ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『日本沈没』

2006-05-30 23:41:57 | 新作映画
※映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。


----これって小松左京のベストセラーだよね。
日本列島が沈没・消滅すると言う
タイトルそのままの物語。
確か1973年にも映画化されている。
「うん。でも時代が変わるとこうも違ってくるのかって、
少し複雑な気になったね」

----それはそ仕方ないでしょ。
いまの特撮技術はあの頃と段違い。
しかも監督が平成『ガメラ』シリーズの
特技監督樋口真嗣とくれば、
全然違うのはあらかじめ想像ついてしまう。
「確かに、古都の名所旧跡や
都心のランドマークが次々と崩壊する映像や、
大津波が小樽の街を襲う映像は大迫力。
でも、ぼくが言いたいのはそんなことじゃないんだ。
同じ原作からの映画化でありながら
テーマとして打ち出されているものが
新旧でまったく変わってきているんだ」

----今回のキャッチコピーは
「いのちよりも大切なひとがいる。
1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ---」だっけ。
「うん。
ところが原作は元々、
日本人が放浪の民族となったら----と言うところから発想されている。
この映画でも、最初の方で描かれるのは国民と資産の海外脱出。
しかし途中からは、
この『大切なひとを守る』話になってくるんだ。
ヒロイン玲子(柴咲コウ)の設定が
ハイパーレスキュー隊となっているのが象徴的。
彼女は幼い頃に阪神・淡路大震災で両親を失っている。
一方、主人王の潜水艇パイロット・小野寺(草弓剪剛)は
イギリスのチームから誘われ、日本を離れることを決意する。
一緒に行こうと玲子を誘う小野寺。
しかし玲子は自分だけが幸せになるわけにはいかないと、
日本に踏みとどまろうとする」

----へぇ~っ。確か前作での玲子は
自由奔放に生きる伊豆の令嬢という設定だったよね。
「そう。しかも日本の黒幕までも出てきたりしていた。
ところが今回は、この小野寺、玲子の生きざま、
そして田所博士(豊川悦司)と
その元妻・鷹森危機管理担当大臣(大地真央)の
エピソードが軸となっていく」

----前作では、地下鉄のシーンが怖かったよね。
「そこなんだよね。
今回の映画は、火山の噴火やビルの崩壊など
巨視的な部分での特撮は目を見張るものがあるんだけど、
そこに住む個人の視点からの恐怖が意外と少ない。
避難する人々が地割れに飲み込まれるシーンとか、
一応は入れてあるけども……」

----そうか、都会ではそれこそ阿鼻叫喚の地獄のはずだ。
「だよね。
ところが無人となった廃墟の都会には
死体ひとつ転がっていない。
クリーンなんだね。
そしてそのことは映像のみならず
テーマとしても本作を特徴づけている」

----どういう意味?
「一部、利己主義の政治家もいるけど、
それ以外の人たちは<清く正しく美しく>という感じ。
山本総理大臣(石坂浩二)も
この未曾有の危機に『一番大切なのは我々の心』と説くしね。
そう言えば冒頭、玲子が爆発炎上の中から、
ヘリにぶら下がって小野寺を救い出すシーンもまるでスーパーマン。
爆風に巻き込まれるのではと、
珍しくツッコミを入れてしまった

----あらあら?
「思うにこれも『LIMIT OF LOVE 海猿』と同じで
焦点を当てているのは“脱出”ではなく“救出”。
そこに人としての<使命>を
<日本人の心>と重ねて描いたわけだ。
この傾向、しばらく続きそうだな。
個人的にはシンプルな“脱出”アクションが観たいけど……」

          (byえいwithフォーン)

日本沈没 TDV-2731D日本沈没 TDV-2731D
※こちらが1973年版

※前作とは全然違う度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (15)   トラックバック (75)   この記事についてブログを書く
« 『オーメン』 | トップ | 『神の左手 悪魔の右手」 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBども!! (てれすどん2号)
2006-07-06 00:21:24
特撮技術の進歩にはほんと感涙です(笑)特撮好きとして、今後も今回のような意欲作を期待したいです!!
■てれすどん2号さん (えい)
2006-07-06 23:15:15
こんばんは。

