ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』

2014-03-26 11:15:12 | 新作映画

----これ、『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』で人気の
矢口史靖監督の映画だね。
「うん。
ぼくは彼の作品では
『アドレナリンドライブ』がいちばん好き。
他はそれほどでもないかな。
笑いの果ての感動という、
定型パターンがどうも苦手で…」

----でも、この映画は気に入っているんだよね。
高校卒業して、
自分の行方が決められない18歳の若者が
山奥の村で林業に従事するって言うんでしょ?
あれっ、でもこれってどこかで聞いたような…。
この“林業”を“酪農”に変えると…。
あらら『銀の匙』そっくりだ。
「言うと思った。
ところがこれは、
あの作品とは似て非なるものだね。
最初こそ、
都会の若者の考えの甘さやひ弱さといったものが
現場の厳しい仕事との対比の中に、
浮き彫りにされていくものの、
後半、子どもの神隠し(?)事件あたりから、
さっき話した<映画の定型>からどんどん離れていく。
バカバカしいまでの
スペクタクルな笑いが一気に噴き出してくる」

----スペクタクルな笑い?
「うん。
あの二枚目俳優・伊藤英明
妻(優香)のご機嫌を取りながらも
キャバレーの女に入れあげるという
三の線で使っているところから、
あれれ?とは思ったんだけど、
クライマックスでは、
それこそ誰も見たことがない“絶景かな(?)”シーンが出現。
なにせ、主演の染谷将太をはじめ、
伊藤英明から柄本明に至るまで出演男優全員、ふんどし一枚。
まるで、山上たつひこの漫画から飛び出したような男衆たちに
口あんぐりしているうちに、
“世界一巨大で、危険な奇祭”が繰り広げられる。
ここまでバカバカしいお祭りを
スペクタクルたっぷりに映像に焼きつけようとする
この映画のスタッフたちにとにかく脱帽。
それこそ日本の娯楽映画が元気だった60年代の映画を見ているような
そんな錯覚に陥ってしまう」

----ニャるほど。
確かに『銀の匙』とは違う。
「あの映画は、
基本、真面目だからね。
もちろん、この映画だって
心身ともに脆かった主人公はこの山村で立派に成長を遂げていくし、
それと絡めるように、日本社会が抱える問題をも提示した
真面目な映画ではある。
でも、一方では、
映画とは不真面目だからこそオモシロい”を実証するかのように、
矢口監督の“やるなら、とことん。思いっきり遊ぼう…
という覚悟と気概が隅々から溢れだしてくるんだ。
それと、思わず膝を打ちたくなる見事な伏線回収にも注目。
とりわけ映画のラストでは、
それが、
主人公の成長という、テーマの一つと見事に溶け合うんだ
う~ん。話しているうちに
もう一回観たくなってきた。
今のところ、今年ぼくが観た日本映画のベストだね」


フォーンの一言「ヒロインは、長澤まさみなのニャ」身を乗り出す

※それにしても伊藤英明。二枚目がさんの線をやった時の破壊力は凄まじい度
コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (6)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 『LIFE!』 | トップ | 『ディス/コネクト』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2014-05-09 23:34:25
この映画大好きです。
前半までは何時もの矢口調で進むのに、後半のパワフルすぎる展開にはビックリ。
クライマックスの祭りは、ぶっ飛んでいつつも、丁寧な画作りもあって、もしかしたら本当にあるかも?と思わせる辺りも見事でした。
でも最高殊勲賞はやっぱり伊藤英明ですね!
これ面白かった! (rose_chocolat)
2014-05-10 20:22:25
私も今年の邦画では相当好きです。
ベストに近いですねーー。

“やるなら、とことん。思いっきり遊ぼう…”
それが徹底したからこそいい作品になったんじゃないかと思いました。
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-05-11 00:10:34
あの奇祭。木材の方はまだしも、麓で待つ藁の造形物が妙にリアルで面白かったです。
でもそれを嫌悪感なく見せるのが矢口ワールドの素晴らしさですね。
■ノラネコさん (えい)
2014-05-15 22:40:53
ぼくも今年の邦画では
一、二を争うほどのお気に入り作品です。
映画の魅力を
これでもかと言うほど
たくさん詰め込んでいる。

伊藤英明、こんな役がやりたかったんでしょうね。
針を振りきっていました。
■rose_chocolatさん (えい)
2014-05-15 22:42:59
こんばんは。
おっ、rose_chocolatさんも
この作品がベスト級。
気があいますね~。


母の日は
ほんとうにありがとうございました。
また、近いうち
みんなで逢いましょう!
■にゃむばななさん (えい)
2014-05-15 22:44:27
いやいや、
目のやり場がなかったです。(W)
おなご衆がご利益ご利益とばかりに突進して
触りにいくところも…。
いやあ、まいったまいったでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

