かじえいせい(Tabist))の「旅が人生の大切なことを教えてくれた」 

夢はでっかく!オレの行くとこ世界晴れ

世界を旅する「タビストかじえいせい」が人生について語るブログエッセー

動け、動け

2018年07月01日 | 100の力
一見無駄なような動き、

一見、一貫性のない動き、

遊んでばっかりいるような動き、

「あいつ、何してんだ!?」って思われても仕方ないような動き。


そういう諸々の動きが、自分を形作っていく。


”犬も歩けば棒に当たるEvery dog has his day." ということわざもあるように、

下手に動けば、災難に出くわすこともあるが、

幸運に巡り合うこともある。


動けば、

自ら風(気流の流れ)を作る。

良いも悪いも。


要は、動かなければ何も起こらないということだ。


―――――――――――――――――――――――――

昨夜は、

四角大輔という人のトークショーを聞いた。




プロフィールには

”執筆家・ライフスタイルデザイナー”

とある。


自遊人として、

同じ匂いを感じて行った訳だが、

どこか違和感を覚えた。

(第二の高橋歩かなって、印象を受けた)


それでも、

ある意味マニアックな人気の片鱗に触れたようで

見習うところもあったことは収穫だった。


ありがとう。


彼も自由なライフスタイルを求めて

15年に及ぶ安定したサラリーマン生活を捨て

オルタナティブ・ライフの拠点としてニュージランドを選んだ。

(ボクもニュージーランドは大好きだ)


そして、

制度や制約からの解放のため、

依存しない生き方(Independent life)を推奨する。


その為の3つのサバイバル力を説く。


① 大自然に適合すること

    (災害などへの適応力)

② 自給自足力

    (家事をこなすこと、特に料理)

③ ビジネス力

    (稼ぐ力)


「旅」は、

現場対応能力が必要となる、

ということは共感。


素敵なトークをありがとう。



鋭い臭覚は収穫に繋がる。

(ここは語呂合わせで嗅覚ではない)




【追記】


後半は質問タイムだった。

ボクは、最初から手を挙げていたが、

とうとう当ててもらえなかった。


聞きたかったことの一つは、

タビスト、自遊人として、

「デュアルライフとしての拠点(棲家)をどうとらえているか?」

ということだった。


今度会ったら、聞いてみよう。


(または、

これが目に留まったら、

ご返事頂ければ嬉しい)




















6月30日(土)のつぶやき

2018年07月01日 | ライフスタイル