ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ペントハウス』

2012-01-08 22:31:10 | 新作映画

(原題:Tower Heist)



----へぇ~っ。
2012年の第一弾がこれ?
ちょっと意外だニャあ。
「ん?そう見える?
でも、この映画って、
一昔前なら、お正月にピッタリの作品。
とても痛快だしね」

----そうニャの?
フォーンには、どんな映画か、まったく想像つかない。
主演がベン・スティラーにエディ・マーフィだから
コメディかなって気はするけど…。
「そうだね。
確かにコメディもあるけど、サスペンスも少し。
この映画は、いわゆる“泥棒”のお話。
舞台はマンハッタンにある
全米一の最高級マンション“ザ・タワー”。
ジョシュ(ベン・スティラー)はそこの管理マネージャー。
最上階のペントハウスには大富豪アーサー・ショウ(アラン・アルダ)が暮らしている。
ふたりはネットでチェスを楽しむなど、私生活でも良好な関係を築いていた。
ところが、ある日、アーサーは20億ドルもの詐欺疑惑で逮捕されてしまう。
しかもタワーの使用人たちの全財産までも
彼に騙し取られていたことが発覚。
一瞬にして全財産を失ったジョシュと使用人たちだったが、
ジョシュは、一発逆転のアイデアを思いつく。
それは、厳重なセキュリティ設備とFBIの監視の目が光る難攻不落のペントハウスに潜入し、
ショウの財産を根こそぎ奪い取るというものだった…」

----ニャるほど分かりやすい。
ということは、
ケイシー・アフレックだのマシュー・ブロデリックだの
マイケル・ペーニャだのは、
その“泥棒”チームってワケだね?
あれ、ふたりの女性陣は?
ガボレイ・シディべは同じくチームの一員。
前作が『プレシャス』というシリアス路線だっただけに、
そこに染まらない、真逆とも言える作品を選んだのは
彼女にとってもよかったと思うね。
ティア・レオーニはジョシュの意気に感じ、
こっそり情報を教えるFBI捜査官の役だね
ジョシュは、なんと
ショウがペントハウスに飾っている
スティーヴ・マックィーンの車を叩き壊すんだ」

----それはまた…。
飾っているというのもスゴイけど、
それを壊すなんて恐くて考えられニャい。
そうそう、チームを組んで泥棒というと、
『オーシャン』シリーズを思い出すけど、
そういう感じとは違うの?
「あっ、ここには
あの映画みたいな、すました感じはないね。
それよりも引き合いに出すなら『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』
なんとトム・クルーズばりの高層ビル・アクションが用意されている。
しかも、仲間内の裏切りが二弾構えで待ち構えるなど、
“障壁”の作り方もなかなか。
物語としても、一部のモノが独占していると身を
それを奪われたものが取り返してやろうというんだから、
貧富の差がとてつもなく広がった、今の時代にもピッタリ。
そうそう、それとこれは言っておきたいことが…。
ぼくはこの映画に、懐かしのイタリア映画『新黄金の7人 7×7』を思い出したね。
なあんて、これ、分かる人にしか分からないだろうけど…」


                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これまた、手に汗握るらしいのニャ」身を乗り出す

※オチも含めてウェルメイドな映画だ度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャルより。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2011年、フォーンと無人島に... | トップ | 『マシンガン・プリ―チャー』 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手に汗握る~ (ノルウェーまだ~む)
2012-01-26 15:32:02
えいさん、こんにちは☆
これは本当に手に汗握りましたー
なにしろイーサンならプロだし失敗無いのがわかっているけど、彼らはド素人なうえに、ヘタレだし、もうドキドキハラハラでした。
コメディもほどほどなので新鮮なかんじがしました。
笑ってきました (風子)
2012-01-26 15:44:08
私も、ベン・スティラー版ミッション:インポッシブルだあと思いました。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2012-02-02 22:45:10
こんばんは。

そうそう。
この映画、ど素人集団というのは大きいですね。
思っていた以上にスマートな映画だったので、
とても楽しかったです。
■風子さん (えい)
2012-02-02 22:46:39
ですよね。

イーサン・ハントなら
あれをやってもおかしくないけど、
彼らにはこの程度。
と言っても、それもかなり、
いや十分すぎるほど難易度は高いのですが…。
懐かしい感じ (たいむ)
2012-02-03 13:58:55
えいさん、こんにちは。
先日退院して、ブログも再開でしました。
またよろしくお願いします!

すっごく普通というか、シンプルな泥棒映画だったという印象です。
アイディアはなかなか面白かったけれど、ちょっと判り易かったなぁ~(^^;
■たいむさん (えい)
2012-02-05 18:25:56
こんばんは。

退院おめでとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

確かにシンプルな泥棒物語。
ただ、それが妙に懐かしかったです。
最近、あまりこういう素直な映画がない気がして…。
今晩は~ (小米花)
2012-02-16 22:29:09
いつもTBでお世話になっております。
今回TBを二度押ししてしまいました。
お手数ですがダブっているものを削除してくださいませ。

この映画、とても楽しかったです。
ベンは苦手なんですが、この映画は良かったです。
■小米花さん (えい)
2012-02-24 19:03:15
お世話になっております。
こういう映画は、
あまり深く考えずに
ノッてしまった方がいいですよね。
TBの件、ご連絡ありがとうございます。
以前は、細かく消していたのですが、
最近気にしなくなっちゃって…。
ごめんなさい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事