真夜中のドロップアウトカウボーイズ@別館
ピンク映画は観ただけ全部感想を書く、ひたすらに虚空を撃ち続ける無為。
 



 「マジカル・セックス 淫ら姫の冒険」(2018/制作:MARCOT/提供:オーピー映画/監督:山本淳一/脚本:大畑晃一・山本淳一/プロデューサー:井川楊枝/撮影:橋本篤志/照明:本間光平/録音:石井巧/助監督:森山茂雄/衣装:チバヤスヒロ/メイク:小林潤子《atrz》/特殊造形:土肥良成《はきだめ工房》・大森敦史《はきだめ工房》・新垣奈々子《はきだめ工房》/イメージボード:大畑晃一/劇中イラスト:高遠るい/編集・VFX:内田清輝/音楽:中村吉喜・石田智則/制作進行:神田明子・桐山トモユキ/車輌:浅海将大・深谷禰宜/撮影助手:赤尾郁哉/照明助手:酒井真子/ロケ協力:上野オークラ劇場・松村順・JCN目白スタジオ・茶色の小びん・池袋Gallery-O/協力:ファンスタープロモーション、他数社/仕上げ:東映ラボ・テック《株》/出演:阿部乃みく・璃乃・園田シンジ・あず希・川崎紀里恵・愛里るい・新美智・安部一希・希純正宗・安長博文・國津ヒロ・群馬牛雄・三浦ぴえろ・佐伯裕通・玉置太郎・伊藤康弘・ワニ完才・小野修・水野直・針原滋・久保新二)。決して追ひきれない速度ではなかつたのに、クレジットの情報量に爆死する。
 ど頭に飛び込んで来るのは、豪華にも大畑晃一の手によるラフ原稿、と女の嬌声。手洗ひの個室、原稿もそつちのけで事に励む齢の離れた男女と、隣の個室で固唾を呑む、マンガ家ルックの中太り。満知男(園田)が十回目に持ち込んだ原稿を、『コミック Do!スケベ』編集者の真壁ハリオ(針原)が、部下である新子(愛里)とセックロスしながら目を通、してないとかいふやゝこしい一幕。ほかにそれらしきロケーションも見当たらないゆゑ、この手洗ひ周りが上野オークラで撮影してゐるのかも。またしても没を喰らつた格好になつた満知男が、下手な意味ならリアルともいへるのか、マンガみたいに「ぐはー」と悶絶しつつ敗走してタイトル・イン。園田シンジの芸にならない過剰なメソッド以前に、開巻即脊髄で折り返して露になる馬脚に関しては、改めて後述する。
 満知男が住むのは、未亡人、では必ずしもないが旦那が長ッらく帰つて来ない、川崎紀里恵が大家の下宿。言ひ訳がましくトランスフォーマー系?のフィギュアなんぞも置いてあつたりするものの、「カブキングZ」(2008/監督:山本淳一)と「封印殺人映画」(2006/監督:ジェフ・マックイーン)に「ザ・カラテ3 電光石火」(昭和50/監督:野田幸男/主演:山下タダシ)のポスターが並び、机上には「地獄の逃避行」(1973/監督:テレンス・マリック/主演:シシー・スペイセク、マーティン・シーン)のVHSも見切れる満知男の部屋は、漫具がなければどちらかといはずともシネフィルの居室。ついでにアバンの出版社には、「ベースメント」(2016/監督:井川楊枝/璃乃出演)のポスターも。閑話休題、気を取り直して満知男が次回作に取りかゝらうとしたタイミングで、大屋が家賃の代りに、現に国土館大学土木学部道路標識学科の、最早尾崎セルフとでもしかいひやうのない尾崎・オブ・尾崎くん(久保)を喰ふ嬌声が轟然と漏れ聞こえて来る。結論を先走ると煽情性を爆裂させる川崎紀里恵の偉大なオッパイと、一件の現場応援を除き以後消息を絶つ、中川大資がやらかした「女子トイレ エッチな密室」(2014/脚本:小松公典/主演:由愛可奈)以来の久保チンが今作僅かな見せ場。再度閑話休題、こんなザマでは全然進まん、先は長いんだぞ。満知男の劣情が刺激されたところで、「チンコです、大きくなつてしまひました」と殆ど唯一正方向に機能するネタで飛び込んで来るワニ完才が、満知男の陰茎の擬人化、その名もどストレートにチンコくん。寧ろこここそが最大のファンタジーなのだが、満知男には、マンガ家としての前途を金銭的援助込みで応援して呉れる、可愛い彼女の麻家井鈴子(あず希)が。鈴子との新生活を夢見て、満知男はいよいよ気を入れ新作に。気づかぬ間にワンマンショーで宙に放つた精液の混入した、インクでペン入れした悪魔少女・アクマーニャ(高遠るい作)が、よもやまさかおまけに藪蛇な妹属性をも纏ひ満知男の前に実体化、あるいは三次元化(璃乃)する。アクマーニャの、満知男に対する呼称が何故お兄ちやんなのか、そこは流石か徒に盛りすぎだろ。ちなみに、地上アイドル勢の璃乃はビリング二位の高さであるにも関らず、そこそこ露出過多ではある悪魔コスを披露するまでで脱ぎはしない。
