ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『再会の街で』

2007-08-06 22:23:45 | 新作映画
(原題:Reign over me)

「今日は爆弾発言をしちゃう。
来年のオスカー、主演男優賞はアダム・サンドラーで決定」

----それは確かに大胆だ。
まだ8月というのに…。
「でも、この『再会の街』を観たら
だれでもそう思うと思うよ。
ついでに言えばドン・チードルが助演男優賞で、
脚本賞が監督のマイク・バインダー」

----よっぽど気に入ったんだ。
「うん。この映画はとにかく
前情報なしで観てほしいし、
そのためここでは簡単なプロットだけ。
歯科医のアラン・ジョンソン(ドン・チードル)は、
ある朝、大学時代のルームメイト、
チャーリー(アダム・サンドラー)を街で見かける。
ぼさぼさの頭、だぶだぶの服、
ペンキ缶を下げたその姿は、
とても成功した歯科医とは思えない。
車の窓越しに声をかけるアラン。しかし彼の声は届かない。
後日、アランは再びチャーリーと遭遇。
しかし彼はアランのことを知らないと言う。
実はチャーリーは5年前の9月11日、
愛する家族を一度に失い、
その哀しみから殻に閉じこもったままとなっていたのだった…」

----!!!そうか、それでチャーリーは精神を病んでしまったわけだ。
「そう。チャーリーの前では彼の妻や娘のことは禁句。
それに少しでも触れると
人が変わったように暴れてしまう。
家ではゲーム、外ではiPodで往年のロックばかりを聴いているチャーリー。
アランはなんとかしてその心を開こうとするが…」

----ニャるほど。
良心的ハリウッド映画の王道って感じだね。
「ひとりの友の心を救うという意味では
アラン・パーカーの『バーディ』を思い出したけどね。
愛する者をすべて失った喪失感、
その苦しみをここまで深く描いた映画をぼくは寡聞にして知らない」

----その深い苦しみをアダム・サンドラーが演じるんだね。
いつもの顔とは全然違う。
ちょっとボブ・ディランに似ているね。
「海外では『チャンス』のピーター・セラーズを引き合いに出している評もあって
それも最大の賛辞だとは思うけど、
ぼくは『フィッシャー・キング』のロビン・ウィリアムズを連想したね。
バディムービーってところも似ている。
もっと言えばニューヨークを低い視点から見つめていて、
『真夜中のカーボーイ』をはじめとする
数々のニューシネマの趣もある。
アランはアランで悩みを抱えていて、
チャーリーのために一生懸命になる姿を妻から
『彼の自由がうらやましいのでは…』と言われる始末。
時代の違いもあるんだろうけど、
ストレートな友情美談とはなっていない」

----周りの俳優もいいよね。
「うん。女精神科医にリヴ・タイラー。
途中から重要なキーを占める女性にサフロン・バロウズ。
そして注目してほしいのが裁判官を貫禄で演じているドナルド・サザーランド。
その見事な裁きぶりには
だれもが拍手したくなるのではないかな?
そうそう、個人的には『未知との遭遇』のメリンダ・ディロンが観られたのも嬉しかったね。」

----裁判もあるの?
「うん。物語は途中、
立ち直りを見せたかに見えたアランが
街角である危険行為に出たことから
彼を目の届くところに置き、長期入院させるか否かが争われるんだ。
この法廷シーンもこの映画のハイライトのひとつだけど、
ほんとうの感動はその後にやってくる」

----ふうん。でもこの監督は知らないニャあ。
「『ママが泣いた日』のマイク・バインダー。
ぼくも知らなかったけど、
俳優としても活躍。
この映画でもアランの会計士という
どちらかと言うと嫌われ役を見事に演じきっていたよ。
これから要注目だね」

----フォーンも早く観たいニャあ。
えっ、お正月映画にゃの?
「うん。それだけソニーも
じっくり売ろうとしているということだろうね」



※ついでの情報-----メル・ブルックスの映画が3本も登場!
『ブレージング・サドル』『ヤング・フランケンシュタイン』『サイレント・ムービー』
 
(byえいwithフォーン)