てれすどん2号さんも書かれているとおり、

いま話題のミサイルのようなハンドルネームですね。

それはさておき、

SFXの進歩、というよりもCGの驚異を感じました。

日本はポストプロダクションは世界に誇れるところまできましたね。
樋口版ですね (メビウス)
2006-07-17 19:12:23
えいさんこんばんわ♪



樋口版日本沈没は『日本を救う』という設定になってる辺り、オリジナルが好きなファンにとっては違和感があるのかもしれませんね。

CGをふんだんに使った災害シーンもまたド迫力で、樋口監督の十八番が活きていた感じがしました♪



えいさんはカメオな出演者を全部見つけられましたかな?(笑
■メビウスさん (えい)
2006-07-17 23:24:34
こんばんは。



最近のゴジラにしてもこの映画にしても

いまの時代が強く出すぎていて

本来あった大ボラから遠くなっている気がします。

ぼくの違和感はそう言うところにあるのかも。



カメオは派手な映像に隠れてあまり気づかなかったです(汗)。
視点 (fumiya)
2006-07-21 22:32:43
私も死体の見えない廃墟に違和感を持ちました。災害現場にいるひとりひとりが感じるはずの死の恐怖があまり描かれてないように思いました。
■fumiyaさん (えい)
2006-07-21 23:48:45
こんばんは。



実は、いまTB先を訪ねて、

あっ、同じ意見だ……と、嬉しくなって戻ってきたところでした。

この映画、あれだけの災害がありながら

あまりにもクリーンすぎます。

実際は阿鼻叫喚の地獄と言う気がするのですが…。
がっかり・・・ (ノラネコ)
2006-07-22 01:58:33
正直言って退屈だったし、観終わって空虚な気分になりました。

一体何を描きたかったのでしょう。

私には今の時代が出ているというよりも、クリエイターが表現力を失ってしまっている様に思えてしまいました。

人間がそんなに変わった訳じゃないと思うんですよね・・・。
沈没したのは・・・ (ノラネコ)
2006-07-22 02:10:07
あれ、コメントが入らないみたいですね。

もし二重に入っちゃったらごめんなさい。

私はどうにも退屈してしまいました。

何を描きたかったのか、判りません。

現代的になったというよりも、クリエイターが表現力を失ってしまったとしか思えないんですよ・・・。

■ノラネコさんこんにちは。 (えい)
2006-07-22 12:31:24
こんにちは。



いま、ノラネコさんのレビュー拝見しました。

映画とは何か、ドラマツルギーとは何かを説いた、

とても説得力のあるレビューに、

感服いたしました。

初心に帰るべく

ときどき、覗かせてもらいたいと思いました。
大ボラ (にら)
2006-07-25 16:28:37
いまや、政治家も屁みたいな失態ひとつで更迭される時代ですし、映画もどれだけ派手に宣伝で煽ってもブログなどの口コミひとつで興行が左右される時代ですから、ホラも吹きにくいですよね。