32 トラックバック

「WOOD JOB!神去なあなあ日常」☆さわやかな木の香り (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ああ楽しかった~♪と会場のあちこちで声がもれる。 抱腹絶倒まではいかないけれど、最初から最後まで暖かい笑いに包まれて、見た後は清々しい気分に。 話の展開も予測できるし想像通りの結末だけど、それでも見てよかったと思える映画って、実は貴重な存在なのかもしれ...
試写会「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」 (日々“是”精進! ver.F)
林業を通じて、得たもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404240001/ 【送料無料】CD/オリジナル・サウンドトラック/『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』...価格:2,700円(税込、送料込) 【送料...
WOOD JOB! 神去なあなあ日常 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。大阪でいくつかある中の試写会で、一番最初の上映だそうです。しかも監督だけの舞台挨拶だったのが、サプライズで主演の染谷くんも来てくれて・・・ラッキー監督さん面白い方だな~。お気楽な都会っ子男子の勇気くんが、たまたま目にしたパンフレットの...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (あーうぃ だにぇっと)
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~@東宝試写室
[映画][試写]「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」(矢口史靖監督作品) (タニプロダクション)
出演 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、マキタスポーツ、柄本明他 東宝試写室 座席位置 最前列中央 評点・・・☆☆☆★★★ 上出来の部類 神去なあなあ日常 (徳間文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2012/09/07 メディア: 文...
WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
GOOOOD JOB!!! 「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」は、ひょんな事から林業のインターンとなった都会っ子が、未知なる山の一年を通して成長してゆく姿を描く、言わば一次産業青春映画だ。 しかし軽いコメディと侮るなかれ。 恋と自分の居場所を巡る葛藤は、林業とい...
「WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~」究極の森林体験! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~] ブログ村キーワード  矢口史靖 監督待望の最新作。「WOOD JOB!(ウッジョブ) ~神去なあなあ日常~」(東宝)。今回描かれているテーマは、ズバリ“林業”。まあ、こんな風に書いちゃうと随分硬そうな映画かな?と思われるか...
『WOOD JOB ! (ウッジョブ) 神去なあなあ日常』 (2014) / 日本 (Nice One!! @goo)
監督・脚本: 矢口史靖 原作: 三浦しをん 出演: 染谷将太 、長澤まさみ 、伊藤英明 、優香 、西田尚美 、マキタスポーツ 、有福正志 、近藤芳正 、光石研 、柄本明 試写会場:東宝本社試写室 公式サイトはこちら。 (2014年5月10日公開) IMG_4538 p...
『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』 (こねたみっくす)
林業は自分が死んでから評価される仕事…でもないんだな! 何時間でも見ていたい映画に久しぶりに出会いました。別に特別な感動がある訳でもなければ、思い掛けない展開がある訳 ...
WOOD JOB! 神去なあなあ日常 (勝手に映画評)
『スウィングガールズ』、『ハッピーフライト』、『ロボジー』などの、矢口史靖監督の最新作。 いやぁ、矢口監督、この手の作品うまいですね。上記のこれまでの作品も上手かったですが、この作品も良い!って言うか、これは私が経年変化して涙もろくなったのか、あるいは...
映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』観たよ (よくばりアンテナ)
予想以上に面白かった(*´∀`*) さっすが矢口史靖監督! 笑いあり涙ありの林業のお仕事映画であって、青春映画でもあるんだよね。 原作の感想はコチラ。 原作の続編も読んだよ。 設定とかキャスティングのイメージとかちょこっと違うけど、 もはやそんな...
WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ウォーターボーイズ』など数々のヒット作を送り出してきた矢口史靖監督が、人気作家・三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画化した青春ドラマ。あるきっかけで山奥の村で林業に従事することになった都会育ちの若者が、先輩の厳しい指導や危険と隣り合...
映画「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」日本アカデミー賞候補だが・・・(ネタバレ含む) (映画監督デビューしたいし)
矢口史靖監督最高傑作らしい。 原作は舟を編むなどの三浦しをん。 評価も高いので今年も日本アカデミー賞最有力候補でしょう。 祭りのシーンで山本太郎が出ていた気がしたが似てる人だったようだ・・・ あらすじ 大学受験に失敗し恋人にもフラれた勇気(染谷将太)は、パ...
映画・WOOD JOB! ~神去なあなあ日常 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 原作 三浦しをん「神去なあなあ日常」 原作は面白かった!主演・平野勇気役が染谷将太さんということでさらに興味津々どちらかというと暗く鬱屈した役柄が多かった彼が、どんな清々しい平野勇気を見せてくれるのか映画公開がとても楽しみでした ...
『WOOD JOB ! (ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』矢口史靖監督、染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『WOOD JOB ! ~神去なあなあ日常~』矢口史靖監督三浦しをん原作出演 : 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香柄本明、西田尚美、マキタスポーツ、光石研、他物語・大学受験に失敗し高校卒業後の進路
