ドリーム商會ブログ

ペイント職人

スイッチホルダーのペイントです。

2018-01-12 17:02:45 | ビフォアー・アフター
純正仕様にペイントしたスイッチホルダーです。

↓ ビフォー





↓ アフター





コメント

ホンダCB250RSタンクの補修ペイントです。

2015-09-06 13:26:41 | ビフォアー・アフター

各部のキズや凹みを補修後、同じ色でリペイントしました。

↓ ビフォー

↓ アフター

 

コメント

ビフォアー・アフター

2014-07-09 13:20:56 | ビフォアー・アフター

何が原因でこのような塗装面になってしまったのかは不明ですが、

出来るだけオールペイントは行わず、純正の塗装を残したいとのオーダーを頂きました。

経年による劣化なのか、トップコートのクリヤーが何かに反応してしまったのか、

タンクを含め前後フェンダーも同じ様な状態になっていました。

塗装面はべたべたした状態で、汚れを閉じ込めてしまっており、

まずは、塗装面の汚れを除去するところから作業を始めました。

中性洗剤などでは全く落ちず、色々な方法を試した結果

脱脂剤が効果的だったので、塗装面を傷めない様に少しずつ除去しました。

その後は、部分的にキズを補修し、

クリヤーを数回に分けてペイントしました。

 

ワンオーナーで思い入れの深い車両との事で、

出来る限りオーナーさまのご希望に応えたいと思ったのですが、

このような作業の経験はほとんどなかったため、

正直キレイに直って安心しました。

 

 

 

コメント (2)

クリヤーペイント・2

2014-02-12 12:57:44 | ビフォアー・アフター

昨日のサイドカバーとは、ちょっと目的が違いますが、

ガソリンタンクのクリヤーペイントです。

タンク上面のサインがガソリンタンクで侵されないように、

クリヤーをペイントしました。

コメント

エンブレムの塗装が完成しました。

2013-03-27 12:13:54 | ビフォアー・アフター

こんにちは。スタッフの木村です。

先々週にご紹介させて頂きましたエンブレム、先週納品は完了しておりましたが本日投稿させて頂きます。

まずは前にもアップしましたが剥離作業後の画像です。

そして、予想どおり細かな作業の連続で苦戦はしましたが・・・

完成です!

お客様も大変喜んで頂けたようで、装着後の画像も送って頂きました。

喜んでいただけて私も安心しました! ありがとうございます。

 

 

 

コメント (2)

エンブレムの塗装

2013-03-13 12:18:53 | ビフォアー・アフター

こんにちは。スタッフの木村です。

最近少しずつご依頼が増えてきましたエンブレムの塗装です。

地味にコツコツ剥離作業をして・・・

やっと塗装の下準備ができました!

かなり昔のトライアンフのエンブレムです。

ちょっと苦戦はしそうですが頑張ってみたいと思います。

完成をお楽しみに・・・!!!

コメント

ビフォアーアフター

2012-11-22 13:01:38 | ビフォアー・アフター

先日納めさせていただいたホンダモンキーM型のオーナー様から、

レストアのビフォアーアフターの画像を見たいとのリクエストを頂きました。

 

ビフォアー

アフター

 

 

今回の作業は、使えるパーツは出来る限り再生し、発売当時の新車をイメージしながら仕上げました。

 

 

 

コメント (2)

スズキTS90のペイントです。

2012-08-02 13:51:56 | ビフォアー・アフター

スズキTS90(ハスラー)のオールペイントです。

↓ ビフォアー

↓ アフター

色、ライン、ロゴは純正仕様に仕上げました。

 

オートバイ専門ペイント工房・ドリーム商會ホームページはこちら

 

 

コメント

BMW・R100GSブレーキローターのペイントです。

2012-02-26 13:19:25 | ビフォアー・アフター

BMW・R100GSのブレーキローターをペイントしました。

↓ ビフォアー  表面は何らかの防錆処理はされているのかもしれませんが、ペイントはされていない様です。

↓ アフター

ペイントする事で防錆効果も上がりますが、なによりも”見た目”が良いですよね。

オートバイ専門ペイント工房・ドリーム商會ホームページはこちら

 

 

 

コメント

サイドフェアリングの補修ペイントです。

2011-12-21 13:33:04 | ビフォアー・アフター

転倒で傷ついてしまった、MVアグスタのサイドフェアリングです。

擦り傷と、部分的に穴が開いていました。

 

穴はエポキシ系のボンドで、削れている部分はパテで修復しました。

部分的なダメージはありましたが、カウル自体はまったく問題無かったので、元の状態に戻りました。

 

オートバイ専門ペイント工房・ドリーム商會ホームページはこちら

 

コメント