その軟弱な感じが、藤岡弘でも村野武範でもない、草ナギくんと妙にマッチしてたので、まぁよし、としておきました(笑)。



てなわけで、TBありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

75 トラックバック

映画「日本沈没」プレミア試写会in大阪 (いもロックフェスティバル)
『日本沈没』日本全国縦断 完成披露プレミア試写会in大阪に行ってきた。 (5/
『日本沈没』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は東宝のウェブサイトで当選した 『日本沈没』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★
映画感想「日本沈没」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「日本沈没」 【評価】★★ 【画像】★★★★ 【ストーリー】★ 【恋愛】★ 【感動】★ 【役者】★★ 【原作】★★★★ 原作は名作なんですけどねー。 どこをどういじったら、こんなクソ映画にできるんでしょうね。 原作者の小松左京に、腹 ...
「日本沈没」レビュー 樋口真嗣も小野寺俊夫も、人類は一生懸命に輝く。  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
この記事は日本沈没試写会感想記事ですが、基本的にネタバレはしません。とくに、「話題やのは知ってるけど詳しくは、、、」って人に対して、是非映画館に行きたくなるような記事を書きたいと思います。では早速、過去関連記事とともにどうぞ♪ ※てれすどん2号 ...
日本沈没 (Rohi-ta_site.com)
試写会で、出演:草〓 剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本 明/國村 隼/石坂浩二/原作:小松左京/脚本:加藤正人/監督:樋口真嗣/作品『日本沈没』を観ました。 ●感想  ・『ガメラ』シリーズや『ローレライ』で特撮技術の高 ...
日本沈没 (シネマ日記)
ネタバレあり。石坂浩二の髪型は言うまでもなくコイズミを意識していて、ヘドが出そうだった。この映画の中の首相はコイズミとは違って随分良識派だったけど。なんで「友情出演」なの?と思っていたら、あんなに早く死ぬからだった。そもそも「友情出演」とか「特 ...
日本沈没(2006年) (勝手に映画評)
タイトル 日本沈没 ---感想--- 1973年の作品「日本沈没」のリメイク。昨今の科学的知見を背景に、内容を更新しています。また、この手の映画には付きものの自衛隊の協力のほか、新潟長岡の地震の際に大活躍した東京消防庁ハイパーレスキュー隊も撮影には協力して ...
日本沈没 (ちわわぱらだいす)
あの~。。。よかったです(- -;) Yahooのレビューとかすっごく評価が悪かったからまったく期待していかなかったのですが。。。 以下一部激しくネタばれアリ!!!ご注意! いつも突っ込むうさぎさんがどこを突っ込みましょう。。。 CGはCGだねぇ。。。わ ...
日本沈没 (Saturday In The Park)
 日本   SF&パニック&ドラマ  監督:樋口真嗣  出演:草なぎ剛      柴咲コウ      豊川悦司      大地真央 ある深海調査に参加した潜水艇・わだつみ6500のパイロット・小野寺俊夫はそこ で驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な ...
「日本沈没」天災に襲われた時にできる事は何なのかを考えさせてくれた (オールマイティにコメンテート)
「日本沈没」は33年前に映画化された「日本沈没」を33年ぶりに再映画化した作品である。タイトル通り日本が沈没する光景を描くのだが、この映画を通じて未来にありえる事と地震、津波、洪水など未曾有の事態をより考えさせてくれた作品でもある。
時代が熟成させた名作・・・『日本沈没』(2006年10本目) (ON THE ROAD)
なるほどね 映画を観終わってから一人うなずいた。 この映画の原作は1970年代初めの小松左京の同名SF小説。 そして一昨日書いたように1973年に映画化(主演は藤岡弘・石田あゆみ) さらに1974年にはTVドラマ化された。(主演村野武・由美かおる) たしか1973年の ...
「日本沈没」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
有楽座で今日公開した「日本沈没」を見てきました。 小松左京の衝撃ベストセラーを1973(昭和48)年に公開を 現代版にリメイクで蘇った。 主演はSMAPの草なぎ剛と柴咲コウをはじめ 豊川悦司 、大地真央 、及川光博などこれ以上にない豪華キャスト。 未曾有の大災 ...
命よりも大事なこと「日本沈没」 (再出発日記)
監督:樋口真嗣 出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、石坂浩二、及川光博突っ込みどころ満載なのではあるが、素直に感動できた一作でした。どうも前提の理論自体(一年はあまりにも大げさだとして冒頭の研究発表にあるように30年でマントルに引っ張ら ...
