ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『宇宙戦争』

2005-07-03 12:01:33 | 映画
------これってもう公開されてるよね。
すごい秘密主義だったみたいだけど、予想と比べてみてどうだった?
「スピルバーグって『未知との遭遇』で
それまで映画で描かれていた宇宙人=侵略者のイメージを覆した人。
そこで放たれた<We are not alone>のメッセージは
『E.T.』で個と個の友情にまで発展していく。
でもこの『宇宙戦争』は
H・G・ウェルズの原作を基に侵略をテーマに描かれた映画。
すでにバイロン・ハスキンが53年に映画化。
50年代SFの代表とも言われている。
もっとも製作のジョージ・パルの方が有名で、
この映画はジョージ・パルの名で語られることが多いけど...」

-----そういうことはどうでもいいから、この映画はどうだったの?
「うん。これは<家族愛>を前面に打ち出した宣伝展開になってるけど、
どちらかというと<ホラー>映画という感じだったね。
もちろんタイトルに偽りなしで<戦争>もあるし<SF>もある。
でも、観ている途中ぼくの頭をよぎっていったのは
『ゾンビ』『タイタニック』『プライベート・ライアン』
『ポルターガイスト』『エイリアン』、そして『GONIN』」

-----えっ?『GONIN』って石井隆の?
「まあ、それは後で話すことにして、
この映画、冒頭はニュージャージー。
主人公レイが別れた妻と面会するシーンから始まる。
ある期間だけ子供たちと過ごせるというこの設定はアメリカ映画に多く、
正直、またか...という気にもなったけど、
この<父と子の関係>が映画を最後まで牽引していく。
反抗的な息子ロビーと、神経過敏な娘レイチェル。
前触れもなく唐突に始まった異星人の侵略に対し、
その現場に立ち会ったレイは二人の子供を抱え、
ニュージャージーから妻の住むボストンへ向かうわけだ。
自分だけじゃないからサスペンス色もさらに増してくる」

----なるほど。全地球規模の戦争でありながら、
一家族の物語にスポットを当ててるわけだ。
「うん。でも最初はこれは夢落ちかと思わせるほどの強引な展開。
他人の車を盗んで夢中で飛ばすレイ。
事情が飲み込めない子供たちは半パニック。
彼らは現場を見てない上に、もともと親を信頼してないわけだからね。
ぼくも、ここはレイの幻覚、妄想かも...と思ってしまった」

----いくらなんでもそれはニャいでしょ?
「うん。それはなかった(笑)。
さて、この後さらなる<悪夢>が彼を襲う。
フェリー乗り場近くで、一台だけ動いている彼らの車を目がけて
人々が<ゾンビ>の群れのように突進。
どうにか乗り込んだフェリーでは乗り遅れた人々が船に飛び乗る」

----ああ、ここが『タイタニック』か。
「必死に岸に泳ぎ着いた家族が目撃するのは異星人に立ち向かう軍隊」
----ここが『プライベート・ライアン』ね。
「で、身を切られるような親子泣き別れのシーンを挟んで
映画の中軸をなす廃屋のシーンが始まる。
彼らを廃屋に招き入れた男(ティム・ロビンス好演!)は異星人と戦うことを主張。
一方のレイは彼らの目を逃れて生き延びることを選ぶ。
この<生きざま>の対立の中、
廃屋内を異星人の<眼>が巨大蛇のように彼らを探し回る。
ばくがさっき言った石井隆『GONIN』というのはここ。
あの映画でもっとも恐かったのは
押し入れに身を潜めて隠れた恋人たちが見つかるところ。
見つかればその先に待ち受けるのは<逃れられない死>。
ただ、今回ちょっと不満なのは
そこで<眼>を避けて逃げ回る3人の<脅え>が足りなかったところ。
もし、実際にあんな事態に遭遇したら、
震えて足も動かないんじゃないか....そう思ったわけだ。
たとえばこれを時代劇に置き換えてみよう。
城を攻められ、秘密の小部屋に隠れ息を潜める城主。
外には刀を手に彼を探し回る敵軍。これはほんとうに恐いと思う。
吉良上野介の気持ち、分かるなあ...」

