本物の蕎麦屋を目指す

市役所を定年退職した団塊の世代の男が、新たな挑戦で蕎麦屋を始めました。蕎麦屋から見た思いを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中学校の最後(?)の同期会に参加

2018年11月11日 22時48分44秒 | 雑感
団塊の世代の私達は、当時1学年560人でした。戦後のベビーブーム世代の私達の周りには,若い人達が溢れていました。今その世代が、高齢化社会の中心になろうとしています。世間では、高齢化社会はマイナスに考える風潮があります。高齢になっても生き甲斐を持って、社会に貢献するつもりであれば、更に、生涯現役を続けることができるなら、社会のお荷物にはなら無いと思います。かつて、定年後は年金制度の恩恵で、仕事を辞め、のんびりと暮らして行くことを理想とする風潮がありました。しかし、現代では、これは長すぎる老後になってしまいそうです。私は、生涯現役を続けるためには、どうするのかと考えていきたいと思います。

市の自治体が行う特定検診の結果が、良好でした

2018年08月14日 18時22分51秒 | 雑感

 先日、受けた検診の結果を聞きに病院に伺いました。

 蕎麦屋を始めて以来、検診で問題点を指摘されたことはありませんが、70歳の今年はどうか多少の不安はありましたが、今回も良好と告げられました。ただし、以前から10年程前から指摘されていた逆流性食道炎が少しあるが、薬を飲むほどではないということで、少し安心しました。

 蕎麦屋を始めて10年になるとともに、老化は確実に進んでいるように感じます。特に、歯と筋肉そして記憶力の衰えを特に感じています。何とか上手に付き合っていかなくては・・・。


夏のみの限定メニューを作りました

2018年08月14日 17時58分55秒 | そば処ふみや

 暑い日が続きます。「そば処ふみや」では、この夏の特別なメニューとして「トマト蕎麦」を提供することになりました。開店して以来9年が経過しようとしておりますが、久しぶりの新メニューです。

 冷たい蕎麦の上に、トマト丸ごと1個を中心に、夏野菜を盛り付けます。トマトのフレッシュ感と手打ちの夏の新蕎麦が出合い、新たな味覚の感動をもたらしたと、自負いたしております。ぜひご賞味ください。


夏はそば屋の受難の季節です

2018年07月10日 20時46分20秒 | 起業

 7月は、そば屋にとっては一番難しい時期だと感じています。昨年秋の

 新そばも、夏の暑さと湿気のせいか、かなり取り扱いが難しいと感じております。

 春までの打ち方と同じでは、当然ですが上手く行きません。又、そば屋の薬味の定番のネギも今は硬く、味が落ちています。少しでも柔らかいものを使うようにしているのですが、それさえ冬のネギには比べようがない。夏はトマトやキュウリなど旬の野菜が美味しい。特別メニューにトマトそばでも入れて見ようと考えております。その節はよろしくお願いたします


ディズニーランドで乗り物酔いになった

2018年07月04日 19時47分02秒 | 起業

 7月2日月曜日の朝から、20年振りになる東京ディズニーランドに行ってきました。

たいへん暑い日でした。長男夫婦と次男、加えてその彼女、そして最愛の我が妻の計6人で開園から閉園までいました。歳はとりたくないもので、夕方に乗ったスペースマウンテンで、乗り物酔いをしてしまいました。毎週テニスをしていることから、体力的にはそれなりに自信がありましたが、70歳の体には耐えられる事が出来ませんでした。まあ、無理するな、という事でしょう。


人口減少について

2018年07月02日 21時05分59秒 | 起業

私が小学校2年まで通っていた香取市八都小学校が統廃合され廃校になるらしい。寂しいものだ。八千代市から電車に乗れば90分程でも過疎化が進んでいる現実。それ程田舎という訳でもない。日本全体が人口減少しているから仕方ないとも言えるのでしょう。

 今日は、東京ディズニーランドに来ている。日本語より中国語が多く聞こえます。どこかの国会議員が、もっと子供を産んでくれ、といって物議をかもしていたが賛成したい気持ちにもなって来ます。人がいることは国力がある事につながってきます。急激な人口減少は避けたいものです。

 八千代市は今のところ人口減少になってはいない。将来的には分からない。ただし、高齢化社会になってはいます。いつ減少に転じるかは保証することは出来ない事だろう。


古稀の同窓会に参加しました

2018年06月24日 18時49分03秒 | 起業

 梅雨明けが間近のようです。そんな中、先日、古稀を祝う高校時代の同窓会があり、私も、「そば処ふみや」の名刺を持って参加してきました。区切りの会と言う事もあり、いつもより参加者が多かったようです。

 今回は、先日突如亡くなってしまったT君が幹事をしていた会ですので、特別な意味がありました。私自身も彼が飲食店経営の大先輩として、これ迄色々なアドバイスをいただき、経営の参考にしていたのです。印象に残っているのは、何事に対しても明るくポジティブに考えて行動することでした。

 又、今回の会では新たな出会いもありました。同じクラスだった事は無かった人でしたが、定年後、木製の手作りオモチャの工房を開業したという事を聞きました。早速、訪ねてみるつもりです。

 会に行くまでは、積極的に参加しようという気分では無かったが、前向きに一歩踏み出すことで新たな展開がありそうです。


とうとう古稀を迎えます

2018年06月01日 13時17分59秒 | 起業

今年の誕生日で70歳になります。古稀と言われています。その為か、同窓会が集中して開催されようとしております。私自身の健康状態は特に問題はありませんが、年齢を考えるとき、周囲の人の訃報に接することが多くなるに連れて、自分自身に何が起こっても不思議ではないと思います。この秋に、そば処ふみやは創業10年目を迎えます。今後も皆様に喜んで頂けるよう精進して参りますのでよろしくお願い致します。

 

 


同級生が亡くなりました

2018年04月16日 17時49分09秒 | 雑感

 久し振りに更新します。書き込む事が無い訳では無いのですが、手抜き気味で失礼しております。そば処ふみやは、低空飛行が続いておりますが、自分自身の満足度は低くはありません。素晴らしいお客様が大勢お出でくださっておりますので、楽しく営業が出来ております。これは何事にも代え難いものです。

 今年は古希を迎えます。私自身の健康に不安はありませんが、私の高校時代の同級生が今週突然亡くなりました。そば処ふみやを立ち上げる時にも相談に乗っていただき、色々とお世話になった方です。残念です。非常にショックを受けております。彼は学生服の販売を手広く商っていて、地域にも大きく貢献されておりました。明日は通夜です。最後のお別れに伺う予定です。何と言ってくれるのでしょうか。しばらくは無言の対話が続きそうです。


これまでの手打ち蕎麦屋の概念をいかがする?

2017年07月08日 11時49分04秒 | 雑感

先日、千葉市内の新しく開店して間も無いソバカフェに伺いました。本格的な手打ち蕎麦とコーヒーを提供する蕎麦カフェとしてオーブンしたものです。私もこの様な流れは、注目していた処です。不易流行と言いますが、何を変え、変えてはいけないものは何か、難しいところです。最後は、試行錯誤しか無いように思います。