ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『カポーティ』

2006-07-17 23:51:15 | 新作映画
----これってフィリップ・シーモア・ホフマンが
賞を総ナメにした映画だよね。
カポーティ本人そっくりって話題になっているけど?
「そうらしいね。
でも本当に似ているかどうかなんて
ぼくたちには分からないよね。
そのことはともかくとして、
オスカーが全部ソックリさん大会になってしまったら、
それはそれで、ちょっと問題だと思う」

----おや、少し辛口だニャ?
「ただね、
この映画は良きにつれ悪しきにつれ
彼の演技に負っているところがとても多い。
と言うのが、この中での彼の声色が
他の映画ではとても聞くことのできない
神経質なまでのかん高いトーン。
人によっては耳障りなこの声が、
映画のトーンをも決定してしまう。
結局、この声にノレるかノレないかで、
この映画はオモシロくもなるし退屈にもなる」

----ニャるほど。
お話は伝記ニャんでしょ。
どこに比重が置かれているの?
「カンザス州の田舎町で起こった
一家四人の惨殺事件に興味を抱いたカポーティ。
彼はノンフィクションの新たな地平を切り開くと言う野望の下、
捜査に当たった保安官や事件の発見者を訪ね歩き、
現場や遺体を見て回り、ついには犯人との接触に成功する。
そこからついに彼は
傑作『冷血』(※映画にもなりました。これは必見です!)を生み出す。
ノンフィクション・ノベルと銘打たれたこの本は
一大センセーションを巻き起こすものの、
以後、カポーティは本格的な作品を書けなくなってしまう。
果たしてそこで何が起こったのか?」

----おっ。ミステリーが少し混じっているわけだ。
「うん。
少しネタバレ気味になるけど、
カポーティは犯人の一人ベリー・スミスの信頼を得るものの、
肝心の犯行の詳細に付いては聞き出すことができない。
しかもカポーティとしては
小説を完結させるには犯人たちが死刑になってくれないと困る。
つまり、彼はベリーの死刑の執行を待ち望むようになるんだ」

----それはひどいニャあ?
「ある意味、悪魔だよね。
この映画は創作というものが
そのような悪魔的側面を持っていることをいやと言うほど見せつける。
もちろんカポーティは血の通った人間だから、
彼に信頼を寄せている男の死を待ち望む自分を
そのまますべて受け入れるわけではない
そのためカポーティは次第に精神的バランスを崩し始める。
フィリップ・シーモア・ホフマンの演技賞受賞と言うのは、
そのソックリさんぶりよりも、
むしろこの内面苦悩演技に対して与えられていると言えるんじゃないかな」

---おや、賞賛に変わってきたニャ?
「うん。彼の演技の素晴らしさは十分に認めたい。
ただ、その人間関係がとても分かりにくい。
彼が電話で相談したり報告したりしている男、
その中の一人がゲイだったカポーティのパートナーなんて、
そんなのアメリカ人にとっては自明の理かも知れないけど、
ぼくには分からなかった。
また、チラシなんかには、
カポーティが犯人に対して
自分と同じ孤独で傷つきやすい心を持っていることを感じとり、
心を通わせる……とも書いてあるけど、
これもぼくには読み取れなかったな。
もっともこれはぼくの読解力不足かも知れないけど……」


            (byえいwithフォーン)

冷血 TSDD-10258冷血 TSDD-10258
※クールな映画でした。

※そりゃあ、とんでもない声だ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (18)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
« 『ヅラ刑事』 | トップ | 鬘 かつら »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おおっ 『カポーティ』 (隣の評論家)
2006-07-18 21:14:42
えいさん、こんばんわ。

早速、記事にされたのですね。勢い余ってコメントしております。

公開前という事もあり、思いのままに記事にできない部分があるのでしょうか、やっぱり。えいさんが率直にどう感じたのかはかりかねた私です。

コレはもう、とにかく観ないとですね。早々に購入した前売り券が、お財布の中で待機中です。鑑賞したら、またお邪魔したいと思います。
■隣の評論家さん (えい)
2006-07-18 23:46:04
こんばんは。



鋭いですね(笑)。

どう、お答えしていいのやら……。



ファースト・シーンがとてもいいです。

これじゃ答になんないなあ。



神業とも思える

フィリップ・シーモア・ホフマンの演技の高みにまで

映画が追いつくのは至難の業じゃないでしょうか?

