ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『(500)日のサマー』

2009-11-27 22:08:33 | 新作映画
(原題:(500)Days of Summer)



----変わったタイトルの映画だニャあ。
500に、()まで付いている。
「そうだね。
これはサマー(ズ―イー・デシャネル)という名前のキュートな女の子に
一目ぼれしてしまったトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)という男の子の目を通して、
ふたりの出会いから別れ、
その500日間を描いたロマンチック・ラブコメディ。
回想形式で、時制を行ったり来たり。
現在ではないという意味もあって()付きになっているのかも…」

----流行りのラブコメか…。
ということは、監督は女性ニャの?
「ぼくも観終わった後、
知り合いのイラストレーターの人に対して
思わず、その愚問を投げかけてしまったけど、
答は言わずもがな。
マーク・ウェッブ)という名の男性。
しかも脚本も(スコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェッバー)。
ふたりの男性の手によるものなんだ」

----愚問はひどいニャあ。
フォーンは観ていないんだから…。
でも、ニャんで愚問になるの?
「ごめんごめん。
観てみると、分かるけど、
これは男にしか作れない映画なんだ。
最初から最後まで男目線で描いているという
その“形式”ばかりでなく、
そこに描かれる“理想化された女性像”が、
なによりもそのことを雄弁に表している。
おそらく同性から見たら、
このサマーというのは問題をいっぱい抱えた女性。
でも、それが男にとっては
“ミステリアスなる女性”というものに姿を変えてしまう」

----ははあ~ん。
だけど、それって
サマーが美人だからだよね。
そうじゃなかったら、
彼女は単なる変人で終わっちゃう。
「おっ。鋭いね。
さて、それはさておき、
古今東西の映画のエッセンスが“遊び”として
いっぱいに詰まっているのもこの映画の魅力。
脚本家の一人、スコット・ノイスタッターは
『卒業』をこよなく愛しているらしい。
この映画は、その『卒業』を軸に、
さまざまな映像が出てくる。
トムの妄想が、ときにフェリーニ、
ときにベルイマンを思わせる映像で描かれたり、
『メリー・ポピンズ』よろしく、
2Dアニメの青い鳥が
街角で繰り広げられるミュージカル・シーンに入り込んだり、
あるいはマークの“期待”と“現実”を分割画面で同時に見せたりと、
楽しい趣向がいっぱい。
映画好きの監督、脚本家たちが
かつての名画を引き合いに出しながら、
ここはこうしよう、あそこはこうしようと
話し合っている姿が想像できて、
それだけで楽しかったよ」

----う~ん。そういうこと言っているうちは、
女性の現実にはまともに立ち向かえそうにないニャあ。

         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「男は永遠の子どもなのニャ」複雑だニャ

※11月に観た試写のベスト2だ度


blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。
画像はイタリア・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。

コメント (28)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
« 『大怪獣バトル ウルトラ銀河... | トップ | 『かいじゅうたちのいるところ』 »
最新の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2009-12-13 12:35:19
えいさんこんにちは、
これも楽しみな映画です。

最近、ズーイーデシャネル画像という言葉で検索してうちに来る人が多くて
人気なのかなー? 笑
あの映画、観て来ましたよー、
えいさんのとんでも映画という意味わかりました

でも楽しんでいるひともいるみたい
わたしは基本的にはダメだったけど
ダメダメにはしませんでした(笑)
思い切りネタバレで書いちゃった
■migさん (えい)
2009-12-13 16:46:50
こんにちは。

この映画、好きなんですよね。
ただ、男目線に徹しているので、
女性の方にも受けるかどうかはクエスチョンですが…。

あの映画、ご覧になりましたか(笑)。
あとで、覗きに行きます。
ネタバレしちゃってるんですね。
ぼくは公開まで、アップするのを我慢します。
かわいい! (にゃむばなな)
2010-01-09 22:00:03
ズーイー・デシャネルだけでなく、ジョセフ・ゴードン=レヴィットの一喜一憂ぶりも、そしてストーリーも全てがかわいらしく思える映画でしたよ。