----ちょっと、ちょっと。話がとんでもない方向にってニャい?
「あっ、ごめんごめん。
さて、ここでついに異星人が姿を現す。
最初は『エイリアン』を思わせたけど、
やはりあれを超えるほどの造型ではなかったね。
ま、この後の見どころは
異星人のマシーンに飲み込まれた後、彼らがどうするか?ってことかな」

----ニャんだか、あっさりまとめようとしてニャい。
結局はどうだったの?オモシロかったの?オモシロくなかったの?
『ポルターガイスト』の話もしてないし...。
「スピルバーグってファミリー・エンターテイメントのイメージが強く、
あまりホラーなんて作ってないよなあ....と思って出かけたため、
その過激なまでの残酷描写にびっくりしたというのが正直な気持ち。
でもよくよく考えてみれば、彼は『激突!』『JAWS・ジョーズ』という
どちらかと言えばショッキングな作品から、そのキャリアを始めているわけで、
こういうのはもともとお手の物だったわけだ。
あとトビー・フーパー監督の『ポルターガイスト』なんだけど、
これは実質的にはスピルバーグが監督したと言われている。
<少女を未知の脅威から守る父親>という、その構成も似てるけど、
あの映画の中に、キッチンでぐにょぐにょ動くステーキ肉という、
スピルバーグらしからぬグロテスクな映像が出てくる。
(ここだけはトビー・フーパーが演出したという説もあり)
今回の映画は、あのシーンを観たときの胸のざわめきと近い。
いままで封印されていた
スピルバーグの闇の部分が描かれたという意味でも、
ぼくはオモシロかったよ」

     (byえいwithフォーン)

※ダコタちゃん絶叫度人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


コメント (14)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« 『サヨナラ COLOR』 | トップ | 『鳶がクルリと』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
殺人光線 (starless)
2005-07-03 13:08:24
こんにちは、TBさせていただきました。



この映画で一番怖かったのは「殺人光線」ですね。

きれいな光線を浴びると瞬時に体が燃え尽きて、あとには衣類だけが残る。衣類がひらひら落ちてくるところがなんとも不気味でした。

真っ白になって家に帰ったトムが白いものの正体を知ったときはイヤだったでしょうね。

これを「瞬時に燃焼」ではなくて「プライベート・ライアン」にしたら、18禁でしたね。

この映画の残酷さについては、原作に忠実なリメークだったことも影響していると思います。

100年前とは思えないほど残酷な小説ですから。
Unknown (しん)
2005-07-03 13:51:02
全編トム視点で描かれたところが面白かったです。

ポルターガイストとの類似

わかる気がします。

宇宙船に飲み込まれた時、内部を映してほしかったです。グロテスクな内部を

手榴弾のサスペンスのためとは言え、ここだけ客観視点になって残念
コメントありがとうございます。 (えい)
2005-07-04 00:32:00
>starlessさん



そうか、瞬時に消えなければ『プライベート・ライアン』ですね。

「白い灰の正体」......本人はそのとき気づいてないわけですよね。

うわあ、考えたら恐ろしい映画だ。



>しんさん



そうか、あの手榴弾のところがわかりにくいと思ったら、

トム視点が切り替わったからなんですね。

一瞬、飲み込まれたのが別の人に見えたほどでした。

あの飲み込まれた中が写されたら、

そんな錯覚も起きなかったでしょうに、二重の意味で残念です。

VFXすごいですねっ! (ココ)
2005-07-04 17:14:38
えいさん、こんにちは♪

「ポルターガイスト」怖かったなー!

