ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『マルチュク青春通り』

2005-05-21 12:55:42 | 新作映画
「ブルース・リーの影響を受けて育った人は、
いまジャッキー・チェンのファンなのだろうか?」

------いきなり、なに言ってるの?
「うん。今日の映画はそこにポイントがあるんだ。
オープニングはなんとブルース・リーの大傑作
『ドラゴン怒りの鉄拳』を主人公たちが観ているところ。
で、話は1978年に飛び、その頃高校2年生だった
主人公の物語が始まる」

------タイトルからすると、すごい甘い青春映画って感じだけど...。
「どうしてどうして、ビターもビター。
原題を直訳すると『マルジュク通り残酷史』となるらしい。
そう、この映画ではマルチュク通りにある男子校に転校してきた主人公が、
暴力と支配の嵐が吹き荒れる中、どのように生きたかが描かれていく。
いわば『コリアン・グラフィティ』」

------暴力は想像つくけど、支配ってのは?
「この時期、韓国は軍事政権下にあった。
学校にも軍が目を見張らせていて、持ち物検査などを始める。
生徒たちは登校時に校門で『忠誠』と敬礼しなくてはならない。
一方、学校では大学への進学率を高めるため、
禁じられている『レベル別クラス』の授業をこっそり行なったりする」

------うわあ。耐えられないなあ。
それじゃあ、生徒たちものびのびできないね。
「ところがところが....。
エロ本を売ってせこく稼ぐヤツや、
キレてボールペンで人の頭を刺す危ない留年生など、
個性的な男たちはいっぱいいる。
そんな中、ブルース・リーに憧れるヒョンス(クォン・サンウ)は
バスケットボールでの活躍が認められ、
クラスの人気者のボス、ウシク(イ・ジョンジン)らと仲良くなる。
そんなふたりがある日、近くの女子校に通う
一つ年上のウンジュ(ハン・ガイン)が不良に絡まれているところを
助けたところから物語は急加速。
ウシクは彼女にアプローチ。
しかし、彼女は以前からヒョンスが憧れていた女性だったんだ」

------なるほどね。でも、それってよくある愛か友情かの話じゃない?
「そう言われると実も蓋もないんだけど、
実はここに、ウシクとライバルのジョンフとの決闘、
ウシクの腰巾着だったのに、ウシクの軽率な行為がきっかけでジョンフ側についた
ハンバーガーことジェンボク、
そして父親が軍の指揮官のためえこひいきされるソンチュンなど、
さまざまなエピソードが絡み合っていく。
そのすべてを語るのは2時間近い映画だから、ここでは無理だな」

------でも、ノスタルジー色は豊かそう。
「うん。ディスコがやたらと出てくるし、
当時の音楽はふんだんに使われている。
さて話を戻すと、ヒョンスはソンジュを好きになる。
でも、彼女は強引なウシクに取られてしまう。
『ぼくが苦労したことをウシクは簡単になしとげた。
ぼくにできたのは彼女に傘を貸すことだけだった』の言葉が痛い。
しかもウシクはヒョンスの目の前でソンジュにキスしてしまうんだ」

------mmmmm
「ところが勉強第一のソンジュは遊んでばかりのウシクを見限る。
ラジオ番組への投稿で互いの気持ちを知った
ヒョンスとソンジュのふたりは列車で湖へ日帰り旅行。
ヒョンスはソンジュにギターを片手にボートの上で歌を歌う。
日本だとこれは60年代の青春映画の感覚かな。
でも、このあたりは胸が詰まるいいシーンだよ。
最近の日本映画じゃ、まず観られないね」

