ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『STAY/ステイ』

2006-04-14 19:46:31 | 新作映画
----これまた「エンディングについては触れないよう」という
但し書きがついてるね? だいじょうぶ?
なんにも言えなくならないかなあ?
「だいじょうぶ。気をつけて話すから。
プレスに監督のマーク・フォスターが
『観客には、これから見る物語が
現実世界の話ではないことを明確に伝えたかった』
と語っている一文が載っているし、
だれが見ても、これが現実の物語と思うわけはないから
そこまでは喋ってもいいんだと思うよ」

----そんなにすぐ現実ではないって分かっちゃうの?
「だってあまりにも非現実的なことが
次々と起こるんだもの?
この映画は『さて、この非現実はなんでしょう?』というのを
考えながら楽しむのが正解だと思うよ。
物語を要約すると
21歳の誕生日の夜に自殺すると予告して姿を消した
ヘンリー(ライアン・ゴズリング)を、
必死で救おうとする精神科医のサム・フォスター(ユアン・マクレガー)。
その過程で、サムは迷宮の中に入り込んでいくと言うもの」

----まるでカフカの世界みたいだね。
「うん。オモシロいのはそのシュールなビジュアルが
編集によって作られているところ。
ある空間から足を踏み出した瞬間,
次のカットではその人は別の空間に。
この<不思議感覚移動>は本作の特徴。
映画を通して何度も繰り返し出てくる。
たとえばガラス張りのモダンな建物を歩いている主人公たちが
ワンカットのシーン中で19世紀後半のイオニア式円柱の間へ。
また玄関のドアから出て行った人を見送ると
玄関はなぜか2階の窓に変わっていたり」

----mmmmm・……・;。
「さらに水族館の水槽の水の向こう、
サムのガールフレンド、
ライラ(ナオミ・ワッツ)の部屋が覗けたり、
その水槽でこちらを見ていたセイウチの絵が
ライラの部屋の壁にかかっていたり,
動いているサムが急に静止し写真と化して
やはりライラの部屋に飾られていたりもするんだ」

----そりゃあ確かに現実ではありえない(笑)。
「でしょ。
こういう<悪夢の映像化>って好きだからもっと喋っちゃおう(笑)。
死んだと思っていたヘンリーの父が生きていたり…
双子、三つ子,四つ子が同じ服で主人公たちを取り巻いたり,
暗く狭い螺旋階段を果てなく転げ落ちたり、
突然こめかみから血が流れてきたり……。
ここまでくれば、誰だってこれは夢か幻想か妄想かと思うじゃない。
ところがヘンリーに予知能力があったりするものだから、
これはもしや超常的物語かもとも……」

----で、それが何かまでは
さすがに言えないと言うわけだね。
「うん。これだけ映画があると、
大方の予想はつくわけだけど,
ははぁ、そう来ましたか……という感じだったね。
小説だと乙一あたりが使う●●●●●●。
ほんとはここから発展させて映画と言う媒体の特性を喋りたいけど,
それはやってはいけないみたいだね。
<お願い>に引っかかってしまうかも」

         (byえいwithフォーン)


※迷宮だ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (12)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 『初恋』 | トップ | 『佐賀のがばいばあちゃん』 »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (じぇいるばーど)
2006-05-09 00:19:56
今日、予告編を観ました。

なかなか面白そう。

確か、以前ここで取り上げられていたなぁと思ってやって参りました。

うーん、ここって参考になるわぁ。

索引もあるので、親切設計だし。
■じぇいるばーどさん (えい)
2006-05-09 00:32:56
こんばんは。



インデックス、活用していただき、ありがとうございます。

この作品は、やられたって感じ。

小品ですが、ぼくは楽しめました。
ステイ私もみてきました (コブタ)
2006-06-04 12:24:02
映像がかなり面白く、脚本だけでなくそこでも楽しめましたよね!