日本沈没 (エリ好み★)
地震・噴火・津波シュミレーション&海底潜水冒険モノとしては面白いです。その他の部分ではツッコミどころ満載。ラブストーリーはかなりベタベタ(^_^;)
日本沈没(2006/日本/樋口真嗣) (CINEMANIAX!)
【新宿スカラ】 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫(草なぎ剛)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するというのだ。調査を指揮した地球科学の田所博士(豊川悦司)は日本の危 ...
日本沈没(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】樋口真嗣 【出演】草?剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博/福田麻由子/吉田日出子/柄本明/國村隼/石坂浩二 【公開日】2006/7.15 【製作】日本 【ストーリー】 潜水艇『わだつみ6500』のパイロット・小
■樋口真嗣監督 『日本沈没』 (★究極映像研究所★)
 森谷司郎監督の前作がデザスターパニック映画だったとすれば、今回は特撮SF映画。
映画「日本沈没」を観て (とみのひとりごと)
 私の中では、「賛」と「否」が両論。
日本沈没 (ネタバレ映画館)
 今のうちに海外移住計画を!会津でも大丈夫かも・・・
日本沈没 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2006/07/15(07/17)監督:樋口真嗣原作:小松左京出演:草なぎ剛、柴咲コウ、豊川悦司、大地真央、及川光博、福田麻由子、吉田日出子、柄本明、國村隼、石坂浩二 ある深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺俊夫は、そこで驚愕の事 ...
【劇場映画】 日本沈没 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と噴火活動によって日本が1年以内に沈没するという驚愕の事実を知る。総理 ...
シネマ日記 日本沈没 (skywave blog)
洋画のパニック映画は、身近な所じゃないので「安心して」見ていられるのですが、邦画となると現実感が増し、不安を掻き立てられます。言うまでもなく、日本各地の被災シーンは、
燕 ~「日本沈没」~ (サナダ虫 ~解体中~)
樋口真嗣監督作品、草なぎ剛主演の、 映画 「日本沈没」を観た。 日本が沈没する!(まんま) 1973年に製作された、「日本沈没」のリメイク版。 感想。 ①何で沈むのは、北海道からなんだよ!(道民の叫び) ②小野寺の一人称、「俺」か「僕」かハッ ...
2006年の「日本沈没」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・物語に触れています。1973年版と2006年版「日本沈没」の大きな違いは33
『日本沈没』 (京の昼寝~♪)
国土だけでなく、心まで失ってしまうのか?1億2千万人 すべての日本人に捧ぐ   ■監督 樋口真嗣■脚本 加藤正人■原作 小松左京■キャスト 草剛、柴咲コウ、豊川悦司、石坂浩二、大地真央、及川光博、福田麻由子□オフィシャルサイト  『日本沈 ...
日本沈没 ~劇場にて~ (三日月のしっぽ。)
  日本沈没・・・評価 3   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 大規模な地殻変動によって日本列島が海中に沈没するという危険性が指摘さ
日本沈没 (UkiUkiれいんぼーデイ)
いやぁ~、良かったねぇ d(^O^*≡*^O^)b SunMin thanX Kubotaの歌う ♪Keep Holding U♪  これ聴きたかったんです・・・て ヽ(ー ー")エイガトチガウノカ 実はね、33年前の『日本沈没』をリアル ...
日本沈没☆独り言 (黒猫のうたた寝)
リメイクものが大流行~で1973年の映画のリメイクが登場 しかも、小松左京の『日本沈没』 昨今の地震の頻発している状況で、こーいう可能性がないとは 言い切れませんが・・・ オリジナルの映画観てるかなぁ?ヒロイン由美かおるだったような 小野寺は藤 ...
映画「日本沈没」 (アンナdiary)
日曜日に見てきました。日本が沈没する~~~~~!ってほどの緊迫感もなく、取ってつけたような恋愛部分が何だかなぁ。。。何だかむしょうに1973年の前作が見たくなった(苦笑)(ネタバレあり)
緊迫感のない、娯楽災害映画。『日本沈没』 (水曜日のシネマ日記)
地殻変動による大地震で、沈没していく日本の様子を描いた作品です。
【映画】『日本沈没』まず真っ先に、この映画に沈没して欲しい (Badlands~映画・演劇・音楽レビュー~)
日本沈没 (Kinetic Vision)