------でもこの映画、あんまり奥が深くないように見えるけど?
「いや、恥ずかしながら、今年いまのところ
最も感情を揺り動かされた映画だったね」

------どういうところが?
「監督のユ・ハはこの映画で
10代の頃自分を悩ませていた『男らしさ』を描く。
ナイーブでおとなしい少年だった監督は
学校で自分が『男らしさ』を日々試されていた気がして
不良仲間の一員として喧嘩に関わったりもしたという。
しかしそれは男性主導の韓国社会のせいで
自分の中に根づいた誤った『男らしさ』じゃないかと言うんだ。
そのような信念に基づいて描かれる映画だけに
屋上で行われるクライマックスの決闘は
そのあまりの激しさに観ていて胸が痛くなるほどだ。
で、その極で主人公ヒョンスが発する一言が
『韓国の学校、クソ食らえ』
------mmmmm
「70年代が最も豊かな時代と語る監督は、さらに言う。
『学校の外での自分の人生を愛でよ』
彼は長い年月の間に状況が変わったと言うことに疑問を持っている。
画一性はいまだに彼らをむしばんでいると言うんだ。
自分たちの自我を確立させることと、
それをどのように尊重するかと言うことを学ぶのは非常に大切なこと....と」

------なんだか、話がすごい方向に向かってきたな。
主演の人たちについても話してよ。

「ヒョンスを演じるクォン・サンウ。
彼はこの映画を『ぼくの自信作』と言ってるように、
ここではこれ以上ない完璧な演技を見せる。
女性に対して引っ込み思案、純真でナイーヴに見えながら、
そのあどけない顔とは裏腹に肉体は実にたくましい。
この映画はその彼の両面の個性が実によく生かされている。
ソンジュ役ハン・ガインの懐かしさを感じさせる整った顔立ちにも驚いたけど、
残念ながら彼女最近ヨン・ジョンフンと結婚したんだって。
日本ばかりじゃなく、韓国もいい女優は結婚するのが早くなった(泣)」

------それってだれのこと?
「竹○結子」
------なにも伏せ字にする必要ないのでは(笑)
あれっ、ブルース・リーとジャッキーの関係は?

「それは観てのお楽しみ」
------またか。
(byえいwithフォーン)

※青春は苦い度人気blogランキングもよろしく}

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« 『ダンシング・ハバナ』 | トップ | 『ふたりの5つの分かれ路』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
公開が楽しみです (ゆみこ)
2005-05-22 15:52:52
今日は。

クォン・サンウは火山高、同い年の家庭教師、ひとまず走れと高校生役を何度もこなしていますが、このマルチュクでの高校生役がぴか一と聞いていますので、公開が楽しみです。
クォン・サンウ (えい)
2005-05-22 21:57:46
>ゆみこさん



こんばんは。

チラシによると、

「クォン・サンウが唯一認めた『これが僕の自信作』!」だそうです。

ほかにも、いろんなインタビューで同趣旨の答をしているので

期待していいかと思います。



でも、宣伝抜きでほんとうにいいですよ。
どうもです。 (HKMKT)
2005-05-26 13:28:26
コメントありがとうございました。

しかし、この映画でもサンウの肉体美は、凄いですね。

あんな腹筋自分にもあれば・・と思いますが。

あったところで、何に使えるのかは疑問デス。



また、トラバーしまーす。
>HKMKTさん (えい)
2005-05-27 00:33:00
コメント&トラックバックありがとうございました。



あの顔からは、とても想像がつかない肉体!?

プレスでは、表4がブルース・リーのポーズを決めている

クォン・サンウでした。
Unknown (朱雀門)
2005-08-22 07:47:52
高校をドロップアウトした後のヒョンスの表情が、なにか憑きもの取れたような風に見えたのですが・・・その後のウンジュとの再会は何ともやるせないですね。



ほろ苦さの残る作品でした。

>朱雀門さん (えい)
2005-08-22 23:27:40
こんばんは。



コメントありがとうございます。

あの再会シーンは胸が詰まりました。

これは男の映画ですよね。

せつなかったなあ~。
TBありがとうございました (ミチ)
2005-09-12 10:38:12
こんにちは。

韓流ブーム以来、いわゆるスター主演の映画には最初から☆一つ分減らして見るようなイヤな癖がついています(苦笑)

確かにこの映画は男性の映画という気がします。

私はひたすら70年代の懐かしさに浸り、韓国高校事情を楽しんでおりました。

>ミチさん (えい)
2005-09-12 21:25:41
こんばんは。



ぼくもベタな恋愛系の韓国映画は苦手ですが、

この作品や『殺人の追憶』のような

ハードな作品は好きです。

クォン・サンウもいい味出していると思います。
Unknown (kimion20002000)
2006-03-11 19:17:51
なつかしい匂いのする映画でしたね。携帯電話ないだけで、こんなに雰囲気が変わるんだな。

