ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『TSUNAMI-ツナミ-』

2010-07-21 23:45:06 | 新作映画
「あちゃちゃ、まいったなあ。
ちょっと先走りすぎたかな」

----えっ。どうしたの。
帰ってきた時は、あんなに盛り上がっていたのに?
「そうなんだよ。
実は、この映画に興奮して知人にメールしたら、
『あまりに脚本が稚拙でダメでした。
何が良かったのか不思議なくらい、ダメダメでした、私は。
ゴメンなさい』の返信。
でも、気を取り直して
この返信メールを元に、
自分がオモシロかったところを喋っちゃおう。
まず、その問題となっている脚本。
これは、確かにありきたり。
メガ津波が押し寄せるという科学者の言葉に半信半疑の当局。
もう、これは『日本沈没』以来、ディザスター映画の定番。
で、その中に、いくつもの男女や家族(しかも崩壊してしまった)のエピソードを盛り込み、
最後は極限状況の中、和解という形で昇華されゆく。
これは『ディープインパクト』
物語の発端の大津波、船が飲み込まれる絵は
『パーフェクト・ストーム』
さあ津波がやってくるぞ…で、ビーチがパニックになるところは『JAWS・ジョーズ』
実際に、津波がやってきてからの水浸しの超高層ビル街は
『デイ・アフター・トゥモロー』
閉じ込められた超高層ビル内
助かろうとする者、蹴落とす者のドラマは『タワーリング・インフェルノ』
そして、極限下の愛といえば
もちろんこれ、『タイタニック』
と、ちょっと気づいただけでも
これまでに作られたハリウッド製ディザスター&パニック映画のアイデアが
一本の中に詰め込まれている」

----ニャるほど。
となると、それをオマージュと取るか、
単なる焼き直しと取るかで変わってくるわけだニャ。
「そういうことだね。
思うに、このディザスター・ムービーというのは、
これまでに、もう、すべてやり尽くされていて、
どう転んでも、そんなに斬新なアイデアって出てくるものじゃないと思う」

----だったら、やっぱりオモシロくないじゃん。
いくらオマージュにしても…。
「普通に考えればそうだし、
実際、ぼくも観る前はそう思っていたわけ。
なのに、ぼくが感心したのは、
一瞬で終わっちゃうため」

----ニャるほど。
となると、それをオマージュと取るか、
単なる焼き直しと取るかで変わってくるわけだニャ。
「、
本来なら映画にはなりにくいはずの津波の物語を、、
結果的に2時間近くも持たせた、その方法論」

----方法論?
「うん。
おそらくこんなことやったディザスター・ムービーって、
あんまりないんじゃないかと思うけど、
この映画の監督ユン・ジェギュンが選んだその手法とは
なんとコメディ
ベタすれすれのギャグで観客を沸かせながら、
津波の瞬間まで話を引っ張っていくんだ。
しかも、巨大な橋(クァンアン橋)のシーンでは
なんとスラップスティックまで見せてくれる。
名脇役キム・イングォンが、
まるで『アイス・エイジ』シリーズの予告編でおなじみ、
スクワットみたいな動きを見せるんだ。
橋にもたれかかったタンカーの一部が彼の前に
ドシンドシンと落ちてくる。
それを間一髪で避け、逃げまどい、
ようやくホッとして煙草に火をつけようとする。
ところが…。
いやあ、もう大爆笑。
このシーンがあっただけでも、
ぼくはこの映画を高く買いたいね」


                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「そんなんでいいのかニャ」ご不満

※CGもよくできていた度


コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (10)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 『ラムの大通り』7年目に突入! | トップ | 『シークレット』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パニック映画? (ともや)
2010-08-18 23:10:16
こんばんは、えいさん♪
ダメだって言ってた知人は、感動できるディザスター映画を期待してたんでしょうね。
ともやは序盤から、『あ、これそういう映画じゃないな』って感じ取ったんで、ああいう展開もアリかな?ww
ただお涙&感動作が好きな日本人には受けないでしょうね~。
イケメンも出てないし(笑)。
■ともやさん (えい)
2010-08-22 10:19:23
こんにちは。

