに筒抜けになってしまう。
仲間たちとのパーティでの会話はおろか、
ドライマンとクリスタのセックスに至るまで…」

----怖いね。自分の私生活が全て知られてしまうなんて。
「そうなんだよね。
しかもこのヴィースラーが実にイヤな性格で、
クリスタが大臣の車の中で体を奪われたこと気づくや、
その現場をドライマンに目撃させ、
ふたりの間に波風を立てようとする」

----うわあ。最悪の男だ。
「ところが、
盗聴を重ねるうち、
ヴィースラーに、ある変化が起こる。
自由な彼らの空気に影響され、
自分の生活に混乱が生まれるんだ。
そのもやもやを娼婦を呼んでまぎらわせたり、
ドライマンの部屋からブレヒトを持ち出して読んだり。
そんなある日、当局から活動を禁止されていた
演出家イェルカが自殺するという事件が起こる。
その日、ドライマンは彼からプレゼントされていた
“善き人のためのソナタ”を弾く。
それを聞いているうちにヴィースラーの目から
ひとすじの涙が流れる。
イェルカいわく
この曲は『本気で聞いた者は、悪人になれない』」

----ニャるほど。ヴィースラーは
その言葉も盗聴で知っているわけだから、
心を大きく揺り動かされるよね。
「そうなんだ。
映画が真にオモシロくなるのはここから。
イェルカの死にショックを受けたドライマンは
国家が発表していない
東ドイツでの恐ろしく高い自殺率を西側メディアに報道させようと動き始める。
一方、クリスタは大臣と密会しようとして
それに気づいたドライマンと気まずい関係になる。
映画は、盗聴されていることに気づいていない
ドライマンたち芸術家グループに対して、
自由や芸術に目覚めたヴィースラーが
どう行動を起こすか、
その過程をスリリングに映し出してゆく」

----ということは、映画はまだまだ続くんだ。
長いお話だね?
「うん。最初は138分と聞いて
正直、腰が引けたけど、
まったくその長さを感じさせない。
ぼく自身、最初は登場人物一人ひとりの顔、
それにそれぞれの役柄を把握しきれなくて、
大丈夫かなとも思ったけど、
中盤から後半にかけては
それこそ前のめりになってスクリーンを見つめていたね。
映画は観る者の<読み>を翻弄するかのように
どんどん先へ先へと突っ走っていく」

----一歩先も読めないの?
「少なくともぼくはそうだったね。
映画を観ている時って、
観客は普通『こうなってほしいな』という
物語展開の予測を無意識ながらも立てるよね。
それは普段の自分の考え方、そして生き方から生まれてくる。
でもこの映画の場合、
クリスタの立ち位置が微妙。
大臣に身を委ねることを
彼女はほんとうに嫌がっているのか?
自分の身の安全確保のためには
それもやむなしと思っているのではないか?
その描き方のさじ加減と、観る人の信条。
このふたつの絡み合いによって
いわゆる<望みうる展開>は大きく違ってくる。
クライマックスでクレスタは
ドライマン密告の決断を迫られるわけだけど、
そこで観客は、彼女の行動がどっちに転ぶのか読みきれない。
と言うよりも
どちらに転ぶのが望ましいのかは
それこそ観る人の判断基準によって変わってくるわけだ。
これは、ほんとうにスリリングな体験だったね」

----ニャるほど、密告、裏切りもテーマとして描かれてくるんだね?
「そう。
実はこのヴィースラーを演じたウルリッヒ・ミューエ自身も
国家保安省に監視を受けていたらしい。
しかも自分の妻であり女優のイェニー・グロルマンに
10数年間も密告されていたということを
なんと2001年に知ったのだとか。
その記録は254ページにもわたるファイルがあるんだって。
もっとも夫人は国家保安省が偽のファイルを作ったと
主張しているんだけどね」

----う~ん。それもありそうな話だニャあ。
「映画的には旧東ドイツの再現も見モノだね。
“異様な静けさ”の雰囲気を表すために
音声には
なんとデジタル録音ではなくアナログ音が使われている。
とにかくもう一度は観たい映画だね」



                 (byえいwithフォーン)


※絶対にもう一度観たい度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はドイツ・オフィシャルサイトの壁紙です。

