ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ハチミツとクローバー』

2006-07-23 21:09:47 | 新作映画
----これって昨日公開されたばかりの映画だよね……。
「うん。メイン館がシネマライズ。
ここで公開された映画はほとんどがヒット。
まあ、時代の風にあっていると言うことなんだろうけど、
これって鶏が先か卵が先かに似ていて、
シネマライズでやるから
そのブランド力の元にみんなが観に行くのか、
それとも観賞に堪えうる映画だからこそシネマライズでかかるのか?
どうもいま一つはっきりしない」

----ニャるほど。この映画なんて
原作が少女コミックで、
監督もこれがデビュー作だしね。
「そういうこと。
少し斜に構えて観てしまった。
でも、気がつくといつのまにか映画の中に引きずり込まれていた。
それは、この映画が単にぼくの好きなジャンルの
<青春映画>だからというだけではない。
この映画の持ついろんなファクターが
吸引力として作用していたと思うんだ。
まず、感心したのはそのキャスティング。
ヒロインの天才少女・はぐみ。
もし彼女を蒼井優以外の女性が演じていたら、
とても観られたものではなかったと思う。
社会的な協調性よりも
<自分の世界>に入り込むことが許されるはぐみのような不思議系キャラは、
どっちかと言うと同性に嫌われやすいタイプ。
それをギリギリのところで避けている彼女の演技はまさに賞賛に値する。
たとえば、疲れ果てて寝込んでしまうはぐみ。
無垢な寝顔をここまで見事に演じた女優をぼくは他に知らない。
自分の顔の皺一つひとつがもたらす効果を熟知。
まるで名優・三國連太郎のようだ」

----スゴい絶賛だね。あれ、この栗山千明似の女性は?
「あっ、関めぐみね。
彼女もいい。加瀬亮扮する青山への切ない恋を
そのしっかりと見開かれた目で好演する」

----しっかりと見開かれた目?
「うん。この映画は悪く言えば、
どこにでもあるような片思いの青春映画。
そのどれもが一方通行で交わることはない。
でも、映画的に観れば、
思いの対象を見つめ見守る<視線の映画>となっているんだ。
映画とは本来、興味のある対象物を見つめ記録したいという
強い思いから生まれた媒体、
ここでは、登場人物それぞれの思いから発する<視線>が
映像として焼き付けられている。
この映画の主人公たちは美大生と言う設定。
彼らも自分の描きたいものを
自分のその目で絵画や彫刻にしてゆく。
その意味でも主人公に櫻井翔を持ってきたのは大正解。
実際には存在しないような汚れなき澄んだ<目>が
観る者の心に強く残る。
さっきも言ったように
この映画は正直言ってお話としてはありふれたもの。
ある意味、テレビドラマの延長と言えないこともない。
しかしそれを<視線のドラマ>としたことで、
少なくともぼくの<青春映画アルバム>の1ページに
長く記憶に残る映画になったね」


            (byえいwithフォーン)


※いつまでも見つめていたい度

人気blogランキングもよろしく
☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はオフィシャルサイトの壁紙です。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« 『トンマッコルへようこそ』 | トップ | 『XーMEN ファイナル ディ... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シネマライズ (kazupon)
2006-07-23 21:43:43
えいさん

この東京はシネマライズなんですね~

ちょっとらしくない気もしますが、「弥次さん

喜多さん」なんかもあそこで限定公開~

全国ってスタイルだったみたいですし(配給

が同じですよね確か)

個人的には関、伊勢谷、堺(呼び捨てごめん)

の3人が印象に残りました。特に関めぐみは

「8月のクリスマス」とは全然違うタイプの

役で、この人上手いな~って今回は改めて

感じました。ダメダメな子なんだけど、魅力的

でしたよね。
■kazuponさん (えい)
2006-07-23 23:02:39
こんばんは。



この映画、最初はシネマライズ+αだったのが、

前評判が高く全国区となったようです。

ぼくが観たのは東京は東京でも多摩地区のシネコン。

『ハチクロ』の舞台にも近いです。

ただ、その割には、あまり人が入っていなかったですが…。



ぼくは櫻井翔が印象強かったです。

彼が海で決心するシーンは

恥ずかしながら泣けました。
TBありがとうございました(^^) ()
2006-07-23 23:30:53
こんばんは!