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~ (風に吹かれて)
ヘタレの都会っ子 圏外の山村へ行く 公式サイト http://www.woodjob.jp 原作: 神去なあなあ日常 (三浦しをん著/徳間文庫)監督・脚本: 矢口史靖  「ウォーターボーイズ」 「ハッ
映画 WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    平野勇気(役:染谷将太)が林業の厳しさと田舎暮らしを   表現しているシーンは、素敵でした。山で木を切るシーンを見て、林業をやってみようと思った人もいるのではないでしょうか。 &...
『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』 くじけない秘訣がある (映画のブログ)
 「田舎を舐めるな。」  『おおかみこどもの雨と雪』を観た地方出身の友人は息巻いていた。  『おおかみこどもの雨と雪』は、都会に住む若い女性が幼い子供を連れて山奥に移り住む話だ。とても面白い映画だし、彼女には都会が暮らしにくい事情があるのだけれど、それ...
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~  監督/矢口 史靖 (西京極 紫の館)
【出演】  染谷 将太  伊藤 英明  長澤 まさみ  優香 【ストーリー】 大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキの....
映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」 (FREE TIME)
映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」を鑑賞しました。
チャラ男、杣人(そまびと)になる。・・(^_^;)~「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」~ (ペパーミントの魔術師)
余談ですが、マキタスポーツハマってるね~。 フツーにこういうひとこういう仕事してそう感があって(え) 歌うシーンはさすがにええ声。(^-^) 伊藤英明は海猿から山猿へ。(違) 「陰陽師」のみやこびとはいずこ。 多分ね~「海猿」以降ごっつくなったんだろうな~。...
『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」□監督・脚本 矢口史靖□原作 三浦しをん□キャスト 染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、       光石 研、柄本 明、近藤芳正 ■鑑賞日 5月10日(土)■劇場 TOH...
「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」 (ここなつ映画レビュー)
「なあなあ」とは…。三重県にある神去村の人々の口癖で、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」というニュアンスを持つ言葉。大学受験に失敗し、彼女にも振られ、自暴自棄になった主人公、平野勇気(染谷将太)が、案内パンフレットの表紙の美人(長澤まさみ)に惹かれた、...
「WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~」 遠く未来の人の笑顔のために (はらやんの映画徒然草)
前回の作品ではロボットという最新のテクノロジーを題材にしましたが、矢口監督の最新
WOOD JOB!(ウッジョブ) (映画的・絵画的・音楽的)
 『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『舟を編む』の原作者・三浦しをん氏が書いた小説(注2)に基づいた作品ということで映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、大学の入試に落ちた主人公の平野勇...
映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」 (FREE TIME)
映画「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」を鑑賞しました。
チャラ男、杣人(そまびと)になる。・・(^_^;)~「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」~ (ペパーミントの魔術師)
余談ですが、マキタスポーツハマってるね~。 フツーにこういうひとこういう仕事してそう感があって(え) 歌うシーンはさすがにええ声。(^-^) 伊藤英明は海猿から山猿へ。(違) 「陰陽師」のみやこびとはいずこ。 多分ね~「海猿」以降ごっつくなったんだろうな~。...
山は生きている~『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』 (真紅のthinkingdays)
 大学受験に失敗し、彼女にも振られた勇気(染谷将太)は、軽く不純な動機で 林業研修に向かう。電車を乗り継ぎ、辿り着いたそこは、携帯の電波も届かない、 緑深い森の村。  三浦しおんの原作を読んだ後、「アニメ映画で観たい」 と感想を書いたが、ま さかの...
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~ '14:日本 ◆監督:矢口史靖「ロボジー」「スウィングガールズ」 ◆主演:染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、光石研、柄本明 ◆STORY◆大学受験に失敗し高校卒業後の...
映画『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』 (trivialities )
【5月10日特記】 映画『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』を観てきた。 わざわざ書くまでもないかもしれないが、矢口史靖という監督は、男子シンクロナイズド・スイミングやら、女子高生ビッグバンドやら
映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-45.WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常■配給:東宝■製作年、国:2014年、日本■上映時間:116分■料金:1,100円■観賞日:6月1日、TOHOシネマズ日劇(有楽町) □監督・脚本:矢口史靖◆伊藤英明◆長澤まさみ◆染谷将太◆優香◆西田尚美◆柄...
映画評「WOOD JOB!~神去なあなあ日常~」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・矢口史靖 ネタバレあり