コメント (14)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
« 『あなたを忘れない』 | トップ | 『シャーロットのおくりもの』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (april_foop)
2007-01-29 07:35:42
おはようございます。
程よいテンポと緻密な展開で、2時間超を飽きさせませんでしたね。

しかし東ドイツの体制は恐ろしいですね。東ドイツ出身の方がこれを観て哀しみの涙を流したそうです。
「こんなことが普通に行われていたのか」と。
国民はどの程度こういった現実を理解していたんでしょうね。

ラストで登場するファイルが実在することも驚きでした。
■april_foopさん (えい)
2007-01-29 23:00:51
こんばんは。

この映画は2月公開作品の中のぼくのベストです。
本来はそのあまりにも重いテーマの前に
オモシロいなどと言う言葉は
軽々しく使ってはいけない映画なのでしょうけれども…。

それでも一人でも多くの方に観てほしい映画です。

待ち遠しいです! (まんまる)
2007-02-01 19:51:18
はじめまして。

「善き人のためのソナタ」本当に評判が良いですね。
仕事の関係(サントラレーベル)で随分前に
資料をみていて、その内容の濃さに期待を持っていたのですが、
そろそろ試写を観た方の感想などがネット上で
散見されるようになったのを拝見したところ
みなさん、評価が高いです。
シリアスなドラマが好きなので、とっても楽しみに
しています。
■まんまるさん (えい)
2007-02-01 20:23:41
はじめまして。

この映画を製作した人たちには頭が下がる思いです。
設定は実に重いのですが、
主人公の気持ちの揺れによって
物語がどこに着地するのかが見えず、
スクリーンに目が釘付けになります。
ラストには救いも待っています。
ほんとうに素晴らしい映画でした。
傑作です (かえる)
2007-02-18 23:43:00
こんばんは。
素晴らしい映画でした。
俳優ウルリッヒ・ミューエ自身も妻に監視されていたいう事実にまた驚きました。
ミヒャエル・ハネケ作品に出ていた時とはまた違う彼の瞳がとても印象深いです。
事実 (kazupon)
2007-02-24 11:53:43
えいさん、クリスタのキャラクターが
裏切るのか、どうなのかってギリギリのラインに
いて確かにスリリングでした。実際はああいう
人が多かったような気がしますね。
やっぱり命や生活の危機がある訳ですから。
主演の方の奥さんの密告を自分もあとで
資料で知って驚きました。
音楽がサブテーマにある映画はいい映画が多いな~と
思います。
■kazuponさん (えい)
2007-02-24 22:32:42
こんばんは。

僕はこの映画のラストが好きです。
ほんとうに救われました。
話は悲惨ですが、
最後は観てよかったと思える
素敵な映画でした。
ようやく観て来ました (隣の評論家)
2007-02-24 23:26:04
こんばんわ。

あっ かえるさんだ。

音声の話は全く知りませんでした。その違いを体感できなかったですぅ。
ラストシーンには心を鷲掴みにされました。ソナタはどこ?なんて思っていたので。あと、個人的には全編に渡って流れている弦楽器で奏でられる音楽がツボでした。
前半はイマイチ集中力に欠いてしまったので反省ものです。DVD化したら再度見てみたいところです。
■かえるさん (えい)
2007-02-25 22:25:47
こんばんは。

亀レスになってゴメンナサイ。
隣の評論家さんの
「あっ、かえるさんだ。」で、
コメントのお返事を書いていないことに気づきました。

>ウルリッヒ・ミューエ自身も妻に監視されていた

その彼が監視する側の役を演じる。
どこかしら、その目に深い悲しみをたたえていたのも、
そのような自らの体験が反映されているのかも知れませんね。
■隣の評論家さん (えい)
2007-02-25 22:31:44
こんばんは。

この映画、全体に静謐な空気が流れていました。

音がクリアーでない----
それだけで一昔前の映画の雰囲気が醸し出せる。

もちろん、観ていて気づくほど耳は肥えていず、
後でプレスを読んで、
あ~、そう言うことだったのかと思ったのですが…(汗)。

ぼくも最初の方は、人間関係がよく掴めなかったことがあり、
もう一度行こうと思いながら
結局、今日は2度目の『ボビー』に行ってきました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

