団塊太郎の徒然草

つれづれなるままに日ぐらし

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

関節リウマチ起こす物質解明 治療薬開発に期待、大阪大

2011-08-28 07:41:47 | 日記

免疫機能が過剰に働いて手足の関節に炎症や骨の破壊などが起こる関節リウマチの発症に、細胞内の「Ahr」というタンパク質が関与することを大阪大や慶応大、国立環境研究所(茨城県)などのチームがマウスで解明、米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。

 大阪大の岸本忠三教授(免疫学)は「Ahrの働きを抑える薬剤をつくれれば、関節リウマチの治療薬となるかもしれない」としている。

 関節リウマチでは、リンパ球の一種「Th17細胞」が増え、過剰に働いている。

 チームは、関節リウマチのような症状を強制的に発症させられる手法をマウスに使い、解析した。(共同)

コメント   この記事についてブログを書く
« アマゾン川に巨大な地下水流... | トップ | バージニアの地震、ニューヨ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事