ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『X-MEN:フューチャー&パスト』

2014-06-13 23:26:49 | 新作映画

(原題:X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST)


----これ、フォーンも一緒に観に行った映画だよね。
最初、あっけにとられていたみたいだけど、
途中から前のめりで観ていたよね。
「うん。全然話を知らずに、
前作『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の続き程度の知識で臨んだものだから、
冒頭の未来シーンであたふた。
いったい、いま何が起こっているのか?
このロボットみたいなものは何?ってな感じ」

----それはフォーンもそう。
結局、このセンチネルというロボットを生んだきっかけが
ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)のある行動にあることが分かって
それを阻止するためにウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)が1973年に…。
「そう。
もう、ここでぼくは完全に心を持って行かれたわけ。
73年でウルヴァリンが目覚めるときにバックで流れる曲が
ロバータ・フラックの『愛は面影の中に』
この曲は、もう当時から大好きな曲。
しかも、クリント・イーストウッドの初監督作『恐怖のメロディ』に使われていたんだ

----『恐怖のメロディ』って
人気DJがストーカーに狙われるって話だっけ。
「うん。
ぼくはヒュー・ジャックマンがこのウルヴァリン役で登場した時から
若い頃のイーストウッドそっくりと思っていたんだけど、
おそらく本作の監督ブライアン・シンガーも同じことを思ったんじゃないかな。
ここに『愛は面影の中に』を持ってくるというのは、
ある意味、確信犯としか思えない」

----そうかニャあ?
「ほら、この映画で
最初にこの曲が流れたとき、
ウルヴァリンは何をしていた…?
マフィアのボスの奥さんとベッドイン。
つまり一夜の過ちを犯していたワケだ。
その設定がまず『恐怖のメロディ』と同じ」

----ニャるほど。
でも、それってそんなに大切なこと…?
「ぼくはそう思うね。
というのも、これに続くシーン。
ウルヴァリンが、あっさりとボスの部下たちをやっつけて外に出ると、
もう映画のテイストが70年代アクションそのもの。
おそらく、
ブライアン・シンガーはこの映画を70年代の空気で撮ろうと思ったに違いない。
ファッション、車ももちろんだけど、
画角というかフレームの切り取り方も
まるでテッド・ポストあたりの
洗練されていない70年代アクション映画を観ている感じ。
いわゆるシャープだのエッジが効いているというのとは対極。
どちらかと言うと野暮ったい。
この『愛は面影の中に』の起用は
“さあ、今からその世界に入りますよ”という
スイッチの役割をしていた気がするんだ」

----だから全てが解決して
未来に戻ってきたときにもあの曲が流れていたんだ…。
「そういうことだろうね。
しかし、このシーンは切なかったなあ。
歴史が変わったタイムトラベルものにつきものではあるけれど、
本人以外には、その記憶がない。
まあ、この中ではプロフェッサーX(パトリック・スチュワート)が
全てを知っているように描いてはあったけどね」

----そういえば、ここにジーン(ファムケ・ヤンセン)が出てきたのも感動だったよね。
「うん。
彼女は、ジーンとしては『X-MEN2』で一回命を落としているからね。
今回、歴史が変わったことで、
その時の戦い自体あったのかどうか…」

----あったとしても彼女が死んだとは限らないってワケだ。
「そういうことだね。
そうそう、プロフェッサーXがらみで言えば、
彼の若い頃を演じたジェームズ・マカヴォイはよかったね。
前作『ファースト・ジェネレーション』では、
いかにもいい家育ちの好青年という感じだったのに、
ここではレイブン(ミスティーク)どころか全てを失い、
70年代ヒッピー風にやさぐれている。
このあたりの空気も、ぼくは懐かしかったなあ」

----結局、あの時代へのノスタルジーってワケだニャ。
これは、まともに聞いてられないや(笑)。


フォーンの一言「タイムトラベルの映画って、いつも切ないのニャ」いいねぇ

※それは究極の「失われた時」だからかも。
映画の興奮を鎮めるかのようなラストは出色だ度
コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コメント (2)   トラックバック (17)