DATデッキ修理 質問箱

DATデッキ修理 DATデッキのお取り扱い等についてのお役立ち情報を発信できたらと思います。

DATデッキ修理 テープパス調整の重要性について

2017-08-30 10:49:33 | DATテープパスの調整につきまして

DATデッキ修理 テープパス調整の重要性について

SONY DAT修理 DATデッキ修理 DTC-1500ES DTC-1500ES修理 DTC-2000ES DTC-2000ES修理 DTC-1000ES DTC-1000ES修理 DTC-77ES DTC-77ES修理

多忙なため少しずつですが、更新させていただく予定にしています。

 

※ヤフオクに出品されているDATデッキにご注意ください!

 

 

僭越ではございますが、DATデッキのテープパスについて、その目的、テープパスの重要性について解説できたらと思います。

 

 

アナログカセットデッキでは20,000Hz程度まで記録できれば良いのですが、

DATデッキはアナログ信号をデジタル信号に変換したデータが膨大なため、

数MHzまで記録する必要があります。

テープ上に高密度記録を行うためビデオデッキと同じように回転ヘッドで録音・再生を行っています。

 

ヘッドドラムがテープに対して傾斜して配置されていますので、テープ上に、ヘッドで記録されるトラックは斜めになります。

ヘッドドラムがテープに対して傾斜して配置されていますので、テープ上に、ヘッドで記録されるトラックは斜めになります。

(ヘッドドラムに対してテープは斜めに巻きついて走行しますので記録トラックは斜めになります。)

 

テープに記録されたトラックをヘッドで読み取った信号です。(RF波形)

 

ヘッドドラムに取り付けられた二つのヘッドで、録音・再生を行っています。

 

 

テープパス調整とは

テープパス調整とはテープがヘッドドラムのリード面に正しく沿って(接して)、かつ、テープガイドに正しく沿って、テープダメージを与えず、テープが安定して走行するようにするための調整です。 

 

 

 

 

 

DATデッキは、ソニーのPCMレコーダー、CD等の開発に携わった超天才エンジニアの一人、小高氏が中心となって、基本設計を行っていますので非常に優れた録音機となっています。

磁気テープを記録媒体とする録音機の中で人類史上、最も優れた録音機といっても過言ではないと思います。

そのため、テープパスが多少ずれていても、ノイズが発生することなく、再生できてしまいます。

 

このことが、かえって、厳密に調整することの重要さを理解せず、完全になめきった悪質転売屋悪質修理業者に狙われ、調整がデタラメなデッキが中古市場に流れてしまう遠因になっています。

 

 

テープパスの調整ができないと、この動画のようにテープにダメージを与えてしまいます。

テープにダメージを与える(傷が入る)症例を動画で撮影していますので、こちらをポチっとクリックしてご覧ください。

 

 

 

下記の動画は正常に録音されたDATテープをテープパスがずれたDATデッキで再生させたときのRF波形です。

 

DATデッキ修理 テープパスの重要性について

 

上記の動画をご覧ください。

DATデッキのテープパスがずれているため、RF波形のPCMデータエリアの一部とポストアンブルの出力が低下していますが、テープパスのずれ方によっては、音声が正常に出力される場合があります。

これが、テープパスのずれに、お気づきになれない理由です。

 

 

テープパスがずれた状態で録音を続けると互換性のとれない不良テープを大量に生産してしまいます。 ←クリックしてください。

正しく調整されたDATデッキで録音することが重要です。

 

 

DATデッキの修理(メンテナンス)では、治工具、テストテープ(アライメントテープ)による、
テープパス、DPG、FWDトルク、バックテンショントルク、その他、各種の調整を厳密に行うことが重要です。

 


重要な調整を行う技量がないにも関わらず、修理を請け負っている悪質修理業者が存在します。

 

 

正しい調整がなされていないDATデッキを大量に転売して害悪を撒き散らしている悪質な業者につきましては、こちらをポチっとクリックしてご覧ください。

 

 

この悪質修理業者は安全に関する正しい知識を持っていないため極めて危険です。悪質修理業者の実態は、こちらをポチっとクリックしてご覧ください。

 

 

 

歴史に残る超大作アニメーション「ご注文はうさぎですか?」のOP「Daydream café」がノイズだらけになっているところをご覧ください。

 

DATデッキ修理 テープパス調整の重要性について テープパスのずれ症例①

 

正常に録音されたDATテープをテープパスがずれたDATデッキで再生させたときのRF波形です。

ノイズが発生して音声が正常に出力されない状態をご覧ください。

 

DATデッキ修理 テープパス調整の重要性について テープパスのずれ症例②

正常に録音されたDATテープをテープパスがずれたDATデッキで再生させたときのRF波形です。

テープパスのずれ方によっては、動画でご覧のように波形(データ)の半分が欠落しても、強力なエラー訂正・補正能力が備わったDATの仕様により、音声が正常に出力される場合があります。

