ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ナイト&デイ』

2010-08-05 22:09:26 | 新作映画
(原題:Knight and Day)


----あれっ。これって今日観てきたばかりの映画だよね。
昨日の『トラブル・イン・ハリウッド』から先に話すのかと思ったけど…。
「うん。とりあえずは喋りやすい方から行こうかと。
この映画、またまた“巻き込まれ型の映画”。
と言っても、物語は、複雑なようでいてシンプル。
キャメロン・ディアス扮する平凡な女性ジューンが、
空港で出会った笑顔が素敵な男性ロイ(トム・クルーズ)と同じ飛行機に乗り合わせる。
ところが、化粧室から出てくると
ロイ以外はパイロットも含め、全員死亡。
かくして彼女の運命はロイの操縦桿にゆだねられることに。
果たして彼は何者なのか?
かくして、世界中を駆け巡る
ロマンチックでスリリングな冒険が始まる…」

----それは楽しそうだ。
「うん。実に楽しい。
ただ、映画にリアリズムや
キービジュアルからイメージされるハードな設定を求める人には
“なんだこれ?”になる可能性は大。
ぼくなんかは、これを観ていて
ショーン・コネリー時代のボンド・ムービーを思い出したけどね。
それと、ハリウッド映画のお家芸、スクリューボール・コメディの併せ技。
そこに、ロードムービー的な要素も加わって、
ふたりの関係が次第に深まってゆくさまが
実に楽しく観ることができる」

----ニャるほど。そういう意味では、
この豪華顔合わせも納得だニャあ。
「そういうこと。
映画は夢を紡ぐ工場という観点に立てば、
このようなゴージャスな作りはありだと思う。
ロケ地に選ばれているのも大西洋のアゾレス諸島だったり、
アルプスを行くオリエント急行だったりと、
こちらもボンド・ムービーのノリ。
思うに、近年の『007』が
よりリアルに、よりハードにという志向になっているのに対して、
これは『もっと映画を楽しもうよ』という、作家たちの異議申し立て」

----えらい褒めようだニャあ。
「だって、鼻からツッコミを拒否してるもの。
ここに出てくるカ―アクションなんて、絶対に不可能。ありえない。
高速道路上を車から車へと
ボンネットやルーフ上を移動。
ロイの超人ぶりときたら、イーサン・ハントなんて目じゃない。
クライマックスのセビリアでは闘牛が大暴走。
悪人たちを車ごと踏みつぶしてゆく」

----ほんと、ありえニャい。
監督は誰?
ジェームズ・マンゴールド
彼は、異色保安官映画『コップランド』の頃から、ほんといいね。
『17歳のカルテ』のような問題作から、
タイムトラベル・ファンタジー『ニューヨークの恋人』
異色スリラー『“アイデンティティー”』
感動の伝記映画『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』
そして傑作ウエスタン『3時10分、決断のとき』と、粒ぞろい。
ジャンル映画を撮ったら右に並ぶ者なし。
監督の名前だけで期待させちゃう、数少ない例だね」



           (byえいwithフォーン)

「とにかくゴージャスらしいのニャ」身を乗り出す


※ナイトは“夜”じゃなく“騎士”。
まあ、ツッコミしないで楽しんでほしい度



blogram投票ボタン

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。


画像は -->

コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『THE LAST MESSAGE 海猿』 | トップ | 『十三人の刺客』(2010年・三... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (omiko)
2010-08-12 14:21:49
たった今、完成披露の試写会状が届いた。
こりゃ、絶対行かなくっちゃ!
■omikoさん (えい)
2010-08-16 23:25:42
こんばんは。

これ好きです。
omikoさんも気に入っていただけるといいなあ。
Unknown (omiko)
2010-08-24 12:55:06
うわっ!とか、おおー!とか声出したり、
笑ったり、手をたたいたり、あげたり、ひとり客席で喜んで騒いじゃって、楽しい楽しい♪

もうなんか、まるでおすぎさんみたいなノリで観ちゃいました。

あのユーモア、余裕、洒落たセリフ、メロメロのキャメロン。
これぞ、ジェームズ・ボンド絶頂期の映画ですね。

twitter で、トムほー!キャメほー!って叫んじゃいました(笑)

CGなんかなくたって、3Dじゃなくたって、
面白い映画は出来るんじゃ!って感じ。
上映時間1時間49分ってのも丁度いいですね。

映画はこうじゃなくっちゃ!
これぞ、まさしくボク好みの映画でした。
■omikoさん (えい)
2010-08-24 22:26:06
こんばんは。

そう。これはジェームズ・ボンドでスパイ映画の楽しさを知った世代にはたまりません。
CGや3Dでそれっぽく見せる必要なんてまったくない。
映画=ファンタジーという基本姿勢が好きです。
こんばんは (ノラネコ)
2010-10-16 23:27:10
ジェームス・マンゴールドの映画愛が伝わってくる作品でした。
物凄くエキサイティングではないですけど、じわじわと面白さが残ります。
私だけかもしれませんけど、作品の雰囲気は「ロマンシング・ストーン」を思い出しました。
ジャンル映画のパロディで、ロマンチック・コメディ、そんで女性が冒険を通じて自分を解放していくあたり、何となくデジャブでした。
■ノラネコさん (えい)
2010-10-18 22:57:29
こんばんは。
そう、マンゴールド監督には
映画愛がありますよね。
振り返ってみると
彼の作品にハズレはないです。
『ロマンシング・ストーン』、
なるほど。
ある方が、『おかしなおかしな大冒険』を引き合いに出されていて、
これは感服したものでした。
どうもです♪ (miyu)
2010-10-24 19:42:48
最近ちょっとご無沙汰気味ですが、
えいさんは相変わらず精力的ですね♪
あたしもこの映画好きでしたw
なるほどなぁ~。
少し元気だった頃の映画、を思い出させてくれるのかも
しれませんねぇ~。うん。
■miyuさん (えい)
2010-10-24 21:22:12
こんばんは。
お久しぶりです。
いえいえ、ぼくも精力的に書き始めたのは、
ここ2週間ほど前から。
その前は、一週間に一回の更新なんてことが続いていました。

コメントありがとうございます。
ロマンスあり、アドベンチャーありのこの映画、
夢にあふれていてぼくは好きです。
miyuさんも元気元気!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事