海猿2ではタンカーが沈み、日本沈没では日本が沈む。災害の規模は日本沈没のほうがけた違いに大きいのだが、映画としての興奮度はどちらが高いだろうか。映画の場合、どんな天変地異でも、観客が感情移入する登場人物の身に差し
日本沈没・・・・・評価額850円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ネタ切れリメイクブームなのはハリウッドだけではないらしい。 こちらは1973年のパニック映画ブーム真っ只中に公開された、小松左京原作、森谷司郎監督の「日本沈没」のリメイク。 劇場映画の後、同名のテレビシリーズも作ら
日本沈没<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
こんなに突っ込みどころ満載の映画も久しぶりやなぁと思いつつあかん、あかん、あくまでも映画 なんやから。。。う~~ でもどうしても言いたいっo(>
日本沈没 (花ごよみ)
小松左京原作の同名小説を映画化した1973年作品。 『日本沈没』を、『ローレライ』 で監督デビューした樋口真嗣がリメイク。  主演は草なぎ剛と柴咲コウ。    5月29日、日本縦断全国5大都市同時開催  完成披露プレミア試写会がありました。   行ってき ...
『日本沈没』観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『日本沈没』鑑賞レビュー! 2006年、夏 沈没へのカウントダウン?? それは明日かもしれない?? 1973年 小松左京・衝撃のベストセラー小説 『日本沈没』が完全映画化された 当時、史上最高の5億円の製作費を投じ 東宝が総力を結集した超大 ...
『日本沈没』2006・7・16に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『日本沈没』   公式HPはこちら ●あらすじ 深海調査に参加した潜水艇《わだつみ6500》のパイロット・小野寺(草なぎ剛)、田所博士(豊川悦司)は、そこで驚愕の事実を知る。海底プレートの急速な沈降で、日本列島が1年後に沈没するという悪夢の初まり ...
【劇場鑑賞71】日本沈没 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「日本は一気呵成に沈んでいくんだ!!」 「守りたい人がいるんです。 奇跡は起きます。起してみせます!」 国土だけではなく、心まで失ってしまうのか? 1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――
日本沈没 (欧風)
イオン下田TOHOシネタウンでの「映画4作品10時間耐久レース」も、1本目の「カーズ」、2本目「トリック劇場版2」と観続けてきましたが、3本目に観ようと思ったのが、この、「日本沈没」。2本目を観終わったのが15時20分で、この3本目の開始が15時3 ...
『日本沈没』   迫り来る‘日本最期の時’。 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
小松 左京 日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1  「日本沈没」PHOTO BOOK featuring 草なぎ剛  日本沈没OFFICIAL BOOK―沈没へのカウントダウン 出演■草薙剛、柴崎コウ、及川光博、大地真央、豊川悦司、榎本明、國村隼、石坂浩二 他・・・ 監督■樋口
映画「日本沈没」は何故、つまらないか? (映画と出会う・世界が変わる)
そんなにひどい出来ではないが、つまらない。何がつまらないかというと、日本列島を完全に沈めてしまわなかったことだ。日本列島は小群島として残るのである。何故、救われたかというと潜水艇のパイロットの特攻隊精神によって。ほとんど脱力の結末である。そもそ ...
「日本沈没」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
日本SF界の巨匠・小松左京氏が、33年前に書き下ろしたSF小説「日本沈没。巨大な地殻変動によって日本列島の殆どが海面下に沈んでしまうという奇抜なストーリーが話題となり、上下巻合わせて385万部という大ベストセラーとなった。同年にこの作品は映画化 ...
★日本沈没@品プリ AND グランドセントラルオイスターバー&レストラン:7/19LD (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
1年ほど前から映画館に映画を見に行くことが好きになって、選り好みしながらも色々見
「 日本沈没 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 樋口真嗣   出演 : 草なぎ剛  / 柴咲コウ  / 豊川悦司 原作 : 小松左京 公式HP :http://www.nc06.jp/小松左京の傑作SF小説「 日本沈没」が、33年ぶりにリメイクされスクリーンに戻ってきた。エドガー・ケーシーEdgar Cayce(1877~ ...
日本沈没(映画館) (ひるめし。)