特にズーイー・デシャネルのポニテリボンの破壊力は抜群でした~!
■にゃむばななさん (えい)
2010-01-10 22:10:52
こんばんは。

ほんと、かわいらしいお話でしたよね。
でも、これが分かるのは、
男だけだろうなあ。
女の人から見ると、
このヒロイン、いわゆる
かわいいことを鼻にかけた
身勝手な世間知らずでしかないかも。

でも、そういうのに
男は騙されるという
いい教訓の映画になっていました。

ポニーテールは……
う~ん、人それぞれですね(汗)。
ホール&オーツ (rose_chocolat)
2010-01-10 22:32:22
もうそれだけで、この映画のいろんなモヤっと感はとりあえず許せる私ですが(笑

男子目線で描いているのに、その評価が男女で違うところなんかも、男脳と女脳の面白さというかすれ違いといいますか。 
だから結局、お互いがお互いをわかんないし、それが恋愛の面白さでもあるのかな? やっぱりこの映画不思議ちゃんかも(笑
こんばんは☆ (dai)
2010-01-11 03:15:45
これぞ男の映画ですね(笑)
たぶんズーイーの可愛さなどは男にしか分からないようになっているのでしょうね。
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2010-01-11 18:33:34
今年、えいさんのところに、初コメントです!
今年もよろしくお願いいたします♪

えいさん、絶対にサマーみたいな女の子
好きですよね?振り回されるの好きそうです
もん(笑)
これは男性目線から見た物語でしたけれど、私って考え方が男っぽいところがるのか?
サマーがそんなにヒドイ女(まあ、ひどいことはひどいですけど・笑)には見えなかったんですよね・・・
それに女性って大小の差はあっても、サマー
みたいに理不尽?と思えるところってありますもん(^^;

そんなわけで?趣向を凝らした映像と好みの
音楽で楽しめた作品でした♪
■ rose_chocolatさん (えい)
2010-01-12 23:07:24
こんばんは。

よく、
なんで、こんな男に
こんないい女が惚れてだめになっちゃうの?
という気持ちを抱くことがありますが、
これはその逆。
で、意外と、そういう映画ってないんですよね。

まあ、そういう意味でもぼくはオモシロかったです。
■daiさん (えい)
2010-01-12 23:08:44
こんばんは。

おおっ。daiさんは、同志(笑)。
こういう気持ちを分かっていただける。
そう、これはまさに男の映画ですね。
■ひろちゃんさん (えい)
2010-01-12 23:20:34
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

サマーのような女の子、
好きというよりも、気づいたら好きになっていた(同じか)って感じ。
もう、振り回されて、
ああでもない、こうでもない
と悩んでいるでしょうね。
とても身につまされる映画でした。

でも、その実はこうだよと
目を覚まさせようとしてくれているのがこの映画。
でも、おそらく目は覚めないでしょう(笑)。

だって、映画を作っている人たち、
本当に楽しそうなんだもの。
結局は、映画の世界に逃げちゃいそうな気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

