ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『WALL・E /ウォーリー』

2008-10-28 22:36:17 | 新作映画
(原題:Wall-E)


----これはフォーンも観たいニャあ。
人間たちが見捨てた地球で、
たったひとり700年間も働き続けてきた
ゴミ処理ロボットのお話ニャンでしょ。
「ほほ~っ。
さすがによく知っているね」

----あれだけ予告が流れていたらね。
でも、このウォーリーってロボット、
どこかで観たことがあるような……。
あっ、分かった『ショート・サーキット』だ。
「うん。そっくりだよね。
でも、『ファインディング・ニモ』も監督している
このアンドリュー・スタントンが最初にイメージしたのは、
ゴミの山でも乗り越えられるようにキャタビラのついた“立方体のゴミ圧縮機”。
その顔については、
ある日、野球の試合を観てひらめいたらしい」

----ん?どういうこと。
「双眼鏡を何気なく上下に動かすと、
まるでそれが感情を表現しているように見えたんだって」

---ニャるほど。
ところでこの映画、もう一体ロボットが出てくるよね。
そちらはウォーリーとは対照的な感じだけど…。
「イヴのことだね。
彼女はピカピカに輝くボディに、
滑らかな曲線を持つ流線型。
本作のキャラクター・アート・ディレクターいわく
『i podがロボットになったような』美しさ。
なんと、ウォーリーの充電完了音は、
マックの起動音を使用しているんだ」

----えっ?このロボット、女性ニャの?
「ロボットに男性、女性があるかどうかはクエスチョンだけど、
声も愛らしいし、ぼくはそんな感じがしたね。
物語は、見かけによらず攻撃的な
このイヴが地球上に降りてきたことから
大きく動き始める。
それまでゴミの中から見つけたミュージカル映画
『ハロー・ドーリー!』のビデオで、
映画の主人公たちのように“手をつなぐ”ことを夢見ていたウォーリーは、
イヴを見てたちまち恋してしまうんだ。
最初は、自分の任務以外は眼中になかった危険なイヴも、
身を呈して自分を守るウォーリー、
その彼が次々と見せてくれる“宝物”に興味を示し、
次第に打ち解け始める----」

----危険ってどういうこと?
「イヴはスゴい破壊力のキャノン砲を装備。
あたりかまわずぶっ飛ばしてしまうんだ。
最初は、スゴく気が短いなと思ったほど…。
この映画の一番のオモシロさは、
そんなイヴに気に入られようと、
ウォーリーが
あれこれ手を尽くすところだね。
その気持ち、分かる分かるって感じ」

----たとえば、どんなことするの?
「う~ん。
これは観てのお楽しみということに。
でも、一つだけ言っちゃおうかな。
“エアパッキンでプチプチ”。
これには笑えたね」

----それは楽しそう。(笑)
「ところが、とっておきの宝物、
小さな“植物”をウォーリーがイヴに見せた瞬間、
その植物が身体に取り込まれ、
イヴはまったく動かなくなってしまう。
そこに巨大な宇宙船が現れ、彼女を船内へ。
『イヴを救わなくては!』------
かくしてウォーリーの大冒険が始まる」

----そうか、これってそういうお話だったんだ。
けっこう、ミステリアスなんだね。
「そういうこと。
イヴは、誰が作り、何のために地球に送り込まれたのか?-----
ただ、正直言うと、ここからの冒険は
同じディズニー/ピクサーでも、
『モンスターズ・インク』には遠く及ばない気がしたね。
それよりも見どころは
やはり荒廃した地球の風景。
ズームやステディカム風の映像など、
それを写し出す実写的な映像テクニックと相まって、
一瞬アニメであることを忘れてしまう。
なかには手ぶれ風の映像まであるんだ」

----それはスゴい発想の転換だニャ。
「内容の方も
ウォーリーの孤独感がたまらない。
スピルバーグの『A.I.』もそうだったけど、
いくら命があったって、
永遠のひとりぼっちは耐えられないよね。
これは手塚治虫の『火の鳥』のモチーフとしても
繰り返し出てきていたけど、
やはり、自分の存在を認めてくれる相手がいなくては、
長く生きていても、それはただ辛いだけだ」