フォーンの一言「とてもアダム・サンドラーとは思えないニャ」ぱっちり

※これは大のオススメだ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー 

予告編/オフィシャル

コメント (17)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
« 『夜の上海』 | トップ | 『クローズド・ノート』 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大傑作でした (april_foop)
2007-09-20 00:43:50
観てきました!
もうこれは涙なくして見られませんね。

裁判官のセリフも、その直後のチャーリーにも泣かされましたし、
ラスト前、チャーリーの家を訪れた義父母がキッチンのリフォームに対していったなにげないセリフが
チャーリーの苦悩をすべて表現していたようで最高に泣けました。

こないだ『4分間のピアニスト』を絶賛しましたけど、今作はその上を行くかもしれません。
■april_foopさん (えい)
2007-09-20 18:00:39
こんにちは。

april_foopさんとは、ほとんど好みが一致するので
とても嬉しいです。

この映画は、ぼくも今年の洋画の5本の指に入ります。
まさかアダム・サンドラーでここまで泣かされるとは
思ってもいませんでした。

april_foopさんは、まだレビューはアップされていないようですね。
アップされたらご連絡お願いします。
読むのが待ち遠しいです。
わかりました! (april_foop)
2007-09-21 17:06:24
レビューあげたらぜひTBさせてください(『4分間~』もお願いします)。もう少し時間がかかりそうですが…。

いつもえいさんの、造詣豊かなレビュー楽しませてもらってます。
アダム・サンドラー、別人かと思うほどの入り込みっぷりですね。コメディできる人はやっぱりシリアスも上手だなと思います。
Unknown (mig)
2007-10-28 08:05:12
えいさん☆

おはようございます♪
アダムのシリアス演技が好きです
監督が舞台挨拶で言ってたんですが、
二人とも(とくにドンチードル)役について
何度も電話して来て、ここはこうでいいのか?これはどう理解する?と本当にじっくり役を研究してどんな役もやりこなす役者だと。
キャスティング最高でしたよね
あ、監督自身もコメディアン出身だけあって面白い人でした
■migさん (えい)
2007-10-28 23:45:11
こんばんは。
アダム・サンドラー、よかったですよね。
ちょっとボブ・ディランを思い出しました。

最近、この映画のことよく考えて
どこかで観た記憶が…
と思ったら『バーディ』。
ベトナム戦争の体験が元で
自分の世界に閉じこもった男を救おうとする男。
これも泣ける友情の物語でした。
こんにちは★ (やまたく)
2007-12-14 11:35:39
アダム・サンドラーはまさにオスカー級の演技でしたね!
(声までディランぽかったですが)
人と人とのつながりを丁寧に描いた物語や
心情にフィットした音楽を含めて、
心に残る作品になりました。
■やまたくさん (えい)
2007-12-15 15:19:31
こんにちは。

コメントありがとうございます。
そういえば、声までディランに似ていたような…。
ぼくはこの映画は、2007年の5本の指に残る作品となりました。
こんにちは (カオリ)
2007-12-17 04:13:09
こんにちは。
アダム・サンドラーの焦点が合わない視線が何とも言えなかったです。オスカーとってくれると嬉しいですね。
悲しいお話なのですが、これはきっと他人事ではない、誰にでも訪れる可能性のある喪失なのだと思いました。
■カオリさん (えい)
2007-12-17 21:15:09
こんばんは。

アダム・サンドラーって、あまり好きなタイプの俳優ではなかったのですが、
この作品に関しては脱帽です。
映画は9.11を背景としていますが、
大切な人を失った喪失感という普遍性のあるものになっていましたね。
はじめまして (maru♪)
2007-12-20 00:12:59
こんばんわ。
TBは何度かさせていただいていますが、コメントは初めましてです。
ホントにいい映画でしたね!
こんなにも重いテーマで、メッセージ性があるのに、まったく押し付けがましくない。
アダム・サンドラーがボブ・ディランに似てるというのは私も思いました。
チラシのNYを歩くアランとチャーリーは、アルバム「THE FREEWHEELIN」のディランと当時の彼女の構図に似てるなと思ってました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