最初はTV放映で見たと思いますが、夜頭から布団かぶって寝たの覚えてますよ(布団から出てると何かが触れそうで怖かったんですね、笑)

「宇宙戦争」は50年前の作品を結構忠実にリメイクしている点で賛否両論があるようですが、私はかなり楽しんじゃいました♪

モーガン・フリーマンのナレーションもよかったです

あの声で説明されるとどんな突拍子もないことでも「そうか、アナタがそう仰るならそうでしょうとも!」と思ってしまう私なのです(笑)
コメントどうも。 (si-hariku)
2005-07-04 18:21:58
しかし複雑に展開してますねぇ(笑)。

ブログだけかと思ったら、簡単HPに楽天ですか・・。

更新サボりがちの私にはマネできない世界だ・・。



コメントありがとうございます。 (えい)
2005-07-04 19:29:53
>ココさん。



こんにちは。

今回、資料を全く観ていなかったので

あれがモーガン・フリーマンの声とは知りませんでした。

彼は『ディープ・インパクト』に続いて

地球の終わりに対してメッセージを出したことになりますね。



>si-harikuさん



コメント&TBありがとうございました。

いやいや、お恥ずかしいです。

ホームページと言っても

gooや楽天など、すでにある既成の簡単HPに乗っかって

リンクで結んでるだけですから。



しかもまともに更新してるのはココくらいです。

でも、よかったらまた遊びにきてください。
すごーく期待して観ましたが・・・ (アリス)
2005-07-07 03:19:08
なんだか、観終わったあとに、不満が残りました。

原作も観ていないし、調べもしなくて観たので、

不思議感が消えなかったのかなぁ。

トム・クルーズが駄目な父親っていうのも、

新鮮な感じでしたが・・・。



2回も投稿してしちゃいました。

削除お願いします~。
でも (えい)
2005-07-07 16:51:21
>アリスさん



そうですね。原作をご存じないと

あの幕切れは「なんじゃこりゃ!」になるかも。

でも、あれだけ強いと

こうでもしないと倒せるわけがない(笑)。

ちなみにティム・バートン『マーズ・アタック!』の

敵の弱点は“音楽”でした。
サスペンス (たいむ)
2005-07-07 19:19:24
私は全体としては、あっけない最後も含めてもう一歩の評価をつけています。

>サスペンス

そういった部分では結構ドキドキはありました。

>スピルバーグの闇の部分

そういうことなら、今後の作品に期待大です!!
たいむさん、こんばんは。 (えい)
2005-07-08 00:32:35
このタイトルがくせ者ですよね。

原作やオリジナルを知らないと、

“宇宙”空間で“戦争”するのかと思ってしまう。

スピルバーグがこのような闇を描くのは、

いまの時代に対しての彼なりの発言かも。

“戦争”の実態をごまかさずに描こうと言うことなのではないでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