関めぐみさん、誰かに似ている・・・と思っていたんですけど、栗山千明さんだったんですね!

あゆちゃんが真山くんに、おんぶされながら告白してるシーンも好きでした。

はぐちゃんや竹本くんは、結構、原作のイメージ通りで、ハマッていたように思います♪
視線の映画とは (april_foop)
2006-07-23 23:45:16
すばらしい表現ですね。感動。



ありふれた話なのにイイと思えるって、すごいことですよね。

イメージを損なわず演技もすばらしかったキャスト、

そしてそれ以上に原作のエッセンスを使ってうまくまとめた監督の手腕をたたえたい作品でした。

コメントありがとうございます。 (えい)
2006-07-24 00:31:20
■空さん



こんばんは。



関めぐみさん。

栗山千明もそうなんですが、

ときどき菅野美穂にも見えました。



原作は読んでいないのですが、

蒼井優は、その原作を想像させてくれました。





■april_foopさん



こんばんは。

お褒めの言葉ありがとうございます。

本文では書き忘れてしまったのですが、

この一方的だった<視線のドラマ>は

ラスト近く蒼井優のアップによる

「ありがとう」で完結した気がしました。
クロネコ (kino)
2006-07-24 00:37:36
TBとコメントありがとうございました。

異質だったクロネコ・・・コメントありがとうございました。

あの子も”視線の映画”の担い手だったのかも。

もんもんと悩み続けるみんなを見守ってる。



原作のコミカルな部分が大好きだけど、

それを実写映画にもってくるのは多分無理だろうし、

もってきたら イッキにコメディ映画になってしまいそうです。

そう思うと、今回の映画化はこれでよかったのかもしれません。
■kinoさん (えい)
2006-07-24 00:49:55
こんばんは。



なるほど。

黒猫が見守ってくれていたわけですね。

うちのフォーンもそうだといいのですが(笑)。



コメントありがとうございました。
TBありがとうございました! (こーいち)
2006-07-24 00:59:15
こんばんは。

僕も大好きな映画でした♪

キャスティングはすごく良かったですよね。

個人的にはあゆと真山の恋愛が好きでした☆

蒼井優ちゃんも桜井くんも純粋な役を

うまく演じていると思いました!
■こーいちさん (えい)
2006-07-24 23:04:21
こんばんは。



コメントありがとうございます。

いろんな方のレビューを拝見させてもらいましたが、

あゆと真山は評判がいいと言うか、人気が高いですね。

ぼくは櫻井翔に好感を持ちました。

(普通っぽいですね)。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-07-25 20:58:07
こんにちは♪

CGの黒猫ちゃんを見て、こちらのフォーンちゃんとテンプレを思い出していたのですよ

原作ファンにはいろいろ言いたいこともあるのですが、未読の方には評判がいいようなので嬉しいです。

原作はシリアスとギャグの絶妙なブレンドがキモなのですが、ギャグ部分は藤原兄弟のみでした。

あのギャグを映画でやったらドン引きされるので、シリアス部分を上手くまとめたと言っていいのでしょうね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