オチは新しいものではないものの、見せ方がいいので一気にラストまでみてしまいました。



■コブタさん (えい)
2006-06-04 22:51:10
こんばんは。



ぼくは、このオチにやられました。

あ~、そうきましたか……ってヤツですね。

映像もシュールで、自分好みでした。
こんにちは (charlotte)
2006-06-09 18:02:34
この作品、かなり好きです。オチにずきーんときちゃいました。笑

それにしても上映館少なすぎだし、観客も少なすぎ。

結構面白いのになあと、ちょっと残念です。
■charlotteさん (えい)
2006-06-09 23:18:18
こんばんは。



ぼくもこの映画は好きです。

あのオチは読めませんでした。

二度観ると、いろいろ発見もありそうですね。
こんにちわ☆ (orange)
2006-06-10 15:40:08
こんにちわ☆

真相が分かる時に、じわりじわりと切ない思いが込み上げてくる作品でしたね♪

カットのつながりや、映像の断片に何か意味があるのかな?と思って観賞しておりましたら、オチにじんわりきましたね♪
幻想的な映像 (パフィン)
2006-06-10 22:52:22
えいさん、こんばんわ。

この映画の映像(編集も色調も撮影も)は

素晴らしかったですね!



えいさんの感想を読むと、見逃している

不思議な映像もあったみたいで、気になる~。

ライラとヘンリーが画家という設定のおかげで

絵を楽しむことも出来ました。
■パフィンさん (えい)
2006-06-11 09:55:56
この映画、全体が緻密なダマし絵になっていましたね。

もう一度、観ると、また新たな発見ができるかも。

おそらく、ぼくも見逃した箇所がずいぶんありそうです。



そうそう、画家と言う設定も巧く生きていました。
■オレンジさん (えい)
2006-06-11 10:03:39
このオチは衝撃的でした。



ここまで読める人はあまりいないのでは?