いのちよりも、大切なひとがいる。 CAST:草なぎ剛/柴咲コウ/豊川悦司/大地真央/及川光博 他 ■日本産 135分 良く出来た大作だと思うけど、観ててなんか気分が暗くなって凹んだ・・・。 やっぱり映画とはいっても日本列島がめちゃくちゃになったり、地割 ...
日本沈没 (Alice in Wonderland)
オリジナルを観ていないわたしには前作との比較は出来ないのですが、感想は日本版『アルマゲドン』だなって思いました。日本がまさに沈没してしまうという恐怖よりは人間愛の方に重点が置かれているように感じて全く恐怖心などは感じませんでした。パニック映画が ...
「日本沈没」2006年版を観る(ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今年、夏の大作というと洋画では「MI:3」が思い浮かぶが、邦画も負けていない。
『日本沈没』 (ねこのひたい~絵日記室)
いいか、よく聞け。 フォッサマグナとムラカミファンドの崩壊で、TBSは一気呵成に沈んでいくんだ!
『日本沈没』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:]       06/07/15公開   (公式サイト) 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]  満足度[:星:][:星:] 【監督】樋口真嗣 【脚本】加藤正人 【原作】小松左京(小学館刊) 【出演】 草?剛/柴咲コ ...
日本沈没 (MAGI☆の日記)
日本沈没を見てきました。映画館に行ったのは去年のマジレンジャーの舞台挨拶以来だね。今年はボウケンジャーのを見に行く予定もないので今年はこの映画のみになりそうかも。期待していかなかった分楽しめました。北海道、九州…とどんどん火山が噴火したりして沈 ...
■原作パロディー■日本以外全部沈没:筒井康隆著 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
今月の日経の名コーナー「私の履歴書」は、小松左京である。先頃公開された『日本沈没
日本沈没 (future world)
田所博士に小野寺くん、そして潜水艇わだつみ・・・まだ小学生のころ、劇場で観た「日本沈没」、なぜかこの固有名詞とともに小林桂樹、藤岡弘、いしだあゆみが浮かんでくる。。。 あれから30年以上経っているわけだから、当然時代背景~日本国政府や生活様式 ...
日本沈没 06年151本目 (猫姫じゃ)
日本沈没          1973年版こちら 2006年  樋口真嗣 監督草磲剛 、柴咲コウ 、及川光博 、豊川悦司 、福田麻由子 、吉田日出子 、大地真央 泣かせます、、、かなり良かったです。 これはまぁ、壮大なSF ...
日本沈没 (オイラの妄想感想日記)
『日本は一気呵成に沈没する。』 北海道が分断、阿蘇山大噴火で熊本大惨事!! 四国が上下に分かれ、首相の乗った飛行機は噴火とタイミングドンピシャで墜落。 面白いのはディザスターな部分だけ、ドラマはイマヨンぐらいだった←イマイチの四倍 妄想感 ...
日本沈没 (メルブロ)
日本沈没 上映時間 2時間15分 監督 樋口真嗣 出演 草磲剛 柴咲コウ 豊川悦司 大地真央 及川光博 評価 4点(10点満点)  ご存知リメイク作。内容的には凄く興味はあるけどね。たまに嫌なことあると、沈没しないかなーとも思ったり。  何マゲド ...
「日本沈没」 40歳の特撮男 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
あの黒澤明監督が、女性を描くのがヘタというのは有名な話だが、特撮が女性の100倍好きだというオタク監督は、全く女性に興味がないんではないかというくらいの名シーンを描ききりました!! あの柴咲コウに「抱いて」と言わせといて(このセリフ自体もトンデモな ...
日本沈没 (GoGo Surf !!!)
最近日本映画を見る機会が増えたように思えます。 話題作も多くなったのか、宣伝が多くなったのか、わかりませんが、この作品もなかなか面白いものでした。 ストーリー: 日本海溝近辺の大規模な地殻変動により、
「日本沈没」 (不良中年・天国と地獄)
8月7日(月)新宿スカラ座1にて小松左京のベストセラー小説「日本沈没」が、33年ぶりに再映画化されました。この間(かん)特撮というか、CG技術の進歩はめざましいものがあります。素人考えですが、今では出来ないことはない、と断言してもいいのではない ...
日本沈没 (八ちゃんの日常空間)
日本は島国・単民族国家である。その日本に住む日本人にとって、考えたくもない究極の恐怖とは、おそらくこれ以外にないだろう。『国土がなくなる』 難民となっても、帰ることができるふるさとがないのだ。
[ 日本沈没 ]暑苦しいからあっさりに (アロハ坊主の日がな一日)
[ 日本沈没 ]@新宿で鑑賞 本作は小松左京のベストセラーに目をつけ 1973年、東宝が日本映画史上最高の5億円という巨額の投 資を投じて映画化を実現した[ 日本沈没 ]のリメイク作 品。監督は、2005年[ ローレライ ]で長編監督デビューを 果たした樋口真 ...
日本沈没 (壺のある生活)