51 トラックバック

ハチミツとクローバー (It's a Wonderful Life)
夏休みは映画好きとしては結構つまらないシーズンかも? シネコンの大半は超大作とアニメでスクリーン占拠されてしまいますし、 洋画の目玉作は字幕、吹替って2スクリーン使うのが定石。 数本観てしまうと、もう観るものが無くなってしまうというか・・。 ...
あ~片想い「ハチミツとクローバー」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
恋はくるくる巡る ! 全員片想い !! 「月刊コーラス」連載中の羽海野チカの「ハ
ハチミツとクローバー (ネタバレ映画館)
『頭文字D』の主役の車はハチロクだが、この映画の略はハチクロ。『NANA』のハチは宮崎あおいだが、この映画のはぐみは蒼井優だ。と、ろくでもない書き出しになってすみません。
『ハチミツとクローバー』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した 『ハチミツとクローバー』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★
【ハチミツとクローバー】 (空の「一期一会」)
★「青春最高!」とっても、甘酸っぱい作品でした。 誰かのことを好きになり始めた
感想/ハチミツとクローバー(試写) (APRIL FOOLS)
言わずと知れた大人気ガールズコミック『ハチミツとクローバー』の映画化。お待たせしましたいよいよ7月22日公開! エンタメ好きなら絶対見逃し不可だぜ! 映画『ハチミツとクローバー』 ストーリーは割愛ね。コミック読んだとき、あんなに小動物なはぐみを実 ...
「ハチミツとクローバー」 甘くて苦くて酸っぱくて (目の中のリンゴ)
しつこく話題にし続けていた 映画、 「ハチミツとクローバー」(2006年 日本) 本日封切り! あ、↑のクローバーハチミツは、Afternoon Teaで購入したものです。 小説や漫画が映画化される時、原作と映画はベツモノと 心に言い聞かせるのだけど原作が大好きな ...
ハチミツとクローバー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
月刊「コーラス」に連載され評判を呼んでいる美大を舞台に学生たちの青春を描いた羽海野チカの同名漫画の映画化です。 浜美大に通う、竹本、森田、真山、あゆの4人は、花本研究室で知り合った仲間。ある日、竹本は花本教授の姪で浜美大に入学してきたダイナミッ ...
『ハチミツとクローバー』 (アンディの日記 シネマ版)
青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:]    06/07/22公開   (公式サイト) 切なさ[:失恋:][:失恋:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】高田雅博 【脚本】河原雅彦/高田雅博 【原 ...
ハチミツとクローバー (haljion_blog)
公開をずぅっと待っていた映画『ハチミツとクローバー』を観て来ました。 空とか海と
映画「ハチミツとクローバー」試写会@よみうりホール (POP中毒者の酒記(裏の裏))
七夕に気になってた「ハチクロ」試写会へ。会場となったよみうりホールの整列となった
ハチミツとクローバー「天才変人5人による恋愛模様も問題ありの数々・・・」 (オールマイティにコメンテート)
「ハチミツとクローバー」は人気漫画「ハチミツとクローバー」の実写版でとある美大に通う変わり者5人の美大生による恋愛群想起である。話題のある映画だったが、シーンの数々で首を捻るシーンもあり、恋愛模様も変わり者たちによるものでかなりの理解度を求めら ...
ハチミツとクローバー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
幅広い世代の支持を得る、羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。美大に通う男女5人を中心に、甘酸っぱい恋と青春の物語が展開する。主人公・竹本を演じるのは人気グループ「嵐」の櫻井翔。そのほか、『雪に願うこと』の伊勢谷友介、『花と ...
『ハチミツとクローバー』 (京の昼寝~♪)
人が恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった。     ■監督 高田雅博■脚本 河原雅彦・高田雅博■原作 羽海野チカ■キャスト 櫻井 翔、蒼井 優、伊勢谷友介、加瀬亮、関 めぐみ、西田尚美□オフィシャルサイト  『ハチミツとクローバー』 ある日 ...