40 トラックバック

宇宙戦争 (sailor\'s tale)
スター・ウォーズ エピソード3と並ぶ、この夏最大の話題作。スピルバーグ監督を中心としたおなじみの製作スタッフに、主演はトム・クルーズとダコタ・ファニング。まさ
宇宙戦争(7/2 幕張) (しねまぶっくつれづれだいありー)
『とにかく怖い!』  6/29公開のトム・クルーズ&スピルバーグ監督コンビの話題作を観て来ました。この映画、何で水曜日公開なんでしょうね?ニュースをみると「マトリックス」のときも水曜公開はあったらしいので、何か意図はあるんだと思うんですが。  公開後最初
宇宙戦争 [トムから半径50m以内の戦争] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
つめの甘かった地球侵略計画。 人類誕生前から監視していた割りに、微生物への配慮なし。彼らの星の食品会社は日本辺りの基準でいけば即営業停止処分だろう H.G.ウェルズの原作の基本ラインを踏襲しつつ、スピルバーグ的味付け。冒頭とラストのナレーションといい、オリジナ
■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) (太陽がくれた季節)
こんばんは~、 さて、7月最初のエントリーです、 いやぁ、今日は良く晴れてねぇ(^^)、ともかく暑くて蒸してしんどかったぁ~ さて今回は、初日(6/29)のレイトショーで鑑賞した『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)の雑感などを残してみます。
宇宙戦争 (我想一個人映画女美的人blog)
「宇宙戦争」 今日から全世界同時上映!ということで 早速初日に観てきた。(ちょっとだけネタバレ) 「宇宙戦争」というよりは、「地球侵略」という感じだ。 オープニングから早々に異常兆候と地面からはい出るように 突如襲いかかる”何か”、 メリメリと地割れが広がりビ
宇宙戦争 (Akira\'s VOICE)
宇宙人がやってきた! ひ~ふ~み~,うわっ,よ~けおる!
『宇宙戦争』  ☆☆☆★★ (映画VS氣志團&タイガー)
始まって10分位でいきなりクライマックス!? アリっちゃーアリ?(とんちんかんちん) 文章長くてすいません・・・。 最近スピルバーグ、トム、ダコタがTV出まくってますね!僕が見たのは「スマスマ」 と「学校へ行こうMAX」。「スマスマ」のゲスト凄かった!バックスト
宇宙戦争 (Aloha Days)
29日が初日の「宇宙戦争」、早速観てきましたよ~ 水曜初日っていいですね♪レディス・デー1000円で観れるし、空いてるし♪ もし、観たいんだけどDVDでいいかなぁ~なんて思ってる方がいらしたら、それはとっても大きな間違いでございますよ! ダメよダメダメ!ぜ~~~っ
【テレビ朝日?】宇宙戦争【大阪!!】 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
監督 : スティーヴン・スピルバーグ 出演 : トム・クルーズ ダコタ・ファニング ティム・ロビンス ミランダ・オットー ダニエル・フランゼーゼ テレビのCMなどで感じた印象と違って、以外に地味な内容でした。 今回の作品を撮る
宇宙戦争 (利用価値のない日々の雑学)
最初に申し上げるが、この作品はH・G・ウエルズの「宇宙戦争」ではなく、スピルバーグ監督の映画作品\"War of the worlds\"である。という書き出しで、実は映画鑑賞以前からこのブログで始めようと思っていたのだが、当初とは少し違う意味であるが、まずはこの書き出しで始め
宇宙戦争 (メルブロ(更新不定期))
宇宙戦争 上映時間 1時間54分 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 トム・クルーズ ダコタ・ファニング ティム・ロビンス ジャスティン・チャットウィン  宇宙戦争特集 ジャパンプレミア動画 トム、水かけられる  いつも、「こちとらタダ見じゃ」なので
  Movie:『宇宙戦争』 (Curry Life...etc.)
1953年公開『宇宙戦争』のリメイク版。 スピルバーグが、どう料理するのか期待していたのだが、、、 映像の完成度、ハラハラドキドキが連続する緊迫感は、さすがスピルバーグ。 不吉な前兆現象、突如姿を現わすトライポッド、 そして、人々がパニック状態に陥るまでの
『宇宙戦争』レビュー (西欧かぶれのエンタメ日記)
今日は、私のあまり得意でないタイプの映画、『宇宙戦争』を観ました。どうにも私は、SFやアメコミやパニック系・近未来系の非現実的な話は好きになれなくて、重くて暗~い人間ドラマか、きちんと筋道の通ったサスペンス、幸せ気分になれるラブコメなどをよく観ます。 新