これがテープパスのずれに、お気づきになることができない理由です。

尚、動画では、欠落した波形(データ)をわかりやすくご理解いただくために、途中からS1ガイドのラフ調整を行っています。
欠落した波形(データ)が調整により復元されていく様子をご覧ください。

 

 

 

「テープパスの調整方法」

OFFSET治具を接続して、 テープパス、DPG等の各種の調整を厳密に行います。

DPGとはテープ上の記録の開始位置を決める大切な調整です。

 

SONY製のDATデッキのサービスマニュアルに掲載されているテープパスの調整方法です。

 

DAT修理 テープパス調整

テープパス調整とはテープがヘッドドラムのリード面に正しく沿って(接して)走行するようにする調整です。

この調整は目視では困難ですので、テープパス調整用の基準テープを使用して調整します。

OFFSET治具のボリュームを回した時に、同形状のまま変化するようにS1、T1ガイドを調整します。

動画でご覧のとおり、基準テープの波形が同形状のまま変化するように調整を行うと、テープはヘッドドラムのリード面に正しく沿って(接して)走行していることになります。

テープパスを厳密に調整するとテープはヘッドドラムのリード面に接して走行しますので、最も安定して記録・再生できるようになります。

当然、互換性も保たれることになります。

※但し、互換性については相互のDATデッキが、ともにテープパスが厳密に調整されている必要があります。

 

 

DAT修理 テープパス調整

 

FWDトルク調整 FWDバックテンション調整を行います。

 

トルク調整、バックテンション調整はテープパスにとりまして極めて重要です。

 

 

Fガイドでカールが発生しないようにテープパスの調整を行います。

 

 

T2ガイドでカールが発生しないようにテープパスの調整を行います。

 

 

S2ガイドでカールが発生しないようにテープパスの調整を行います。

 

 

 

 

 

DATデッキ修理 テープパス調整の重要性について②

テープパスがずれたデッキで録音したテープを

正常なデッキ(テープパスが正しく調整されたDATデッキ)で再生させたときのRF波形です。

ノイズが発生して音声が正常に出力されない状態をご覧ください。

 

 

DATデッキ修理 テープパス調整の重要性について テープパスのずれ症例③

テープパスがずれたデッキで録音したテープを正常なデッキ(テープパスが正しく調整されたDATデッキ)で再生させたときのRF波形です。

波形が不安定になりノイズが発生する状態をご覧ください。

 

 

DATデッキ修理 DAT Repai テープパス調整の重要性について テープパスのずれ症例④

 

テープパスがずれたデッキで録音したテープを正常なデッキ(テープパスが正しく調整されたDATデッキ)で再生させたときのRF波形です。

 

波形が不安定になっています。

 

 

DATデッキ修理 テープパス調整 正常②

テープパスを厳密に調整したDATデッキで録音したテープを正常なデッキ(テープパスが正しく調整されたDATデッキ)で再生させたときのRF波形です。

 

 

正しく調整されたDATデッキで録音することの大切さをご理解いただけましたら幸いです。

 

 

 

「ご注文はうさぎですか?」OP「Daydream café」

 

 【ごちうさOP】Daydream café【ゲームとライブの比較】

Miracle Girls Festival ミラクルガールズフェスティバル ご注文はうさぎですか?

 

 

DATデッキのテープパス調整方法につきましては、こちらをポチっとクリックしてください。

 

DATデッキの修理のお問い合わせはこちらをポチっとクリックしてください。

 

 

「テープパスを基準テープで確認しました。」等、嘘をつき続けて出品(転売)している悪質転売屋(悪質修理業者)の実態をご覧になりたい方は、こちらをポチっとクリックしてください。

 

 

悪質修理業者の虚言に騙されないように、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« DATのデジタルコピー D... | トップ | 今日、学校へ行かなかった皆様へ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-09-03 22:27:16
初めてコメントさせていただきます。
DATのエラー訂正方式は、たしかクロスインターリーブリードソロモンコードでしたか…
いやぁ、まさか信号が半分欠落してもこんなにクリアにココアちゃんのかわいい歌声を再生するとは驚きました(どんだけ強力なのよ…)
当方で使用してるDATデッキもテープパスに狂いが出ているのですが、パイオニア製のD-06なので、修理調整を頼むことができないのが残念です。
Unknown (dtc2000pro)
2017-09-08 01:17:16
Unknown (Unknown)様

私の稚拙なブログをご覧いただきコメントを賜りまして有難うございます。

余力ができましたら、パイオニアさんのDATデッキにつきましても、研鑽を重ね、修理・調整させていただけるようになりたいと考えておりますが、現状では厳しい状況でございます。

パイオニアさんのDATデッキを、いのちをかけて超丁寧に修理・調整してくださるパイオニアさんのエンジニアがいらっしゃれば良いのですが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

DATテープパスの調整につきまして」カテゴリの最新記事