 配役残り水野直は、下宿―とミチコ―の周囲に出没する謎の男、素手で人体をスクラップにする箍の外れた戦闘力を有する。国沢実2017年第二作「ピンク・ゾーン 地球に落ちてきた裸女」(脚本:高橋祐太/町田政則大復帰作)に続くピンク第二戦となる阿部乃みくは、アクマーニャが満知男に用意した、心のない素体。アベミクボディに、アクマーニャが満知男の意識を移すとミチコが出来上がる寸法。藍山みなみスーパーライトといつた風情の國津ヒロが、満知男からミチコへの変身に連動して登場する、マンコちやんは流石に無理だつたクリちやん、堂々と文字にするなタコスケ。本篇クレジットのみの群馬牛雄から伊藤康弘は、満知男が鈴子と、ミチコもアクマーニャと行く喫茶店「茶色の小びん」要員、三浦ぴえろは先行する。なほ頭数は足らず、後にミチコを生温かく傍観するアクマーニャの傍ら妙にしつかり抜かれる、仏頂面で煙草を吹かす中年男もこの中に含まれるのかも知れない。安部一希と希純正宗は、ミチコをバイオレントにナンパするチャラ男・竹中ウジオと大西ゲテロウ。中盤この辺りから、迷走なり支離滅裂の取り返しがつかなくなる。そして絶望がピークに達する小野修が、ミチコに声をかける何とかクリエイティブアーティスト・GERO、名刺の馬鹿デカさは面白い。安長博文は、GERO製作の“人類最後の希望”とかいふサイボーグ・バルダム。頭部がほぼほぼザクヘッドなんだけど、サンライズに尻毛どころか尻子玉を抜かれるくらゐ怒られればいい。新美智は、ミチコの方から接近するストリートミュージシャン・岡村セイジ、苗字に自信がない。本職を連れて来ない限り基本この手のキャラクターを満足に形に出来ないのは、数十年一日で非音楽畑出身の映画監督が露呈するアキレス腱。MTV以前に、PV上がりの監督がゐたのかよといふ疑問にもなりはする。さうはいへ、MTV社が設立されたのもよくよく振り返るともう凡そ四十年前。いよいよ以て、昭和も遠くなりにけり。ついでにそれぞれバルダムとセイジで、Gallery-OとJCN目白を使用。
 ex.光GENJI SUPER 5の山本淳一しか知らないので大人しくググッてみると、こちらの山本淳一は自主時代からだと二十有余年、商業限定でも十年以上のキャリアを持つズッブズブのプロの映画監督。がしかも、如何なるコネクション―最新作「バイオレーター」にも出演する、久保チンとの関係も―なのか出世作「装鬼兵MDガイスト」(昭和61)が日本よりもアメリカで大ヒットした、アニメ監督・メカニックデザイナーの大畑晃一をメイン脚本に迎へての話題作。高遠るいのイラストがポップなポスターもらしからぬ類の華やかさに、盆まで包括する2018年前半戦、縮めてイチハチ盆半戦を席捲した、榊英雄佐々木浩久と同じく、完全外様のピンク映画新規参入作である。その割に、高原秀和のピンク復帰第二作、も霞ませるよもやまさかな工藤雅典の電撃大蔵上陸には驚かされこそすれ、以降OPP+戦線での舞台挨拶話はそれなりに賑々しく伝はるばかりで、山本淳一らの二作目なり、第四の矢をなす名前が聞こえて来ない辺りは、そもそも確定的な方針があるのや否や、オーピーの腹積もりがまるで読めないところではある。予断を許さないとでもいふと、何となくスリリングにもなるのか。今際の間際に突入して早かれこれ幾星霜、フィルムからデジタルへの歴史的転向もとい移行も果たした上で、何を今更、呑気にもほどがあると呆れられるならば、確かに尤もでなくもない。
 不得手な濡れ場でみすみす爆死する愚を犯さず、特技監督感覚で潔く森山茂雄を連れて来た戦略はひとまづ功を奏する。脆弱な男優部には目を瞑るのと、目新しくはある人間に撮らせる以前に、もしも仮に万が一当人の腰が重いのであれば、年代ごと代表する大傑作「あぶない美乳 悩殺ヒッチハイク」(2011/脚本:佐野和宏/主演:みづなれい)を最後に、長く沈黙する森山茂雄の尻を叩かんかといふマキシマムなツッコミ処さへさて措けば。卸してない筆で適当なマンガを描き散らかす満知男を、アクマーニャがミチコに今でいふ女体化することによつて、但し矢張りステレオタイプな“女の子の気持ち”を理解させる。大枠自体は成立する、辛うじて酌める程度には。さうはいへ粗雑な暗転の濫用で矢、もとい木に竹を接ぎ早に繋ぐ、造形が凡庸なのか単なる俳優部の限界なのか判別しかねる登場人物が薄つぺらく空騒ぐ、シークエンス自体が凡庸なのか単なる演出部の限界なのか判別しかねるぞんざいな展開は相当観るに堪へない。GEROを底にウジオ×ゲテロウからセイジまでも詰まらないテレビ並に酷いが、「茶色の小びん」で自身に注がれる男の性的関心を自覚したミチコがアクマーニャとともに、銀幕のこちら側にも乳尻をほれほれ~と誇示してのけるふざけたカットには、上野で観てたらスクリーンに物を投げてゐた。ピンク嘗めてんのか、女優部にホレホレ尻振らせてどうすんだ役立たず。素の佇まひにせよ素面の絡みにせよそゝらせて、思はずピウィりかねない―あるいはポルルベりかねない―やうに撮るんだよ!挙句火に油を注ぎ、分不相応な大所帯を構へたのが祟つたか、キネコ臭さ漂はせる白々しい撮影と、空間の存在を感じさせる安い録音が一回表の初球で止めを刺す。山本淳一は母校の専学で講師業にもありついてゐる様子だが、これで?といふのが直截かつそれ以外に出て来ない感想な、極めて漫然とした一作である。


コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )


« 襲はれた若妻/... デコトラガー... »
 
コメント
 
 
 
観ましたか! (横浜のロマンポルノファン)
2019-01-04 21:57:28
これ、ひょっとしたらドロップアウトさんはスルーするのかと勝手に思ってました。もう、私の感想は消して直リンしてもいいですかw先月、R15版も見たんですけど、こちのほうがひどいです。どんなひどいかって、観てのお楽しみ(←人に勧めるなよw)「藍山みなみスーパーライト」絶妙の表現wこれから私も使おうっと。書き間違いだと思いつつ「よもやまさかな工藤正人の電撃大蔵上陸」の一文がツボに入りました(笑)できればこのままで残して欲しいw本作のカオス感が伝わってきます。
 
 
 
観ますよ(´・ω・`) (ドロップアウト@管理人)
2019-01-04 22:16:43
>スルーするのかと勝手に思ってた

 貧乏性なもので観ますよ。久保チンも出てるし、森山茂雄も参加してるし。

 工藤正人はまんまと変換予測に引き摺られましたね、何で正人が予測最上位なんだ。勿論直しましたけどね(笑
 
 
 
私も貧乏性(´-ω-`) (横浜のロマンポルノファン)
2019-01-04 22:36:44
昨日、清水大敬の新作で、森羅万象演じるヤクザが借金している映画監督山科薫の代わりにゲイポルノを撮る、という、観る前からいったい何重苦なんだよ(-_-;)というゲイポルノを光音座に観に行き見事に玉砕したのは、私です(´-ω-`)
 
 
 
清大 (ドロップアウト@管理人)
2019-01-04 22:48:26
 いや、俺は近年の清大はそれはそれとしてそれなりに評価してますよ、あれで案外リアルタイムな映画です。
 
 
 
大敬流の狂気入ってマス! (横浜のロマンポルノファン)
2019-01-07 00:19:38
清水大敬のゲイポルノ新作は、ちょっと常識のリミッターが外れている「カメラを、止めるなー!」「月経仮面!」とか暴走しっぱなしで、私自身は腹抱えて笑ったんですが(劇場内で他にスクリーンの方を向いてる客はいないw)カルト映画としてはけっこうお勧めしたいんですけどね(でもクレームが怖いw)
 
 
 
清大2 (ドロップアウト@管理人)
2019-01-07 22:18:57
 ほんの近年落ち着いた(あれで)だけで、元々ムチャクチャですからねえ。
 ジョン・カサベテスを崇拝するヤクザ(何だその造形)が、
 カサベテスの名前も知らない女を激昂して犯すとか(笑
 
 
 
大敬版カメラを止めるな (通りすがり)
2019-01-11 09:36:05
清水ゲイポルノ新作、色々メチャクチャで凄かったです。
昔の(有)大敬オフィス作品に戻った感じで。
でも勢いがあって目が離せないw
ここ最近の「新人」さんでは絶対観られない作風です。
 
 
 
昔日の清大 (ドロップアウト@管理人)
2019-01-11 21:34:58
 あの破壊力取り戻せるんですね(笑
 良くも悪くも、清大並の熱量有する人間なんて全世代滅多に居ませんよ。
 
 
 
ことろで (ドロップアウト@管理人)
2019-01-11 21:37:17
 何故清大で盛り上がる(笑
 マジセクの話もしてやれよ(´・ω・`)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。