ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『イカとクジラ』

2006-07-13 21:48:33 | 新作映画
----この映画も、昨年の賞レースに絡んできた作品だったよね。
変なタイトルだから覚えている。
でも、どういう意味ニャの? 
「それを説明し始めると、
ストーリーを全部言わなくてはならないからなあ。
まずは、この映画のシノプシスから喋ろうかな。
かつては人気作家だったバーナード(ジェフ・ダニエルズ)と
その妻で新進気鋭の作家ジョアン(ローラ・リニー)は、
互いの気持ちが噛み合なくなり、ついに離婚を決意。
彼らのふたりの息子たち、
16歳のウォルト(ジェス・アイゼンバーグ)と
12歳のフランク(オーウェン・クライン)は、
今日はパパの家、明日はママの家と翻弄される」

----ニャんだ、たいした話じゃないじゃない。
でも、どの賞でも、その脚本が注目されていたよね?
「うん。物語の背景が1986年のブルックリン。
自分の小説が売れなくなっても矜持を失わない男の
悲哀さと滑稽さがまずは見モノ。
彼は『小説を読まず映画も観ない』人たちを軽蔑しているけど、
実は自分がもっともスノッブ。
そんな彼を<ホンモノ>だと思い、
母を非難する立場を取るのが長男ウォルト。
一方の母親は寂しさもあり、次々と浮気に走る。
この母親に付くフランクは、
性的に早熟な上、アルコールにまで手を出してしまう」

----ふうん。少しオモシロそうに思えてきた。
「彼らスノッブ・ファミリーを演じる俳優たちの
アンサンブルはこの映画最大の見どころ。
でも、ぼくはこの映画の特徴の一つとして
その映像も挙げたいんだ。
脚本・監督のノア・バームバックは
80年代の雰囲気を出そうと、
デジタルビデオではなくSuper16で撮影。
当時なかった機材では撮影したくなかったと言うんだね。
しかも、ランニングタイムが81分と言うのを見ても分かるように
めちゃくちゃテンポが速い。
タメや余韻を作ることなく
カット尻も早くポンポン進んでゆく。
音楽や効果音も次のシーンのものを前のシーンから被せていて、
ちょっと『卒業』のときのマイク・ニコルズを思い出してしまった。
そうそう、音楽はピンクフロイドの“Hey You”を使っていた」

----猫が印象的だったって言ってなかった?
「うん。家に飼われていた猫も
ふたりの間を行ったり来たりするんだけど、
クライマックスで実に重要な役割を果たす。
感情的に昂っている父親が猫を抱いたまま連れて行こうとする。
ここで『えっ?ヤバい』と思った人は
猫のことをよく分かっている人。
多くの猫はそんなことしたら、
手からするり抜け出して外に飛び出し危ない。
たまに、みゃん茶(家に前いた猫)のような例外、
しがみついて怖がる猫もいるけど、
普通はケージか、最低でも洗濯袋に入れなくては…」

----ふむ。それはそうだ。
「ただ、このエピソードにはオチがあって、
撮影の時に最初使った猫は、
何度落としても、そこに座ってニャ~っと鳴くだけだったらしい。
最終的には走る猫を用意したらしいけどね」

----ぼくを使えばよかったのにね。
「mmmmm……」

          (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「複雑だニャ」複雑だニャ

アイス・ストーム ASBY-5050アイス・ストーム ASBY-5050
※舞台が70年代だと、親はこういうことまでヤッちゃいます。

※離婚が子供に与える傷は大きい度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はアメリカ・オフィシャルサイトのプレスキットより。
コメント (2)   トラックバック (10)