ベテラン監督の演出で観てみたい気がします。-----

という感じかな。
こんにちは (M.)
2006-07-19 12:30:52
>オスカーが全部ソックリさん大会になってしまったら、

>それはそれで、ちょっと問題だと思う

そうですよねー。実話ベースの主人公を演じると結構賞が獲れやすい傾向があるように思います。。でもホフマン君の演技はとってもよかったですよね。



わたしは米盤DVDでみたので理解よりも多分に思いこみがあるのかもしれませんが、予告でも使ってる「自分は表口から出て、彼は裏口から表に出ただけだ」みたいなセリフなどなどカポーティの犯人に寄せる感情はなんとなく感じられるような気がしました。小説を読んだ時にもなんとなく犯人の描き方に時折タイトルとのギャップを感じたり、だから「冷血」なのかなと思ったり…。

ロバート・ブレイク(でしたっけ?)で映画化された『冷血』はまだみていないんですが、是非みたいです。
■M.さん (えい)
2006-07-19 23:10:30
こんばんは。



DVDで鑑賞されたのですか!?

スゴいですね。

今後、このように

日本で公開が遅い映画に対しては、

待ちきれずにDVDでという方も多くなってくるでしょうね。

まあ、ぼくみたいに英語がダメな人間にとっては

ありえないことですが……。

そのこともあって、

この映画のキーとなる部分を見すごしている可能性もありそう。

M.さんのコメントを拝見して改めてそう思いました。
早速。 (隣の評論家)
2006-09-30 20:41:37
こんにちわ。

これ、公開前に記事にするのは難しかったと思います(汗)。今になってやっと、えいさんのお気持ちが何となく理解できるような気がしますー(苦笑)。

ハリウッド俳優の中では今一番好きなホフマンさんですが。今回ばかりは不快感を覚えてしまいました。何を考えているのか全くわからない。見た目よりもソコが不気味でした。同時に、さすがはホフマンさん♪

カポーティという人を掘り下げるのは至難の業なのかと思ったりもして。わかりにくいのですが、そういう意味では見応えもあったと感じました。

ただ、一般受けするのかどうかは疑問です。また一人だけ違う感想になっている気がしますけど。予告通りTBさせて頂きました。
■隣の評論家さん (えい)
2006-09-30 23:24:26
こんばんは。



