ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』

2011-01-09 21:37:30 | 新作映画
----これって、ずいぶん前から期待していた映画だよね。
あまり、戦争映画には興味がないと思っていたけど…。
「監督が贔屓の平山秀幸
最近の日本の戦争映画って、
潜水艦や戦艦など海戦中心で、
こういう本格的な地上戦は
あまり描かれなかっただけに
ちょっと興味があったんだ」

----ニャるほど。
でもキャッチコピーは「生きて、日本に帰ろう」。
戦(いくさ)の勇ましさは、抑えられているような気が…。
「いやいや。
なかなかどうして、これは見ごたえあった。
この映画を観るまでは、
このままでは、戦闘シーンを描ける監督は日本にはだれもいなくなり、
ついには戦争映画というジャンルさえも消えるのではないかと…
密かに危惧していたから、よけいにね。
でも、急いで付け加えるなら、
これもまたぼくの早とちり。
実は、この映画は平山秀幸だけが監督したわけじゃないんだ」

----えっ、どういうこと?
「もうひとり、
『サイドウェイズ』で初監督のチェリン・グラック
アメリカ兵のパートを監督している」

----どういうこと?
どうしてそんなことしたの?
「アメリカ人の内面を描くにあたり
英語がネイティブでない日本人監督が演出するよりも、
グラック監督の方が
アメリカ人の俳優が生き生きと演じられるだろうというわけだ。
その分け方も明快。
日本人パートとアメリカ人パートを、
そのシーンを支配している言語で分けている」

----でも、『硫黄島からの手紙』
アメリカ人監督クリント・イーストウッドだったけど、
まるで日本映画のように自然だったよ。
「あの人は特別(汗)。
さて、お話の方も少し触れなくては…。
まず話しておかなければならないのは、これは実話ということ。
太平洋戦争の激戦地の一つ、サイパン島。
アメリカ軍の圧倒的な兵力のもと、
次々と玉砕、自決していく過酷な極限状況の中、
たった47人で敵に立ち向かい、
多くの民間人を守り抜き、
アメリカ軍からは“フォックス”と呼ばれ、
賞賛された、ひとりの誇り高き日本人の話。
彼は、みんなに祖国の地を踏ませることを念頭に、
無駄死にをさせないように徹底させた」

----ニャるほど。生きて帰ること…か。
サミュエル・フラー『最前線物語』を思い出すニャ。


           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「竹之内豊が主演というのも驚きニャ」
身を乗り出す
真摯な作りの映画だ度


blogram投票ボタン

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« 『GANTZ』 | トップ | 『恋とニュースのつくり方』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たい! (ノラネコ)
2011-01-09 22:53:47
これ、昔読んだ原作がすごく面白かったです。
どのぐらい忠実に映像化されてるのか楽しみな一本です。
ヤクザもんの一匹狼は出てくるのかなあ・・・
■ノラネコさん (えい)
2011-01-10 09:52:54
一匹狼というには群れていますが、はぐれ者が出てきます。
唐沢寿明がその役で、頭を剃り上げ刺青。これは自分で提案したとか。関西弁です。
こんにちわ (にゃむばなな)
2011-02-12 15:56:11
この映画を見て大場大尉の実映像が見たくなりましたよ。
「映像の20世紀」とかで見れないかなぁ~。
こんばんは (ノラネコ)
2011-02-13 17:03:47
期待に違わぬ力作でした。
堀内のキャラクターは若干原作と異なりますが、良いコントラストになっていましたね。
エピソードの多い物語なので、もう少し長くして、より緻密に描いても良かったかも。
何れにしても本当に久々の邦画戦争映画の秀作。
見応え十分でした。
■にゃむばななさん (えい)
2011-02-16 00:38:32
こんばんは。

なるほど、実映像ですか!?
どうだろう?
日本のgン人のイメージを破ってくれるかな?
■ノラネコさん (えい)
2011-02-16 00:40:37
こんばんは。

