【現代思想とジャーナリスト精神】

価値判断の基軸は自らが判断し思考し実践することの主体であるか否かであると考えております。

戦後最悪の総理安倍晋三氏の究極のねらいは海洋軍事国家ニッポン

2018-06-28 23:18:42 | 政治・文化・社会評論
戦後最悪の総理安倍晋三氏の究極のねらいは海洋軍事国家ニッポン
                櫻井 智志


*安倍晋三政権の政治のねらいは、着々と日本を海洋軍事国家にして自らがそのリーダーに納まり独裁国家にすることを目指している*  国会がどれほど空洞化しようが社会が融解状態に陥ろうが、つまり日本の戦後制度が解体寸前情勢になろうが、それは安倍晋三首相の願ってもない絶好のチャンスとなる。

日本の国内の様子に国民が虚しさを感じ無気力になれば、「海洋軍事国家」を念願とする安倍総理には、国内を思うがままに操りやすくなる。立ち上がって闘う国民に徹底的無力感を味わわせることが安倍の言動の本質的ねらいだ。
*『THE独裁者』古賀茂明・望月衣塑子共著2018年2月KKベストセラーズ本体1500円
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 【リテラ転載】古賀茂明が室... | トップ | 「転載」リテラ 【“文春砲デ... »
最近の画像もっと見る

政治・文化・社会評論」カテゴリの最新記事