加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

昭和の「ビアタン」

2022-09-10 | 温故知“旧”

居酒屋でビールを注いで飲むコップ、通称「ビアタン」。ビール用のタンブラーですね

これこれ。ね?これですよね、瓶ビールの相棒は

手にピッタリ収まる小さめのサイズ

ビールメーカーのロゴが入っていると、いかにもビール専用

でもね、ラーメン屋とかでお冷がこのコップに入って出て来ると、これまた”情緒”があったりします。そのお冷を小さな子供が飲んでるとかね。

コップの下には「加山商店」の文字。電話番号も入っています。昔むかし、我が家はいつの頃からか酒屋を経営していまして(居酒屋ではなく酒屋ね)。うちのおばあちゃんは酒屋の看板娘だったらしいです。40年ほど前まで親戚がずっと経営していました。”御用聞き”で親戚のおじさんが、よく我が家の勝手口に来ていました。米や飲料などを運んでくれていたなぁ

コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 渋谷の生姜焼き | トップ | ゴールデン・浜田・静江 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KANA)
2022-09-10 21:27:16
生ビールにはジョッキですが、瓶ビールにはやっぱりビアタンですね。私は黒ラベル派ですが、黒の瓶を置いている中華屋さんは貴重で、それをサッポロのビアタンで頂くのは最高でしょうね。餃子ができあがる前に1本空いてしまいます。
Unknown (イタル)
2022-09-10 21:54:48
>KANAさん
いらっしゃーい😊 あのチビチビ加減もいいですし、グイッと一口でいける量というのもいいんですよねぇ。

コメントを投稿

温故知“旧”」カテゴリの最新記事