映画「ハチミツとクローバー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハチミツとクローバー」 羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。 原作が大好き。「ハチクロ」といえば、胸キュン、片思いの切なさがキーワード。映画化でどこまであの空気感を出せうるだろう。 登場人物の誰もが片思い。いまど ...
ハチミツとクローバー (そーれりぽーと)
劇場で観た「ハチミツとクローバー」の予告編。出演者が面白そうだったので興味を持ってたんですが、原作は少女漫画なのね。 単館で観るつもりだったのですが、小さな映画館で観るのにはこっ恥ずかしいので、大きなシネコンで上映しているところを探して観て来まし ...
映画『ハチミツとクローバー』 (trivialities)
【7月23日特記】 映画『ハチミツとクローバー』を観てきた。 客層は若い男女。特に女性多し。おっちゃん/おばちゃんは視認できた限りでは僕の他にもう1人。率にすれば2%というところか。 『パイレーツ・オ
ハチミツとクローバー映画 (                †DIARY†  )
レディースデーということで見てきましたハチクロ原作のファンです感想としてはまぁ面白かったです・・・所々詰め込んでて少しもったいない気もしましたがまずここのキャラでしたがほとんど原作イメージそっくりで驚きました特にはぐちゃん本当に可愛い!!蒼井優 ...
【劇場映画】 ハチミツとクローバー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ある日のこと、竹本は恋に落ちた。それは一瞬のことだった。彼の瞳の先にいたのは、一心不乱に筆を走らせるはぐみだった。そして竹本が恋した瞬間を、真山が目撃していた。真山自身はアルバイト先の女性に想いを寄せている。竹本も真山も、そして ...
「恋愛寫眞」のような映画。~「ハチミツとクローバー」~ (ペパーミントの魔術師)
レディースデイの梅田ガーデンシネマ。10:10。 整理券を発行しますということだったんで 初日はやめたんですが、水曜日なんで30分まえには到着。 圧倒的に女性客だったんですが、ラブ☆コンよりも かなり年齢層が上。(笑)今回は安心して混じりました、 ...
ハチミツとクローバー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告で・・・あぁ 思い切り少女マンガだなぁ~と思った『ハチミツとクローバー』どんな絵柄なんだろうなぁ~?と想像したのは太刀掛秀子 蒼井優扮する ”はぐみ”のふわふわ感からの連想ですが(笑) あーーそんな乙女ちっく少女マンガの映像化なのかなぁ~? ...
『ハチミツとクローバー』 (моя комната ~まやこむなた~)
羽海野チカの同名コミックの待望の実写映画化。噂には聞いてたけど読んだことのなかったこの漫画・・美大生の話だったのね。しかも恥ずかしくなるほどの青春エピソードがぎっしり。ああ・・若いっていいわぁ・・。本日の完成披露試写会は監督と出演者の舞台挨拶つ ...
「ハチミツとクローバー」群像劇として説得力なし (再出発日記)
片想い映画というのは、全世界で年何本も作られる。三角関係になったりなんかすると、仏映画「冒険者たち」「歓楽通り」のようにたいていは悲劇で終わるだろう。監督:高田雅博出演:櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみこの映画はそんな片想い映画には ...
【劇場鑑賞74】ハチミツとクローバー(honey and clover) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった 僕は、この日のこと、この日から始まったことの全てを忘れ決して忘れないだろ う 僕は、自分が彼女のために出来ることの少なさ、小ささに、愕然としていた 僕が彼女のために出来ること・・・
芸大生が原作読まずに観た「ハチミツとクローバー」(+ちょっとゲド戦記(笑)) (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ )
まさに期待を裏切られた、良い意味で。邦画の良さを、芸大の良さを、恋の良さを、ストレートに感じた瞬間だった。ハチミツとクローバー、原作の漫画ファンでもないし、公開場所も時間も少ない(近畿は梅田ブルグへ急げ)が、是非お勧めしたい一作である。 邦画 ...