この映画、期待が大きすぎただけに、

少しがっかりというのが正直な気持ちです。

他の監督の演出で見てみたかった気もします。

フィリップ・シーモア・ホフマンは

『ハピネス』が最高でした。
やっと (charlotte)
2006-10-06 17:48:03
こんにちは。

やっとこちらにもお邪魔できるようになりました。

見てきましたよ。

う~ん、なんというかやはり私も人間関係はわかりにくかったかもしれません。

ペリーとの交流も、どうやってそんなにペリーの心をつかんだのか?・・・ペリーの心情がどちらかというとわからなかった気もします。

冷血、アラバマ物語、見てみたい。
■charlotteさん (えい)
2006-10-07 21:47:31
こんばんは。



この映画、フィリップ・シーモア・ホフマンはいいのですが、

肝心の映画には面白みを感じませんでした。

「冷血」はハードな映画です。

当時のアメリカ映画では異色中の移植と言えるでしょう。

最近だとそんなに珍しいものでもないですが…。
作家 (kazupon)
2006-10-09 20:18:15
えいさんこんにちわ。

自分も犯人とカポーティが心をかよわせて

というのは感じられませんでした。

どちらかというと、彼そのものがちょっと分裂気味の

所があって、やっている事がいいのか悪いのか

どうなるのか?という信念がありそうでない

あやふやなカンジをホフマンが見事にあやふやに(笑)演じていた・・そんな印象の作品でした。

でも全てをジャーナリズムや作家に話してしまう

って、歴史的に自分の考えが残ってしまうので

ある意味恐ろしいです;;
■kazuponさん (えい)
2006-10-09 22:56:33
自分の考えが歴史的に残ってしまうのは恐ろしい…・

なるほど。

でも、最近の猟奇型殺人事件は

逆にそれを狙っている気がして、



それまた恐ろしいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

44 トラックバック

フィリップ・シーモア・ホフマン、神領域入ってました、「カポーティ」 (「USAのんびり亭」映画情報)
作家トルーマン・カポーティが、カンザスで起こった一家四人惨殺事件を題材に、犯罪ノ
『カポーティ』 (flicks review blog II)
 その後自らの最高傑作と謳われることになるトルーマン・カポーティのノンフィクションノベル「冷血」の執筆課程を描いた物語。 「ティファニーで朝食を」の高い評価のあと作品の題材に詰まっていたカポーティはある日新聞
感想/カポーティ(試写) (APRIL FOOLS)
アカデミー賞主演男優賞のフィリップ・シーモア・ホフマンが凄すぎる~! その演技だけでも満腹な『カポーティ』9月30日公開。『ティファニーで朝食を』などで知られる名作家トルーマン・カポーティが、『冷血』を執筆する経緯を追った、半伝記的映画。 ソニー・ ...
カポーティ (映画通の部屋)
「カポーティ」 CAPOTE/製作:2005年、アメリカ 114分 監督:ベネッ
『カポーティ』を観た (TV視聴室)
私も、読んだときのことを思い出しながら観ていたけど、この作品をより理解するためにも、『冷血』を予め読むことをお勧めしたい。
カポーティ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ノンフィクションに人生を侵食された小説家  
『カポーティ』 ホフマンとデ・ニーロ (Days of Books, Films)
フィリップ・シーモア・ホフマン(製作)の、フィリップ・シーモア・ホフマン(主演)
映画~カポーティ (きららのきらきら生活)
 「カポーティ」公式サイト映画の日、2本目はコレ。2006年アカデミー賞主演男優賞受賞(フィリップ・シーモア・ホフマン)作品。1959年11月15日。カンザス州ホルカムでクラッター家の家族4人が、惨殺死体で発見される。事件に目をつけた作家トルーマン・カポーテ ...
賞賛を得る為には、あまりにも大きすぎた代償。『カポーティ』 (水曜日のシネマ日記)
作家トルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説の名作「冷血」を書き上げるまでを描いた作品です。
カポーティ (シャーロットの涙)
言わずと知れた「冷血」の作者、トルーマン・カポーティ 実際の彼は知る由もないのだけど、フィリップ・シーモア・ホフマンが徹底的に研究したとあっては、スクリーン上にいたのはまさにカポーティ、その人であったのだろう。 予告編で何度も聞いてきた高い声。独 ...
カポーティ (シネ・ガラリーナ)
2005年/アメリカ 監督/ベネット・ミラー 1959年、カンザス州で一家4人惨殺事件が発生する。翌日この事件を知った作家カポーティは、これを作品にしようと思い立ち、すぐさま現地へと取材に向かう。同行した幼なじみのネルと共に事件現場や関係者を訪ねるカ ...
カポーティ (★試写会中毒★)
満 足 度 :★★★★★★★★★ (★×10=満点)  監  督 :ベネット・ミラー キャスト :フィリップ・シーモア・ホフマン 、キャサリン・キーナー 、クリフトン・コリンズ・Jr 、クリス・クーパー 、ブルース・グリーンウッド 、他 ■ストーリ ...
カポーティ (It's a Wonderful Life)
個性派俳優フィリップ・シーモア・ホフマンが製作を兼ね主演。 本作ででアカデミー賞主演男優賞を受賞。 小説家トルーマン・カポーティがノンフイクションノベル 「冷血」を書き上げるに至った伝記小説の映画化。 農場で家族を惨殺したとされる犯人の 深 ...
カポーティ/CAPOTE (我想一個人映画美的女人blog)
