真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「裏ビデオONANIE 遊戯」(昭和63/企画・製作:飯泉プロダクション/配給:新東宝映画/監督:北沢幸雄/脚本:荒木太郎/撮影:佐藤芳郎/照明:石垣悟/音楽:エデイみしば/編集:金子編集室/助監督:荒木太郎・田島政明・宇野伸一/撮影助手:古谷巧/照明助手:斉藤志伸/効果:東京スクリーンサービス/録音:銀座サウンド/現像:東映化学/出演:岸本かおる・井上真愉見・渡瀬奈々・乱孝寿・平工秀哉・伊藤正彦・佐々尾幸・内村宏・ゾンビ宇野・他力本願・高橋直子・山口肇・谷一郎・小林直人・小林伸一・藤原ふみ・木村健吾・奈良一美・劇団火の鳥・野上正義・今泉洋)。撮影助手の古谷巧が本篇クレジットでは、左右でなく上下に工と万が並んだレタリング、そんな漢字あるのかな。
 ピアノが起動してタイトル開巻、思ひのほか膨大な俳優部に、爆死を覚悟する。ビデオレンタル店「ジャンボシアター」に、ディストリビューターの大森(平工)が来店。洋画のコーナーに並ぶ、星空パッケージの謎テープを借りる。伊藤正彦が、髪に白いメッシュを入れてゐるのが老けメイクのつもりなのか何なのかよく判らない店長、客に半笑ひでガンくれんなや。帰宅後、レッドアイを用意しつつ大森がカセット自体も星空なビデオを再生してみると、タイトルは“黒印の女”、続けて“M子”。M子(岸本)がオナニーを漫然と始める内容に、呆れた大森が消さうとすると、M子はモニターの中から「消さないで」と哀願するどころか、大森の名前と素性をも口にした。
 配役残り大森と「ディストリビューターの大森さん」、「新聞配達の田中さん」と不自然さが爆裂する挨拶を交す田中が、特定出来ない最大の役。大森的には此岸に出現したM子が、他人には見えない描写を担ふ。ビリング推定で佐々尾幸が、清々しい口パクでシャンソンを歌ふ女?野上正義と井上真愉見は、不能のヤスシとその妻。ただでさへだだつ広い豪奢なラブホテルに、なほかつムード作りにシャンソン歌手を連れて来る財力を有す。今泉洋は娘を幼くして亡くしたボケ老人で、乱孝寿が配偶者と認識して貰へない妻。初見の渡瀬奈々は、彼氏のユージ(名前しか登場せず)を余所の女に寝取られた女。若いのか齢喰つてゐるのか絶妙に微妙なルックスながら、オッパイはマジ卍、意味知らんけど。残りの頭数はカットによつては過剰に潤沢な店員・客込み込みのジャンボシアター要員と、もしかすると今泉洋パート冒頭の公園に見切れる子役に、亡娘遺影の主も含まれてゐるのか。
 北沢幸雄昭和63年第四作は荒木太郎の初脚本作にして、荒木太郎2001年第四作「フェリーの女 生撮り覗き」(脚本:瀬々敬久/主演:中川真緒)に於けるナレーションを最後の仕事に、翌年死去した今泉洋最後の出演作。三次元M子と帰宅する大森がジャンボシアターの表を、台車にでも乗つて下半身を全く動かさずにスーッと平行移動する演出は、北沢幸雄の昭和を掘つてゐないゆゑ何ともいへないが、遅くとも前年には既に繰り出してゐる細山智明と、北沢幸雄のどちらがパクッたのか。それ、とも。二人を更に遡る、真のオリジネーターが存在する?
 実は大森を最もさて措き幸福ではない者の前に、裏ビデオの中から現れる女。濡れ場の種とロマンティックとを両立した、パッと見実に魅力的な設定である。下手な特殊撮影に割く袖すらない上で、ヤスシが嫁と浸かる湯船からブラウン管越しのM子と「私がシテあげようか?」、うんうん頷いて「ああ頼むよ」と会話するや、真右からフレーム内に飛び込んで来たM子がそのまゝヤスシにキスをする、大胆かつ素敵な力技には感動した。井上真愉見成分の薄さを無視すれば裸映画としてひとまづ以上に成立し、M子の正体といふ面では最低限の落とし処になら到達してゐなくもない。木に接いだ竹スレッスレで思はせぶる伊藤正彦の怪演を、ガクガク不安定に寄るムーブでカメラも加速する。尤も、大森篇を一旦締め括る“黒印”ルールは、以降思ひだす程度のラストを除けばスカッと等閑視。ヤスシが比較的綺麗に通過する一方、如何なる認識であつたのか星空謎テープを大森の手から拝借こそした乱孝寿が、叩き落される絶望の底は凶悪に後味が悪く、ついでに居丈高に徹する造形の果てに、傍迷惑に半壊する今泉洋の姿は琴線を激しく逆弾きする、いつそ全壊しろ。渡瀬奈々が合鍵で入つたユージの部屋にて、M子のビデオを見てゐるシークエンスに至つてはそもそも意味不明。見所もそこかしこにあるとはいへ、最終的には全般的なちぐはぐさが勝り、芳醇な果実を実らせ損ねた一作に映る。

 さて、前々から気にはなつてゐた、音楽担当のエディみしば。今回“エデイ”と表記したのは、あくまでさう見える本篇クレジットに従つた。幾分の差異もなくはないにせよ大体似たやうな名義で、何れも北沢幸雄作ばかり、jmdb準拠で少なくとも十五本の音楽を担当してゐるエディみしばであるが、エディでみしばとなると、脊髄で折り返すまでもなくex.三柴江戸蔵の三柴理を想起しない訳がない。因みに下の名前の江戸蔵が、愛称エディの元となつた所以。尤も初めからその点に狙ひをつけてもゐたものの、今作を見た限りでは、間違ひなく筋少なり特撮を通じて知る、ライブで実際の演奏を観たこともある“エディ”三柴理であると、確証を持つには至らなかつた。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 地下鉄連続レイプ 団鬼六 縄化粧 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (キルゴア二等兵)
2018-09-23 00:48:06
>台車にでも乗つて下半身を全く動かさずにスーッと平行移動する演出

平行移動ではなかったけど、滝田洋二郎が『OL24時 媚娼女』でやってますね。
ちなみに『それから』で森田芳光も同じようなことをやってて、当時の映画ファン仲間と「森田が滝田をパクった」と地味に騒いでおりました。
 
 
 
>下半身を全く動かさずにスーッと平行移動する演出 (ドロップアウト@管理人)
2018-09-23 08:43:24
 おお!流石キルゴア兄、有難う御座います。
 媚娼女が昭和59年で、細山智明のデビューよりも鼻差で先。
 細山智明が滝田組の現場に出入りしてたのかどうかは判り得ませんが、
 今んとこ確認出来てるだけで滝田が一番早い格好になりますね。
 ex.DMMにあるなら見てみるか・・・・
 東映ナウポルノか!頼むよエクセス(;´Д`)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。