----そうか。
だからこそ、ウォーリーは
一人になるのはもう耐えられない---と、
イヴを追いかけるわけだ。
いったい、宇宙で何が彼らを待ち受けるんだろう?
ニャンだか、スゴく気になるニャあ。
「さあ、何でしょ。
あっ、一つ言い忘れていた。
永遠の孤独と言いながらも
『ピノキオ』のコオロギじゃないけど、
とんでもない生きものが
いつもウォーリーに寄り添っている。
おそらくアニメで、いや実写も含めて
この生きものをこんなにキュートに描いたのは初めて」

----ニャにニャに、それ?
「ヒントは、大昔から生きている生きもの。
この映画でも、ちょっとやそっとじゃ死なないんだ。
普段は人間に嫌われているけどね」

----大昔から----。人間に嫌われている----。
ん。ニャンだか分かった気がするニャあ。


           (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「フォーンも一人のお留守番はいやニャ」悲しい

※フィギュアが欲しくなる度

コトリ・ロゴお花屋さん
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はアメリカ・オフィシャル(ダウンロードサイト)より。

コメント (19)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
« 『ノン子36歳(家事手伝い)』 | トップ | 『ダイアリー・オブ・ザ・デ... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記事を書かれるのを待ってました! (よろ川長TOM)
2008-10-28 23:09:58
私は彼の繊細な演技に惚れ込んでしまった。たしかにおっしゃるように後半は蛇足にさえ思えてしまいますが…
ある意味、あの後半があるからピクサーらしいのかな、とも思えます。あのシチュエーションでなら、いくらでもシビアでハードなSFに仕立てられたのに、あえてファミリー向けというか、一篇の童話のように作ってしまえるのもすごい才能だなあ、と。

ところで、アニメにおける手持ちカメラのブレやピンボケの表現は私の試聴経験では2004年の『鋼の錬金術師』が最初だと思います。そして今ではもうジャパニメーションでは使い古された感さえあるテクですので、私は「ああ、ピクサーのスタッフも日本のアニメをよく観てるな」と思ったくらいです。
今の日本のアニメのカメラワークのダイナミックさと、対してキャラの微妙な動きの描写はものすごいですよ。
ハリウッドのモーションピクチャーなんてとっくに時代遅れに感じます。

私個人は“ジブリの子供たち”だからこそできる芸当だとも思ってますが。
■よろ川長TOMさん (えい)
2008-10-29 21:50:23
こんばんは。

そうなんですよ。

後半、宇宙に飛び出してからは
スペースオペラ風に展開するのかと思いきや、
あの宇宙船の内部は、
(少なくとも人間は)いたってのどか。
予告から受けた印象とはかなり違い、
ビックリしました。

なるほど。これら実写的手法は
日本のアニメが先駆者なんですね。
『鋼の錬金術師』も観てますが、
不覚にも気づきませんでした。
よろ川長TOMさんのチャップリンとの比較、
興味深かったです。

ぼくは本文では書きませんでしたが、
やはりスピルバーグの影響を感じました。
『未知との遭遇』以来、「手」は最大のコミュニケート手段。
もっともスピルバーグの中では「手」はそれ以前からの重要なモチーフ。
『激突!』『JAWS・ジョーズ』などに思いをめぐらせるとき、
ぼくの脳裏にまず浮かぶのは
この「手」の登場シーンです。

ショートサーキット (minori)
2008-10-29 23:34:38
こんばんわ、えいさん。
こちらでは一ヶ月以上も前に上映になったこの映画、早く語りたくてうずうずしていましたよー。ホントWall-Eの動きが愛らしくて、プチプチも魚のおもちゃもなんだかとってもツボでした。ロボットなのに、小学生の男の子が好きな子に接するみたいな姿がたまらずいじらしく、あっという間にこの映画、好きになりました。確かに後半は全然ジャンルの違うような映画になってしまいましたがそれでも私、この映画好きですよー。
別のブログでショート・サーキットについてもコメントしたので今日は二つのブログからTB送ってしまいました。失礼いたしましたー。またお邪魔しますね♪
■minoriさん (えい)
2008-10-30 22:59:09
こんばんは。