その知人は、「なんでもあり」の映画がダメのようで、
『ソルト』も合わなかったようです。
ぼくは、ここまでコミカルな路線は考えていなかったので、
ほんとうにビックリしました。
確かに、日本じゃキツイかも。
『2012』より (rose_chocolat)
2010-10-01 04:28:06
面白かったです。
ただし、あまりにも韓国映画過ぎちゃってました(笑)
これはもう、変えようがないんだろうなーと思いながら観てました。
イ・ミンギくんがたっぷり観れたので、それでもう満足です。
こんばんは (ノラネコ)
2010-10-01 21:56:57
お笑いディザスター映画とは新しい試みでした。
もっとも、ちょっと中途半端。
どうせなら、キム・イングォンのトンチュンを主役にして、完全なコメディにしてしまったほうが新しかった様な。
妙なノリは嫌いじゃないけど、人には薦められないというビミョーな映画でした(笑
■rose_chocolatさん (えい)
2010-10-02 23:39:10
こんばんは。

ありがとうございます。
この映画、あまり評判がよくないようなので、
ご賛同いただけるかたがいて
とても心強いです。

rose_chocolatさん、
次はなんの映画をご覧になるのかな?
あとで、お伺いしますね。
■ノラネコさん (えい)
2010-10-02 23:40:09
こんばんは。

なるほど「お笑いディザスター映画」(笑)。
ぼくも、コメディにした方がよかったような気がします。
こんにちは (にゃんこ)
2010-10-04 11:14:11
えいさん
コメント書くの久しぶりでこんにちは~
仕事に疲れてblog書くと、結構疲れきっちゃって
時間のあるときと、テンション高くなってないとロムしてごめんなさい
状態なんですが。

>まるで『アイス・エイジ』シリーズの予告編でおなじみ、
スクワットみたいな動きを見せるんだ。

あの橋の上のシーン、ほんっと肩ふるわせながら笑って観てましたが
そうか、これと通じるものがあるのかっと(笑)
普通なら、あそこ生き延びてないですよねぇ。
あの絶妙なテンポは最高によかったです。
なるほど、、、。 (mezzotint)
2010-10-09 10:56:56
えいさんの記事を読ませて頂き、
映画をどう楽しんで見るかを
教えてもらいました。
ほっとして煙草に火をつけ、爆発には
さすが笑いました。コメディと言われば
そうなんだと、、、、。
■にゃんこさん (えい)
2010-10-10 22:09:14
こんばんは。

いやあ、5カ月近く、
別のことで忙しく
映画から少し遠ざかっていました。

また、元のペースに戻りますので、
よろしくお願いします。

で、『アイス・エイジ』。
あれ、そのままでした(笑)。
お時間のある時にでも
ご覧になってください。

■mezzotintさん (えい)
2010-10-10 22:33:33
こんばんは。

はい。ぼくは、
この映画の白眉は、あの橋のシーンだと思います。
こういう発想は、日本映画では
まずできない。
もし、やるとしたら三池崇史くらい。
なにせ、『十三人の刺客』で、
岸辺一徳に、あれやらせちゃうくらいだから。
あっ、ということは可能性あるかな?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

