Dr. Mori Without Borders / Mori-san Sans Frontieres

森 一仁が医学・国際政治経済金融・人文教養教育など関心問題を国際的・学際的に考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

広告の捏造・剽窃・詐称(笑)

2005-10-29 01:42:16 | お知らせ
将来、有料音声メルマガ発行の予定。聞いてもいいと思う方、あなたの聞きたい情報は?(複数可) 森の基礎医学エッセイ(音声森)       延べ40% 医学系対談(森 VS. ●●氏)       延べ42% 森による「医学公開学習相談」の朗読・語り 延べ15% その他                   延べ4% まもなく、有料音声メルマガは実現の運びです! 医学系対談(森 VS. ● . . . 本文を読む

私設・国際医療協力隊 ~インドネシア僻地医療への隠れた貢献~

2005-10-23 01:31:52 | 統合医学(補完・代替医学)
ここに私設・国際医療協力隊、隊員一名。"隊長"である私自らが唯一の隊員である。海外への医療協力の形態には種々あるが、私も貴重な体験をした。これは私と私の兄貴分であるインドネシア人医師との物語である。日本に短期滞在していた彼は日本人の前で私を紹介するときに必ず「He is my Otoh-to.」と言ってくれた。私はこの兄貴分の医師とお互いの持てる時間を存分に使って語り合った。彼は日本での東洋医学研 . . . 本文を読む
トラックバック (2)

治癒過程について

2005-10-20 00:18:12 | 臨床医学
医学の背景・基礎を科学哲学的に考察できないものか。そう考えて文献を眺めてみた。難しい話題はさておき、やはり病態生理だけを詳細に記述する態度は目に付いた。病理学、特に形態学的観察から始まり、病態過程の生理機序を記述し、最後に各組織の壊死なり個体の死を記載する。これに対抗する手段として医学的介入(Medical Intervention)を添えておく。では自然治癒の過程はどうか。寛解の過程の詳細な記述 . . . 本文を読む
トラックバック (5)

ほっとけない、知性と想像力のまずしさ

2005-10-14 02:55:36 | 地球社会:国際政治経済金融
「ほっとけない、まずしさ」キャンペーンが世界中で行われているようだ。誰が、何のために?世界銀行やIMFなどの国際機関を動かし、世界中から一様に搾取する集団とてこうした慈善事業に名を借りた活動を展開する。気をつけねばなるまい。▼世界中で虐殺に凶悪犯罪、テロリズムが横行している。そしてメディアは報道に重みの不均衡を与える。もっとも重大なアフリカの大虐殺と大飢饉は少なく、小さく報道し、意外とそれ程でもな . . . 本文を読む
トラックバック (1)

Mighty Mice Regrow Organs/臓器再生可能なマウス、医学への影響は?

2005-10-02 02:19:38 | 基礎生命医科学:基礎医学・生物科学
Mighty Mice Regrow Organs臓器の再生が可能との話題である。ものすごい話である。しかもそれがそんじょそこらの生物で観察されたという訳ではない。基礎医学の研究において頻繁に用いられているマウスである。基礎医学では人体に可能な限り近似の動物個体が用いられる事になっている。皮膚移植にブタ皮膚を利用するのには、その意味合いがある。種々の動物利用の中でも「ヒトとの関連性」を問題にしてい . . . 本文を読む
トラックバック (1)