いま、ハリウッドの話題作は
そのほとんどが日米同時公開なのに、
なぜかウォルト・ディズニー系は
日本で遅れて公開されることが多いです。
今回はクリスマス・シーズンにあわせたということでしょう。

『ショート・サーキット』も
ご覧になったのですか!?
あの映画も公開当時は、
けっこう人気がありましたが、
今回ほどのブームは
さすがに起こりませんでした。
(なんて、ブームが起こることを
すでに確信しています)
こんばんは (ノラネコ)
2008-11-21 00:03:31
私も「モンスターズ・インク」は大好きで、ピクサーの最高傑作だと思っています。
個人的には、後半はマーケットの要求かなあと思いました。
想像するに、スタントンとしては前半の世界観で全体を構成したかったのではないでしょうか。
実際それは可能だと思いますし、もしそうなっていればこれは映画史上のエポックになっていたかもしれません。
ただ、だからと言ってつまらない訳ではないのが凄いところで、トータルで観るときちんと筋が通っていて、十分以上に面白いんですよね。
色々な映画から引用を感じましたが、私が一番意識したのが、「サイレントランニング」です。
あの映画のラストシーンの切なさが、前半のウォーリーの姿にかぶりました。
■ノラネコさん (えい)
2008-11-22 22:34:21
こんばんは。

>私も「モンスターズ・インク」は大好きで、ピクサーの最高傑作だと思っています。

うわあ。嬉しいです。
あの映画は驚きでした。
後半になるにつれて、映画がエモーショナルになっていく。

ところがこれは逆なんですよね。
前半の方が、ふたり芝居でじっくり見せてくれる。
後半は、あの宙に浮いた
メタボな人たちまではよかったのですが、
その後がお決まりのパターンという感じ。
『サイレントランニング』、
あれはラストが秀逸でしたね。



ホラー映画? (亜蘭真 主美士)
2008-11-26 13:30:07
この度、第3回スクリーム・アワードに、ウォーリーがブレイクスルー賞の栄えなる栄冠に輝きました。おめでとうございます。けど、どちらかというと、ウォーリーよりも、イヴのほうがむいているような(プロモーション映像のイヴがバッターボックスに入っているやつは、あきらかに、デニーロもまっつ青のホラー)まして、オートとかの悪役キャラがいるのに・?
えいさんが前半すきなのも分かります。前半のほうが、極め細やかなつくりで、宇宙船についてからは、クォリティーが少し落ちる(人間があまりにもアニメアニメしたデフォルメキャラなせいもあるけど)なんかいつもの新鮮味のないピクサー作品になってしまったから?でも、そんなの差し引いても、おもしろいです。後半では宇宙でのランデヴーシーン(これで使われるもので、DVD/BDでは特典でゲームもついていましたそのモノについては、ゴミ置き場でのシーンで複線をひいています)はすごくステキデ、ホラー作品のなかでの、一服の清涼剤になっています。
で、ウォーリーじつに日本人的で、(靴{この場合キャタピラ}を脱いでおウチに入るところなんて、それに奥ゆかしい所も?イヴ(英語)の発音がうまく言えないところも含めて(ひょっとしたらMade injapanかも)イヴはアメリカ的なニオイがします。
作者の意図とはちがうかもしれませんがそう感じました。どうでしょ?まあ、作者がそういう意図で日本人をあらわしたなら、さしずめ、M-o(働き者の)かもしれませんが、彼にかんしていえば、サブストーリーが特典としてあります。
http://www.traileraddict.com/trailer/wall-e/dvd-bonus-burne
ここでみることができそうです。ただ、本編を見たかただけ見た方がいいでしょう!
がそのキャラだとかんがえられますが?
それからハルにかんしていえば、ウチでもコイツは飼っていますが、ハルほど可愛くありません!!(しかも、多頭飼い)
ハルでは変わらないことへの凄さをあらわしたキャラなんだとおもいました。
とにかくヒットしそうです!おすすめです!!
本当にホラー映画なんだろうか?ホラ映画かも!
これを書くのを忘れていました。 (亜蘭真 主美士)
2008-11-26 14:18:24
最後のピクサーの所一ひねりあったのを書くのをわすれていました。最後の最後までたのしませてくれるので、席を立つのは、明るくなってからでも良いかと・・・
ヒントRの部分!!
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-11-27 20:25:51
こんばんは。

