研究・論文作成のためのブログ

医学部で臨床医をしつつ大学院に進学し、博士号の学位を取るまでをつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祖父の影響

2007年01月29日 | デジカメ
私のカメラ好きは祖父の影響です。

小学校5年か6年のころ、祖父が私に初めて一眼レフカメラを譲ってくれました。
それより前にもカメラはもらったことがあったけど、みんなコンパクトタイプというか特殊なフィルムを使う横長のもの(あれはなんて言うタイプなんだろう)でした。

初めてもらったのは、CONTAXの139QUARTZ。フォーカスはマニュアルで露出はAE(自動露出)。フィルムの巻き上げは手動。本体の側面は本革張りでした。
小学生には贅沢な品だったと思う。レンズはTessar45mm、いわゆるパンケーキレンズでした。

139はしばらくしたら故障してしまい、修理に出している最中祖父がまた別のカメラを渡してくれた。それは137MDというカメラ。デザイン的には139のほうが好きだったが仕方ない。
しばらく使っていたけれど、まあ今考えても、小学生にマニュアルフォーカスの一眼レフはいささか早かったと思う。大していい写真なんて撮れず、でもなんとなく持っていることのうれしさはあった。
その頃他社メーカーはすでにオートフォーカス全盛だったらしいが、そういう情報を知るすべもなく、黒光りするCONTAXを喜んで使っていたものだった。

苦い思い出?は、中3のときの修学旅行。CONTAXのカメラを喜び勇んで持っていっていろいろ撮っていたのだが、フィルムのカウントが36枚をすぎてもずっと回り続ける。あれー、おかしいなと思ったら、フィルムを入れてなかった。

今は137MDも手元になく、137MDを下取りに出して購入した167MTという機種があります。レンズは50mmのPlannarと135mmのSonnarの二本。45mmのTessarは手放してしまいましたが、今でも機会があれば入手したい。


今はデジタルカメラ全盛ですね。
Nikonは去年、フィルムカメラのサポートを終了することを発表しました。
いよいよ写真はデジタルの時代に移行してきました。
次は、おそらく一眼レフデジカメのCCDサイズがフルサイズの35mmの大きさになっていくことが予想されます。コンパクトデジカメは今後どうなっていくかわかりませんが、次々と新しいものが出てきますから、ワクワクします。

コメント

電子ピアノの世界

2007年01月28日 | 日記・備忘録
私、恥ずかしながら子どものころピアノを多少習っていたのですが、やめてしまって早20年?今はまったく手が動きません。
最近子どもが近くのピアノ教室に通うようになり、そろそろピアノが欲しくなってきました。

といってもマンション住まいですので、選択肢は当然「音の消せて」「省スペースな」電子ピアノということになってきます。

今まで購入を考えたことがなかったので、いろいろ調べたり店頭でさわってみたりして、その「リアルさ」に正直驚いています。

私はグランドピアノなんて弾いたことがありませんが、ピアノって鍵盤の後ろで「ぽーん」と響くような音がして、「ああ後ろの箱の中で音が鳴っているんだなあ」という感じがするんですが、そういう音も非常によく真似て作ってある。
鍵盤をたたく強さによってもちゃんとその響き具合が変わるところなども、よく出来ている。

メーカーは主なところではヤマハ、河合、ローランド、カシオといったところがあります。
我が家の現在の第一候補は河合です。CN-21というモデルがだいたい10万前後で買えるようです。静岡にある河合の直営店で見てみましたが、本当にピアノみたい。
コメント

医者の精神力。

2007年01月22日 | 日記・備忘録
医者の仕事は忙しいですけども、ずっと忙しくて仕方ないわけではありません。
病院によって忙しさは違うので一概には言えませんが、24時間ずっと働きっぱなしというわけではないですから、みんな自分の体力に応じて仕事をし、休憩をすることになります。

しかも忙しいとはいえ、患者さんみんなが重症というわけでもありません。軽症だけど念のため経過をみるだとか、外来で長い期間にわたって経過観察しているような患者さんもいらっしゃいますから、そう言う患者さんを診るにおいてはそれほどしんどいことはないわけです。

