ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鬘 かつら

2006-07-18 23:11:51 | 新作映画
----また、ヅラのお話ニャの? 
「うん。ただ今度は韓国映画だけどね」
----まさかコメディじゃないよね?
「さすがにそれはなかったね。
タイトルに難しい漢字が使ってあったものだから、
時代色を感じ、古い時代が背景かと思ったんだけど、
そういうわけでもなく、
いわゆるコリアン・ホラ-だった」

----長い黒髪ってそれだけでも怖いよね。
お話も、ニャんだか想像はつく感じ。
「難病の治療で髪を失った妹(チェ・ミンソ)のために、
かつらをプレゼントする姉(ユソン)。
しかしその髪には、
ある呪いの記憶が刻まれていた。
映画は、この黒髪の恐怖をたっぷりと見せて、
クライマックスで
その因縁話を怒濤のように語る」

----怒濤のように?
「うん。あれよあれよと言う間に、
いろんなことが明らかになるんだ。
この映画の特徴の一つに、
姉が声を失っていることがある。
つまり彼女は恐怖の声を上げることさえもできないわけだ。
物語は、この姉の過去にも触れてくる。
韓国のホラーには、
ラスト近くで全てがあきらかになると言う、
このパターンがけっこう多い」

----恐怖度はどうだったの?
「ジャパニーズ・ホラーを見慣れているせいか、
それほどでもなかったけど、
血糊が多いのには参ったな。
同じ列の女性は口を押さえていた。
しかし、もっとドキッとしたのは
真ん中当たりに座っていた男性。
急に後ろを振り向いたかと思うと、
通路の方に出て、椅子の下を覗いてそれから後ろへ。
この人、途中退席するのかなと思ったら、
なんと後方の通路側の席へ座りなおし。
最初に座った席からは他の人が視野に入らず、
怖かったのかもね」


          (byえいwithフォーン)

" style="line-height:160%;">※怖い人には怖い度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (4)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 『カポーティ』 | トップ | 『釣りバカ日誌17 あとは能... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えいさん☆こんにちわ (mig)
2006-07-20 08:49:53
これ、昨日チラシをもらって

観ようかな~と思ってマシタ☆

もう観たんですね



やっぱりそんなに怖さ期待できないかな~



「機械じかけの小児病棟」の方が怖いのかな、、、??

夏はやっぱり怖がりたいです!



「ローズインタイドランド」なかなか良かったです☆
migさん (えい)
2006-07-20 19:03:00


こんばんは。



ぼくは、あまりコリアン・ホラーを怖いと思ったことはないです。

例外はキム・ハヌルの『霊ーリョンー』くらいかな。





さて、この夏の怖い映画。

一口に「怖い」と言ってもいろいろありますが、

スラッシャー・ムービー的なものを求めるとしたら、

『ハイテンション』。

それともう一本。

これまでにない種類の恐怖を与えてくれた(特に男性に)映画が…。

それは『ハード キャンディ』。

後味は悪いですが、

これには震え上がりました…。

ありがとうございます (mig)
2006-07-20 22:22:07
えいさん☆



「ハイテンション」

ノーチェックだったので観てみます☆



「ハードキャンディ」は楽しみにしている1本なので

絶対みます♪



お勧めありがとうございます

「ファイナルデッドコースター」も楽しみなんですー
■migさん (えい)
2006-07-21 00:13:18


こんばんは。



『ファイナルデッドコースター』は

今回、新しい趣向を取り入れています。

それはデジカメで写した画像の中に、

その人の死に方のヒントが写っていると言うもの。



ぼくはジェットコースターそのものが苦手なので、

その事故のシーンは心臓によくありませんでしたが、

映画は第一作『ファイナル・デスティネーション』の方が怖かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

72.鬘 かつら (レザボアCATs)
勝手に、今年の夏一番怖いホラーは、これじゃないか?・・・なんて、私的には思っていたんですね。それもたぶん、稲川淳二の影響だったのかも・・・稲川淳二の「人形」の話は、知ってます?稲川ホラーの中でも、名作なんですよ。ブルブル・・・そんな訳で、人形と ...
鬘 かつら(2005/韓国/ウォン・シニョン) (CINEMANIAX!)
【シネマート六本木】 死の病に冒されたスヒョン(チェ・ミンソ)は、化学療法のためにすべての髪の毛を失ってしまう。そんな余命わずかの妹を不憫に思った姉ジヒョン(ユソン)は、彼女に長い黒髪のかつらをプレゼントする。スヒョンはその美しいかつらにすっ ...
鬘 (かつら)/チェ・ミンソ ユソン パン・ムンス サ・ヒョンジン (カノンな日々)
うだるような暑さも少しは和らぐかと思って韓国ホラーを観に行ってきました。もォ、程良く怖かったですヨ。何度か目をそむけてしまうくらい。ドギツイわけじゃないんですけど、まずこの題材がいいんでしょうね。髪に怨霊が取り憑くという発想自体がアジアンテイス ...
「鬘(かつら)」 (やまたくの音吐朗々Diary)
8月5日からシネマート六本木(ほか全国順次)で公開される韓流ホラー「鬘(かつら)」の試写。ウォン・シニョン監督、出演はチェ・ミンソ、ユソン、ギソクほか。死の病に冒されていたスヒョン(チェ・ミンソ)は、科学治療のせいで髪の毛を失ってしまった。余命 ...