冒頭の戦闘シーンから引きずりこまれました。
もう、日本では
本格戦争映画なんて無理ではないかと
そう、勝手に決め込んでいただけに、
この映画の登場は嬉しいサプライズでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (試写会) (風に吹かれて)
誇り高き侍 公式サイト http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp2月11日公開実話の映画化原作: 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 (ドン・ジョーンズ著)監
劇場鑑賞「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれ... (日々“是”精進!)
「太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男」を鑑賞してきました太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉...
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男 (勝手に映画評)
事実に基づいた物語。太平洋戦争末期の1944年、サイパン島が玉砕してから、大場大尉の物語は始まる。援軍はもちろん、食料・弾薬はおろか、水も乏しい中、512日にも渡り抵抗を続け、最後は、連隊長からの正式の投降命令を受けて投降した。 大場大尉を演じたのは、竹野内....
「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」国民と兵を守るために512日間戦い続けた指揮官の人望 (オールマイティにコメンテート)
2月11日公開の映画 「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」を鑑賞した。 この映画は1944年7月に太平洋戦争で アメリカ軍がサイパン島に侵攻し殆どの日本軍は壊滅した ...
太平洋の奇跡/洋菓子店コアンドル (あーうぃ だにぇっと)
2月11日(金)公開の邦画2本。 “あしたのジョー” は残念ながらゲットできず。 年代的には、“あしたのジョー” 世代なのだが、漫画もテレビのアニメも私は観たことがない。 親に禁止されて見られなかったのだ。 今となっては考えられない? この前、実家でケー...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男 (花ごよみ)
舞台は1944年、 太平洋戦争末期のサイパン島。 最後には47人の兵力に対して 圧倒的な人数のアメリカ軍。 その戦いの中、 大場栄大尉というアメリカ軍から恐れられ、 “フォックス”と呼ばれた日本人が存在した。 その実話を映画化。 監督は平山秀幸。 日本側の描写を...
『太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男ー』 (こねたみっくす)
これは大場栄大尉の軍人としての戦績を描いた映画ではなく、人としての功績を描いた映画。 それゆえに戦争映画としては物足りなさを感じるものの、人間ドラマとしてはさらに奥深 ...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (シネマDVD・映画情報館)
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- スタッフ 監督: 平山秀幸 キャスト 竹野内豊 唐沢寿明 井上真央 山田孝之 中嶋朋子 阿部サダヲ ショーン・マクゴーウァン 劇場公開日:2011-2-11
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (だらだら無気力ブログ)
太平洋戦争末期、激戦地となったサイパン島で部隊が壊滅した後も、残存する 47人の兵士を率いてアメリカ軍に立ち向かいながら200人ちかい民間人を守り、 アメリカ軍からフォックスとして恐れられた日本陸軍・大場栄大尉の実話を 元アメリカ兵ドン・ジョーンズの著作をも...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
日本人の知らない、日本人の戦争。 第二次大戦下のサイパン島で、日本軍の玉砕後も、実に512日間も戦い続けた兵士達がいた。 「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」は、神出鬼没のゲリラ戦で、“狐の様に...
『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』 開戦から70年だから描けることは? (映画のブログ)
 『椰子の実』の歌を聴きながら、私は涙した。  この歌を作詞した島崎藤村は、忌み嫌われる戦陣訓の作成にも参画した人物である。にもかかわらず、日本の戦争映画では、しばしば平和を希求する曲として歌わ...
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男- (映画鑑賞★日記・・・)
2011/02/11公開 日本 128分監督:平山秀幸出演:竹野内豊、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、阿部サダヲ、唐沢寿明生きて、日本に帰ろう─ ...
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」観に行ってきました。 大東亜戦争(太平洋戦争)で激戦が繰り広げられたサイパン島のタッポーチョ山で徹底抗戦を続け、民間人を守り通した大場栄大尉(通称フォックス)率いる47人の日本兵達の物語。 元アメリカ海兵隊...