問題は重症を受け持つことになった場合です。

重症の患者さんは処置とか点滴などの治療の指示が多くなりかつ複雑に、流動的になります。患者さんの状態も刻一刻と変化しますから、それに合わせて治療を変えて行かなくてはなりません。主治医として、いつ呼び出されるかも分からない状態となります。

そんなときこそ、医者としての踏ん張りというか精神力が試されるように思います。

ちょっと抽象的な話でわかりにくかったかもしれません。
医者の仕事は体力もそうですが相当の精神力が必要だと言うことを言いたかったのでした。

コメント

4歳です。

2007年01月21日 | 日記・備忘録
息子も4歳になりました。もうだいぶいっちょまえの口をきくようになり、最近はどこで覚えてきたか、自分のことを「オレ」といいます。

αSweetDigtal+50mm f1.4で撮影。絞りはf2.8まで少し絞っています。開放だと背景のボケがなぜか少しうるさい感じになります。しかも被写界深度がものすごく浅くなってしまい難しい。f2.8くらいにするといい感じです。
f値の小さい高価なズームレンズをもっていないのでなんとも言えないのですが、やはり単焦点のレンズはきれいに写るように思いますね。
コメント (2)

NewYorkの空

2007年01月17日 | 日記・備忘録
去年夏の旅行の際見つけた、ちょっと面白いカットです。

飛行機雲ですが、どうやってこんなことができるんでしょうね。
コメント (2)

医者の補充なし。

2007年01月10日 | 日記・備忘録
先日大学病院のほうで医局の会議があり、後期研修医の研修先病院が決まりました。


私が勤めている病院も研修先の候補に挙がっていたのですが、研修医の人数的に全ての病院が埋まらず、いくつかの病院は候補でありながら研修医が来ない可能性がもともとありました。


残念ながら私の病院はその「研修医が来ない可能性」の病院になってしまい、来年度に退職する女医さんの空席を埋めてくれる先生は来ないことになりました。(´・ω・`)ガッカリ・・・

私としては、今の病院でもっと症例を増やそうと頑張っているつもりですし、豊富な症例ではないにせよ、それなりに勉強できる病院だと思っています。しかし、やはり地方であることが影響してしまったのかもしれません。研修医の先生方は選んでくれませんでした。

外来の最中に、病棟の業務で呼ばれてしまうのがツライところなのですが、今しばらくは仕方ないです。
コメント

新年あけましておめでとうございます。

2007年01月01日 | 日記・備忘録
あけまして おめでとうございます。
2007年もよろしくお願いいたします。

世間は正月ですが私は当直で大晦日から病院にこもっておりますので、あんまり正月気分ではありません。入院の患者さんもいますし、急患も来ます。私は体が元気ですから別に病院にいてもまあいいですけども、入院している患者さんたちは可哀想だと思います。

今年一年、どんな年になるか。楽しみです。

とりあえず医局でネットを見ているとついついPCパーツ買い物サイト(PCsuccess、ドスパラ、Amazonなど)を見てしまい、ふつふつと物欲が・・・

職場で使っている自作PCはとても気に入って使っているのですが、家のPCがね。

1年ほど前に、息子がパソコンをそれなりに扱えるのに気をよくしてやや衝動的に購入した中古のWindowsパソコンが、音がうるさいんですよー。
FujitsuのDeskpowerなんですが。CPUはAthlonXP1.8で、メモリは512MBにしてますが、それなりに年代物(といってもWindowsXPです)なのでHDDのアクセス速度が遅く、光学ドライブの駆動音もうるさい。電源もうるさそう。
CPUクーラーは以前、一応静音対応のものに変えたので少し静かになったんですけど、ケースがスリムケースなので大きなクーラーは取り付けられずこれもそれなりにうるさい。

こいつをアップグレードするか、新しく一台組むか。
まー今パソコンを組み立てるなら普通はDualコアのCore2Duoを使うんでしょうね。でも最新型のPCを組み立てるとパーツもそれなりに高くなるし、古いパーツを流用することはできないことが多いので結局けっこうな出費になる。果たしてそこまでの性能が必要なのか?などと考えたりするわけです。

こんなことを考えたりしてるのが、楽しい。


コメント (2)