44 トラックバック

感想/善き人のためのソナタ(試写) (APRIL FOOLS)
壁があった頃の東ドイツを舞台にした社会派ドラマ。これは興味深い力作! 『善き人のためのソナタ』2月10日公開。劇作家ドライマンは、反体制の疑いをかけられ、国家組織シュタージによって監視されることになった。四六時中彼を盗聴するのはヴィースラー。監視されてる...
2月の新譜 第1弾 (cinemania35)
えー、すっかりご無沙汰してスミマセン! Paris-Tokyoです。 2月の新譜のお知らせです! <善き人のためのソナタ> 映画音楽界の巨匠、ガブリエル・ヤレドのスコアに、 本人とフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督が選んだ ソナタの名曲4曲収録!の日本特...
人は変わる? 「善き人のためのソナタ」 (平気の平左)
評価:80点
善き人のためのソナタ (シャーロットの涙)
この曲を本気で聴いた者は悪人になれない・・・
『善き人のためのソナタ』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
芸術は偉大。心にソナタが鳴り響く。 気高さと重厚さと深みを持ち合わせた名品。 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられ...
善き人のためのソナタ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
1984年、冷戦下の東ベルリン。東ドイツの秘密警察、諜報機関であった国家保安省(シュタージ)のヴィースラーは、反体制派であるとの疑いがかけられていた劇作家ドライマンとその同棲相手である舞台女優のクリスタの監視を命じられます。彼らの住まいに盗聴器を仕掛け、24...
善き人のためのソナタ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  芸術と良心が打ち破った支配の壁  
*善き人のためのソナタ* (Cartouche)
                              2006年 ドイツ映画 先日、『あなたになら言える秘密のこと』を早々今年のベスト10入りさせてしまいましたが この作品は2007年ベストではなく、今まで見た映画の中で・・のベストに入れます。 ほんと。そ...
善き人のためのソナタ◆冷徹なシュタージ局員を変えた自由の旋律 (好きな映画だけ見ていたい)
                   「善き人のためのソナタ」 (2006年・ドイツ)  監督・脚本: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク  音楽: ガブリエル・ヤレド/ステファン・ムッシャ  出演: ウルリッヒ・ミューエ/マルティナ・ゲデック/セバスチャ...
善き人のためのソナタ (It's a Wonderful Life)
盗聴された事ってありますか?って聞かれても答えられませんよね。 以前テレビで、ごく普通の民家にも盗聴器が仕込まれてるのを 発見するのを見たことがあるんですが、出てきてびっくりして、 「何でウチが盗聴されてるのか?」って人ばかりが被害者でした。 怖い...
善き人のためのソナタ (映画通の部屋)
「善き人のためのソナタ」 DAS LEBEN DER ANDEREN/製作:20
「善き人のためのソナタ」回復の回路 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
弱冠33歳のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドーナスマルク監督による監視国家の真実を描いた傑作「善き人のためのソナタ」注・内容、台詞、ラストシーンに触れています。物語・1989年ベルリンの壁崩壊前の東ベ
映画:善き人のためのソナタ (駒吉の日記)
善き人のためのソナタ(シネマライズ) 「この本を<HGW XX/7>に捧げる」 (原題:DasLebenDerAnderen (The Lives Of Others))協力者10万人、密告者20万人。 体制維持のためにこれだけの人員と労力をかけていたのは本当に末期症状だったのだろうな、と思いまし...
真・映画日記『善き人のためのソナタ』 (CHEAP THRILL)
2月19日(月) 日中は特になし。 少し忙しく、午後6時半に終業。 虎ノ門から銀座線に乗り渋谷へ。 7時15分頃「シネマライズ」に到着。 ドイツ映画の『善き人のソナタ』を見る。 監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。 この作品が長編初監督...
【劇場映画】 善き人のためのソナタ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1984年、東西冷戦下の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラーは、劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予期していなかったのは、彼...
#34.善き人のためのソナタ (レザボアCATs)
シェアブログ1571に投稿 素晴らしい傑作!アカデミー賞受賞の一日前に、見に行って、「これ、(外国語映画賞)取れるといいね~♪」なんて言ってたのですが、そうですか、やはり、取りましたか!納得です。私、アカデミー外国語賞はいつも気になってしまうんですが、この...