35 トラックバック

『(500)日のサマー』 (めでぃあみっくす)
これは(恋)の物語。(恋をしたくなる)物語。恋をした人なら誰でも共感できる、スウィート&ビターで楽しくて切なくて苦しくて、でもかわいらしく思えるラブストーリー。 しかも終始男目線で描かれている以上に、サマーを演じるズーイー・デシャネルのかわいらしさに惚れて...
(500)日のサマー/(500) DAYS OF SUMMER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 恋って辛いもの?楽しいもの? 全米でもヒットし、観た人たちの評判も既に良いのを聞いてたから楽しみにしてた本作。 え~?そうくるの? ラストはとても意...
『(500)日のサマー』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:(500)DAYSOFSUMMER監督:マーク・ウェブ出演:ズーイー・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ、ミンカ・ケリー、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公....
(500)日のサマー (Memoirs_of_dai)
涙の数だけ強くなれる 【Story】 グリーティング・カード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・...
「(500)日のサマー」 心の傷にしみる・・・ (はらやんの映画徒然草)
アタタタタ・・・、心の傷がうずきます。 本作「(500)日のサマー」は冒頭にある
★(500)日のサマー(2009)★ (CinemaCollection)
(500)DAYSOFSUMMER運命の恋なんて、あるに決まってる。映時間96分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2010/01/09ジャンルロマンス/コメディ/青春映倫PG12【解説】運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の...
「(500)日のサマー」:千束バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}山形水ラーメン? {/kaeru_en4/}おお、こんなところにあったのか、山形水ラーメン。 {/hiyo_en2/}知ってるの? {/kaeru_en4/}俺たちラーメン通の間では、伝説のラーメンだ。こんなところで出会うとは、まさに運命。 {/hiyo_en2/}単なる偶然だと思うけど。 {/...
★「(500)日のサマー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンをはしごして2本。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。
(500)日のサマー (心のままに映画の風景)
グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、アシスタントとして入社してきたサマー(ゾーイ・デシャネル)...
(500)日のサマー (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『(500)日のサマー』  (2009) = グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。 ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。 ...
(500)日のサマー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
低予算作品ながら、昨年の夏に全米でロングヒットを記録したラブコメディ。 「(500)日のサマー」とは変わったタイトルだが、これは映画のヒ...
【(500)日のサマー】 (日々のつぶやき)
監督:マーク・ウェブ 出演:ズーイ・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット  サマーに恋をした。最低で最高の500日。 「カードライターの仕事をするトムはある日運命の恋に落ちた。 サマーもトムに好意を持ち二人はデートを重ねるが、サマーは恋人はい...
(500)日のサマー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『運命の恋なんて、あるに決まってる。』  コチラの「(500)日のサマー」は、運命の恋を夢見るトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が愛を信じないミステリアスでエキセントリックな女性サマー(ズーイー・デシャネル)に恋をしたビタースウィートな500日間を描い...
(500)日のサマー (2010 映画観てきましたっ!)
一昨日観た 「ジュリー&ジュリア」と同じく これまた 北海道では 札劇さんのみの上映の (500)日のサマー を観てきましたっ!
「(500)日のサマー」夢をみるのは女とはかぎらない (ノルウェー暮らし・イン・London)
突然、「私、結婚することにしたから・・・・・」って言って、ごめんなさい。
恋の病の治療法。『(500)日のサマー』 (水曜日のシネマ日記)
運命の恋を信じる青年と恋や愛を信じない女性を描いたラブコメディーです。
(500)日のサマー (だらだら無気力ブログ)
運命の恋を信じる男と信じない女と対照的な恋愛観を持つ二人が繰り広げる 甘くてほろ苦い500日の愛の軌跡を描いた恋愛コメディー。 主演は『セントアンナの奇跡』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと 『イエスマン "YES"は人生のパスワード』のゾーイ...
(500)日のサマー (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <日比谷 TOHOシネマズシャンテ> 監督:マーク・ウェブ 脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー グリーティングカードの制作会社に勤めるコピーライターのトムは、ある日社長のアシスタントとして入社した女性サマーに一目惚れ...
(500)日のサマー (to Heart)