日本沈没 Nihon chinbotsu (2006/日本) コウたん!コウたん! 監督 樋口真嗣 Shinji Higuchi 脚本 加藤正人 Masato Kato 原作 小松左京 Sakyo Komatsu 出演 草?剛 Tsuyoshi Kusanagi (小野寺俊夫) 柴咲コウ
日本沈没 (CinemA*s Cafe)
http://www.nc06.jp/ いつも一緒に映画を観に行く先輩が試写会に当たったのでご一緒させてもらうことに。 これ、お金払っていたら、いや、自分で貯めたポイントさえも使っていたら暴れていたかもしれません(=_=)
真・映画日記(2)『日本沈没』 (CHEAP THRILL)
(1から) 16時50分に映画館を出る。 TSUTAYA渋谷店でとある監督の短編作品を借りる。26日と27日で半額デーをやっているので210円で借りられた。 銀座に出て18時50分までDELLのパソコンレンタルで時間を潰す。 19時から喫茶店「ルノアール」の会議室で行わ ...
日本沈没 (泥海ニ爆ゼル)
「日本沈没」(2006) 「ローレライ」「亡国のイージス」を手がけた樋口真嗣監督の最新作は、小松左京原作の映画のリメイクだった。草彅剛、柴崎コウ主演、感動のラブストーリー超大作!!のはずが・・・。ひと夏のハッタリ話題作として、何年かあとにはキレイに記 ...
日本沈没 (きょうのできごと…。)
「いつ観たんだー?( ; ゜Д゜)」って感じで 今更ながらに感想UPです…。 ホントにいつ観たんだ?…5月の後半でした(;´Д`) 内容が内容なだけに、映像、出演者に 若干、不安は残るものの 舞台挨拶付きのプレミア試写会で日本武道館で観てきましたー! ...
日本沈没 東宝的様式美は、パニックをラブストーリーに変えた。 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:日本沈没/東宝 ジャンル:切ないラブストーリー+パニック/2006年/135分 映画館:三番街シネマ1(614席) 鑑賞日時:2005年8月XX日 満席・売り切れ 私の満足度:65%  オススメ度:65% 今年の1月、京都東宝・スカラ座のさよなら上映でみた オリジナル ...
日本沈没 (FREQUENCE.)
出演者 【主演】草なぎ剛、柴咲コウ 【出演者】及川光博・福田麻由子 吉田日出子 柄本明 ・ 國村隼 石坂浩二(特別出演) / 豊川悦司 大地真央 スタッフ 【原作】小松左京(小学館刊) 【脚本】加藤正人 【監督】樋口真嗣 【特技統括/監督補】尾上克郎 【特 ...
「日本沈没」 (明日は明日の風が吹く)
草彅剛さん、柴咲コウさんが出演している「日本沈没」をだいぶ前になってしまいましたが、観てきました。
日本沈没 ~ ひとりの人間として生きる力を試される ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ ひとりの人間として生きる力を試される ~ SMAPの草なぎ剛と、『どろろ』で体当たりの演技を見せた柴咲コウが主演のクライムアクションムービー。監督は、『ローレライ』や『ガメラ』など、特撮映像では天下一品の樋口真嗣で、今作でも沈み行く日本列島や活火山の映...
映画『日本沈没』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
田中角栄の"日本列島改造論"刊行が1972年6月、7月には総裁選に勝利するが、ピーナッツ一粒1億円など金脈問題で1974年12月首相の座を追われる・・ 小松左京の"日本沈没"が刊行されたのは1973年のこと、執筆開始は東京オリンピックが開催され...
映画評「日本沈没」(2006年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・樋口真嗣 ネタバレあり
日本沈没 (mama)
2006年:日本 原作:小松左京 監督:樋口真嗣 出演:草なぎ剛、柴咲コウ、石坂浩二、豊川悦司、及川光博、大地真央 深海調査に参加していた潜水艇「わだつみ6500」のパイロット・小野寺が知った驚愕の事実。それは、海底プレートの急速な沈降で、日本列島は1年後...
「日本沈没」 (2006年版) (取手物語~取手より愛をこめて)
「てめえは馬鹿か、・・・・・・  いいか、よく聞け!・・・・・・   富士山の大噴火と共に、日本は一気呵成に沈んでいくんだ!」
日本沈没 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いのちよりも大切なひとがいる。1億2000万人、すべての日本人に捧ぐ――』  コチラの「日本沈没」は、今週末7/15公開になる小松左京の同名小説の映画化なんですが、試写会で観てきましたぁ~♪実を言うとあんまり期待してなかったのですが、予想に反してかなり楽...
日本沈没 (Yuhiの読書日記+α)
先日、TV放映されていたのを録画して見ました。 <あらすじ> 日本各地で大規模な地震が頻発する中、潜水艇《わだつみ6500》のパイロットの小野寺は、同僚の結城と共に地球科学博士・田所の指揮の下、深海調査に参加。その結果、大地震と噴火活動によって日本が1年以内...