「善き人のためのソナタ」 ハリウッドリメイクしないでね! (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
原題直訳の英語題が「THE LIFE OF THE OTHER」。 めっちゃいい邦題をつけたな~と思いますが、若干ミスリードしてる感じ、します。 善き人への目覚めが、音楽だけではなかったです。 本! そして、SEX! このエロに目覚めるシーンが、ヘッドホンで聴く「ソナタ」、こっ...
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督「善き人のためのソナタ」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演 ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ケデック  たいへんすばらしいシーンがある。  男が盗聴している。彼は会話に耳を澄ます。聞こえてくることばから何らかの意味、秘密をさぐろうとしている。しかし、思...
映画 『善き人のためのソナタ』 (Death & Live)
すっごい久々に映画観ました。 『善き人のためのソナタ』  2006年 原題 : Das Leben Der Anderen 監督 : Florian Henckel von Donnersmarck ラストの台詞が良いのですよ。 「ギフト包装しますか?」 「いや、わたしのための本だ」 人間...
善き人のためのソナタ (たーくん'sシネマカフェ)
評判が良いため、せっかく都心し来たので鑑賞することに。この「善き人のためのソナタ」は旧東ドイツの冷戦時代の出来事を描いたもの。監督・脚本:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク出演:ウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ...
善き人のためのソナタ/“監視国家の驚くべき真実” (銅版画制作の日々)
  シュタージとは・・・・?!1989年のベルリンの壁崩壊は、いまだ記憶に新しい出来事だ。それまでのドイツは東西に分かれていた。この出来事によって、冷戦時代の終焉を迎えるわけだが・・・。旧東ドイツ(ドイツ民主共和国)で、その支配の中枢を担っていたシュタージ...
映画~善き人のためのソナタ (きららのきらきら生活)
 「善き人のためのソナタ」公式サイト第79回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品国家保安省(シュタージ)局員のヴィスラーは劇作家のドライマンと舞台女優である恋人のクリスタが反体制的であるという証拠をつかむよう命じられる。成功すれば出世が待っていた。しかし予...
善き人のためのソナタ/Das Leben Der Anderen (我想一個人映画美的女人blog)
今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したドイツ映画{/kirakira/} 先月から日本公開されていて、ずっと観たいと思ってたけどやっと観てきた♪ ほとんど前知識なく観たんだけど 評判通り、良い作品でした{/hikari_pink/} 時は1989年のベルリンの壁崩壊少し以前。 共...
★「善き人のためのソナタ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みもシネコン2軒はしご。 1本目は川崎チネチッタで、今年のオスカーで外国語映画賞を獲得したドイツ映画。
「善き人のためのソナタ」(ドイツ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
盗聴器を通して知る自由、愛、音楽、文学。 それは自分自身を変えてしまうこと。 予想もしない人生に目覚めること。 「善き人のためのソナタ」
彼らを支え続けていたのは尊い心。『善き人のためのソナタ』 (水曜日のシネマ日記)
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中で自分たちの信念を貫こうとする芸術家と、それを監視する国家保安省局員の物語です。
「善き人のためのソナタ」 DAS LEBEN DER ANDEREN (俺の明日はどっちだ)
とにかくお見事というか、本当に完成度が高く見応え充分で、観終わった後すぐ誰かに勧めたくなる、そんな映画だった。 舞台は1984年、壁崩壊前の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)に所属し、国家に忠誠を誓う真面目で優秀で、だけど生き方は不器用な男ヴィースラー大...
「善き人のためのソナタ」国民を監視する国 (再出発日記)
『善き人のためのソナタ』という映画がはねたあと、近くの公園に弁当を食べに行った。GWの始まりの昼下がり、後楽園をぐるりと囲む旭川はゆたりと流れ、岡山城がかむなび山(聖なる山)の操山を借景として黒くそびえていた。満足して弁当を捨てるゴミ箱を探す。数年前には...
「善き人のためのソナタ」■これはどこの国のことか? (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見た後では、「東ドイツという国はとんでもない国だったのだね。」「北朝鮮も同じような国なのではないかな。」という感想が出てくるのは自然なことであろう。しかし、この日本が向かっている先は、まさにそのような国ではなかろうか?