『ティファニーで朝食を』の著者で有名なトルーマン・カポーティ。 ある死刑囚と出会い、現代文学最高の傑作と讃えられる『冷血』を書いた。。。 フィリップ・シーモア・ホフマンの、 乗り移ったような見た目のソックリ具合とそのなりきった演技が絶賛され話題先 ...
カポーティ:CAPOTE (銅版画制作の日々)
京都シネマにて鑑賞。オードリー・へップバン主演の映画「ティファニーで朝食を」で有名な人気作家、トールマン・カポーティが、ある死刑囚と出会い、現代文学最高の傑作「冷血」を書いたこの映画「カポーティ」はその執筆する経過や体験などの苦悩を綴った物語で ...
「カポーティ」 (the borderland )
「ティファニ-で朝食を」で有名なトールマン・カポティ。 当時、小説と言えばフィクションが当たり前のなか、実際に起こった殺人事件を元に小説を書くことを決意する。最高傑作と言われている作品「冷血」を執筆するカポーティの作家としての狂気性や複雑な人格 ...
『カポーティ』。 (ねこにっき)
カポーティ 2005年アメリカ(114分) 監督:ベネット・ミラー 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン 、キャサリン・キーナー 、クリフトン・コリンズ・J ストーリー 1959年11月15日。 カンザス州ホルカムでクラッター家の家族4人が、惨殺死体で発見される ...
「カポーティ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Capote」2005 カナダ/USA 監督はベネット・ミラー。主演のトルーマン・カポーティに2005年度オスカー主演男優賞に輝いたフィリップ・シーモア・ホフマン。彼の幼なじみで作家のネル・ハーパー・リーにキャサリン・キーナー。刑事アルヴィン・デューイにクリス ...
「カポーティ」:銀座四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}銀座のティファニー。この前でハンバーガーでもどう? {/kaeru_en4/}待て、待て。ニューヨークなら「ティファニーで朝食を」ってのもいいかもしれないけど、ここは東京だぜ。 {/hiyo_en2/}そうね。ニューヨークならロマンチックかもしれないけど、東 ...
カーポティ (skywave blog)
絶対、カーポティの「冷血」を読んでから観てください。 一家惨殺殺人犯の死刑囚ペリーに近づき、信頼関係を築いていくが、それはあくまで、ノンフィクション小説を書くため。「
「カポーティ」祈りは叶えられた? (映画雑記・COLOR of CINEMA)
本年のアカデミー賞主演男優賞をフィリップ・シーモア・ホフマンにもたらした「カポーティ」。この物語はノンフィクションというジャンルを切り開いた小説「冷血」のメイキングでもあります。注・ここから物語に触れ
映画:カポーティ (駒吉の日記)
カポーティ@シャンテシネ 「彼には生きていてもらいたい 彼の話をきくまでは」 全く自分本位で計算高くて性悪な奴~、本当の「冷血」は誰なんだ。 好奇心と名声欲から始めた執筆で相手の懐に入り込み、吐き出させるだけ出させたら、もうさっさと終わり ...
カポーティ (future world)
「何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む」 まさにこのキャッチコピーにつきる・・・トルーマン・カポーティ。 残念なことに、この「冷血」という作品を読んでいないので、カポーティに対する衝撃や異常さは感じきれなかったように思う。 「冷血」・・ ...
カポーティ(2回目) (映画とはずがたり)
今年度アカデミー賞で 主要5部門にノミネートされた力作! 作家の苦悩と情熱を切々と熱演する、 フィリップ・シーモア・ホフマンが圧巻! 1回目の感想はコチラ! STORY:1959年、『ティファニーで朝食を』で すでに人気作家となっていたトルーマン・カポ ...
カポーティ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
数々のスキャンダラスなゴシップで知られ、アメリカの社交界の頂点に君臨していた人気作家トルーマン・カポーティが、「冷血」を執筆中に見たものとは??。 1950年代末、作家トルーマン・カポーティは輝く光に包まれていた。 「ティファニーで朝食を」で ...
カポーティ(映画館) (ひるめし。)
何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。 製作年:2005年 製作国:アメリカ 監 督:ベネット・ミラー 出演者:フィリップ・シーモア・ホフマン/キャサリン・キーナー/クリフトン・コリンズ・Jr/クリス・クーパー 時 間:114分 [感想] ヤバイ・・・ほ ...
名作が生まれるまでの苦悩【カポーティ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「ティファニーで朝食を」などの名作を生み出したトルーマン・カポーティが 作家生
108.カポーティ (レザボアCATs)
『ティファニーで朝食を』、『遠い部屋、遠い声』の作家トルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説『冷血』を書き上げるまでの数年間を描いた本作。脇役として面白い存在感をこれまでにも放っていた、フィリップ・シーモア・ホフマンが、初主演、アカデミー ...
カポーティ (Diarydiary!)
《カポーティ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - CAPOTE 「ティフ
