世界一周タビスト、かじえいせいの『旅が人生の大切なことを教えてくれた』 

世界一周、2度の離婚、事業の失敗、大地震を乗り越えて、
しぶとく生き抜く処世術を赤裸々に綴るエッセー



お小遣い稼ぎ

2020年12月01日 | ライフスタイル
日米ともに株高基調にある。

約30年ぶりの株高を記録した。


少なくとも年内はこうした株高傾向が続くだろう。



先日、

株が初めてという友人に

ボクが懇意にしている証券会社を紹介し、

ある半導体関連の会社の株を

100株、17万円くらいで買ってもらった。


そして、

10日間くらいで売って、

3万4千円の利益が出た。




最初は、

5万、10万といったわずかな(余剰)資金を運用させればよい。


ただ、上記の例は、

ある意味、ビギナーズラックともいえる。

いつもこうとは限らないのが、株。


当然、リスクが伴い、

損切りしなくてはいけないときもある。


なけなしの金を注ぎ込み、

一攫千金を狙うと失敗する。




資金運用の仕方は様々。


株式投資と、

トレード(デイトレ)とは全く違う。


そこは、はっきりさせておかないといけない。


株は、

長期運用が基本。


経済、政治と言った世界の動向に注目し、

世の中の流れを読むことが必要だ。


その上で、

銘柄を選び、

売買のタイミングを見計らう。


銘柄は、

成長しそうな業種で、

応援したい会社を選ぶ。


そして、

長期的スパンで

そこの会社の成長を見守る、

というゆとりの気持ちが大切。

(焦ったり、一喜一憂しない)


ある程度経験を重ねると

だんだんと自分の勝ちパターンが分かってくる。


一発勝負や

短期で大儲けをしようとすると失敗する。


短気は損気。


気長に、楽しむメンタルが不可欠。



寝かせている資金があれば、

お小遣い稼ぎ、

といったくらいの気持ちで取り組めばいいと思います。


それから、

特に初心者は、

手数料の安いネット取引より、

多少手数料は高くても、

証券会社の窓口での対面取引をお勧めします。

(こまめに担当者と連絡を取る)



因みに、ボクは、

仮想通貨やFXや

金などの商品相場、不動産投資には手を出しません。



そして、あくまでも

全ては自己責任ということを忘れてはいけない。



【Asay-go-Rock】


「成功や儲けは、

誰かのお陰という感謝の気持ちを持ち、


失敗や損は

自分のせいという謙虚な気持ちを持つこと」



「人の成功や、幸せを

自分のこと以上に喜べることが

自分の幸せにつながる」








Comment   この記事についてブログを書く
« 仲間たち | TOP | 企画書と事業計画書 »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | ライフスタイル