いつもながらの情報たっぷり。
ありがとうございます。

そうなんですよね。
あの“動かない人間”の発想は面白いのですが、
急にデフォルメされて、
観ている方のテンションも落ちてしまいました。
ぼくもイヴの方が好きかも。
だって、ウォーリーは、あまりに人間臭くって、
少し切ないです。
キャタピラの履きかえ----
なるほど確かに日本人っぽいですね。
Unknown (mig)
2008-12-07 11:39:04
えいさん

わたしもスピルバーグの感じしました。

>『モンスターズ・インク』には遠く及ばない気がした

わたしも同感です。
やっぱり昔のピクサー作品の方が断然良かったなぁと思ってしまったのでした、、、、。

前半が好きだったけど途中からがちょっと退屈になってしまいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

62 トラックバック

『WALL-E/ウォーリー』21世紀のチャップリンは鋼鉄の箱形ロボット。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
もうCGアニメという冠は不要。映画はアイデアと脚本とそれを活かす演出次第であって、CGは単なる表現手段に過ぎないという事をこの作品はあらためて見せつけてくれたからです。
WALL・E/ウォーリー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:WALL-E) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「バグズ・ライフ」と「ファインディング・ニモ」を手掛けたアンドリュー・スタントン監督の、ピクサー・アニメ最新作。 地球に取り残された掃除用ロボットの淡い夢が叶うまでを描いた、ハートウォーミン...
vol.41. robot ロボット 『ショート・サーキット』 (ソノトキシネマ Films You should See)
日本での公開はいつになるんでしょうね、ピクサー社の新しい映画、『Wall-E』。
『WALL-E』ウォーリー (キマグレなヒトリゴト)
地球にたった一人残された働き者の夢は…。 ぽちっとプリーズ。 WALL-E [Original Score]
「WALL・E / ウォーリー」を観る (紫@試写会マニア)
随分早い段階からTVでもバンバン宣伝していた、「WALL・E」。観てきましたよ。 でも、宣伝量からは、本質が判らないようになっていたのね、やるなピクサー。 ただ、ロボット「ウォーリー」は見かけていたあのまんまのドジな可愛らしさでした。 実家にお掃除ロ...
もう、ひとりぼっちじゃないよ。。。☆ 『WALL・E/ウォーリー』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
このピクサー&ディズニーのCGアニメをどんなに待っていたことか…! 子供の頃に観た『ショート・サーキット』以来、心を持ったロボットのいじらしさが堪らなく好きなのよね。 本作のウォーリーにも、ハートはキュンキュンッ すっかりやられてしまいました~!
WALL・E/ウォーリー (Memoirs_of_dai)
ツンデレとダメ男ロボットを通しての人類への警告 【Story】 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“...
WALL・E ウォーリー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは、700年の孤独が生んだ《奇跡》―』  コチラの「WALL・E ウォーリー」は、29世紀人類が見捨てたゴミだらけになってしまった地球を、700年もの間、たったひとり?で働き続けたゴミ処理ロボット”ウォーリー<WALL・E>”の冒険を描いた12/5公開のハートフル...
WALL・E / ウォーリー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ウォーリーと言っても、あのメガネでシマシマの服の人ではない。 「Waste Allocation Load Lifter Earth-Class」の頭文字をとったウォーリーは、ピクサー...
WALL・E/ウォーリー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
西暦2700年・・・ひとりぼっちで地球のゴミをずーーーっと処理し続けてきたウォーリー彼はゴミ処理ロボット・・・誰もいない地球・・・人間は汚染された地球を見捨て宇宙に旅立ってしまっている。生き物は・・・唯一ゴキブリだけ・・・ウォーリーの夢は、いつか誰かと手を...