カポーティ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ノンフィクションノベル、「冷血」 を執筆するカポーティの姿を描いた作品です。 何と言っても、主演したフィリップ・シーモア・ホフマンが光っています。 この声、この仕草で、ずっと生きてきた人に違いないと思わせる見事な化けっぷり。カポーティを演じ ...
カポーティ (メルブロ)
カポーティ 上映時間 1時間52分 監督 ベネット・ミラー 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン キャサリン・キーナー クリフトン・コリンズ・Jr クリス・クーパー 評価 6点(10点満点) 会場 恵比寿ガーデンシネマ  前回見に行こうと思ったら、夜 ...
★「カポーティ」 (ひらりん的映画ブログ)
この作品で2005年度のオスカー主演男優賞を取った、フィリップ・シーモア・ホフマン。 名前が長いので、略してF・S・Hとしておこう。 受賞するとは思ってなかったのか、だいぶ経ってからの公開。 この種の映画は、受賞でもしなかったら劇場未公開になっ ...
『カポーティ』 (京の昼寝~♪)
何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。     ■監督 ベネット・ミラー■原作 ジェラルド・クラーク■脚本 ダン・ファターマン■キャスト フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリス・クーパー□オフィシャルサイト  ...
カポーティ (knockin' on heaven's door)
Capote 作家トルーマン・カポーティがノンフィクション・ノベル『冷血』を書き上げる過程を追った、ちょっと新鮮な切り口の伝記映画。 淡々とドキュメンタリータッチの作風ということもあり、最近寝不足状態での仕事帰りの観賞にはきつかったです・・・つま ...
カポーティ (利用価値のない日々の雑学)
ノンフィクション作品を如何に文学として高めて行けるかどうかは、まさに、作者の手腕でしか為しえない一大事業である。冷血という小説はその存在は知っていたが、残念ながら読んだことも、又、映画化された同名作品を観たこともない。ただ概していえば、例えば「 ...
カポーティ・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1959年のある日。 カンザス州の小さな町で、裕福な農家の一家四人が何者かによって惨殺されるという事件が起こる。 この事件を報じる新聞記事に、ふと目を止めた作家が一人。 彼の名は、トルーマン・カポーティ。 映画フ
カポーティ (八ちゃんの日常空間)
小説のタイトルが「冷血」と決まりながらも、それを言えずにいるカポーティ。 そして衝撃の施行現場を目の当たりにする事になる。 「冷血」、それは作品のタイトルでありながら、カポーティ自身を比喩しているのではないか、そう思うぐらい恐ろしく冷血な映画だ ...
フィリップの「カポーティ」 (着物アロハ・茅kaya最新NEWS)
フィリップ・シーモア・ホフマンを 初めて映画で認識したのは「ツイスター」でのこと。 あのちょっと、粘着質な演技がとても印象的でした。 それから、いろいろな映画で 彼の名脇役ぶりを見ることになって、 気がついたら、彼を目当てに 映画を観にいく ...
カポーティ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
3月16日にDVD発売なんだそうですが、試写会(というか上映会)があって『カポーティ』観てきました。去年公開されたときに、豊橋まで出かけなきゃ、観られなかったし思い切り寝そうな気がする映画だったので、スルーしちゃったんですよね^^;たまたま、膝痛の炎症抑...
カポーティ (Capote) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベネット・ミラー 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2005年 アメリカ映画 114分 ドラマ 採点★★★★ 非常に単純な生き物なので、誰かが自分の事を好きでいてくれているってだけで勇気やら自信やらなにやらかにやらモロモロが倍増する私。その反面、いったん誰...
『カポーティ』 (Sweet* Days**)
カポーティ コレクターズ・エディションフィリップ・シーモア・ホフマン (2007/03/16)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント この商品の詳細を見る監督:ベネット・ミラー CAST:フィリップ・シーモア・ホフマン、
カポーティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】農家の一家4人が惨殺された事件に目をつけたカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、この事件を題材に雑誌の記事を書くことを思いつく。ザ・ニューヨーカーの編集者ウィリアム・ショーン(ボブ・バラバン)に話を持ちかけたカポーティは...
映画評「カポーティ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督ベネット・ミラー ネタバレあり
カポーティ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『何よりも君の死を恐れ、 誰よりも君の死を望む。』  コチラの「カポーティ」は、演技派俳優として知られるフィリップ・シーモア・ホフマンが、初めて製作総指揮と主演を務め、アカデミー賞をはじめとする主要映画賞の主演男優賞を受賞した映画なんですが、9/30に...