TSUNAMI-ツナミ- (ともやの映画大好きっ!)
(英題:TIDAL WAVE) 【2009年・韓国】試写で鑑賞(★★★☆☆) 韓国のリゾート地を襲う巨大津波に、翻弄される人たちを描いた群像パニック・ムービー。 毎年100万人以上の観光客が集まるリゾート地・ヘウンデ。この土地で暮らす人々やバカンスで訪れた人々を、高さ10...
『TSUNAMI-ツナミ-』 (Cinema + Sweets = ∞)
先週、九段会館で韓国映画の『TSUNAMI-ツナミ-』の日本語吹替版での試写会に行ってきました。 久々に天災もののパニック映画。 ******************** 高さ100mのメガ津波に襲われた沿岸のリゾート地を舞台に、未曾有の災害の前後で繰り広げられる様々な人々の人間...
TSUNAMI -ツナミ- (ダイターンクラッシュ!!)
2010年9月25日(土) 20:50~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『TSUNAMI -ツナミ-』公式サイト 字幕版は、新宿ミラノかシネマート六本木だけのようで、面倒だから吹替え版で見た。 「メガ津波よ」「メガ津波よ」「メガ...
「TSUNAMI-ツナミ-」 一瞬の決断に生き様が集約される (はらやんの映画徒然草)
韓国で制作されたディザスター(災害)ムービーです。 タイトルにある「TSUNAM
TSUNAMI ツナミ (花ごよみ)
韓国にあるリゾート地、 海雲台(ヘウンデ)が舞台。 高さ100m、時速800km アジア最大のメガ津波襲来!! 絶体絶命のピンチの中での 人間ドラマ。 CGを制作するに当たって、 ハリウッドからCG専門のスタッフを迎え、 リアルな巨大津波を表現しているとのこと...
劇場鑑賞「TSUNAMIツナミ」 (日々“是”精進!)
「TSUNAMIツナミ」を鑑賞してきました高さ100mのメガ津波に襲われた沿岸のリゾート地を舞台に、未曾有の災害の前後で繰り広げられる様々な人々の人間模様を並行して描く韓国製パ...
TSUNAMI☆独り言 (黒猫のうたた寝)
韓国のディザスタームービー。公開されて数日、どうやらとんでも映画系という評価も出ているようですが、密かに楽しみにしてて本日鑑賞♪まぁ、超日本語吹替えだったけど、疲れなかったのでよしとして。冒頭の船の遭難シーンは『パーフェクトストーム』押し寄せる大津波は...
■映画『TSUNAMI-ツナミ-』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
『2012』と『日本沈没』を足して2で割り、『LIMIT OF LOVE 海猿』の風味をかすかにきかせたような、韓流ディザスター・ムービー『TSUNAMI-ツナミ-』。 ものすごい迫力で巨大TSUNAMIが釜山(プサン)にあるリゾート地・海雲台(ヘウンデ)を襲う様子を描いた作品です...
『TSUNAMI-ツナミ-』(2009)/韓国 (NiceOne!!)
原題:HAEUNDAE/TIDALWAVE監督・脚本:ユン・ジェギュン出演:ソル・ギョング、ハ・ジウォン、パク・ジュンフン、オム・ジョンファ、イ・ミンギ、カン・イェウォン、キム・イングォン公式...
TSUNAMI-ツナミ-・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「TSUNAMI-ツナミ-」は世界語である。 地震によって発生する大波を表す名詞を持つ言語は少なく、現在では日本語を語源とするこの単語が、ほ...
TSUNAMI ーツナミー (2009) (銅版画制作の日々)
 HAEUNDAE TIDAL WAVEMOVX京都にて鑑賞。吹き替え版での上映しかないようです。どうも吹き替えというのもよろしくないよう...
TSUNAMI (ツナミ) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2009年、韓国でこれはもう“事件”といえるほどの旋風を巻き起こした映画。物語:遠洋漁船に乗っていたマンシクは、事故と津波により、幼なじみのヨニの父を死なせてしまう。そのため、ヨニへの想いをなかなか打ち明けられずにいた。マンシクの弟で海洋救助...
映画「TSUNAMI」 (itchy1976の日記)
TSUNAMI ツナミ (映画.com) 「TSUNAMI ツナミ」オフィシャルサイト TSUNAMI -ツナミ-@ぴあ映画生活
TSUNAMI-ツナミ- (銀幕大帝α)
HAEUNDAE/09年/韓国/107分/ディザスター・パニック・ドラマ/劇場公開 監督:ユン・ジェギュン 出演:ソル・ギョング、ハ・ジウォン、パク・チュンフン、オム・ジョンファ、イ・ミンギ、カン・イェウォン <ストーリー> 日本の対馬大地震の影響で巨大津波が発....