太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男 とにかく生きるのだ・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=12 -3-】 大阪~阪神地区を午後、仕事でウロウロしていたが、すごく雪が降ってビックリ! このまま降り続けたら、明日の朝までに数メートルの積雪にでもなるのではないかとびびったけど、夕方にはすっかり融けたようだ、とにかく大袈裟だ、関西人。  1944年、太平....
『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』 | 中嶋朋子、竹野内豊が素晴らしい。 (23:30の雑記帳)
観ていていろんなことを考えさせられました。 そういう意味で、今の時代にこのような映画が 作られるというのは大いに意義があることだと思います。 いちばん良かったのは、 ...
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」 (FREE TIME)
映画「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」を鑑賞。
ほんの少し勇気があれば・・・。『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』 (水曜日のシネマ日記)
太平洋戦争の激戦地サイパン島を舞台に日本人大場栄大尉の実話を映画化した作品です。
映画<太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-> (美味-BIMI-)
歴史に埋もれた、真実の物語。 アメリカから賞賛された日本人兵士・大場栄大尉。 これは絶望的な状況の中、 最後まで諦めずに生きぬいた大場栄大尉と、 その仲間達の実話に基づく真実の物語である。 「生きて、日本に帰ろう―。」   <太平洋の奇跡-フ...
『太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」 □監督 平山秀幸、チェリン・グラック□脚本 西岡琢也□原作 ドン・ジョーンズ□キャスト 竹野内 豊、唐沢寿明、ショーン・マッゴーワン、井上真央、山田孝之、岡田義徳、ベンガル...
太平洋の奇跡 ‐フォックスと呼ばれた男‐ (まてぃの徒然映画+雑記)
まだまだ知らないあの戦争の歴史がたくさんあることを、改めて強く思った映画でした。敗戦前夜のサイパン島、日本の勢力範囲だったときには民間人2万人、軍人3万人の日本人が暮らし...
太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男- (to Heart)
生きて、 日本に帰ろう── 製作年度 2011年 上映時間 128分 原作 ドン・ジョーンズ 『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』 脚本 西岡琢也/グレゴリー・マルケット/チェリン・グラック 監督 平山秀幸 音楽 加古隆 出演 竹野内豊/ショーン・マッゴーワン/...
太平洋の奇跡 (上) (WEBLOG:e97h0017)
本作のレビューを執筆するにあたっては、作品が有するテーマとその表現方法を明確に分けて書く必要があると感じています。プレビューで書いたとおり、私はこの映画は決して「反戦映画」ではないと考えます。実は日本人にとって「反戦」というテーマで映画を作る
太平洋の奇跡 (下) (WEBLOG:e97h0017)
本作が当時の日本人を描くときに用いた基本的な表現方法にまずは言及しておきたいと思います。クリント・イーストウッド監督が「硫黄島の戦い」を2作品をもって描いたのは、戦争を切り取る視点が一方に偏らないようにする配慮によるものということになると思います。本作...
フォックスと呼べる男・竹野内豊 (美容師は見た…)
『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』で、実在した大場大尉を演じた竹野内くんは、本当に見事に魅せてくれました。竹野内ファンでもあり、若い頃のイケメンな彼を思い返すと、こんな役を演じるようになったんだな~って感慨深くて…恋愛ものに萌え~だったあの頃が懐...
「太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男‐... (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ジョン・ジョーンズ原作の長編実録小説『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を、竹野内豊主演、「愛を乞う人」「必死剣鳥刺し」の平山秀幸監督で映画化。 第二次世...
太平洋の奇跡 (映画的・絵画的・音楽的)
 またまた遅ればせながら、『太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)この映画を見終わって、かなりの人は、どうして主人公の大場大尉(竹野内豊)が、米軍に畏敬の念を持って“フォックス”と呼ばれたのだろう、と訝しく思うの...
「太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-」 守るべきものは何なのか (はらやんの映画徒然草)
海外出張の帰りの飛行機の機内で観賞(行きは映画を観る気持ちのゆとりがなかった~)
太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男 (小部屋日記)
(2011/日本)【DVD】 監督:平山秀幸 出演:竹野内豊、唐沢寿明、井上真央、山田孝之、中嶋朋子、岡田義徳、板尾創路、光石研、柄本時生、近藤芳正、酒井敏也、ベンガル、阿部サダヲ 生きて、日本に帰ろうー。 原作はドン・ジョーンズの実録小説「タッポーチョ『敵な...