DATデッキ修理 質問箱

DATデッキ修理 DATデッキのお取り扱い等についてのお役立ち情報を発信できたらと思います。

DATテープの保管につきまして

2018-07-30 00:21:05 | DATテープの保管につきまして

DATテープの保管につきまして

 

※DATとはデジタルオーディオテープのことですので、DATテープと表記するのは誤っていると思いますが、便宜上、DATテープと呼称させていただきます。

 

DATデッキをお使いの皆様の方が、お詳しいと思いますが、念のため、僭越ではございますが、DATテープの保管方法について記事を書かせていただきます。

 

テストテープ トルクメーター DIGITAL HF-ES ごちうさDATカセット

 

 

 

DATテープは磁気テープの生産技術が成熟した頃に開発・生産されましたので、既に生産から数十年経過しておりますが、何とか録音・再生できております。(後、どのくらい使用できるかどうかにつきましては、わかりかねますが。)

 

ですが、湿気には弱く、湿気の多いところで保管なさいますと、カビが生えたり、癒着してしまいます。

 

カビが生えたテープをご使用になりますとデッキに悪影響を及ぼし、他のカビの生えていないテープまで、昇天させてしまいますので、ご注意ください。

 

また、癒着したテープをご使用になりますとテープが切れてしまいます。

DATデッキの整備不良でもテープに傷を付けたり、テープが切れてしまう場合がありますが、癒着したテープは正常なデッキでも、切れてしまいます。)

 

 

テープカビの例

 

テープにカビが生えていますがわかりにくいため分解します。

※TDKさんのテープがカビが生えやすいということではございません。

どの銘柄のテープでも、湿気の多いところに保管なさいますとカビが発生します。

湿気の多いところに保管なさいますと短期間でカビが発生しますのでご注意ください。

 

ダンボール箱は湿気を吸いますので、ダンボール箱に入れての保管は、なさらないでください。

 

テープにカビが生えています。

カビが生えたテープをご使用になりますとデッキに悪影響を及ぼし、他のカビの生えていないテープまで、昇天させてしまいますので、ご注意ください。

カビが発生したテープは、ご使用にならないでください。

 

 

 

テープ癒着の例

テープが癒着して切れてしまった例です。テープが裂けるように切れています。

 

 

 

テープ劣化の例

 

①ベースフィルムごと欠損しています。

 

②ベースフィルムごと欠損しています。

 

 

 

 

 

 

 

DATテープ(DATカセット)のお取り扱いにつきまして。


可能な限り湿気の少ない箇所に保管してください。

二階建てにお住まいでしたら、二階のお部屋に保管してください。


テープを巻き途中の状態でDATデッキから取り出し、長時間(長期間)放置すると、その部分に物理的変形が発生し、記録再生に影響を与える場合がありますので、おそれいりますが、テープの最初まで巻き戻してから保管してください。

 

また、取り出した状態でそのまま放置(ハードケースなし)すると、チリ・ホコリの付着等により部分的なドロップアウト増加につながります。

 

ホコリ等をシャットアウトするためハードケースに入れて立てた状態で保管してください。


磁気テープの寿命は、ベース、バインダー、バックコート、潤滑剤などに使用されているプラスティックやゴムといった有機高分子材料の劣化速度に依存しています。

 

この速度はきわめてゆっくりしたものですが、熱と水分によって加速されます。

 

理想的な保存環境は、温度15 ゜C ~25 ゜ C 、湿度40 %~60 %RH となります。

 

上記の条件外では劣化が早まるおそれがございます。 

 
 
 
 
 
 
その他、DATテープ、DATデッキに関連した事項を下記に追記させていただきましたので、ご覧いただけましたら幸いです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

コメント