もう一度

独りでスーパーの生鮮をしてます。独り暮らしはじめました。

オープン就労です。日々奮闘中です。

銀行勤務をしてた記憶

2018年06月15日 12時58分44秒 | 日記
仕事をかえて4ヶ月になる。


体調は格段によくなってる。


私は一人より集団に所属してたほうが、落ち着くようだ。


全然、メンタルの安定が違う。


一日一回くらいは喋ったほうがいいようだ。


当たり前だけど、私も普通の神経があったようだ。


無駄に見えることが、私に活力をもたらしてるようだ。


予備校の時に高校のありがたさがわかった。


その時以来の、身の回りの人間に感謝の心境だ。


金のことしか考えてない部長、バイトに気配りをする店長、話を聞いてくれる上司、手伝いで入ってるほかの部門の担当者。


こういう関係が私に活力をもたらしてる。


私はすぐに極端にながれて、学力だとか、金だとかなる。


19歳の頃予備校でつまづいて、無駄が大事なことに気がついた。


それから、会社でつまづいた。


原因はバイトもあやしいところから、いきなり15時間労働になったとか、急にかえすぎたのだ。


今考えるとどうかなって当たり前だ。


ひどい会社だった。学生からのきりかえを、力ずくえさせてた。


3年で2割が辞めた。


有望株が辞めた。


人事の課長は責任を問われて辞めさせられたようだった。


そんなことされても、辞めてメンタルが傷ついた人間はもとにもどらないのだ。


運が悪いが、今考えると訴訟も考えてよかった。


でも、私も悪いのだ。


揉め事が多すぎた。


チンピラみたいな人事の課長がいたときに只ですまなかったのだ。


仕事はちゃんとしてた。


悔しいが泣き寝入りだ。


今はスーパーでお肉のバイトをしてる。


財閥系の銀行からからの転職としては珍しいだろう。


何回か銀行の頃の仲間がもどらないか?といってきた。


もう、金融はこりごりだ。


スーパーで悠々の年金暮らしだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 爆睡してました | トップ | 夏はいいことがあればいいなー »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事