『善き人のためのソナタ』 (映画館で観ましょ♪)
【シアターキノ】にて今日が最後の上映。 めちゃ混み!  前から2番目・右横通路・パイプ椅子という悪条件で鑑賞。 国家保安省(シュタージ)局員 ヴィースラー 真面目に、孤独を孤独と感じる事も無
善き人のためのソナタ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
舞台は東ドイツ壁崩壊まで、あと数年という頃・・・反体制的であるということで監視されることが日常的な閉鎖された世界『善き人のためのソナタ』をレイトショーで観ました。国家保安省(シュタージ)局員のヴィースラー大学で学生達に取り調べの際のセオリーを語る。上司...
善き人のためのソナタ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Das Leben Der Anderen”(The Lives of Others)監督・脚本=フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。撮影=ハーゲン・ボグダンスキー。音楽=ガブリエル・ヤレド、ステファン・ムーシャ。☆☆☆☆☆
mini review 07075「善き人のためのソナタ」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが歴史学者や目撃者への取材を経て作品...
『善き人のためのソナタ』 (Sweet*Days**)
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション(2007/08/03)ウルリッヒ・ミューエ、セバスチャン・コッホ 他商品詳細を見る監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク  C...
善き人のためのソナタ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツ。シュタージ(国家保安省)のヴィースラー(ウルリッヒ・ミューェ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲデック)が反体制的であるという証拠をつかむよう命...
善き人のためのソナタ ~新作DVD~ (利用価値のない日々の雑学)
この作品も今年の早々に鑑賞したのだが、やはりきちんと細部を確認したかった作品。今年はなぜかこのパターンが多く、だすからどうしてもレビューが遅れてしまっている。この傾向が暫く続くんのではないかと思う。 東西ドイツ時代というのは、同じ第2次世界大戦敗戦国...
善き人のためのソナタ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1984年、壁崩壊直前の東ベルリン。 盗聴器から聞こえてきたのは、 自由な思想、愛の言葉、そして美しいソナタ・・・。 それを聴いたとき彼は、生きる歓びにうち震えた――。』  コチラの「善き人のためのソナタ」は、2/10公開になったアカデミー外国語映画賞ノ...
「善き人のためのソナタ」 (シネマ・ワンダーランド)
旧東ドイツの監視社会を描いた映画「善き人のためのソナタ」(原題:他者の人生、2006年、独、138分)。2006年のアカデミー外国語映画賞やNY批評家協会賞などを受賞。監督は弱冠33歳の新鋭フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク。本作では、ファシ...
善き人のためのソナタ ~ “監視する”から“見守る”への変化 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ “監視する”から“見守る”への変化 ~ 第79回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したこの作品『善き人のためのソナタ』(原題:Das Leben der Anderen、英題:The Lives of Others)。ベルリンの壁崩壊前の東ドイツの監視社会を克明に描いたことでも話題になった作...
「善き人のためのソナタ」 (クマの巣)
「善き人のためのソナタ」、DVDで観ました。 正直あまりにアカデミー外国語映画賞を取った作品で好きなのがないのですが観ました。……まあまあでした。 崩壊前の東ドイツの政府が反逆者を見つけようとすることで起
『善き人のためのソナタ』 (・*・ etoile ・*・)
これも見たかった。以前WOWOWで放送していたのを録画していたので見る。 「1984年旧東ドイツ国家保安省(シュタージ)の大尉ヴィースラーはヘムプフ大臣の依頼を受け、劇作家ドライマンの監視をするが、彼を通して芸術を知り・・・」という話。これは、しっとりとした良...
善き人のためのソナタ (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2006年 製作国:ドイツ 監 督:フロリアン・ヘン
善き人のためのソナタ (Yuhiの読書日記+α)
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、...
「善き人のためのソナタ」 感動からエナジーを得よう (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「善き人のためのソナタ」  人間不信からの解放   【原題】DAS LEBEN DER ANDEREN 【公開年】2006年  【制作国】独  【時間】138...