またも・・・、 『 WALL-E / WALL・E ウォーリー 』 (のんびり亭映画情報)
 「カーズ」、「レミーの美味しいレストラン」に続くピクサーの新作はまたも傑作。必
映画* WALL-E/ ウォーリー (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
未来の物語には、ロボットや機械は欠かせない存在ですね。 未来どころか、現代の私たちの日常生活だって、相当機械に依存してまいます。 そうして、自分愛用のPCだの携帯だの、そうしたガジェットにはそれなりの愛着も湧くもの。 でも、この映画を観て、ちょっとこれは...
WALL・E/ウォーリー (そーれりぽーと)
子供の頃に夢中になってた『ショート・サーキット』の“No.5”と、『E.T.』を思い出させるフォルムのロボットが主人公のピクサー映画最新作。 字幕版での上映館を探して『WALL・E/ウォーリー』を観てきました。 ★★★★★ 意思を持ったロボットの感動ものと聞くと真っ先...
WALL・E/ウォーリー (心のままに映画の風景)
西暦2700年の地球。 宇宙に逃れた人間が残したゴミを、 700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。 ある日...
「WALL・E/ウォーリー(字幕版)」みた。 (たいむのひとりごと)
Waste(ゴミ)Allocation(配置)Load(積載)Lifter(運搬機)Earth-Class(地球型)・・で、WALL・E/ウォーリー、だそうだ。ぶっちゃけただの”ゴミ処理ロボット”なん
WALL・E/ウォーリー(吹替版)/WALL E (いい加減社長の映画日記)
金曜日公開の「WALL・E/ウォーリー」をレイトショーで。 ピクサーにはずれはなさそうだから、楽しみにしてました^^ 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーだというのに、意外と人が。 なんせ、チケット売り場に列ができてたもんなぁ^^; 「WALL・E/ウォーリー」は、大...
WALL・E/ウォーリーと古代エジプトのスカラベ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。アンドリュー・スタントン監督、 フレッド・ウィラード。29世紀、金属廃棄物を立方体に固めて積み上げたスカイスクレーパーが林立している。まるで金属の蟻塚のようだ。その蟻の役割をしているのがたった1台残った廃棄物処理ロボット、ウォーリー。WALL・Eと...
WALL・E/ウォーリー (描きたいアレコレ・やや甘口)
おぉ~!R2ーD2がいっぱい!! ポンコツ ロボでも、めちゃ頑丈!君のためなら大気圏も太陽の側もへっちゃらさ! ウォーリー、かあいいです...
Wall・E ~ウォーリー~ (うぞきあ の場)
Wall-E baseball com Eve なぜ、ウォーリーは、あんなにZIPPOのライターを集めるのか? こんな時に、って時にイヴと手をつなごうとするKYなところが面白い。 と、いうわけで、初日の金曜日に板橋サティへ。 ウォーリーと言えば、私の世代は“ウォーリーをさがせ...
[映画『ウォーリー -WALL-E-』を観た^^] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆仕事が年末に向けて異常に忙しい。  本来なら公開日(金曜)に観に行きたかった『ウォーリー』だが、日曜にやっと見られそうだったが、日曜も出勤となり、でも、おかげで、土曜が早くあがれて、レイトショーを鑑賞できた^^  ちなみに、明日の出勤も、午前10:0...
WALL・E/ウォーリー (SmallTalk)
『WALL・E/ウォーリー』(2008年/米国原題:WALL-E)を観た。これは半年以上も前、初めて予告編を観たときからその愛くるしさにひとめぼれして、ずーっと公開を楽しみにしていた、ディズニー×ピクサー作品。舞台は人間たちが見捨てた29世紀の地球。700年もの間、ひとり....
『ウォーリー/WALL・E』 誰かと手をつなぎたい…言葉はいらないSF“ラブストーリー” (ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー)
ブログネタ:ひとりぼっちのウォーリーって、知ってる? 参加中 『ウォーリー/WALL・E』 監督:アンドリュー・スタントン 製作製作総指揮::ジム・モリス 共同制作:リンゼイ・コリンズ 製作総指揮:ジョン・ラセター 音楽:トーマス・ニューマン 原案:...
WALL・E ウォーリー (めでぃあみっくす)