ところで、ハン・ガイン結婚しちゃったんですか。フーン。
■kimion20002000さん (えい)
2006-03-12 00:06:52
こんばんは。



コメントありがとうございます。

そうですよね。

携帯電話は、映画の中の世界(特に男女の愛)を全く変えてしまいました。



ハン・ガイン、こういう顔には弱いです(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

22 トラックバック

マルチュク青春通り (歌とか言葉とか)
地面に落ちる雨粒のように 落ちる感覚を 味わいたかった 2004/韓 切ない。 なんだかとっても切ない。 甘くない。 ただ酸っぱい。 誰も『本当』を知ろうとしない。 誤魔化して、見下して、権力を誇示して 端っから人の価値を決め付けて、可能性を
マルチュク青春通り (私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記)
本編は勿論だが、劇場で映画を観る時の楽しみの一つは予告編だ。 この映画にこの予告編でいいのだろうかと思う時もあれば、配給会社の思惑が手に取るように分かる時もある。 今日はテアトルタイムズスクエアで@バッドエデュケーションを見たのだが、夏に同劇場で限定3週間
マルチュク青春通り (はなくそまんきんたん)
マルチュク青春通り クォン・サンウ主演。 一見古そうな映画だなぁと思ったが、最近の映画。内容が古いだけ。。。。 高校生の純粋な恋愛を描いた映画(?)。 あぁ。こんなのあったなぁ。と軽く思いつつ。 とはいえ、映画としてみるべきだろうか。という疑問は残らざ
マルチュク青春通り 怖いぞ、朝鮮式体罰 (Blog・キネマ文化論)
●マルチュク青春通りを鑑賞。 1978年、軍事政権下の韓国。ブルース・リーに憧れ
マルチュク青春通り:とりあえず体鍛えろ! (朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」)
★監督 ユ・ハ(2004年 韓国作品) 大阪 テアトル梅田にて鑑賞。 やはり女性ファン多し。 F-CUREというシャンプー&トリートメントのサンプルまで配ってたよ。 クォン・サンウがイメージキャラクターらしいが、明らかに女性ファン目当てだね。 ★あら.
『マルチュク青春通り』~キックの銀メダル~ (Swing des Spoutniks)
『マルチュク青春通り』   公式サイト   監督:ユ・ハ出演:クォン・サンウ ハン・ガイン イ・ジョンジン     【あらすじ】(動物園前シネフェスタチラシより)1978年、マルチュク通りの春。高校2年生のヒョンス(クォン・サンウ)の転校
『マルチュク青春通り』 (Rabiovsky計画)
『マルチュク青春通り』公式サイト 監督・脚本:ユ・ハ 出演:クォン・サンウ 、イ・ジョンジン 、ハン・ガイン    イ・ジョンヒョク 、パク・ヒョジュン 2004年/韓国/118分 『マルチュク青春通り』は予告編を見てかなり興味があったので映画館に 駆けつけ
マルチュク青春通り (ネタバレ映画館)
 ブルース・リーへのオマージュがあるだけで評価が上がる・・・この性格をなんとかしなければ!  70年代は日本もブルース・リーに憧れる若者が多かった。韓国だって軍事政権下ではあるものの同じ状況だったようだ。クラスの中には、必ず誰かがヌンチャクを持ってきて、ブ
マルチュク青春通り (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : シネマスコーレ   本日1本目は「マルチュク青春通り」です。 9月10日は「チャーリーとチョコレート工場」が公開される日。本年度本命の作品のため、前日から胸が高まり良く寝れませんでした。 イヤ、本当です(笑.
マルチュク青春通り (まつさんの映画伝道師)
第207回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  青春映画には2種類ある。  現在を描くか、過去を描くかだ。  現在を描く場合、「いまどき」の恋愛事情などを絡め、観客は同世代が対象となる。  ところが過去を描く場合.