ハチミツとクローバー (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <シネマライズ> 監督:高田雅博 原作:羽海野チカ 脚本:河原雅彦 高田雅博 うーん。観終って正直微妙なキモチでした。 映像はキレイ。 ストーリーはよくまとまってる。 配役もナカナカ。というか蒼井優チャンは存在感も演技もずば抜けて ...
映画・ハチミツとクローバー (halftime ハーフタイム)
今日は、父と一緒に映画を見に行ってきます☆ 父は毎週土曜日に映画を見に行っています。 いつもは一人で…。先週は「日本沈没」を 見に行きました。そして、あらすじを 私に話す!! 「みなみ、日本は沈没しかけたが、 最後まで残ったのは○○○だった。 ...
ハチミツとクローバー (愛猫レオンと年間170本映画生活日記)
少女マンガの世界をそのまま映像にしてくれた映画でした。 この映画のゆる~い空気感とオシャレな雰囲気は大好きです。 ストーリーは全員片思いの一方通行のお話。 急に海に出かけちゃってハダシになって駆け出す。 海に向かって大声で叫んで、同じ部屋で雑 ...
ハチミツとクローバー(映画館) (ひるめし。)
恋に落ちる瞬間を初めて見てしまった 恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい CAST:櫻井翔/蒼井優/伊勢谷友介/加瀬亮/関めぐみ 他 ■日本産 116分 昨年「NANA」がヒットしたため?なのか知らないけど、今年も少女漫画の実写化の映画が多いな~。 ...
ハチミツとクローバー (シネマ de ぽん!)
ハチミツとクローバー公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価 
「ハチミツとクローバー」■視線が語る恋愛映画 (映画と出会う・世界が変わる)
「ハチミツとクローバー」を観たのは、関めぐみを見たかったから。「八月のクリスマス」で非常に印象に残ったので、彼女の出演作は極力観ていこうと思ったのであったが、「笑う大天使」は見逃した。関めぐみは、ちょっとした角度で見ると栗山千明に似ている。関め ...
【 ハチミツとクローバー 】 (もじゃ映画メモメモ)
美大に通う男女5人を描いた羽海野チカ原作の少女コミックを実写映画化。 少女マンガなんで原作は未読。原作読んでいるとついつい比べてしまうんだよね、思い入れが強いと文句も多くなるし。 大学生とは到底思えないほどの純愛が繰り広げられます、これが少女マ ...
ハチミツとクローバー (knockin' on heaven's door)
一方通行のベクトルが幾重にも交差するお話は、淡い色彩が重なり合うようで、そして何だか懐かしい香りがする。 でもハチミツの甘さだけではない、選ばれた才能の存在が意味するものが見え隠れする、ちょっとビターな群像劇。
「ハチミツとクローバー」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
原作の大ファンの私。たびたびこのブログでも記事にしてきた。 期待しすぎていたのだろうか、原作がすばらしすぎるのだろうか、 キャスティングが完璧すぎるのだろうか、予告の出来がよすぎたのだろうか、 私が大切にあたためすぎていたのだろうか。 決して、原作 ...
ハチミツとクローバー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 観客がマバラなせいか、季節外れの半袖シャツのせいか、まるで冷凍室に閉じ込められたようにクーラーが冷たい。 この映画の原作は少女マンガらしい。そしてそれとなく始まり、それとなく終わってしまった。始まりもなく終わりもない感じだ。 ハチミツと ...
映画「ハチミツとクローバー」 (遠い海から来た・・)
ハチミツとクローバー ―PHOTO MAKING BOOK価格:¥ 1,260
ハチミツとクローバー (八ちゃんの日常空間)
ラブ・ストーリーというより青春映画といった感じだが、どうしても櫻井翼をフィーチャーしたアイドル映画の粋を越えていないような気がする。 とはいうものの、「美術」と「青春」を上手くミックスして片思いの切なさをきれいに表現している。簡単にあきらめて次 ...
魔法のコトバ (藻、たくさんの日々。)
目黒シネマで二本目に観たのは、「ハチミツとクローバー」。 原作コミックのファンで、ずっと観たいと思っていたのです。 ようやく実現。 観終わっての感想は…、 映画オリジナルの部分もあったりして、 まあまあよかったかなと思います。 ただ、最後は ...
『ハチミツとクローバー』を語る。 (TATSUYAのレンタル映画レビュー)
