真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「SM教室・失禁」(昭和61/製作:雄プロダクション/提供:にっかつ/監督:広木隆一 /脚本:加藤正人/企画・プロデューサー:奥村幸士/撮影:遠藤政史/助手:富田伸二・林誠/照明:隅田浩行/助手:谷内健二・薩川昭夫/助監督:鎮西尚一・大工原正樹・常本琢招/編集:J・K・S《沢田まこと》/スチール:田中欣一/音楽:藤岡央・神津裕之/効果:中村半次郎/現像:東映化工/録音:銀座サウンド/協力:SM用品専門店 六本木セビアン/出演:沢口久美・あきよし杏子・石田彩・螢雪次朗・本木直拓・春本金次・遠山俊也・高原秀和・黒森千加・斉藤美香・関口雅子)。出演者中、春本金次以降は本篇クレジットのみ。本木直拓がポスターには本木直招なのは、ポスターが正解。あとポスターのみ、井川浩なる謎の名前が。誰なんだといふか、そもそも実在するのか否かから怪しい。提供に関しては、事実上エクセス。
 立ち籠める湯気があまりに白々しく、一瞬撮影機材を見紛ふ開巻。これ、元々はフィルムだよな?ラブホにて、沢口久美女王様と奴隷螢雪次朗のプレイ。ワチャワチャしすぎる螢雪次朗のリアクションに、早くもサドマゾを生真面目に志向しようとはしてゐない節が窺へる。耳を抓られた螢雪次朗が派手に暴れた弾みで、沢口久美は足元の石鹸で滑つて転倒、浴槽でポップに後頭部を強打する。画面上でも実は息をしてゐるのだが、女王様が死んだと慌てた螢雪次朗はその場を逃走、昏倒する沢口久美の裸を改めて抜いてタイトル・イン。両手を縛られ殆ど半裸で逃げて来た酒井道雄(螢)は、息子の健治(本木直招=常本琢招)に助けを求める。道雄が喫茶店を潰した酒井家の家計は美容院を経営する妻の博子(あきよし)が支へ、配偶者を能なし呼ばはりする博子のみならず、バーカだ早く死ねよなだと道雄は健治からも完全にナメられてゐた。翌日、殺してしまつたと道雄が自首する腹を括つてゐると、幾分遅刻しながら、普通に出勤して来た博子の店の美容師・ゆかり(沢口)は、ただ気絶してゐただけだつた。気を失ふほど頭を打つ時点で、結構な話なんだけど。
 配役残り春本金次は、道雄が健治を呼び出す公衆電話ブースにゐた、昭和61年にして既に完成形感を漂はせる、現代でも通用するアイコニックなオタク風の男。もしかすると父子が帰宅したところ、店舗兼自宅に押し入つてゐた強盗役なのかも知れないが、オタ夫(超仮称)が鎮西尚一でも大工原正樹でもないゆゑの推定、高原秀和とも全く違ふ。不脱の非三本柱女優部の誰かが、ゆかりともう一人別の美容師・チカ、残りは客要員。石田彩は、健治が常時持ち歩くビデオカメラで撮影したり、レンタルルーム「恋人たちの部屋」にも度々入る仲の小百合。道雄はゆかりが女王様役で出演する、ハウツービデオでお浣腸のお勉強。遠山俊也と高原秀和は、ビデオにアシスタント役で登場する顔を晒してゐる方と、消去法でバタフライマスク着用。大絶賛現役である遠山俊也のフィルモグラフィーに、当然といふのも語弊しかないが、今作は一瞥だに呉れられてゐない。ところで博子役のあきよし杏子に話を戻すと、何となく既視感を覚えたのは彰佳響子の別名義。といふか、気紛れか何某か大人の事情か今回のみ、突発的にあきよし杏子名義を使用してゐるみたい。
 臆面もなく浅学か節穴をひけらかすと、単なる短尺買取系なのか、ロマンXなのかよく判らない広木隆一昭和61年第三作。ロマンXとなると本番カマさないとならなくなるから、矢張り買取系なのか。ちな、みに。実は今なほ35mm主砲を温存する我等が旗艦館・前田有楽―通称―には、前の週に同じく広木隆一の昭和59年第二作、「白昼女子高生を犯す」(昭和59/脚本:今成宗和/主演:甲斐よしみ)が来てゐたりもする。流石に、広木隆一が三週続くアメイジングは発生しない。
 何はともあれ最大の発見は、フレーム・インを独力で加速する「ジャン!」が、滝田―洋二郎―組限定といふ訳では別になく、螢雪次朗の持ちネタであつた点。元々、何処で編み出したメソッドなのかは知らないが。母親のイッパツはそれなりに組み立てられてゐなくもないものの、二発目のイッパツ、父親のヘモンは些かならず粗雑。ヘモンて何なのよといふ以前に、そもそもゆかりも一口口にしてゐるのはどうして効かないのか。適宜「イェーイ!」のシャウトとともに飛び込んで来る螢雪次朗と、カット跨いでお鈴が鳴く乾いたビートは軽妙に走りつつ、家族が無造作に解体するだか、息子が虚仮にしてゐた父親の轍を踏む物語は、面白いのか煙に巻かれるのか釈然としない。面白いのか詰まらないのか判然としないやうな映画は、大概決して面白くはない。それでゐてフォトならぬキネマジェニックな共同石油のネオンに、しんしんと降り頻る雪。散発的に繰り出す高威力のロングで、有無をいはせない映画的興奮を叩き込む。画の力で無理から引つこ抜く力技のエモーションがそれでも矢張り心地いいのは、それは果たして心の潤ひあるいは、脊髄で折り返した貧しさか、どうせ答へなど出まい。今も変らぬ空々しさがレス・ザン・プログレスな情けなさを爆裂させる、“こんにちは!美しい日本”なる標語のプリントされたコカ・コーラ社謹製の赤いベンチは、恐らく初めから狙つた上で拝借して来たものにさうゐない。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 猥褻ネット集... 女弁護士 羞... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。