映画「マルチュク青春通り」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「マルチュク青春通り」★★★☆☆ 先日に引き続きまたまたクォン・サンウ主演映画を見てしまった。 クォン・サンウの大ファンの友人がいるのだけど、彼女曰く「彼の泣き顔は絶品よ~」との事。 それを重点的に鑑賞しようじゃないの! ストーリー:1978年、ソウ
マルチュク青春通り (いつか深夜特急に乗って)
「マルチュク青春通り」★★★★(盛岡フォーラム3) 2004
マルチュク青春通り (We love☆k-actors)
 絶対に映画館では見れないと思った作品 ●期間限定 オフィシャルファンサイト ●公式サイト ●公式 宣伝ブログ ●ソニーピクチャーズ公式情報 喧嘩シーンが多い映画は苦手なので、映画館の大音量では見れないな~この作品が公開される前に韓国版の予告をみた...
DVD「マルチュク青春通り」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
男子校ってこんなに暴力的なの?? いつも喧嘩ばかりで現実味がチョット無いけど、高校生のときの友達との関係や淡い恋愛などは懐かしい感じがしました。ただ、この映画ってアクションなのか青春なのか恋愛なのかいろんな要素が詰め込みすぎて、、、 印象的だったのが...
映画「マルチュク青春通り」 (ある在日コリアンの位牌)
?ソニー・ピクチャーズエンタテインメント マルチュク青春通り クォン・サンウ スペシャルBOX ?ソニー・ピクチャーズエンタテインメントマルチュク青春通り ?   クォン・サンウ主演の青春映画。暴力が吹き荒れる男子高校を舞台に、行き場のない青春のエ
マルチュク青春通り (黒猫のうたた寝)
レイトショーで公開されたときに、スルーしちゃったけど ちょうど、クォン・サンウ主演の映画公開になったし ま、ちょっとお祭り気分で『マルチュク青春通り』借りてみました。 ラムの大通りのえいさんが、「男の子の映画だから・・・」とのことでしたが 空気は『パッチ.
マルチュク青春通り (黒猫のうたた寝)
レイトショーで公開されたときに、スルーしちゃったけど ちょうど、クォン・サンウ主演の映画公開になったし ま、ちょっとお祭り気分で『マルチュク青春通り』借りてみました。 ラムの大通りのえいさんが、「男の子の映画だから・・・」とのことでしたが 空気は『パッチ.
NO.133「マルチュク青春通り」(韓国/ユ・ハ監督) (サーカスな日々)
マルチュク通りのクォン・サンウのように、 僕たちも深夜放送とブルース・リーだった。 韓国に軍事政権が登場したのは1962年にあたる。ユ・ハ監督は、そのころ、1963年に生まれている。1961年の軍事クーデターを経て、朴正熙が軍事政権を樹立し、1978年まで長期独裁政権を樹
『マルチュク青春通り』みましたぁ! (韓ドラのたまり場)
『マルチュク青春通り』クォンサンウさん、ハンガインさん共演 말죽거리 잔혹사(マルチュク残酷史)...2004年作品 junsanga的評価★★★☆☆(3つ...後半が...かな?) ?この作品、1978年の設定はバッチリはまれるかと(.
『マルチュク青春通り』 (千の天使がバスケットボールする)
「映画の伝道師まつさん」のブログで見つけたのが、映画評論家の川本三郎氏の「性体験の低年齢化が純愛物の妨げになっている」という分析だ。格調高い名著「君美しく」で、八千草薫、久我美子さんという17人の往年の日本の女優にインタビューした川本氏らしい。韓国でも純愛
マルチュク青春通り (UkiUkiれいんぼーデイ)
興行的には今イチだったらしいが、主演のクォン・サンウが最も気に入っているという作品。 私も、良いと思うこの作品。 誰にでも忘れられない年がある・・・ 1978年 韓国は軍事政権下にあった。 ソウル市カンナムの新興住宅地へ引っ越してき ...
映画『マルチュク青春通り』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Once Upon a Time in High School 1978年、その頃の韓国がどんなだったか、知る由もないが、近づきたいのに近寄れない距離がある、そんなほろ苦い初恋の味を思い起こさせてくれる 勿論、ブルース・リーは知っている・・。ヒョンス(クォン・ ...