まるでロボット版『小さな恋のメロディ』を見ているようでした。アナログでドジで純粋で愛くるしいウォーリーと、デジタルで優しくてしっかり者のイヴの愛に号泣しました。個人的にはこれまで見たディズニーピクサー作品の中では最高傑作と思える映画です。感動的なセリフ...
WALL-E/ウォーリー (小部屋日記)
WALL・E(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: アンドリュー・スタントン 名前は、ウォーリー。 700年間、ひとりぼっち・・・。 ディズニーピクサー、待望の新作。 人類が消えた地球で、ひとりぼっちでゴミ処理を続ける小型ロボット“WALL・E”。 そんな彼の愛と冒険...
ウォーリー - Waste Allocation Load Lifter Earth-Class - (労組書記長社労士のブログ)
【45-21-】 今日は自分が労働組合本部の執行委員として専従になる前に勤務していた職場の忘年会。 映画を観に行って、時間がまだあったのでティップネスでトレーニングして時間調整してから忘年会会場に行ったら、なんとスタート時間を1時間間違っていた{/face2_shock_m/...
「WALL・E / ウォーリー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ピクサー=ディズニー/監督:アンドリュー・スタントン) 3DCGアニメの草分けである、ピクサー社製作アニメの最新作は、初めてのSF。監督は「ファインディング・ニモ」の
★ウォーリー(2008)★ (CinemaCollection)
WALL・E彼の名はウォーリー地球型ゴミ処理ロボット。700年もの間、人間のゴミを片付け続けるーどんなときも、たったひとりで上映時間103分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2008/12/05ジャンルファミリー/SF/ロマンス【解説】人類に見捨てられ...
いろんな意味で凄い映画。『WALL・E/ウォーリー』 (水曜日のシネマ日記)
西暦2700年の地球に残されたゴミ処理ロボットの物語です。
猟奇的なイヴ(笑)~「WALL・E」~ (ペパーミントの魔術師)
折りしも年末でございます。 モーがほしいです。(爆) ・・・そゆこと言うてると私のポニョ化がすすむので やめときます。(泣) 一本の映画が人生を変えてしまうことがある。 ・・この場合はロボットですけどね。(笑) たくさんの映画に影響をうけて、 自分も映画を作...
ウォーリー (メディアス映画日記)
原題:Wall-E 監督:アンドリュー・スタントン 脚本:アンドリュー・スタントン、ジム・リードン 製作総指揮:ジョン・ラセター 製作:ジム・モリス、リンゼイ・コリンズ 撮影:ジェレミー・ラスキー、ダニエル・フェインバーグ 音楽:トーマス・ニューマン 美術:ラルフ...
「WALL・E/ウォーリー」 ビビリ屋ウォーリーとツンデレイヴ (はらやんの映画徒然草)
まさかロボットに泣かされるとは・・・。 今まで発表した作品の品質の高さから、また
WALL・E/ウォーリー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ディズニー/ピクサーの待望の新作は、未来の地球が舞台。人類の消えたその場所で、孤独にゴミ処理を続ける小型ロボット“WALL・E” そんな彼の愛と冒険の物語が、切なくも温かい、懐かしくも新しい不思議な世界へあなたを誘います。 物語:人間たちが見捨てた...
★「ウォーリー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末レイトショウは・・・ ディズニー・ピクサーの最新作・・・ 噂ではオスカーの長編アニメ部門じゃなくて、作品賞にノミネートされるのでは・・・ と評判の一品。 確かにずーーっと前から予告編流しいてるけど、 映像もキャラもなかなかの出来だし、面白そう...
WALL・E/ウォーリー(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】アンドリュー・スタントン 【声の出演】ベン・バート/エリッサ・ナイト/ジェフ・ガーリン/フレッド・ウィラード/マッキントーク/ジ...
WALL・E/ウォーリー (ダイターンクラッシュ!!)
12月7日(日) 21:30~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:600円(買っていない。小ぶりで貧弱) 『WALL・E/ウォーリー』公式サイト ピクサーの大人も子供も安心して見る事のできる手堅いアニメーション。 WALL-Eがショートサーキッ...