宇宙戦争 (Saturday In The Park)
1937年 アメリカ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・クルーズ     ダコタ・ファニング     ティム・ロビンス     ミランダ・オットー 世間では歴史的駄作とか観る価値がねぇだとかなんやかやとケチョンケチョンに 貶されてるけどさボク
宇宙戦争 (Marさんは○○好き)
いやぁ~怖かった。 スピルバーグ久々の大ヒットですね。もしやスピルバーグとトム
宇宙戦争 (うぞきあ の場)
視点 ・ 1人称(レイの視点)で描かれている。 ・ だから、アメリカ以外のシーンは出てこない。 ・ ID4のように、有名な建物の破壊シーンもない。 ・ 宇宙で戦争はしていない。 ・ 戦争映画でもない。 ・ 家族愛を描いたドラマである。 ・ 前作のような火星人は
「宇宙戦争」 (the borderland)
スターウォーズシリーズは、それほど思い入れもないので、スピルバーグが侵略してくる宇宙人を描くという事もあり、個人的にはこちらの方を期待してました。音で恐がらす作品が多い中、映像でしっかり魅せるのはさすがです、やはり劇場で見るべき作品だと思います。 ⇒見た
「宇宙戦争」みた!! (風と波の秘蹟-Tony’sbookmarks-)
みてきましたよ、宇宙戦争 !!なんだか世間ではマイナス評価が多いようだが、僕はとてもよくできた映画だと思った。(以下、ネタバレありにつき要注意!!)なんたって原作者がHGウェルズなわけで、小説(TheWaroftheWorlds)は1898年の発表。監督の スティーブン・スピ...
War of the Worlds おまけのトリビア (アリゾナ映画ログ - アメリカで観た映画のログノート)
まだ作品紹介をする前に、おまけのトリビアを書いてしまう。 今日お昼頃、テレビを見ているとABC局のトーク番組に、なんと「War of the World - 宇宙戦争」の、出演者全員が出ていた。 トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウ
宇宙戦争 (lip)
スピルバークの映像は素晴らしいけど…。 SF 映画のマスターピース、H・G・ウェルズ原作、1953年の同名作品のスピルバーグ・リメイク版。円盤(笑)から突き出た目玉付き触覚のようなものから、レーザーがビュンビュン飛んで、街を破壊していくというシーンを観た人も多い
宇宙戦争鑑賞 (Cafeアリス)
レデイスディにて、宇宙戦争を鑑賞しました。 先週のレディスディが、初日でしたが、今日も 並んでましたね。でも、そこは平日の昼間だから、 ちゃんと8列目の真ん中あたりをゲットしましたよ。 さすがに、いろんなメディアで宣伝してるだけあって、 年齢層もまちま...
宇宙戦争 (まつさんの映画伝道師)
第139回 ★★★★☆(劇場) (結末に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  夢を見た。  僕は東へ向けて車を走らせていた。  突然、空がどんどん赤く染まり、その赤は大きな炎の玉となって大地を焼き尽くしている。 「あぁ世界の終わりなんだ・・
『宇宙戦争』 (ケレルの旅日記)
昨夜『宇宙戦争』を見に行った。 怖い。凄く怖い。 世界中でどんな事が起こってるのか殆ど判らず、まるでトム・クルーズと一緒に逃げ回っているような感覚。 もし、本当に宇宙人が攻めてきたとして、このくらいアホな宇宙人だったら良いなと願うばか.
『宇宙戦争』 現実的な恐怖 (コウの鑑賞人blog)
怖い。 社会、人間、街、テクノロジー全てがなくなってしまう恐怖。 こんなに現実的な恐怖を見せつけられたのは初めてだ。 H
「宇宙戦争」みた。 (たいむのひとりごと)
「衝撃と感動のスペクタル超大作!」・・・・微妙です。もともと、最近のスピルバーグ
宇宙戦争 (future world)
宇宙人の地球侵略・・・大地が裂け、建造物の崩壊、次々と人間が襲われていく・・・果たして人類は・・? 原作は1950年代に作られたらしいが、‘パニック映画’というより予想外の‘ホラー映画’だった。 宇宙人が地球を侵略する様が、なんともオールドスタイル、あ
■宇宙戦争 (ルーピーQの活動日記)
】変は、アメリカ東部の町に起こった。立ちこめる暗雲から稲妻がほとばしり、落雷地点が脈打つように震動する。直後、人々の眼に信じがたい光景が映った。地中深くから巨大な三本足の“物体”が姿を現し、人間を手当たり次第に抹殺し始めたのだ。一部始終を目撃した港湾労.
War of the Worlds (2005)宇宙戦争 (jajaの映画日記)
