世界一周タビスト、かじえいせいの『旅が人生の大切なことを教えてくれた』 

世界一周、2度の離婚、事業の失敗、大地震を乗り越えて、
しぶとく生き抜く処世術を赤裸々に綴るエッセー



ついてる体質の作り方

2019年11月13日 | 100の力
ボクは「ついている」。

"Lucky man"である。




自分が「ついている」と思っているから。

悪いことは絶対自分の身には起きないと思っているから。


だから、そう言い切れる。



実際は、世間一般(常識)的に見て

結構頻繁に不幸なことが起きている。

失敗も多い。


事業の失敗や離婚・失恋など、

枚挙に暇がないほど。


だが、

これら一般的に不幸なことや失敗は

あながち悪いとは言えない。


多くの人は、

不幸や失敗を嘆き悲しみ、

時には悔やむが

それが翻って良いことに繋がるのです。


必ずと言っていいほど良い結果をもたらすのです。


だから、

不幸や失敗が起きれば

喜べばいいのです。

笑うのです。

笑い飛ばすのです。


嘆き悲しむから、

連鎖して起きる。


これでもか、これでもかというほど

不幸のスパイラルに陥る。


なぜ自分ばかりにこんな不幸が訪れるのか、

と思う人は

そういう考えが不幸を引き寄せているのです。


どんなことにも、

どんな不幸や失敗にも、

感謝するのです。


自分の不幸の陰には

誰かの幸せがあるかもしれない。


人の幸せを素直に喜べるようになったとき、

それ以上の幸せが待っているのです。


不幸に対して怒りや憎しみを持つことは

さらに不幸の数を増やすだけです。


不幸さんありがとう、

失敗さんようこそ、

という気持ちが

いつも「ついてる」体質を創り上げていくのです。



【追記】

幸も不幸も考え方ひとつ。


起こった出来事に

嘆き悲しむか、

受け入れて感謝するかで人生が決まる。



【追記²】


絶好調の時ほど慎重になる。

足元をすくわれるから。


ドン底の時ほど果敢に攻める。

それ以上落ちることはないから。


この記事についてブログを書く
« 出版への道 第2校 | TOP | 歌姫降臨 »
最近の画像もっと見る

Recent Entries | 100の力