DATデッキ修理 質問箱

DATデッキ修理 DATデッキのお取り扱い等についてのお役立ち情報を発信できたらと思います。

神業 中古販売業者の紹介

2020-06-29 21:30:18 | 安全への取り組み

神業 中古販売業者の紹介

 

残念ですが、そのような中古販売業者は存在しません。

どこもデタラメです。

「良品」「整備済み」「動作保証品」まったくデタラメです!

悪質転売業者の常套句に騙されないでください。

 

北海道の業者は、こんな悪いことをしています。

 

超危険 超絶悪質業者の情報は、こちらをポチっとクリックしてご覧ください。

 

悪魔の転売業者の情報は、こちらをポチっとクリックしてご覧ください。 

 

カセットデッキを殺す転売業者の情報は、こちらをポチっとクリックしてご覧ください。

 

ヤフオクの危険な転売ヤー、転売業者の情報は、こちらをポチっとクリックしてご覧ください。

 

 

今回も残念なお知らせです。

秋葉原の老舗 中古販売業者 清進商会さんが販売していた中古DATデッキをお求めになられたお客様から修理のご依頼をいただきました。

ご存じかと思いますが、清進商会さんは、昨年の3月末で閉店されました。

 

お客様から、修理をお申し付けいただきました機種はDTC-ZE700です。

 

天板を開けますと、写真で、ご覧のとおり、メカデッキとメイン回路基板をつなぐフラットケーブルのみ、変色しています。

メカデッキを乗せ換えた形跡があります。

 

 

メカデッキをシャーシに止める4本のネジのうち、前側2本が浮いていました。

 

 

メカデッキを取り出しました。テープが絡んでいます。

 

 

テープが、絡んでいましたので、テープに、これ以上ダメージを与えないように

リールドライブギアを手で回して、テープを安全にEJECTできる位置まで戻します。

 

 

これ以上、テープにダメージを与えないように安全にテープを取り出しました。

 

 

やはり、メカデッキが乗せ換えられていました。

DTC-ZE700は、この箇所にTHIN検出スイッチが付いているはずですが、

付いていません。

このメカデッキはDTC-ZE700の先代の機種DTC-790のものです。

 

このことをお客様に御伝えしましたところ、「録音・再生できるようにしてもらえれば良い」

と仰せつかりました。

何とも、お優しいお人柄です。

音楽を愛する方は、私と違って、お優しい方ばかりです。

私でしたら、たとえ閉店されていても、一言文句を言うと思います。

もちろん、お預かりさせていただいた機体はDTC-ZE700の本来の仕様となるように修理させていただきます。

 

数年間、使えていたとのことですので テープが、まともに走行できない業者 よりは、マシなのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 北海道の悪質業者 Audiolife... | トップ | 超危険! DTC-2000ES修理 北... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全への取り組み」カテゴリの最新記事