いや、読めたら映画がつまらなくなるかも。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

ユアンマクレガー新作/ STAY ステイ (我想一個人映画美的女人blog)
不思議な映画を観た。 昨年全米公開、ユアンマクレガーの新作、STAY。 舞台はNY。 「プロデューサーズ」に続き、今年観た作品の中で上位♪ 今年のアカデミー作品賞、「クラッシュ」よりも好きかも。 以下、ネタばらしはしてないので観ようと思ってた人もどうぞ、、、 監督は
『STAY』 (моя комната (私の部屋))
ナオミ・ワッツ、好きな女優さんです。『リング』で来日した際、インタビューさせてもらいました。小柄で親しみやすい感じなのに、確実に「キレイ」。ハイヒールはいたままソファの上でアグラかいたのには驚いたけど、彼女がやると上品。このとき生で見て以来、好きです。...
ユアン・マクレガーが女の子を養子に (ハリウッドセレブ★最新情報)
         エピソード3 写真集          ユアン・マクレガーEva Mavrakis and Ewan McGregor 俳優のユアン・マクレガー(35)と妻のエヴァ・マヴラキス(41)がモンゴルか
STAY (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  この迷路ムービーに挑戦せよ!  
すごい映像表現 「STAY/ステイ」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_suki/} STAY/ステイ 「不思議な映画を観た。」 我想一個人映画美的女人blogのmigさんがそう言っていましたが、まさにそんな感じ。 何を書いてもネタバレになりそうだから、一言では「不思議」とか言うしかないかもしれません。 タイトル ...
ステイ~STAY (シャーロットの涙)
巨大迷路に入り込んだように、進めば進むほど迷い後戻りも出来ない。 出口は果たしてあるのだろうか…(ネタバレあり。ご注意を{/hand_iine/}) クラッシュしたシーンから始まり、またラストでそこのシーンに繋がっていくあたりは、オスカーを取った「クラッシュ ...
『STAYステイ』 (映画館で観ましょ♪)
バラバラとあちこち話が飛んでって、 こういう「訳のわかんない映画」好きです! 遠い記憶と過去と未来とが入り混じって、 ドコをとってもふわふわとしたつかみドコロのない映画。
STAY/ステイ (とにかく、映画好きなもので。)
   『ネバーランド』『チョコレート』のマーク・フォースター監督が送る・・・現実と非現実の世界を描いたスリラー作品。  精神科医のサム・フォスター(ユアン・マクレガー)は、若い大学生の患者ヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング)を診察 ...
STAY ステイ (日々徒然ゆ~だけ)
 ミイラ取りがミイラにか,有り体な,実は医者の方がキ○ガイだったなんつー話か,と中盤までは高を括っていたが,奔走する精神科医の混乱にすっかり巻き込まれてしまったのだった。
ステイ (映画通の部屋)
「ステイ」 STAY/製作:2005年、アメリカ 101分 監督:マーク・フォー
「STAY」 (映画を中途半端に斬る。)
・・・・そのリアルを疑え。現実が消えていく世界で、僕らはどんな愛を知るのか? ★★☆☆☆ 監督:マーク・フォースター 主演:ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、ライアン・ゴズリング 難解な数学の問題を解いてるような気がしてくる映画。コピーにある通り ...
映画~ステイ (きららのきらきら生活)
 「STAY ステイ」 公式サイト・・・また、一人では観ていけないような映画をひとりで観てしまいました精神科医サム・フォスター(ユアン・マクレガー)は、謎めいた若い患者ヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング)を前任のセラピストから引き継いだ。ヘンリ ...
ステイ(STAY) (わかりやすさとストーリー)
●ラストにグッとくる、感動を呼び起こす装置としてイリュージョンを使った作品●ズボン丈が短かったり、双子や三つ子がよく出現するのにも意味がある。
STAY ステイ (金言豆のブログ ・・・映画、本について)
★本日の金言豆★ ブルックリン橋:イースト・リバーにかかり、ニューヨーク市のマンハッタン島南東部とブルックリン区を結ぶ橋、長さ1834m、中央径間486m。米国でもっとも古い吊橋の一つで、鋼鉄のワイヤーを使った世界初
STAY (Alice in Wonderland)
『イリュージョン・スリラー』の世界に完全にノックアウトされました。結局何がなんだか分からないままエンディングを迎えて、ラストでは『あ~そういうおちね。』なんて思いながらも本編との関連性が見出せずに一人映画館で取り残されているような寂しい気持ちに ...
ステイ/STAY (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:ユアン・マクレガー/ナオミ・ワッツ/ライアン・ゴズリング/ケイト・バートン/ボブ・ホスキンス/ジャニーン・ガロファロー/B・D・ウォン/エリザベス・リーサー/脚本:デヴィッド・ベニオフ/監督:マーク・フォースター/作品『ステイ/STAY』を観ま ...
ステイ (knockin' on heaven's door)
Stay Director:Mark Forster Cast:Ewan McGreger, Naomi Watts, Ryan Goslying ☆ネタバレあり 説明のつかない不思議な感覚と映像に満ちた迷宮のような映画。未だ困惑中・・・。
ステイ (Pocket Warmer)
邦題:ステイ 原題:STAY 監督:マーク・フォースター 出演:ユアン・マクレガ
ステイ (ぶっちゃけ…独り言?)
3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) で、出た! ワタクシの最も嫌いなオチ(宇宙人ではない方)に限りなく近いです。 サスペンスでこれやっちゃうと・・・ 2時間弱観て来た映像・話は所詮コレだったのね~なんて、かなりガックリ 来る ...
ステイ (Stay) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーク・フォースター 主演 ユアン・マクレガー 2005年 アメリカ映画 101分 サスペンス 採点★★★ ネタバレしないで書けるほどお利巧さんではないので、未見の方はご注意を。 【ストーリー】 ニューヨークの精神科医サムの前に現れたミステリアスな患者ヘ ...
ステイ (土曜の夜は・・・)
story  「チョコレート」「ネバーランド」のマーク・フォースター監督が、生と死、夢と現実の狭間のような奇妙な時空をさまよう主人公の姿を描く異色スリラー。時空が歪んだ不思議な世界観が斬新なヴィジュアル表現で鮮烈
ステイ (映画鑑賞★日記・・・)
結末は教えてはいけない・・・ そうか、そういうことか、すべて謎は解けた!!
【洋画】ステイ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役4/魅力3/テンポ3/合計36) 『評論』 ユア
「ステイ」 (ひらりん的映画ブログ)
ユアン・マクレガー主演。 幸薄系女優、ナオミ・ワッツも出ています。
ステイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この映画の謎は、頭で考えても決して解けない。』  コチラの「ステイ」は、6/3公開になったイリュージョン・スリラーだそうです。現実と虚構の境界が曖昧で観ていると不安な気持ちになってしまう映画ですね。確かに頭で考えても解けない謎がある映画なんですねぇ...