「WALL・E/ウォーリー」ロボット初恋物語! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 ピクサー久々の新作。「WALL・E/ウォーリー」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。孤独なお掃除ロボットの、とってもカワイイ初恋物語。もお、いじらしくて堪りませんわ!!  人類がゴミに覆われた地球を捨てて宇宙...
ウォーリー (Blossom)
ウォーリー WALL・E 監督 アンドリュー・スタントン アメリカ 2008
WALL・E/ウォーリー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
子どもと吹き替え版で鑑賞―【story】西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)。ある日、地球にイヴという名のロボットが現れた。ずっと孤独だったウォーリーはイヴに恋をするが、イヴが...
WALL.E ウォーリー/吹替版(映画館) (ひるめし。)
それは、700年の孤独が生んだ≪奇跡≫
『ウォーリー』2008・12・7に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ウォーリー』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 既に人類が居無く成って700年を経過する地球の29世紀のお話。 その間、一体のゴミ処理ロボット《ウォーリー》が人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けているが。長い年月の間に、感情が芽生え、ごみ中
映画鑑賞記「WALL-E/ウォーリー」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:08.12.12 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ ずっと「ひとりぼっち」だったから ずっと「いっしょに」いたかった <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  29世紀。人類が逃げ去ったゴミだらけの地球で、700年もの間、気の遠くなるような孤独...
美しい地球のために!。極上の警告書!!/『WALL・E/ウォーリー』 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●WALL・E/ウォーリー● ●監督:アンドリュー・スタントン ●製作総指揮 ジョン・ラセター他 ●脚本 アンドリュー・スタントン ●音楽 トーマス・ニューマン ●DATA; アメリカ公開/2008年6月27日  日本公開/同年12月5日  97分 ...
【WALL・E/ウォーリー】 (猫とHidamariで)
ずっと「ひとりぼっち」だったからずっと「いっしょ」にいたかったWALL・E/ウォーリーHPウォーリー-goo映画ストーリー29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大....
『WALL・E/ウォーリー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:WALL・E監督・原案・脚本:アンドリュー・スタントン声の出演・サウンドデザイン:ベン・バート声の出演:エリッサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラード、キャシー・ナジミー、シガニー・ウィーバー公式サイトはこちら。<Story>29世紀の荒れ果....
「WALL・E/ウォーリー」 (或る日の出来事)
イヴが、かわいかった~。 泣けた~。 とっても、よかった。
【WALL・E ウォーリー】 (日々のつぶやき)
甥っ子&姪っ子連れて見てきました! 「誰もいなくなった29世紀の地球にたったひとりで残されたのはゴミ処理ロボットのウォーリー。 宇宙に逃げ出していった人間たちに置き去りにされ700年もの間人恋しさでいっぱいになりながら黙々と働いていた。 唯一の友だちはゴ
『WALL・E ウォーリー』吹替え 2008-No84 (映画館で観ましょ♪)
700年間たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット・ウォーリー。 集めながら、固めながら、自分を修復して、 いつか、誰か...
WALL・E ウォーリー リベンジです! (銅版画制作の日々)
  WALL・E ウォーリー ウォーリー~~!というあのフレーズが忘れられません。 リベンジです。二度も鑑賞しました。実は(^_^;)最初は爆睡状態zzzzz。半分しか観れなくて。情けない話ですが・・・・・。実はアレルギーの薬を服用していたこともあってだと思いま...