運命の恋なんて、 あるに決まってる。 原題 (500) DAYS OF SUMMER 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 96分 監督 マーク・ウェブ 音楽 マイケル・ダナ/ロブ・シモンセン 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ゾーイ・デシャネル/ジェフリー・エアンド/...
運命の恋、もしくは幻想~『(500)日のサマー』 (真紅のthinkingdays)
 (500) DAYS OF SUMMER  グリーティングカード会社で働く草食系男子トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィ ット)は、社長秘書として入社して...
『(500)日のサマー』 (500) DAYS OF SUMMER (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY )
季節は巡る。そして、僕は恋をする。思い出はキラキラ。 ボーイ・ミーツ・ガールの物語。シネクイントでかかるこの系統の映画はとってもいいと相場が決まってる。『バッファロー'66』から『ラースとその彼女』にいたるまで。疑いの余地なく。 グリーティングカードの...
【劇場映画】 (500)日のサマー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 建築家を志しながらもカード会社でライターの職に甘んじているトムは、運命の恋を夢見るロマンチスト。いつか素敵な恋人に出会えるはずと信じていた。そんなトムの前に新入社員サマーが表れる。彼女を一目見た瞬間に恋に落ちたトム。サマーもトムに好意を...
(500)日のサマー (映画的・絵画的・音楽的)
 『(500)日のサマー』を渋谷のシネクイントで見ました。  予告編で見たときは、“夏”の500日とは変だな、なぜタイトルに括弧書きがあるのだろう、と気にはなりましたが、どうせたわいのないラブストーリーに違いないと思えてパスしようかと考えていたところ、決して一...
(500)Days of Summer / (500日)のサマー (Akasaka high&low )
「このバンド私も好きよ」で始まる恋は悪い結末を、しかもそれがThe Smithだなんて最悪と思わずにいられなかったスタリッシュな恋愛映画が(500)Days of Summer((500日)のサマー)。 シャープな音楽のセンス、恋人たちの目線で描かれたL.A.の街、予算以上の仕事をし...
(500)日のサマー♪(500)Days of Summer (銅版画制作の日々)
運命の恋なんて、あるに決まってる。 京都シネマにて鑑賞。ところでタイトルのカッコは何を意味するのかしら?いまだに謎です。調べているのですが、分かりません。さてこの物語に登場する男性と女性のタイプは逆のようです。一般的に女性が運命的な恋を信じるというパタ...
「(500)日のサマー」  (500) DAYS OF SUMMER (俺の明日はどっちだ)
・ 運命の恋なんぞを信じている草食系な男子が、恋も愛も幻想だと思っているちょいと風変わりな女の子と恋に落ち、そんな彼女と過ごす500日間にわたるほろ苦い愛の軌跡をあくまでも男目線からリアルに描き出していったロマンティック・コメディ。 いやはや前評判がかなり...
「(500)のサマー」みた。 (たいむのひとりごと)
ラブコメといえばラブコメの一種。だけど、冒頭で語られているようにラブストーリーというには何とも釈然としない物語。運命の恋を信じていた男の子が運命の出会いなんてものは幻想だと知り、恋なんてまるで信じてい
(500)日のサマー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:(500)日のサマー 制作:2009年・アメリカ 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー あらすじ:グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴード...
Blu-Ray:(500)日のサマー 2010年 最新型ラブストーリー(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
現在ならではのラブストーリー(と言いたい) それは、この作品のストーリー構造。 500日間にわたる恋愛の経緯が、「時勢」をぐちゃぐちゃにぶった切られて!並べられている。 映画中にも登場する、名画「卒業」 もしこの映画がその時代に封切られていたら?! (話...
(500)日のサマー (Blossom)
(500)日のサマー (500) DAYS OF SUMMER 監督 マーク・ウェブ 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット ゾーイ・デシャネル     ジェフリー...
(500)日のサマー (映画鑑賞★日記・・・)
【(500) DAYS OF SUMMER】 2010/01/09公開 アメリカ PG12 96分監督:マーク・ウェブ出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ運命の恋なんて、あるに決まってる。秘書と...
映画『(500)日のサマー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-3.(500)日のサマー■原題:(500)DaysOfSummer■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:1月23日、シネクイント(渋谷)スタッフ・キャス...
(500)日のサマー (RISING STEEL)
(500)日のサマー / (500) DAYS OF SUMMER いや~、恋愛映画のレビューなんて慣れない事したら、意味わかんない文章になってしまいました。 2009年 アメリカ映画 フォックス・サーチライト製...
(500)日のサマー ((500) Days of Summer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーク・ウェブ 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2009年 アメリカ映画 96分 ラブロマンス 採点★★★★ “付き合ってる”って形式上の口約束みたいなものに過ぎないのに、“彼氏・彼女”って言葉自体を非常に重要視するんですよねぇ、男は。「やぁねぇ...
喪中映画評「(500)日のサマー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督マーク・ウェッブ ネタバレあり