『未知との遭遇』と『スターウォーズ』(シリーズ第一作)が揃い踏みした1977年から四半世紀あまりを経て、またスピルバーグの『宇宙戦争』とルーカスの『スターウォーズ』(シリーズ最終作)が揃い踏み…なにか感慨深いです。 しかし『宇宙戦争』というと、『スターウォー
映画鑑賞記「宇宙戦争(War of the worlds)」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:05.07.08 観賞場所:AMCイクスピアリ16 スピルバーグ監督とトム・クルーズがタッグを組んだ、H.G.ウェルズの古典的SF小説の再映画化。 1953年に作られた同名(Theが付いている)の映画で、火星人が緑の殺人光線を放つ兵器を使って人類を滅
宇宙戦争 (毎週水曜日にMOVIE!)
また水曜日が雨だ。昨日の36度に出かけるよりマシだけど・・そして初日となる「宇宙戦争」を観てきたところである。初日っていろいろプレゼントをもらえるとは聞いていたが、宇宙戦争のロゴ入りの赤いポンチョをもらった。どうするんだろうこれ・・ とにかく、怖かっ
「宇宙戦争」 「20世紀少年」を実写化? (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
19世紀に書かれた原作本に、1950年代の映画のリメイク、技術だけは2005年。 地球に人間が誕生する以前から、地球外の超知的生命体が埋め込んだという、このスーパー殺戮マシーン、一人ずつ捕まえては、生き血を吸うって発想自体まるで子供。 そんで、マシーンの
宇宙戦争 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
仕事先でも映画好きをアピールしていたら、 「アンタ邦画しかみないみたいだケド、この作品いる?しかも、もぅ公開終わるけど」 といって、同僚にタダ券貰ってしまいました! いただいたのはスティーブン・スピルバーグ監督の「宇宙戦争」!? 話題作じゃないですかー...
宇宙戦争 (いつか深夜特急に乗って)
「宇宙戦争」★★★★(盛岡フォーラム1) 2005年アメリカ
宇宙戦争 (minaの官能世界)
H.G.ウェルズのSF小説「宇宙戦争」。 人類が全く歯が立たなかった宇宙からの侵略者を、地球上で最も小さな生物であるウィルスがやっつけてしまうと言う粗筋は、知らない人がいないくらい有名だろう。 ここには、我が物顔で地球の覇者を気取っている人類に対する痛烈な批
宇宙戦争 今年の227本目 (猫姫じゃ)
宇宙戦争 ん~、、、、家族愛のお話ですか??にしては、親父はダメすぎ、子供達もひねくれすぎ、、、ホント、親の顔が見たいわ、っていう感じ。 つまり、トム・クルーズ とダコタ・ファニング ちゃんの演技がよかった!ということね。でもそれだけに、見ていてイライラし.
宇宙戦争・・・・・・・・・・ (サクっと)
宇宙戦争 スピルバーグのSF映画ということで期待していた 「宇宙戦争」 スピルバーグ+トム・クルーズといえばマイノリティ・リポートが けっこう面白かったので、こちらはどうなんでしょう 
『宇宙戦争』DVD (WILD ROAD)
『宇宙戦争』DVD 2005年アメリカ(114分) 監督:スティーヴン・スピルバーグ 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:トム・クルーズ    ダコタ・ファニング    ティム・ロビンス    ジャスティンチャットウィン    ミランダ・オットー
宇宙戦争 (シネマ通知表)
2005年製作のアメリカ映画。 全米初登場1位、興行成績$234,280,354のメガヒット。 S・スピルバーグ監督がメガホンを取り、トム・クルーズとダコタ・ファニングを主演に迎えて放つ、53年公開のSF映画のリメイク版。地球の侵略を目論む異星人とそれに立ち向かう人類の姿を...
宇宙戦争 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「宇宙戦争」は、スティーヴン・スピルバーグ監督&トム・クルーズ主演で、H・G・ウェルズの同名小説を映画化した2005年全米映画年間3位の興行成績を収めた大ヒットSFスペクタクルです。  宇宙人が地球への侵略をすると言ういかにもな設定の映画なので、い...
映画 宇宙戦争 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
地上波で放送されていた映画「宇宙戦争」。公開当時結構話題になった記憶がありますが、トム・クルーズが主演でスティーブン・スピルバーグがH・G・ウェルズの「宇宙戦争」を映画 ...