27 トラックバック

再会の街で / REIGN OVER ME (我想一個人映画美的女人blog)
たまご頭がトレードマークのアダム・サンドラーが、 髪ぼっさぼさのくるくるヘアにして、シリアス演技が絶賛された1本{/ee_2/} いよいよ日本上陸! {/arrow_r/} 自分の大切だったものをたった1日のうちに失った喪失感。独りでたえなくてはならない孤独、、、。 わ...
感想/再会の街で(試写) (EDITOREAL)
心から涙。絶対に観なきゃダメだ! 『再会の街で』12月22日公開。歯科医アランは学生時代のルームメイトだったチャーリーと再会する。しかし彼は働きもせずゲームや家のリフォームに明け暮れ、ヘッドフォンを外すこともない。心を閉ざし変わり果てたその姿は、あの悲劇に...
Reign Over Me (2007) (epiphany)
【邦題】再会の街で 【あらすじ】ニューヨークの歯科医アランは美しい妻と二人の娘に恵まれ、さらに仕事は順調、他人もうらやむ生活を送っていた。ある日アランは大学時代のルー...
「再会の街で」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2007.12.14 12月22日より公開される「再会の街で」の試写。 監督・脚...
再会の街で(07・米) (no movie no life)
(第20回東京国際映画祭コンペ部門作品) 一人の男がN.Y.市街をキックボードで走るシーンから、この映画は始まる。街並みは美しく整備され、車や人が行き交い、かつてのテロで受けた傷跡は見受けられない。ただ、その中をすり抜けてゆく男の背中がどこか寂しげに映る。...
『再会の街で』 (・*・ etoile ・*・)
'07.12.10 『再会の街で』(試写会)@一ツ橋ホール Tからのお誘い。いつもは簡単なあらすじと出演者くらいは調べて行くけど、時間がなかったので何の予備知識もなく見た。日本語タイトルからすると恋愛モノかと思っていたけど、これは友情と再生の話しで、しっかりとした...
再会の街で (映画通の部屋)
「再会の街で」 REIGN OVER ME/製作:2007年、アメリカ 124分
#197.再会の街で (レザボアCATs)
シェアブログminiに投稿 キックボードに乗って街中を走り回るアダム・サンドラーの姿、これを見てすっかり見る気満々だったこの作品。アダム・サンドラー出演作、それほどたくさん見たわけではないけれど、ここまでシリアスな演技が上手な人だったんだ?!なんて驚き。予...
『再会の街で』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「再会の街で」□監督・脚本 マイク・バインダー □キャスト アダム・サンドラー、ドン・チードル、ジェイダ・ピンケット=スミス、リヴ・タイラー、サフロン・バロウズ、ドナルド・サザーランド、ロバート・クライン、メリンダ・ディロン...
再会の街で(REIGN OVER ME) (黒猫主義)
■再会の街での感想? アダム・サンドラーって、こんな役もこなせるんだぁー。 『50回目のファーストキス』とか『もしも明日が選べたら』でコミカルなイメージが強かったけど、喪失...
映画~再会の街で (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆キャリアと家族に恵まれながらも人生にむなしさを感じる歯科医と、911の悲劇で家族を失い、自分の殻に閉じこもるようになった元歯科医の触れ合いと再生を描く感動作。911をニューヨークで体験したマイク・バインダーが監督を務めている。キャリアと愛す...
再会の街で (メルブロ)
再会の街で 195本目 上映時間 2時間4分 監督 マイク・バインダー 出演 アダム・サンドラー ドン・チードル ジャダ・ピンケット・スミス リブ・タイラー 評価 7点(10点満点) 会場 新宿武蔵野館  今年最後の映画鑑賞。新宿武蔵野館は初めて行ったんで...
再会の街で (ダイターンクラッシュ!!)
12月29日(土) 19:00~ 恵比寿ガーデンシネマ1 料金:1500円(チケットぴあで前売り購入) パンフ:600円 『再会の街で』公式サイト アホ面が得意のコメディー俳優アダム・サンドラーの極めてシリアスな演技を見せる。 少しのユーモアを散りばめているようだ...