WALL・E ★★★★★ (TRIVIAL JUNK Blog)
ロボ萌えの新たな境地 <公式サイト> 数々の傑作CGアニメを送り出すピクサーの最新作。 実はピクサーアニメをマトモに観たのは今回が初めてだったり。 <感想1> もうとにかく主人公・ウォーリーの一挙手一投足が可愛くて仕方ありません。表情もなく、台詞もほとん...
WALL・E ウォーリー(日本語吹き替え版) (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:アンドリュー・スタントン 原案:アンドリュー・スタントン、ピート・ドクター 脚本:アンドリュー・スタントン、ジム・リアドン 誰もいない都市の廃墟で、毎日黙々と瓦礫の整理をする、作業ロボットのWALL・E。ある日、...
【映画】WALL・E (新!やさぐれ日記)
▼動機 評判良さそう&「月イチゴロー」での低評価 ▼感想 これはすごいアニメだ ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 西暦2700年の地球。宇宙に逃れた人間が残したゴミを、700年もの間片付け続ける“地球型ゴミ処理型ロボット”WALL・E(ウォーリー)...
『ウォーリー/WALL・E』@ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー!』のビデオで男女が手を握るロマンチックなシーンを見ては人恋しさを募らせていた...
WALL・E ウォーリー (pure's movie review)
2008年度 アメリカ作品 103分 ウォルト ディズニー配給 原題:WALL・E STAFF 監督:アンドリュー・スタントン 脚本:アンドリュー・スタントン ジム・リアドン CAST【声の出演】 ベン・バート エリサ・ナイト ジェフ・ガーリン フレッド・ウィラード ジョン・ラッ...
愛とエコ、宇宙の果てまでも【ウォーリー】 (犬も歩けばBohにあたる!)
ねずみの王国の映画はちょっと苦手なのですが Pixarアニメは好きなのです(笑)
【ウォーリー<日本語吹替版>】 (+++ Candy Cinema +++)
       【WALL・E 】 【監督・原案・脚本】 アンドリュー・スタントン   【日本公開】 2008/12/05    【上映時間】 103分   【...
『WALL・E』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
彼の名はウォーリー 地球型ご処理ロボット。 700年もの間、 人間のゴミを片付け続ける ―――どんなときも、たったひとりで。 昨年観た映画ですが、昨年中にUPできなかったので、2年越しの記事です。 映像がすごくきれいです。さすがピクサーと申しましょうか...
WALL・E (ウォーリー) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆ウォーリーとイヴ(のつもり) 『WALL・E/ウォーリー』は、ピクサー・アニメーション・スタジオとウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したCGの長編アニメーション映画です。 実は先月、劇場に観に行ったんですが、記事にするのが遅れてしまいました。 ●導入部...
ウォーリー (ピースのAMEBLO CANTABILE)
【WALL・E】 西暦2700年を舞台に地球で一人暮らすロボットの一途な恋を描いた作品。 地球を脱出した人間に700年間置き去りにされて 荒廃した地球の片隅でひたすらゴミを回収し、固め...
WALL・E/ウォーリー (単館系)
何らかの方法で全人類がごみだらけの地球から脱出したあとのストーリー? 意思をもつごみ掃除ロボットは毎日地球のごみ処理をしていた。 ...
映画評「ウォーリー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督アンドリュー・スタントン ネタバレあり
WALL・E/ウォーリー (映画 大好きだった)
ツタヤでブルーレイを借り、吹替えで観賞。予告編を観たくらいで、予備知識はほとんどなく観賞したが、前に観た同じディズニーのアニメ「カーズ 」がSD(DVD)でも映像が綺麗だったということがあって、今回HD(ブルーレイ)ということもあり期待して観た。実際見てみると、実...
「ウォーリー」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
700年の歳月。 誰かと手を繋ぐ。 植物。