それは、2つの恋の二等辺三角形。 ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)櫻井翔 (2007/01/12)角川エンタテインメント この商品の詳細を見る @_@ TATSUYAのレンタル指数-2本観れば85% ! 『
ハチミツとクローバー (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「ハチミツとクローバー」         (高田雅博:監督/羽海野チカ:原作)    美大生たちの恋と青春。  私は原作を読んでいないんですが、  その青春具合が、なんだかすごく少女マンガっぽい。  いや、これ、よい意味で言ってるんですよ。 ...
ハチミツとクローバー DVD (★しゃべりば ★)
 遅らばせながら 本日DVDで鑑賞しました♪ 美大の教員・花本のもとに集まる貧乏生活をおくる多くの美大生たち。 真山はバイト先の建築デザイナー・理花に。山田さんはこの真山に恋してる。 純情青年竹本も花本の従兄弟の娘はぐみに一瞬にして恋してしまう。 みん...
TAKE 50「ハチミツとクローバー」(実写版) (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第50回目は「ハチミツとクローバー」(実写版)です。 この映画は作者:羽海野チカによる伝説的マンガ「ハチミツとクローバー」を 実写映画化したものです。この映画の原作を読んだことはありませんが 深夜枠でアニメーションでやっているのを観...
「ハチミツとクローバー」 素直な恋ごころを忘れたくない (はらやんの映画徒然草)
大学はデザイン系でした。 映画の中で描かれているように学内のそこかしこで、誰かが
DVD『ハチミツとクローバー 』 (みかんのReading Diary♪)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産) (2006/日本) 美大に通う竹本は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみに恋心を抱く。彼女は大学の教授・花本の親戚で、天才少女とうわさされる転入生だった。はぐみのことが頭から離れない竹本...
映画評「ハチミツとクローバー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・高田雅博 ネタバレあり
ハチミツとクローバー(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
ハチミツとクローバー(2006) Director : 高田雅博 Cast : 櫻井翔, 伊勢谷友介, 蒼井優, 加瀬亮, 関めぐみ, 堺雅人 Genre : 青春/ロマンス/コメディ Runtime : 125 min Company : アスミック・エース 参考リンク → allcinema ONLINE / CINEMA TOPICS ONLINE 『ハ...
『ハチミツとクローバー』 (Sweet*Days**)
ハチミツとクローバー スペシャル・エディション (初回限定生産)(2007/01/12)櫻井翔、蒼井優 他商品詳細を見る 監督:高田雅博 CAST:桜井翔...
ハチミツとクローバー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『恋をした それだけのことなのに 世界はまぶしい』  コチラの"ハチクロ"こと「ハチミツとクローバー」は、7/22公開になった羽海野チカ原作の人気少女マンガの映画化です。美大に通う男女5人が繰り広げる全員片想いの切なく甘酸っぱい青春ラブストーリーですっ♪ ...
ハチミツとクローバー (C'est Joli)
ハチミツとクローバー’06:日本 ◆監督・脚本:高田雅博◆出演:櫻井翔/ 伊勢谷友介/ 蒼井優/ 加瀬亮/ 関めぐみ ◆STORY◆美大生の竹本は、サークルで知り合ったはぐみに恋をする。そんな2人の前に現れたのは、自信過剰で図々しい森田。最初は森...
ハチミツとクローバー (Blossom Blog)
ハチミツとクローバー 監督 高田雅博 出演 櫻井翔 伊勢谷友介 蒼井優     加瀬亮 関めぐみ 堺雅人 日本 2006
ハチミツとクローバー (Yuhiの読書日記+α)
羽海野チカの同名コミックを映画化した青春ラブストーリー。監督は高田雅博、キャストは櫻井翔、伊勢谷友介、蒼井優、加瀬亮、堺雅人他。 <あらすじ> 浜美大に通う竹本(櫻井翔)は、ある日、一心不乱に絵を描く少女・はぐみ(蒼井優)に恋心を抱く。彼女は大学の教授...