『再会の街で』 (めでぃあみっくす)
これまで9.11を描いた作品はどれも当日の出来事ばかりでしたが、この映画が描いているのは遺族の心の傷の深さ。そしてそれは私たちが想像する以上のものでした。正直、こんな素晴らしい映画が日本ではミニシアターでしか上映されないことが本当に悲しくなるくらい、たくさ...
再会の街で (そーれりぽーと)
年明けからロードショーな面白そうな映画が無かったので、年末から初泣き用に取っておいた『再開の街で』を観てきました。 ★★★★ お客さん少なくて良かった(汗) 途中で大泣きしてました。 9.11で家族を一度に失った夫だった男が、記憶も心も閉ざして暮らしている。...
★再会の街で(2007)★ (CinemaCollection)
REIGNOVERME話すことで、癒やされていく傷がある。映時間124分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2007/12/22ジャンルドラマ【解説】9.11テロで妻子を失い心に深い傷を負って殻に閉じこもってしまった男と、彼の大学時代の...
再会の街で (2008 映画観てきました♪)
公開初日 1回目の上映を観てきました。
『再会の街で』 2008-No1 (映画館で観ましょ♪)
寒いし。 今夜は鍋焼きうどんにしよう! 心が深く傷ついたチャーリーを演じたアダム・サンドラー 苦しさや悲しさがいっぱい、いっぱ...
再会の街で (シャーロットの涙)
持つべきものは友?
「再会の街で」 REIGN OVER ME (俺の明日はどっちだ)
久しぶりにニューヨークの街がちゃんと描かれていた心に染みる佳作。 妻と三人の娘を同時に失いPTSDで記憶障害に陥り、心を閉ざしたチャーリー(アダム・サンドラー)。 そんな彼と十数年ぶりに出会う大学時代のルームメイト、アラン(ドン・チードル)。 チャリーの...
再会の街で☆独り言 (黒猫のうたた寝)
あれは遠い夏の日(笑)って去年ですが1本のメールが届きました。「とんでもない傑作を観たのでお知らせ。」いつもいち早い映画情報をいただいているラムの大通りのえいさんからでした。うっわーーーこれはチェックしなきゃって公開時期は^^;お正月前後だったわけで静岡...
「再会の街」(2007) (inuneko)
前回は、劇場まで行っていながら土壇場で8才の少女に浮気して見ずに帰って来たのです
「再会の街で」みた。 (たいむのひとりごと)
9.11同多発テロ被害者の遺族の今を描いた友情の物語。甚大な数の命を奪ったテロでの被害者遺族の数は、その数倍にも及ぶ。しかし一口に「遺族」と括れないものがそこにあると知った。想い出を大切に生きようとす
真・映画日記『再会の街で』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月5日(土)◆676日目◆ この日は… 朝9時半に起きて→TSUTAYAに返却→近所の床屋で散髪→夕方まで寝て、午後6時半すぎに外出→「新宿武蔵野館」で『再会の街で』を見る→池袋へ→マックで飯→「LIVE INN ROSA」のハロプロ系のイベントに顔出し...
mini review 08310「再会の街で」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
キャリアと家族に恵まれながらも人生にむなしさを感じる歯科医と、911の悲劇で家族を失い、自分の殻に閉じこもるようになった元歯科医の触れ合いと再生を描く感動作。主演は『50回目のファースト・キス』のアダム・サンドラーと『ホテル・ルワンダ』のドン・チードル。911...
「再会の街で」(Reign Over Me ) (シネマ・ワンダーランド)
米国9・11同時多発テロ事件で妻子を失い、自閉的な生活を送る男と、彼の大学時代の友人との友情や、生き様を描いたヒューマン・ドラマ「再会の街で」(2007年、米、マイク・バインダー監督、124分、コロンビア映画配給)。この映画は、「パンチドランク・ラブ」...
『再会の街で』 (『映画な日々』 cinema-days)
再会の街で 9.11.事件で妻子を亡くした大学時代の ルームメイトと15年振りにN.Y.の街で再会。 【個人評価:★★】 (自宅鑑賞) 原題:REIGN ...